管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

世界観構築の妙と、人喰い巨人による圧倒的絶望感! 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 

お疲れ様です。お世話になっております。当ブログ管理人・飛翔掘削です。

いやはや、遂に公開致しましたね、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』!
もう待ちに待った待望の公開という事でございまして、管理人は初日初回に観て参りました。
管理人は特撮怪獣ファンではありますが、『進撃の巨人』も原作第1巻から追っている訳でありまして、まぁ、「新しい時代の特撮が観れる!」という期待と、「『進撃の巨人』の実写化映画・・・一体どうなってしまうんだ!?」という不安の、二重螺旋のモヤモヤっとした感じで映画館に足を運んで来た次第であります。

で、まぁ、結論から申し上げますけれども、本作『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は、原作ファンとしても特撮ファンとしても、
かなり良かったよ!
と言えるような仕上がりとなっておりまして、割と個人的には太鼓判を押せるのではないかと思います。
後編の公開が今から楽しみでありますなぁ。そして、同じ樋口監督が監督&特技監督を務める来年の『ゴジラ 2016(仮)』も、こりゃ期待が持てるぜ・・・ッ!

そういう訳でこの『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、いったいいかなる映画だったのか。
早速レビューのお時間でございます!

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

本作の原作である『進撃の巨人』は、諫山創先生による2009年より講談社の「別冊少年マガジン」より連載中の漫画作品であります。
今や累計5000万部を超える大ヒット作品でございまして、1巻を買った時は管理人もここまでヒットする作品になるとは思いもよりませんでしたかね。その後放送されたTVアニメも勿論大ヒット、来年には第2期が放送という事で、そっちもまた楽しみであります。
そもそも管理人が『進撃の巨人』を読み出したのは、「なんだか『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』テイストの漫画があるらしい!」という話をネットで小耳に挟んでからのものでありまして、怪獣きっかけで読み出した漫画作品が、怪獣映画を撮ってきた監督による実写映画化というのは、なかなかに感慨深いものでありますよ。
そら、日本でこの作品の実写映画をやろうとしたら、これ以上の適任は無いよな、という話もあるんですけれどもね(笑)。

さて、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』。そのあらすじは、こういった感じでありました。

今から100年近く前。突如出現した謎の巨人達によって、繁栄を極めた人類は存亡の淵に立たされた。
文明を失いつつもなんとかして人類は巨人を防ぐ巨大な3重の壁を築き、その中へ逃げ込み、ひとまずの安寧を得た。

人々は壁の中で子を産み、育て、そして死んでいく。それが当たり前となった頃。
最外縁の壁の近隣の街・モンゼンに住む、幼い頃に両親を亡くした天涯孤独の青年・エレンは、なかなか定職に就くことが出来ずにいた。
そんな彼を叱咤激励する幼馴染のミカサとアルミンに、エレンは夢を語る。
「いつか、壁の外の世界を見てみたい」
そのままの勢いで壁の近辺まで行く三人であったが、しかしその時、大地を揺らす地響きと、聞いたことのない雄叫びが天を劈いた!

そうしてその日、壊れる事は無いと思われた壁は、壊されたのである――。


まぁ、全体の流れを見ると、原作で言えば2巻まで、アニメで言えば第8話くらいまで、といったところでありましょうか。壁が破られ、原作で言うところの「ウォール・マリア」に相当する最外縁の壁の放棄、エレンらの「調査兵団」への入団に相当する「外壁再建作業団」への入団、「ウォール・マリア」奪回作戦に相当する外壁再建作戦、エレンの巨人化、あたりまでです。
今サラッと「○○に相当する××」という書き方をしましたが、この実写版では色々と名称やら設定やらが変更になっておりまして、恐らく「出演者の全員が日本人」という事に対する措置と、漫画という絵で描かれた作品を実写でやる際に生じる諸々の不都合を処理する為の設定変更であると思われます。
また、その関係上原作には存在しない実写版オリジナルのキャラクターが複数人登場していますし、主人公であるエレンをはじめ多くのキャラクターの性格等も色々と変更となっておりました。原作そのまんまのキャラクターで出てきたのは、石原さとみ演じるハンジさんくらいじゃないですかね。いやぁ、アレはハマり役でありましたよ!

この設定改変・キャラクター改変という点に於いて管理人はまぁ、ある程度仕方の無い話であると思いますし、そもそも実写映画としてやるんだから色々と原作やアニメとは違った方向性の物語も観たいというのもあって割と肯定的に捉えておるのではございますが、そのあたりは「原作通りじゃないと受け付けない!」という方にはかなり厳しい作りにはなっているのかな、と思う次第であります。
実際問題としてネット上の諸々に於いては既に現段階でその改変に対する否定的意見が主に原作・アニメファン層を中心に席巻している訳ですし・・・。
絵と実写では表現も違うんだから、そのあたりは割り切るという事も必要だと思うんですがねぇ。

そういったキャラ改変・設定改変は多々ありましたが、しかしこの『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は、原作『進撃の巨人』の世界観と雰囲気をそのまま実写にしたような映画でありました。
何と言っても世界観の作り込みでございますよ! 冒頭の、最外縁の壁の近くにある街「モンゼン」の作り込みからしてもう半端ではありませんでした。尺としては5分くらいではありながら、巨人から逃げ延びた代償として現代よりも文明が退廃し待った世界の中で人々が「実際に生活している」という事を感じさせる、そんな映像でありました。この時点でもう掴みはバッチリでありますよ(笑)! その世界観でちゃんと全編やってくれるので、「カメラの外」をヘンに感じて冷めちゃったりする事無く安心して物語に浸る事が出来ます。
こういったのは、日本映画ではなかなか見られない世界観の作り込みであると思いますし、やはり軍艦島でのロケというのは確実に効果を上げていたとしか言い様がありません。軍艦島は先日世界文化遺産にも登録されましたので、そこでロケが行われたとなれば話題にもなるしで、思わぬ一挙両得でありますなぁ。

そうして、街に進撃する巨人達。
これまた、原作やアニメの巨人達がそのまま実写になったような感じで登場してきた訳でありましたね。外見は極めて人間に近いながらも、しかし何を考えているか分からない意思疎通が出来ないデカい奴らが、うすら笑いを浮かべながら人間を貪り喰らう!
人型である存在が人間を喰らうというのは、往年の特撮怪獣映画『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』と同様嫌悪を禁じえないのではありますが、この『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』に於いては完全に人間の顔に準じた容姿を持つ人型の存在が襲ってくる分、一層嫌悪感と恐怖を感じる作りになっておりまして、これは映画だと分かっていながらも俺も喰われてしまうんでは無いか!? という恐怖にゾクリとしてしまいました。いやぁ、恐ろしい! 巨人が人間を喰らう際の血しぶきとか効果音とかが割とエグくもあり、恐ろしさ倍増です。IMAXの大音響での鑑賞ともなれば更に倍率ドン!
そして巨人達は、恐ろしさを持っていながらも、どこかしらコミカルさというかひょうきんさを兼ね備えている存在でもあり、これまた原作・アニメに於ける巨人に即したものであったと言う事が出来ると思います。しかしながら恐怖の巨人がひょうきんというのは、怪獣映画に登場する怪獣の持つ愛らしさにも通じるものがありますねぇ。

で、まぁ、世界観がしっかりしていたから没入できたストーリー部分。
冒頭、これでもかというくらいに巨人に蹂躙されていくモンゼンの街と、一人取り残されてしまったエレンの孤独感、そして2年後のミカサとの思わぬ再開。
エレンとミカサの関係等々が原作とは異なり、割と普通の幼馴染になっている点、そして(今年公開の怪獣映画『ラブ&ピース』で主役を演じており、立て続けに怪獣映画に出演している)長谷川博巳の演じる「人類最強の男」こと調査兵団隊長・シキシマとミカサの関係、それを見て狼狽えるエレン、というのが、後編ではどういった関係になっていくのかというのが非常に気になりますね。エレンとミカサはくっついて欲しいっすよ。
そして、エレンの巨人化をはじめ、巨人について何か知っているそぶりのソウダのおっさん、謎多き憲兵団、前編では一切登場しなかった中央官庁等々、色々と設定の改変が行われている分、なかなかどうして先が読めない引きになった感はありますよね。
謎解き」というか、様々な謎が明らかになっていくというのは『進撃の巨人』の醍醐味の一つでもありますので、この実写版でも是非それを体現した展開を期待しましょう。いろいろ大どんでん返しが待っているみたいなので、オラ、ワクワクしてきたぞ!
まぁ、なんだかんだでストーリー全体については後編を観なければなんとも言えないという部分も多分にありますから、そのあたりについては改めて後編の記事にて書いて行くとしましょうかね。

先述の通り「キャラ改変・設定改変」が行われたこの『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』ではありますが、しかし改変された部分を見たり実写版の為に新しく登場したキャラを見たりすると、まぁ、色々とキャラが立っていてなかなか面白かったですね。

主人公のエレンは、両親に先立たれて天涯孤独の身となっている分、ミカサの喪失(生きてたけど)の絶望感が際立っていましたし、ミカサは冒頭「THE普通の女の子」で少々面食らいましたが、その後の原作に近い性格になって再登場したあたり、過酷な2年間を過ごしたのだなぁというのが際立っていました。・・・主役三人組の中で一番キャラが立っていなかったのはアルミンなんじゃないか? 今後に期待という事で・・・。
謎の怪力キャラだったサンナギに、イチャイチャしてたら死んじゃった火野映司フクシなど、登場時間はメインの面々に比べたら短いながらも、オリジナルキャラ勢も十分にキャラが立っておりました。
オリジナルキャラ勢では特に、ヒアナさんが志願した理由なんかはまさにこの世界観の住人だからこそのキャラクターである、という感じがしましたかね。出征の理由もそうですし、彼女が生命の危機に及んでああいう行動に出ちゃったというのも、なかなかどうして生々しい戦場感が出ていて、どこまで行ってもこの世界で生活している住人であり続けたのが印象深かったです。当然のように死んじゃったけど、もう少し彼女には生きて欲しかったですかなぁ・・・。
そうやってどんどん登場人物達が死んでいく中でもサシャは相変わらず腹ペコキャラでしたし、ハンジさんはいつものハンジさんであり、あの二人は結構な癒しでありましたなぁ(笑)。

そうして、クライマックスの巨人化したエレンの無双シーン。
これまで人類が巨人に蹂躙され続けてきた鬱憤を晴らすかのような爽快感がここには確かに存在しておりました。やれッ! やっちまえッ!!
特撮怪獣ファン的にはこのあたりで、「総員、あの巨人を援護せよ!」とかなるととても熱い展開だよな、とか思っていましたが、勿論そんな風になる訳でも無く(笑)。まぁ、いきなり巨人が巨人を攻撃したからといって完全な味方であるとは判断出来ませんし、それが妥当ではありますけどね。原作でも、巨人化エレンを皆が援護する展開は3巻以降の部分でありますので、まぁそのあたりは後編に期待、というあたりでありましょうか。


さてさて、本作の特撮部分についてのお話。

巨人の表現は主に、特殊メイクと合成によって行われておりました。話によれば、この巨人達の大半はエキストラや撮影に携わっているスタッフであるとの事。実際に「そのへんにいそうなおっさんやおばちゃん」がうすら笑いを浮かべつつブツブツつぶやきながら迫ってくる様は本当に恐ろしい映像でありました。目が捕食する人間を捉えて常に動いているし、表情ははっきりしているしで、3DCGでは出せない生の恐ろしさが直に伝わってくる見事な映像でありましたね。独特な動きもナイスな演技付けであったと言えるでしょう。
合成による光源の不一致感も無くはないですが、しかしこの巨人達の場合その不自然さが不気味さを一層引き立ててもいた訳ですので、寧ろ良し、ですね。意図していたかいないかは分かりませんけれども。
そして何より原作通りに巨人の身長はちゃんと10m級、5m級、3m級・・・と、まちまちであり、そして画面上では各級の巨人が違和感が無く同立しているのは、VFX合成技術の進歩を感じずにはいられないカットでありましたよ。画面に馴染みすぎだろ、お前達!(笑)

また、SFXの花形とも言うべきミニチュアも効果的に使用されているようでありまして、主に背景や破壊カットにて、その使用が認められました。3DCGや別素材と思われる煙等が加算され、最終的な色調調整を合わせる事で本編画面との統一化が行われている訳でありまして、樋口監督が特技監督として参加した『平成ガメラシリーズ』で行われた「本編と特撮の融合」というのが、より高いレベルで行われておりましたね。
そして、コレは現在のところ未確認なのでありますが、外壁再建団の装甲輸送車(そこはかとない『マッドマックス』感がありましたね(笑)。)も、シーンによっては恐らくミニチュアが使われているのではないかと思われます。観ていて微妙な違和感がありましたが、概ね「本物」と言われても納得が出来るレベルでありましたので(一緒に観に行った管理人の友人は本物に見えたと言っていました。)、もしこれがミニチュアで表現されていたとすれば、「恒久的に実物に見えるミニチュア特撮」だったと言える訳でございまして、これは特撮ファン的には驚愕するべきポイントであると言わざるを得ません。
まぁ、そのあたりの真相はメイキング待ちという事になるのでしょうけどね。

そして、巨人化したエレンの着ぐるみ造形であります。
完全に原作準拠でありながら、その存在感と実在感、生物感を兼ね備えた見事な造形であったとしか言い様がありません(笑)。着ぐるみに3DCG或いは煙等の素材をVFXで足した形で表現されているあたりが、生物感を増しているポイントと言えるのかも知れませんね。
巨人軍団との戦闘シークエンスでは、巨人達との同居撮り撮影が行われているらしく、色調調整に頼りすぎない、割と自然なライティングが行われていたようでありまして、空気感の一体という同居撮り特撮の良さが存分に発揮されたシーンだったと言えるでしょう。爽快でもあり、「いつもの巨大特撮」という安心感もありで、良いシーンでありました。

・・・さぁ、問題の立体起動装置であります。
巨人がかなりハイクオリティな特撮で表現されていた分、この立体起動装置の粗さが結構目立つ、そんな感じにはなってしまっていたように管理人は思います。やはり日本のVFX特撮技術でこういう表現をやるには限界があったのかと思うと、悲しくなりますかね。
しかし、カメラワークなどを違う感じにすればまた受ける印象も変わったようにも思うんですよね。実際問題として、ミカサとシキシマが登場する初の立体起動シークエンスは、正直「うわぁ・・・」となってしまったのですが、エレンが覚悟を決めて巨人に対して突進していくカットでは、まるで大空に飛翔するかのようなカタルシスを持ったものとなっていた訳でありまして、そのあたりは魅せ方ひとつで技術の粗さは克服できるのかなと、思った次第であります。
ただ、映像作品で立体起動装置の表現となりますと、アニメ版でのあの表現があった為、それと被らないようにしつつ映画独自の魅せ方を模索していたようにも見えます。アニメ版の立体起動装置は、割とアニメ的な表現として完成しているという面がありまして、タメや見栄切りがあり、それを実写でやるとともすればスピード感を殺す事にもなりかねませんので、そのまんまという訳にはいかなかったという事情も多分にあるのでしょう。
そのあたりは、後編にて洗練されている事に期待しましょうかね・・・!

最後に、本作の目玉とも言うべき「超大型巨人」の表現について。
まぁ、本作に於ける超大型巨人は、言っても冒頭で壁を破壊しただけに過ぎず、本格的な登場は恐らく後編からになるのでしょうけれども、その圧倒的な巨大さと、怪獣映画ばりの登場の仕方は、強烈な印象を与えていきました。
・・・ましたが、しかし一方では、巨人や巨人化エレンがかなり生物感の強い表現でありましたので、相対的に超大型巨人が「作り物」に見えてしまったという部分があるかと思います。
いえね、あの超大型巨人は複数人が一致団結して動かす、アニマトロニクスと操演人形のハイブリッド的パペットに煙等の別素材や3DCGを合成して表現されている、特撮的にはかなり大掛かりなモノなのでありますが、だからこそ一層そこが「作り物」に見えてしまうという問題を孕んでしまっていると思うんですよ・・・。それが非常に残念な部分ではありました。
しかしまぁ、後編には超大型巨人の登場も増える事でありましょうから、そのあたりがまた払拭される可能性もある訳であります。コレも立体起動装置同様、後編に期待、という事で(笑)!


と、いった感じで、長々と『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の感想記事を書いてきたのですが、いかがでしたでしょうか。
色々と細かい部分の粗はあれど、管理人はもう、「日本映画でここまでの特撮が撮れる時代がやってきたのかッ!」と、感激しきりでございますよ(笑)! 勿論、『進撃の巨人』のファンとしても、概ね満足出来る仕上がりになっていたと言える訳でありますしね。

そして当記事は、9月公開の後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』の記事に続きます・・・!

ストーリー面では大小含めて様々な粗がある。しかし……快作! 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』


【関連記事】
涙を呑んで、『巨神兵東京に現わる 劇場版』は失敗だったと言わざるを得ないのかも知れない……。
戦争映画の代替という側面も、怪獣映画にはある訳で。 『ガメラ2 レギオン襲来』
名作自主製作特撮怪獣映画 『八岐之大蛇の逆襲』
或いは、怪獣映画文化のある日本だからこその映画と言えるのかも知れません。 『ラブ&ピース』
小さい頃に観たらトラウマ必至の怪獣映画ですが、しかし人造巨人の悲哀を描いた傑作なのです。 『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』
人喰い巨人獣に安寧の日は来なかった。彼が人喰いであるが故に。 『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』
【SFX】特撮・特撮技術についてのお話【CG】
和製新作ゴジラの監督に、庵野秀明監督&樋口真嗣監督だとォ!? ‐両監督の作品の傾向から想像する新作ゴジラへの期待‐

【関連動画】


web拍手 by FC2
2015/08/01 23:59|特撮怪獣TB:0CM:2

人喰い巨人獣に安寧の日は来なかった。彼が人喰いであるが故に。 『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』 

と、いう訳で、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』公開前夜祭という事で、先日の『フランケンシュタイン対地底怪獣』に引き続き、本日はこの『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』の記事と相成ります。

この『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』は、『進撃の巨人』の原作者である諫山創先生も、『進撃~』はズバリこの作品の影響下にあるという旨の発言をしておりますし、実写版『進撃の巨人』公開前夜祭としてはもう取り上げずにはおけるかという、そういった感じでありますかね。
そして、諫山先生以外にも、この『サンダ対ガイラ』に影響を受けたというクリエイターは国内外に結構居る訳であります。
東宝特撮映画全体としても人気作のひとつでもある本作。一体いかなる映画なのでありましょうか?

姉妹作・『フランケンシュタイン対地底怪獣』の記事は、こちら

フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ

フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』は、1966年公開の特撮怪獣映画。タイトルからも分かるように、前年公開の『フランケンシュタイン対地底怪獣』の続編というか、姉妹作となっております。
前作に引き続く形で、東宝と米国のベネディクト・プロとの合作でありますが、これまた前作同様実制作はいつもの東宝特撮陣。製作・田中友幸、監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・伊福部昭。お馴染みの方々ですね。
先程、「続編というか、姉妹作」というなんとも歯切れの悪い書き方をした訳でありますが、制作当初明確に「続編」とされており、実際完成した作品を観てみても「続編」と読んでも差し支え無いような内容なのですが、制作陣の「1本の映画として独立させたい」という考えから、色々と細部の設定やら何やらが『フランケンシュタイン対地底怪獣』とは異なっております。まぁ、「パラレルな続編」とでも言うべきでしょうか。
そのあらすじは、こんな感じです。

三浦半島沖で航行中だった漁船・第三海神丸が、謎の沈没を遂げた。
唯一生き残った乗組員は、錯乱状態にありながらも、「仲間は全員、フランケンシュタインみたいな化物に食い殺された」と証言する。
それを受け、海上保安庁は京都にあるフランケンシュタインの研究で有名なスチュワート研究所に出向き、
「1年前に死んだフランケンシュタインが生き延びて海で棲むようになり、人を襲ったのではないか?」
と尋ねるが、スチュワート博士は、
「そんなことはありえないし、仮にフランケンシュタインが生きていたとしても、人を喰らうような事は絶対に無い」
と断言する。

しかし、怪物による海難事件はその後も続き、遂には羽田空港にフランケンシュタインが出現、犠牲者を出す。
自衛隊はメーサー殺獣光線車を繰り出し、電撃作戦を持ってフランケンシュタインの抹殺を試みるが、後一歩のところでもう一体のフランケンシュタインが出現、作戦は失敗に終わる。
以後、海から出現した緑色のフランケンシュタインをガイラ、山から出現した茶色のフランケンシュタインをサンダと呼称し、自衛隊は両怪獣の殲滅を試みるのだが……。


1954年公開の『ゴジラ』や『空の大怪獣ラドン』等のこれまでの東宝特撮怪獣映画に於いても、怪獣が人を喰らうという事が示唆された作品はありました。しかしながら、直接的な表現で怪獣が人を食べているのを描写したのは、本作が初めての事であります。
本作のガイラは、逃げ惑う人間を引っ捕まえて、もうバリバリムシャムシャと喰い、そして衣服だけをペッっと吐き出すんですよね。しかも、この映画に登場するガイラはゴジラ達のようなタイプの怪獣では無く、フランケンシュタイン準拠の人型の怪獣。そこはかとないカニバリズム感がそこには流れており、『フランケンシュタイン対地底怪獣』とは別の意味でトラウマになってしまいかねない、恐るべき怪獣映画なのであります。管理人は割と大人になってから本作を観たので流石にトラウマにはなっていないのですが、初見時には結構ゾッとした覚えがあります。
公開当時は既に『ウルトラマン』のテレビ放送も始まっていた為、楽しい怪獣映画を期待して本作を観に来た子供は、さぞ恐ろしい体験をしたに違いありません(笑)。

この映画、冒頭から暫くは、「人喰い巨人獣の恐怖」を、これでもかというくらい丹念に執拗に描いているんですよね。
漁船を襲うガイラ(ついでに大ダコも出てきます。本作にはちゃんと話の脈絡に沿った大ダコが出てくるんです! 円谷監督、大ダコ好きすぎだろ・・・。)、水底からじ~っと釣り船を伺うガイラ、羽田空港に上陸して女性を貪り喰らうガイラ、本格的に地上に上陸して、野を山を街を文字通り「進撃」するガイラ・・・。
毛むくじゃらでありながらしかし人型の巨人であり、更に演者の目が直接ガイラの目となっている着ぐるみの造形、身長25メートルという直接恐怖を感じられる大き。どれもこれも、鑑賞者を怖がらせようとする為の設定であり、そして演出も怪獣映画というよりもどちらかといえばホラー映画のそれである訳ですから、恐怖感倍増であります。コレを「いつもの怪獣映画だよ~」的な雰囲気の、書き文字でサンダとガイラが喋ったりする感じの予告編を流した東宝は、えらくタチが悪いですよ!(笑)

そんな恐怖のガイラの消滅を図るべく登場するのが、陸上自衛隊の誇る超兵器・メーサー殺獣光線車であります。
このメーサー殺獣光線車は、標的を細胞レベルで殲滅できるという恐るべき殺人光線兵器であります。劇中を見る限りでは怪獣が恒久的に出現しているような世界観では無いのになんでそんな恐ろしい兵器を自衛隊が所持していたのかというツッコミはともかくとして、この兵器の登場で恐怖の人喰い怪獣・ガイラを後一歩のところまで追い詰める事に成功します。
いよいよ自衛隊が怪獣に勝利する日が来るのかッ!?

この威力!

それにしてもメーサー殺獣光線車が活躍する一連のシークエンス、通称「L作戦」シークエンスで、これまでの暗い感じのトーンで進んでいた映画が、一気に「いつもの怪獣映画」レベルにまで引き上げられます。伊福部昭作曲のマーチとも相まって最高に格好良い、怪獣VS自衛隊の戦いが演出されており、管理人も大好きなのではありますが、しかし映画全体から見ると結構浮いちゃっている感は否めなくもありませんかね。
この一連のL作戦シークエンスは、本多猪四郎監督自ら脚本を加筆した部分であり、本多監督曰く「見せ場を作る為の措置である」という事らしいのですが、ぶっちゃけた話、いつもの怪獣映画だと思って観に来た子供達への救済措置だったんじゃないか? という気がしないでも無いです(笑)。実際問題として、この映画のガイラによる強烈な人食い描写や恐怖と同等以上にこのメーサー殺獣光線車の格好良さが印象に残っているというリアルタイム世代の感想が色々と見られる訳でありますので、やっぱり本多監督の狙いはそのあたりにあったのかも知れません。

そうやって自衛隊の作戦準備から丹念に描いてきたL作戦でありますが、後一歩のところでもう一体の怪獣・サンダが介入してきたところで、ガイラ殲滅は失敗に終わる訳であります。その後は、食人行為を行うガイラに怒ったサンダがガイラを攻撃、以後、サンダとガイラによる戦いが、いつ果てるともなく続くのでありました・・・。

と、まぁ、ここまでは「ガイラの恐怖」と「メーサー殺獣光線車の格好良さ」という二点を中心に書いてきたのではありますが、実のところ管理人はこの映画の本質はそれらでは無いと思っているのであります。
前作『フランケンシュタイン対地底怪獣』が人造巨人の悲哀を描いた作品である事と同様、この『サンダ対ガイラ』は、人喰い巨人獣の悲哀を描いた作品であると言うことが出来ると思うのでございますよ。
ガイラ目線で本作のストーリーを追ってみましょう。

冒頭、漁船を襲うガイラ。状況を考えてみると、ガイラは漁船を襲ったというよりも大ダコを追いかけてきたら偶然漁船と鉢合わせをした、と言った方が妥当でしょう。
海で生活してきたガイラにとって人間は未知の存在であった。しかし、その人間を食べる事は出来そうである。そして、実際に食べてみると、これが存外に美味しかった。そこでガイラは、美味しい人間が沢山居るらしい、地上へと進出していく。
そうして、羽田空港へ進撃したガイラは食事を行うも、しかし深海での生活に慣れたガイラにとって日中の太陽の光の下で行動するのは非常に難しかった。
そこで、夜間に上陸して人間の捕食を試みようとするが、その人間は存外に賢い生き物で、ガイラの苦手な光を扱ってきた。やむなくガイラは光を避けて移動していくも、移動した先では自衛隊が待ち構え、戦車や電撃攻撃、果てはメーサー殺獣光線車による攻撃を受けてしまい、絶命寸前まで追い込まれてしまう。
そこにやってきた細胞を分けた兄であるサンダに助けてもらうガイラ。取り敢えず人間の目を避けつつ傷を癒して栄養を摂ろう。食料を求めてうろついては人間を食べる。
しかし、人間に育てられたサンダにとってガイラの食人は許されない行為でもあった。食人行為を行うガイラに激昂し、掴みかかるサンダ。そんな事情を知らないガイラは、何故自分の兄が怒っているのか理解する事も出来ず、仕方なしに応戦する。
もう、サンダも味方してはくれない。太陽が出ているのも気にせず、ガイラは逃げるように自分の海へと帰っていった。
この世界に俺が平和に暮らしていける場所なんて無い。ガイラはそう思ったのか、半ば自暴自棄のように、夜の東京で破壊行為を行う。だけど、そこにも自衛隊とサンダが一緒になって襲いかかってくる。自衛隊の攻撃はガイラだけに集中しているし、サンダはガイラよりも大柄だ。
ひたすらにいじめられてしまうガイラ。サンダとガイラの戦いはいつしか洋上に移っていた。自衛隊の攻撃に誘発されたのか、海底火山が噴火、サンダとガイラは、その噴火に呑まれ、姿を消した・・・。

嗚呼、ガイラ。お前は一体何の為に生まれてきたのだろうか!
フランケンシュタイン対地底怪獣』はまだ、怪獣・バラゴンの登場によってフランケンシュタインに救いが与えられている作劇なんですが、この『サンダ対ガイラ』では、ガイラに全く救いが無いんですよッ! もうかわいそうでかわいそうで・・・。いや、人を喰う恐ろしい奴ではあるんですけれどもね。

怪獣の本質のひとつとして、「そこに存在しているモノ」というのがあると思います。
何故、怪獣を退治しなければならないのか。それは怪獣が存在するだけで人間に危害を及ぼすからに他ならない訳であります。その巨体故に、その能力故に。本作のガイラの場合、「食人」というのがその一番の理由でありました。
食人行為を行うのだからこそ、自衛隊は全力でガイラの抹殺に当たった訳です。サンダも、食人を行うガイラを許すことは出来なかった。でもガイラは、食人が悪いことだと認識する事が出来なかった。ここに、この映画に於けるガイラの悲哀が凝縮されていると言えるでしょう。
もし、ガイラがあの時大ダコを追って漁船に遭遇していなければ、人間の味を知ることなく静かに海で暮らせていたでしょうに。前作に引き続き、やはり大ダコが全ての元凶だった! おのれタコ! でも、早かれ遅かれガイラは人間と接触していたでしょうね・・・。

いさや、全ての元凶は、やはり「フランケンシュタイン」という人造の怪物を生んでしまった人間であります。本作では前作と設定が異なっており、日本・京都のスチュワート研究所にてフランケンシュタインが誕生・飼育されていたという事になっています。ラス・タンブリン演じる(前作のニック・アダムスが割とノリノリで演じていたのに対し、このラス・タンブリン氏は割と面倒くさそうな、あまりやる気のなさそうな演技でありました・・・。)スチュワート博士こそが、全ての元凶だと言えるのかも知れません(笑)。
アンタのせいでサンダもガイラも苦難の人生を送ったんだ! ついでにアンタの割といい加減な分析で相当数の人名も喪われてしまったんだぞ!
スチュワート博士の罪は、重い・・・。

さて、本作の特撮面でありますね。
何と言っても素晴らしいのがサンダとガイラの着ぐるみ造形でありましょう。先述のように、「中の人」の目が直接出るデザインというか構造になっており、サンダもガイラも仕草だけではなく「」で語ってくるんですよね。それが独特の生物感と怪奇性を出し、更に恐怖感を煽ってくるようになっておるわけです。
ガイラの羽田空港襲撃シークエンスでは、これから捕食する対象をじっと目で追って吟味していたりするなど、観ているこちらをドキリとさせる演出が素晴らしいです。
この怪獣デザインは、ウルトラシリーズでもお馴染みの成田亨によるものであります。ウルトラシリーズに於いて成田さんは「化け物」感を排除した怪獣デザインを行っていた訳ですが、この作品のサンダとガイラ、特にガイラは化け物そのもののデザインであり、ウルトラ怪獣とは180度異なった理念の元デザインされているという事が言えるかと思います。
そのあたりを鑑みるに、「子供向けでは無い怪獣映画」という意識が、制作陣にはあったのかも知れません。

そして、木々をなぎ払いながらサンダを攻撃するメーサー殺獣光線車の大特撮!
ミニチュアワークと光学合成を見事に駆使し、凄まじい威力を誇る超兵器を演出する事に成功していました。着弾の衝撃で木が吹っ飛ぶという演出は現場で考えられたそうなのですが、見事な仕上がりになっております。この威力!

そしてそしてサンダとガイラの東京での最終決戦は、前作に引き続き普段の怪獣よりもサイズが小さい怪獣達による格闘という事で、東京のミニチュアも縮尺の大きいものになっています。東宝特撮映画に於ける市街地での怪獣同士の格闘は、『ゴジラの逆襲』以来という事もあってか、非常に気合の入ったミニチュアワークが堪能出来ます。
破壊された貯水槽から水がこぼれ落ちる、なんてカットもある芸の細かさ。円谷特撮の円熟を感じさせられる、そんな戦闘シークエンスとなっているのでは無いでしょうか。
他にも、巧みな合成で完全に実景に溶け込んでいるガイラとか、冒頭の大ダコの操演技術の高さなど、特撮的な見所は盛りだくさんでございます。

そんな感じで、全体的な映画の完成度としては『フランケンシュタイン対地底怪獣』の方が上になるのかなぁ、とか思ってしまう管理人ではありますが、兎に角見所も恐怖も多いこの『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』。
食人シークエンスや、全力疾走で進撃するガイラ等のシチュエーションは、明らかに『進撃の巨人』に影響を与えていると言えると思います。
フラバラ』同様、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の予習として本作を観るのもまた、一興かも知れません。

【関連記事】
小さい頃に観たらトラウマ必至の怪獣映画ですが、しかし人造巨人の悲哀を描いた傑作なのです。 『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』
【ジグザグに飛ぶ】「そういうもの」という文脈が成り立たない【メーサー光線】
怪獣映画の魅力とは

【予告編】


【関連商品】
【東宝特撮Blu-rayセレクションフランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ【東宝特撮Blu-rayセレクションフランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ
(2010/01/22)
ラス・タンブリン、佐原健二 他

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2015/07/30 18:12|特撮怪獣TB:0CM:4

小さい頃に観たらトラウマ必至の怪獣映画ですが、しかし人造巨人の悲哀を描いた傑作なのです。 『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』 

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の公開まで、いよいよあと1週間を切りました。そこで『進撃の巨人』特集では無いですが、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』にテイストが近いであろう特撮怪獣映画2作品の記事を、作成するところであります。
今日はまず1作目。

試写会の感想等を漏れ聞くに、どうやら実写版の『進撃の巨人』は「トラウマ怪獣映画」とのこと。なるほど、トラウマ怪獣映画ですか。トラウマ怪獣映画の筆頭と言えば、やはりこの作品が随一であると管理人は思うのであります。
フランケンシュタイン対地底怪獣』!
通称、「フラバラ」。なんだか四文字にすると日常系萌えアニメチックになりますね。「ふらばら!」みたいな(笑)。

フランケンシュタイン対地底怪獣

フランケンシュタイン対地底怪獣』は、1965年公開の特撮怪獣映画。
当時、1954年の『ゴジラ』を筆頭とした様々な東宝特撮映画の海外輸出によって相当の外資を稼いでいた東宝でありますが、本作はその流れで、東宝が米国のベネディクト・プロという製作会社とタッグを組んだ、日米合作の怪獣映画なのでございます。「フランケンシュタイン」という英国小説由来のキャラクターも元々はあのキング・コングとの対決相手として想定されたものだったりもするのですが、二転三転して本作という形に落ち着いたという経緯があったりもします。
しかしながらまぁ、実制作はいつもの東宝特撮スタッフ陣。製作・田中友幸、監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・伊福部昭という布陣は『ゴジラ』以来毎度お馴染みの東宝特撮黄金制作陣であり、この頃になるともう非常な安定感を放っております(笑)。
巨人対怪獣」という構図から、翌年より放送が始まった『ウルトラマン』への影響を与えたとされる事も多い本作品。そのあらすじは、以下の通りでございます。

第二次世界大戦末期。陥落間近のドイツ・ベルリンから極秘裏に輸送された「死なない兵士を造り上げる手立て」とされた「フランケンシュタインの心臓」。
タンパク質を与えることで無限に生き続けることが出来るというそれは、日本・広島にて研究が継続されるも、原爆の投下で喪失してしまう。

時は流れ1960年代の広島の国際放射線医学研究所では、原爆の放射能を浴びた患者に対する治療と研究が行われていた。
ある日、放射能に耐性のある不思議な浮浪児が保護される。浮浪児は驚異的な成長を遂げ、常識では考えられないほどの体躯へと変貌を遂げる。
彼こそ、原爆投下の渦中で喪われたと思われていた「フランケンシュタインの心臓」が成長した姿だったのだ……。


人造人間」という要素から、本作は怪獣映画よりも『ガス人間第一号』等のいわゆる「変身人間シリーズ」に近いテイストの作品と言うことが出来るかも知れません(実際、『ガス人間第一号』の続編としてフランケンシュタインを登場させる案もあったそうです)。1965年前後のゴジラは、怪獣戦隊を組んでキングギドラを追い払ったり、南海の孤島でエビラとバレーボール合戦をしたり、割とはっちゃけた感じになりつつあったので、それと同じような雰囲気の怪獣映画だと思って本作を観ちゃったら、そら子供はトラウマになっちゃうでしょう(笑)。
管理人は割と大人になってからこの作品を観たのでトラウマにはなっていないのですが、初見時の印象としましては、「これはなんだか見てはいけないモノを見てしまったぞ」感が強かったというのを覚えております。

サラッと見るだけでも、人語を話せず「う~、あ~」と唸るしか出来ないフランケンシュタインであるとか、「広島の原爆で孤児となった浮浪児」とか、「パンパン(売春婦)の捨て子じゃないのか?」といった台詞等、今では確実にそういったヤバいネタでSF映画を撮るのは難しいだろうなぁ、という要素が目白押しでありました。
そもそも広島原爆が怪物・フランケンシュタイン誕生のきっかけであるというのがなんとも物凄いんですが、そういった原爆や「戦後」という時代が生んだ様々な社会問題は、この映画の公開当時現実にあった問題であったとも言える訳でありまして、ひとつの時代の表象として捉える事が出来るのかも知れません。
もしかしたら日米合作という制作事情を逆手に取り、海外でも広く公開される事を見越してそういった日本に於ける原爆被害の実情や、戦後のGHQ統治に於ける占領軍が来た事で発生した社会問題に対して世界、とりわけ米国に訴えるという思惑も、もしかしたら制作陣にはあったのかも知れませんね。管理人の考え過ぎかも知れませんが。

そういった時代背景やら制作背景やらの元創られた『フランケンシュタイン対地底怪獣』でありますが、本編自体を一言で言うと、「身長20メートルの巨人となってしまった人造巨人の悲劇」でありますかね。フランケンシュタインに感情移入して本作を観ると、もう悲しくて悲しくて・・・。
自分の意思に反して体躯が巨大化していき、戸惑い、狼狽え、それでも自分の意思を言葉で相手に伝える事は出来ないフランケンシュタイン。不本意ながらも巨大化し力も強くなってしまった結果、檻に閉じ込めるしかなかった研究員らの苦悩。そして、突発的な事故から檻を破り外に出てしまった結果もう自分は人間の社会では生きていくことは出来ないのだと悟り、山へ去っていくフランケンシュタイン・・・。水野久美演じる研究員の戸上季子に、最後のお別れとして会いに来るシーンなんかは、もう本当に物悲しい気分になってきます。

立ち去る前にお別れに来たフランケンシュタイン

そうして山に去ったフランケンシュタインですが、やはり身長20メートルという巨体がネックとなり、その身体を維持するだけの食料を確保するだけでも四苦八苦、更には、狩りをしようとして誤って山小屋を破壊してしまうなど、「巨大であること」というのはそれだけで普通の人間にとっては驚異になるという事がこれでもかと描写されているのが、もう哀しくて仕方がありません。
しかも世間では、怪事件や人損被害が出るとすぐに「フランケンシュタインの仕業に違いない」とされてしまい、あらぬ濡れ衣を着せられてしまい、必要以上に警戒され、自衛隊が山へ入っていきフランケンシュタインは更なる山奥への移動を余儀なくされてしまうという・・・もうどこまでフランケンシュタインを追い詰めれば良いのかと(笑)。「もうやめたげてよぉ!」と言いたくなってきます。

本作のクライマックスでは、育ての親でもある先述の戸上季子、ニック・アダムス演じるジェームス・ボーエン、高島忠夫演じる川地堅一郎の科学者トリオを、地底怪獣バラゴンから助けるべく死闘を演じる訳でありますが、ここに、フランケンシュタインが巨大になってしまった事が遂に報われるのであります。
心の優しい巨人であるフランケンシュタインが、育ての親を助ける為に怪獣と戦う! これ以上に無いカタルシスであります。
これで自衛隊と協力して怪獣退治の専門家になるという道ももしかしたらあったのかも知れませんが、彼は倒したバラゴンの亡骸と共に陥没した地面に呑まれ、その姿を消してしまいます。
一体彼の人生は何だったのかと言いたくなりますが、しかし、彼にとってはこれが一番の幸せな結末であったのかも知れませんね。
兎にも角にも科学が生み出した悲劇の巨人の物語は、ここで幕切れと相成る訳であります・・・。

さて。
ここまで割と意図的にフランケンシュタインの対戦相手である地底怪獣・バラゴンに対する言及を避けてきておった訳でありますが、ここからはそのバラゴンに関してのお話であります。いや、だってこの作品、ぶっちゃけた話バラゴンが出てこなくても割と成立しているんですもん!
まぁ、バラゴンちゃんが居たからこそフランケンシュタインの生きた意味があったとも言える訳ですから、そんなに邪険に扱うようなもんでも無いんですが(笑)。

地底怪獣バラゴン

バラゴンの身長は25メートル。体重は250トンと、
ゴジラ:50メートル・2万トン
アンギラス:60メートル・3万トン
ラドン:50メートル・1万5千トン

といった東宝特撮スター怪獣(アンギラスはスター怪獣です!)の面々と比較すると随分と小柄なのですが、身長20メートル体重200トンのフランケンシュタインと対峙するのに合わせた身長・体重設定なので、数値でゴジラ達に劣るとかそういう話では無く、映画に合った体躯を持った怪獣であると言うことができるかと思います。
人や家畜を喰らう凶悪な怪獣ですが、基本四足歩行で、一生懸命地面を掘っている姿は、どこか愛らしくもあります。
しかし、フランケンシュタインとの戦闘で地面を掘りまくった事がラストシーンの地盤沈下に繋がっていたりもする訳で・・・。
デザイン的には、ゴジラやバラン等のオーソドックスな恐竜タイプの怪獣でありながら、角が発光していたりするなど後のウルトラ怪獣に通じる面もありますかね。実際バラゴンの着ぐるみがウルトラ怪獣用に流用・改造されたりもしていますし(それが後々『怪獣総進撃』の「ゴロザウルス凱旋門突撃事件」に繋がるのですが・・・ッ!)。

このバラゴンの特筆すべき点は、口から放つ怪光線=マグマ熱線であります。
ゴジラ然り、割と口から怪光線を放つ怪獣は多いのですが、このバラゴンの場合この熱線で土や岩盤を溶かして地中を移動するというのが劇中で描写されており、この点に於いて「何故怪獣にはこういった技を使うのか?」というのが示された初めての怪獣映画であると言えまして、バラゴンなる怪獣が普段どうやって生活しているのかが垣間見える画期的な一瞬となっているのでございますよ。

怪光線で岩盤を掘削するバラゴン

後のウルトラシリーズでは怪獣の生態が描かれたりもしているので、その点に於いてもバラゴンはウルトラ怪獣の先取りをした怪獣であると言うことが出来るのかも知れません。
いやぁ、可愛いし当時としては画期的だし、地味ながら色々と魅力的な怪獣じゃないっすか、バラゴン! もっと人気が出ても良いハズなんだがなぁ・・・。

さてさて、本作の全編的な特撮面ですかね。
先述の通り本作は、フランケンシュタインもバラゴンも身長20メートルくらいという事で、『ゴジラ』等よりも縮尺の大きいミニチュアが使用されており、より精度の高い作り込みの特撮を堪能する事が出来ます。
特にまだ身長が20メートルも無い頃のフランケンシュタインが街を歩くシーン等では、それ以上の縮尺のミニチュアが用いられており、実景さながらの映像が流れ、「日常的な空間に異様な巨人が存在している」という非日常と日常が織り交ざった不思議な画が構成されているんですよね。

日常と非日常の混在

また、フランケンシュタインは全編にわたって特殊メイクによって表現され、「歪で醜くも見える不気味な怪人・フランケンシュタイン」を体現したような、見事な特殊メイクでありました。
フランケンシュタインとバラゴンの決戦は、よく「後のウルトラマンにも影響を与えている」とも言われますが、実のところ影響を与えているのは「怪獣と人型巨人の格闘」という点だけであり、格闘のスタイルは後のウルトラとはまた異なった、「本気の殺し合い」のような感じとなっており、その荒々しい戦闘はウルトラの戦闘とはまた一味違った魅力であると管理人は感じますかね。フランケンシュタインの顔はウルトラマンのようにマスクに覆われておらず、表情がハッキリとしているというのもポイントですか。

そういった感じで、トラウマ怪獣映画としての面が語られる事が多い本作ではありますが、しかしその実かなり重厚かつ丁寧に、そしてメアリー・シェリー作の原典『フランケンシュタイン』に即して「科学の力で誕生してしまった哀しい怪物」というのが描かれた、傑作映画である『フランケンシュタイン対地底怪獣』。
山中や森林に潜むフランケンシュタインというシチュエーションは、どこかしら『進撃の巨人』にも通じるものがあるかと思います。
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の予習として、この『フランケンシュタイン対地底怪獣』を観るのも、良いかも知れませんよ!

・・・そして、当記事は『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』の記事に、続きます・・・!

人喰い巨人獣に安寧の日は来なかった。彼が人喰いであるが故に。 『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』 

あ、『フラバラ』に大ダコなんて存在していませんよ! 良いですね!?
※『フランケンシュタイン対地底怪獣』は、テレビ放映版に於いて、クライマックスの地盤沈下の後に突如登場した巨大なタコとフランケンシュタインが格闘、相打ちとなり湖に落下するという蛇足以上の何者でも無い追加映像が加えられており、後年のVHS等の映像ソフトには大ダコ登場バージョンで収録されている事も多々あった訳です。
大ダコが登場するかしないかでは割と受けるラストシーンの印象がかなり違うんで・・・ッ!



【関連記事】
愛すべき大怪獣バラダギ様! 『大怪獣バラン』
特撮ファン的には、実写版『進撃の巨人』は待望の映画だったりするのですが、しかし……ッ!

【予告編】

web拍手 by FC2
2015/07/28 17:40|特撮怪獣TB:0CM:2

或いは、怪獣映画文化のある日本だからこその映画と言えるのかも知れません。 『ラブ&ピース』 

遂に始まった怪獣の夏ッ!
という事で、6月27日より公開が始まった特撮怪獣映画『ラブ&ピース』を観て参りました。
いやはや何と言いますか、3年連続で新作の怪獣映画を観る事が出来るというのは、あの怪獣氷河期を思えばなんとも幸せな事だろうかと感激の極みであるのですが、今年はいよいよ持って日本の怪獣映画が帰ってきたと、そういう事でありまして、昨年の『GODZILLA ゴジラ』並びに一昨年の『パシフィック・リム』とはまた違った感慨がありますかね。
単館上映や小規模公開ではない、全国42館での公開となる和製怪獣映画! 大規模上映では無いにせよ、これだけで怪獣ファンの管理人は感涙ものであります。
・・・と言いながらその実この映画はゴジラやガメラのような純然たる怪獣映画では無いんですけどね。まあ、世間一般に言う「怪獣」という存在が出てくるのは本当にクライマックスだけなので、厳密に言えば「怪獣が出てくる映画」と言った方が正しいのかも知れませんが、しかし本作は、見方によっては「何故、怪獣が出現したのか?」というプロセスを描いた映画とも取れるんですよね。
そしてちゃんと特技監督だって立てられているし、ジャンルはやっぱり「特撮怪獣映画」で良いですよね!

ラブピース

管理人は園子温監督の作品を全作品観ている訳では無いのですが、これまでの作品傾向を鑑みるに、エログロ描写を入れてくる監督だなあ、という印象がありました。しかし『ラブ&ピース』にはそういったモノは一切無し。 エロとバイオレンスをひとつの楽しみにしている園監督のファンからすれば些か拍子抜けした、という感想もあるようであります。・・・まあ、亀で擬似的に女性をツンツンするという、捉え方によってはアレな場面もありましたが(管理人の心が汚れているだけですかそうですか)。
しかし園監督、今年は本作含めて実に5本もの映画を撮っている訳でありまして、今一番忙しい日本の映画監督なのではないでしょうか(笑)。
聞くところによるとこの作品の原型となる脚本は、園監督がまだ映画業界に入って間も無い頃に書いたモノだそうです。温めて幾星霜、漸くの映像化と相成った本作、一体どのような作品に仕上がったのか。
亀が巨大化して怪獣になる」、「本物の亀を用いた撮影」という2点から『小さき勇者たち〜ガメラ〜』との関連性なんかも挙げられている本作。そのあらすじは、以下の通りです。

ロックミュージシャンを目指し上京してきた鈴木良一は、しかしその夢に挫折、楽器の部品製造メーカーで働く事になった。
だが、夢に挫折したからなのか、何をやるにしても自信を持てず、良一は会社で完全にお荷物社員と化してしまっていた。
同僚である寺島裕子に想いを寄せたりするも、会話する事すらままならない日々。

そんなある日、良一はデパートの屋上で販売されていたミドリガメと目が合い、ただならぬ運命を感じ、飼う事にする。
ミドリガメに「ピカドン」という名前を付け溺愛する良一であったが……。


このあらすじだけ見ると、「どこに怪獣が出てくる余地があるんじゃい!?」と突っ込みたくなります(笑)。

それにしても『ラブ&ピース』というタイトル、一見怪獣映画らしからぬ名称ではありますよね。怪獣映画と言えば、『ゴジラ』とか『大怪獣ガメラ』みたいに怪獣の名称をタイトルに据えるか、『ゴジラ対メガロ』みたいに対決の構図を表すタイトルというのが一般的ではないかと思います。
しかし! この「ラブ&ピース」という名称、後述の通り作中に於いては、

劇中で主人公が名付けた亀=ピカドン

主人公がピカドンを想って書いた歌詞

反戦歌と勘違いされて大手レコード会社で売り出される事に

大衆受けを狙いレコード会社が「ピカドン」を「ラブ&ピース」に置換

という変遷を辿って出てきたのであります。
つまり、「ラブ&ピース」とは「ピカドン」の事であり、そのピカドンが巨大化して怪獣になる訳ですので、まさに怪獣の名称を映画のタイトルに据えているという事も出来るんですよ。まぁ、「ラブ&ピース」というタイトルにはそれ以外にも色々と意味が込められていると思いますが、しかし怪獣映画的にはこのタイトルの持って行き方は、なかなかに巧妙であると言わざるを得ません。
・・・その一方で、怪獣の名前を「ピカドン」にしちゃうというのはぶっちゃけるとどうかとも思いますが、しかしそもそも日本怪獣の始祖たるゴジラが原水爆の影響を受けて誕生した事を鑑みると、さもありなんという気もしないでは無いですかねぇ(面倒くさい怪獣ファン並の感想)。
作中では「ピカドン」が原子爆弾を表した語であるという事を若い連中は知らない」というように描写されておりました。「日本の友達のアメリカが原爆を落とした筈無いし~」みたいな感じで平和ボケし過ぎて、過去に起きた凄惨な出来事すら忘れちまっている、それじゃあいけないぜと、そういったメッセージも入りつつで、日本の怪獣の原点に立ち返った視点からの一連のシークエンスであったと思います。
この作品が描写しているモノの中に「変化」と「忘れない」というのが大きなウェイトを占めている訳でありまして、原爆を知らない若者という変化と、それを忘れてはならないという思いもまた、その中のひとつなのでありましょうなぁ。

さて、物語の序盤は主人公である良一が兎に角痛々しくて見てられない、というのが率直な感想でした(笑)。町を行く人やテレビにさえ馬鹿にされているというのは流石に被害妄想の映像化という描写なのでしょうが、それにしてもそこまで卑屈にならんでもと思わざるを得ませんでした。
いや、無論コレはギャグとしての描写なんでしょうけれども、「夢破れて普通の会社に就職してうだつの上がらないお荷物社員になっちゃっている」っていうの、管理人にはなんだか身につまされるような話でして・・・(笑)。いや別に管理人は夢破れた訳でもお荷物社員になっている訳でも無い(と思う)んですがっ!
しかし、周囲に亀を飼っている事を嘲笑され、ピカドンを手放してしまってからは割とトントン拍子で物語が転がっていく事になる訳です。物語は良一パートとピカドンパートに分かれて進行する事になります。

人に棄てられたペットやおもちゃ等が辿り着く謎の地下世界に来るピカドン。ピカドンは謎の地下世界の謎の老人に(事故でしたが)願望を実現させる能力を与えられ、その力を行使して良一を大ヒット曲を連発するロックミュージシャンにまで押し立てる。
しかし、その分能力の副作用でピカドンは巨大化してしまう。

そして、良一が「世界を目指したい」という夢を抱いた時、ピカドンはビルをも凌ぐほどの大きさにまで巨大化するのであった。
怪獣サイズにまで巨大化したピカドンは、ライブ中の良一の元へと向かう……!


いきなりファンタジーになっちゃうんですもん(笑)。
西田敏行演じる謎の老人は不思議な力を持っており、動物やオモチャを動いたり喋ったりできるようにして地下世界で皆一緒に暮らしているという構図は、さながらディズニー・ピクサーのアニメ映画『トイ・ストーリー』の様相を呈しておりました。
しかし本作ではオモチャが最終的に行き着く事になる、「捨てられた後」を描いていた訳であり、「買われてから10年後のオモチャ」を描いた『トイ・ストーリー3』の更にその先を行く構造になっていると言えるのではないかと思います。
それにしても管理人は、この謎の老人は棄てられたオモチャや棄てられたペットの介錯人ではないかと思って観ていたんですが、まさかサンタだったとは。些か拍子抜けはしましたが、でも、オモチャ達が今までの思い出を全て忘れて新しい所に行くには、まぁ、これが妥当な結末なのかなぁと思います。
しかし、オモチャ達は全てを忘れ、真っ新な新品の状態になってクリスマスの夜に配られる事にはなるのですが、オモチャがオモチャである以上、いつかまた捨てられてしまってまたサンタの元に帰ってきてしまう運命にあるというのは、哀しいというか、ただただ無常であります。オモチャにもサンタにも救いは、無い・・・。
それだけに、棄てられたオモチャやペット達がご主人の事をいつまでも想い続けるというのは、本当にいじらしくていじらしくて・・・。

オモチャがどこまで行っても変わることが出来ないとされるその一方で、良一はピカドンの能力によってロックスターとしてどんどん変わっていってしまいます。
晴れてロックスターになれた良一。しかし、夢は叶ってしまえばそれはもはや夢とは呼べない現実となってしまうし、夢を見ていた時とは変わってしまう。そして、夢はやがて欲望に置き換わってしまい、しかもそれが尽きる事は無い。良一もその例に違わずどんどん変わっていくのでありますが、その際限無い欲望を叶える為にピカドンは巨大化していくのであります。
だけど、ピカドンは知っている。例え変わってしまっても人間はまた思い出す事だって出来るし、やり直す事も出来る。それを良一に伝える為に、ピカドンは、夜の東京を進撃する!

いやぁ、そういった怒涛のクライマックスでございますが、この一連のクライマックスを観て、管理人は泣いてしまいましたね。
3年連続で映画館で怪獣見て泣いてる訳で、やっぱり人間としてどうかと思うんですが、しかし今回は「怪獣かっけぇ!」じゃなくて、純粋にピカドンの健気さに泣いちゃった訳であります。いやぁ、特に怪獣サイズになる一連のシークエンスですよ。ピカドン、お前はそこまでして良一の事を思っているのかと思うと、もう・・・!(・・・でも、泣いたのはやっぱり映画館で怪獣見れたからやないんか?)。
どっちにしても、年々涙腺が緩くなってきておりますなぁ。


さて、本作の特撮面であります。
今作の特技監督を務めたのは、近年では『ウルトラマンギンガS』や『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』で巨大怪獣や巨大ヒーロー、巨大ロボットを特撮を用いて表現しており、近日放送開始予定の『ウルトラマンX』ではメイン監督も務める、巨大特撮演出に定評のある田口清隆監督であります。

怪獣映画という事で怪獣出現の巨大特撮シークエンスにどうしても目が行ってしまいますが、その前に管理人が凄まじいと感じたのは、地下世界の動いて喋るオモチャたちであります。
3DCGでも合成でも無く、複数のオモチャ達が吊り操演(無論、合成や機械持込のプロップもあるでしょうけれど。)で同時に動いている! 完全に人形劇の手法で撮られているんですよね。それぞれがちゃんとキャラクターに合った動きをしており、そこには魂が宿っているのだという事を認識できました。
それをチープだとする向きもあるようですが、しかしその絵面は作品にマッチしており、特撮の理想系とも言うべき一体化が為されているように管理人は思いましたね。

そして展開される、怪獣出現&破壊シークエンス。
田口監督曰く、「これまでの田口特撮の集大成」との事でしたが、緻密なミニチュアワークと大胆な破壊描写、そして展開する10式戦車との交戦、そしてファンタジーとリアルの織り交ざった心象のような映像・・・。短いながらもリアリティと迫力、そして怪獣がそこに存在しているという説得力を持った見事な特撮でありました。映画館でこの巨大特撮が観れて良かったっす。
東京都庁の破壊で怪獣映画のお決まりの一つでもある「ランドマークの破壊」もやってくれましたし(笑)。
因みに、破壊シークエンスで使用されていた建物のミニチュアの中には、先月行った特撮博物館熊本展の撮影可能ブースに展示されていたミニチュアもありまして、「そうか、あのミニチュアはひと仕事終えた後だったのか!」と、妙に感慨深くもなりました(笑)。

あと、ピカドンの造形は、なんかもうやたらに可愛かったですね。あの可愛いのが大谷育江さんの声で鳴いて喋るんですよ!
いつも管理人は「レギオン萌え」だの「モスゴジ可愛い」だの言っている変な奴ではあるんですが、ピカドンの可愛さは、万人に共通するものであると考える次第でありますッ!!


全編を通して観た感想と致しましては、「大人のための童話」として仕上がっているように思います。特に、夢を追いかけていた、或いは追いかけている、そんな人達にとっては割と切実な映画だったんじゃないかなぁ、と(笑)。管理人もそのうちの1人な訳ですが・・・。
そして、日本に怪獣映画の文化があったからこそ、こういった筋書きの映画が生まれたのだろうなぁ、とも思います。こういった感じで、怪獣映画のフォーマットを利用した映画も、また増えると面白いでしょうね。

さぁ、次は『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』だ!
今作では良一を怪演した長谷川博己も『進撃~』で出演しますよって、少なからぬ運命じみた何かを感じますなぁ。


【関連記事】
『小さき勇者たち〜ガメラ〜』とは、何だったのか
特撮ファン的には、実写版『進撃の巨人』は待望の映画だったりするのですが、しかし……ッ!
日本の「ミニチュア特撮」の魅力とは?
怪獣映画の魅力とは
【館長】特撮博物館・熊本展、行ってまいりました!【庵野秀明】


【予告編】

web拍手 by FC2
2015/07/04 19:22|特撮怪獣TB:1CM:2

シリーズ随一の「可愛いゴジラ」! 「インファント島の怪骨」もヨロシク!  『モスラ対ゴジラ』 

ゴジラの生誕から61年。
昨年はハリウッドで新作のゴジラが制作されて世界的な大ヒットをしました。来年には東宝製の新作ゴジラが公開する訳であります。来年の東宝ゴジラには、是非とも10余年ぶりの登場らしく圧倒的な姿を見せて欲しいものでありますね。
・・・しかしながら、確かにゴジラは押しも押されぬ大怪獣ではあるんですが、人類の脅威一辺倒かというと必ずしもそうでは無く、長いシリーズの中にはフキダシで喋ったり勝手に巨大化するロボと握手したり、かなりお茶目な一面を見せたりもしておる訳です。
放射能を吐き、街を蹂躙するゴジラにだって可愛いところはある! あの初代ゴジラにだって可愛い部分は確かに存在している訳でございますよ。可愛いさを見せないゴジラは、『GMK』の怨霊ゴジラくらいじゃないでしょうか。
昨年のギャレゴジでは、ゴジラの可愛いところも汲んでくれていた。さぁ来年の庵野・樋口ゴジラは、どうか!?
そこで本日は、個人的に怪獣王・ゴジラが最も可愛い映画『モスラ対ゴジラ』について、少し書いてみたいと思います。

モスラ対ゴジラ

モスラ対ゴジラ』は、1964年4月29日公開の特撮怪獣映画。この年は本作と『宇宙大怪獣 ドゴラ』、そしてキングギドラ初登場作品である『三大怪獣 地球最大の決戦』といった3本の東宝特撮怪獣映画が公開された年でありまして、当時の東宝特撮怪獣映画がいかにヒットしていたのかというのが伺えますね。今で言う仮面ライダー映画みたいなもんです。いや、相応の金がかけている分、東宝特撮怪獣黄金期のこっちの方が贅沢であると言えますか。
よく間違えられるのですが、「ゴジラ対モスラ」では無いのであります。この当時はまだ「ゴジラシリーズ」というのが完全に確立してはおらず、ゴジラも「東宝の特撮怪獣映画に登場する怪獣のうちの一体」という扱いでありました。
話の主軸もゴジラではなくモスラの方が重点的でありますので、ゴジラはあくまでおまけ、というのが無きにしも非ずかも知れません。

本多猪四郎監督に円谷英二特技監督、音楽は伊福部昭と、初代ゴジラから続く典型的東宝特撮映画な制作陣で組まれたこの作品。そのあらすじは以下の通りでございます。

超大型の台風により、先日完成したばかりの愛知県・倉田浜干拓地が水没した。
時を同じくして、台風で流れ着いた巨大な卵が、地元の漁師たちによって引き上げられる。京南大学の三浦博士が調査していたが、漁師たちから卵を買い取ったというハッピー興行社の熊山が現れ、調査は中断となってしまう。熊山は卵を一般に公開し、一儲けしようとを企んでいたのである。

一方、倉田浜干拓地からはかつて東京を灰燼と化した大怪獣・ゴジラが出現する。ゴジラは、四日市コンビナート、次いで名古屋を襲撃。
果たしてゴジラを止める手立ては無いのか?そして、巨大な卵=モスラの卵の行方は!?



東京オリンピック前という事で、それに関連した観光開発ブームや、テレビの普及に伴って急速に台頭していっていた当時のマスメディアなんかに対する批判的なモノも本作には盛り込まれており、なかなかどうして本編パートも骨太な印象を受けますかね。61年の『モスラ』が社会的なテーマを盛り込んでいたので、その延長という感じもしますが。

しかしながらこうして見ると、モスラってつくづく悪い人間に縁のある怪獣ですね。1961年公開の『モスラ』では悪い外国人達が小美人を攫っていますし、『ゴジラVSモスラ』でも再度モスラの卵を興行用に使おうとする人達が出てきていましたし・・・。
いや、寧ろ人間の方が学ばないのか(笑)。悪事を働くたびにモスラが暴れる事になって大概悪人は成敗されるんで、因果応報です。いや、関係無い人達がモスラの被害を被るのはたまったもんじゃありませんが。モスラ災害の被害に遭った人は今作のハッピー興行社をはじめ、モスラや小美人を誑かす悪い人達を相手に訴訟を起こしても良いと思います。
本作では小美人が「私達は争いを好まないが、モスラが移動したりして街を破壊してしまうのは忍びない」という事でハッピー興行社の熊山(またこの熊山が良いキャラしていまして、良い感じのチョビ髭が胡散臭い小悪党っぷりをよく表現していたと思うんですよね。田島義文のハマり役でした。)と、それを裏から支援する虎畑(なにげに、佐原健二の悪役って少ないんですよね。この虎畑と『海底軍艦』のムウ帝国工作員役くらいですか。)に卵の返却を要求するのですが、要求が通らないと分かるととっとと撤収しちゃいます。
さようなら~」と言いながらモスラと共に飛び去っていく小美人は、なんだかヤケクソになっているような印象も受けますね。「日本がモスラの被害を受けてもアタシらの知ったこっちゃないしぃ~」みたいな感じで(笑)。

さて。
記事の冒頭で「ゴジラが可愛い」と書きましたが、どこが可愛いのか。
端的に言うと、仕草のひとつひとつが可愛いのでございますよ(笑)!

①登場が可愛い
本作のゴジラは、干拓地の地中から登場します。長いゴジラの歴史の中でも土の中から出てくるというのは本作だけでありますね。

ゴジラ出現!

普段は太平洋の深海に住んでいる筈のゴジラが何故愛知県の干拓地の地中で寝ていたのか? そもそも地底怪獣でもないコイツはどうやって穴を掘ったのか? 土の中は寝心地が良いのか?
謎は尽きませんが、兎に角背びれをプルプルさせながら起き上がるゴジラは、実に、可愛い!
寝起きで気だるそうにしているのもポイントが高いですよ。

②都市破壊が可愛い!
怪獣萌えの人にとっては怪獣の都市破壊シークエンスは怪獣を愛でる場面であったりもするのですが、怪獣萌えかどうかに関係無く『モスラ対ゴジラ』のゴジラの都市破壊は「可愛い」と感じる事請け合いです!
寝起きで気だるそうに四日市コンビナートを破壊、そのまま名古屋市街地に侵入します。
そこでゴジラは名古屋テレビ塔を破壊するのですが、実際には尻尾を引っ掛けてしまっただけ。

名古屋テレビ等に尻尾を引っ掛けてしまうゴジラ

げぇっ、なんだコレ、抜けないぞ!?
という感じでちょっと焦るゴジラは実に可愛い!

「やべぇ抜けない!」と焦るゴジラ

そして、やっと塔から尻尾が抜けたらそのまま前につんのめってしてしまうゴジラ。

抜けた勢いでつんのめるゴジラ

うん、非常に可愛いですね!

そしてそのまま名古屋城にやってくるのですが、ここでゴジラはお堀に足をとられ、転んでしまいます。そのまま勢いで名古屋城に激突してこれを倒壊させるのですが、ここのゴジラの一連の仕草が本当に可愛いんですよね。

お堀につまずいて……

名古屋城天守閣に激突!

起き上がろうともがくゴジラ

そのうちに破壊。「あ~あ……」といった感じ

あっ、ちょっちょっちょっ・・・あ~やっちゃった・・・
みたいな感じで。名古屋城を壊してしまった直後のゴジラは、なんとなく「悪いことしちゃったなぁ・・・」みたいな佇まいなのが面白いですね。可愛い。

③自衛隊との戦闘が可愛い!
モスラ対ゴジラ』では、昭和のゴジラ映画では実質最後となる「本気でゴジラを抹殺しようとする自衛隊」を見る事が出来ます。
自衛隊は鉄条網を使用した人口雷発生装置から放たれる2000万~3000万ボルト雷攻撃と帯電ネットの二段作戦をもってゴジラ抹殺を図るのであります。
しかしながら当然のように作戦は失敗してしまい、これ以降自衛隊は専らゴジラの進路を変更させようとしたりはしますが、ゴジラの抹殺を目的に作戦行動をとる事は無くなってしまいます。まぁ、人類の兵器は怪獣相手には分が悪い・・・。まぁ、限界なのに「もっと電圧を上げろ!」とか言っちゃう指揮官もどうかと思いますが。
しかし、これで自衛隊と戦っているゴジラは、なかなかどうして可愛いんですよね。

「なんじゃコリャ!?」という感じのゴジラ

特に帯電ネットがかぶさって「何だコレ!?」みたいな仕草をしているゴジラが実に、可愛い!

④モスラ兄弟に敗北するのが可愛い!
親モスラを倒し、自衛隊の攻撃を退けたゴジラは、卵から孵ったモスラの幼虫兄弟と戦います。
連携のとれた兄弟の噛み付き&糸攻撃にゴジラはタジタジ。バランスを失って転けそうになったりします。それがまた可愛い。

間抜けっぽくて可愛い。

最後には糸でぐるぐる巻きになったところを足を踏み外して海に転落! なかなかに間抜けな図ではありますが、しかしそこが逆に可愛いと思いませんか!?
まぁ、さしもの怪獣王も「女性と子供にはかなわん!」といったところでしょうか(笑)。
因みにこれまでのところ、シリーズ通してゴジラはモスラの幼虫には勝利した事がありません。戦いにくい相手なんでしょうなぁ。

どことなくドヤ顔のモスラ兄弟

・・・と、いった感じで、本作のゴジラはいかに可愛いのか、という事について書いてみいた訳でありますが、いかがでしたでしょうか。
怪獣映画に登場する怪獣は、実は結構可愛い!
怪獣映画の新しい愉しみ方が広がっていけば良いなぁと、管理人は思うところでございます。
勿論本作はゴジラが可愛いだけでは無く、高温で溶ける鉄塔や戦車の表現や、モスラ幼虫のシリーズ随一の生物感、モスラの操演等、特撮的にも非常に愉しめるように出来ています。
最近は本作の「インファント島の怪骨」が謎のブーム(後述)になっておりますし、怪骨発祥の『モスラ対ゴジラ』をご覧になるのも良いかも知れません(笑)。


インファント島の怪骨とは
モスラ対ゴジラ』に於いて、核実験の放射能汚染により荒廃したインファント島(61年版『モスラ』では木々が鬱蒼と生い茂っていたのに・・・。)に佇む謎の骨、それが、「インファント島の怪骨」である。

インファント島

の

怪骨

時折首が揺れており、生き物である可能性も指摘されている。
劇中では一瞬登場するのみであるが熱烈なファンは多く、東宝特撮映画界隈では怪骨を愛でる習慣が根付いているという。
あまりの人気から「インファント島の怪骨Tシャツ」も発売された。フォーマルな場にもカジュアルな場にも使える、特撮怪獣ファンの正装となる日も近い。

怪骨Tシャツが世を席巻する日も近い!

・・・というネタです(笑)。
実際は、2012年11月24日に京都府の京都みなみ会館にて開催された「京都怪獣映画祭NIGHT2」の来場者特典として配布されたフィギュア「インファント島の怪骨」が、その「こんなの誰も知らねぇよ!」というマニアックさとそのデザインの珍妙さから一部特撮怪獣ファンの間でカルト的ブームとなり、初登場から約50年を経て各種グッズが発売されるという事になってしまったという、ちょっと頭のおかしな展開になっているだけです(笑)。
因みに、怪骨Tシャツのイラストデザインは、漫画家で平成のゴジラシリーズでは各種デザインも担当した西川伸司先生だったりします。

【当ブログ内ゴジラシリーズレビューマラソン】
前作:『キングコング対ゴジラ』
次作『三大怪獣 地球最大の決戦』(まだ)

【関連記事】
愛すべき大怪獣バラダギ様! 『大怪獣バラン』
帰ってきた京都怪獣映画祭ナイト

【予告編】



web拍手 by FC2
2015/06/23 18:39|特撮怪獣TB:0CM:4

戦争映画の代替という側面も、怪獣映画にはある訳で。 『ガメラ2 レギオン襲来』 

例によって「特撮クロスレビュー」企画への参加記事でございます。
今回の特撮怪獣映画枠は、『ガメラ2 レギオン襲来』。

【ガメラ2 レギオン襲来】(1996)クロスレビュー・感想・評価 <レビュー募集中!>

本作は、特撮怪獣映画ファンの間では人気の高い「平成ガメラシリーズ」の、第2作目にあたります。

ガメラ2 レギオン襲来

ガメラ2 レギオン襲来』の公開は、1996年7月13日。前年末公開の『ゴジラVSデストロイア』にて怪獣王・ゴジラの衝撃的な死が描かれてから約半年強後の公開でありますね。うろ覚えですが、淀川長治さんがこの作品の地上波放送で、「ゴジラが死んじゃったから、ガメラ君には頑張って欲しいですね」みたいな事を言っていた気がします。・・・それは『大怪獣空中決戦』の地上波放送の方だったっけ?
この頃は管理人も毎年両親に連れられて映画館で平成ゴジラVSシリーズを観てきており、その流れでこの『ガメラ2』を観る事になった訳でありまして、同時に管理人が初めて観たガメラ映画とも相成った訳であります。当時の率直な感想としては、子供心に「ガメラはゴジラと違ってなんだか大人向けの怪獣映画なんだなぁ」と思ったものでございますが、数年後昭和のガメラシリーズを観てそのユルさに、平成の三部作とのギャップに頭をクラクラさせた覚えがあります(笑)。勿論今ではどちらも大好きなシリーズですけどね。

さて、そのあらすじは以下の通りです。

ガメラとギャオスの死闘から1年後。
北海道に流星雨が降り注ぎ、そのひとつが恵庭岳付近に落下した。しかし、自衛隊の捜索も虚しく隕石の発見には至らなかった。
5日後、隕石の正体そのものであった宇宙生命体と巨大な植物が札幌に出現。
更にはガメラも出現し、宇宙生物と巨大植物に対し排除行動を取る。

果たして、消滅するのは日本か、宇宙生命体=レギオンか。
ここに、一大攻防戦の火蓋が切られたのである。


平成ガメラ第一作『ガメラ 大怪獣空中決戦』は、「もしも怪獣が本当に現代日本に現れてしまったら!?」という事の忠実なシミュレーション的な側面があったわけでありますが、本作では「もしも現代日本に地球の生態系と相入れる事の出来ない宇宙由来の生態系が入ってきたら!?」というシミュレーションになっている、と言う事が出来るのではないかと思います。
全編通して重厚なSF的考証が為されており、「いかに未知の宇宙生態系=群体怪獣レギオンの侵攻を食い止めるか?」という事に焦点が当てられ、レギオンの生態や身体の仕組み、行動理念等を順を追って解き明かしていくように物語が展開していき、最終的にレギオンの東京侵攻を阻止する為の一大攻防戦と相成る訳であります。レギオンを止めんとする自衛隊の戦いに、地球の生態系を守らんとする守護神ガメラが加わり、ここに三つ巴の構造が完成する訳でございますよ。

管理人もこの記事を書くにあたり『ガメラ2』を観直した訳でありますが、本当に無駄の無い物語展開であったと思います。星雲賞映画演劇部門・メディア部門賞受賞は伊達では無い! いや、唐突に聖書の一文を引用し出す自衛官とか、ツッコむべきところもありますが(笑)。
何より、怪獣と人類の共闘というのが良いですよね。MOGERAとゴジラの共闘然り、モスラと機龍の共闘然り。『ガメラ2』ではMOGERAやメカゴジラのような超兵器は存在せず、自衛隊が通常兵器で必死にレギオンに食らい付こうとしているあたりが、燃えるポイントであると言う事が出来ます。
火力をレギオンの頭部に集中し、ガメラを援護せよ!
レギオン攻撃の指揮を執っていた師団長のこの台詞に、この映画のカタルシスが凝縮されていると言っても過言ではありません。

この映画には、「戦争映画の代替としての怪獣映画」という側面が非常にクローズアップされているように思います。実際、金子監督もそういった旨の事を仰っている訳ですし。
日本の戦争映画って、概ね暗いんですよね。陥落、轟沈、玉砕、特攻、本土空襲・・・。勿論それは史実がそうであったからであり、戦後日本で制作されている映画である以上、「先の戦争への反省」という事を含めた、「反戦」ないし「嫌戦」というテーマになりがちであるというのは、半ば必然であると言えるでしょう。
翻って第2次大戦後、戦勝国側で創られた戦争映画はどうか。いや、勿論反戦を訴える映画も数多く創られておりますが、「悪いナチスをやっつけろ!」的な痛快活劇調の映画も数多く制作されており、果ては日本軍やらドイツ軍を面白おかしく描いたコメディ調の作品もある訳でございますよ。そう考えると、日本で第2次大戦を題材にした活劇調の映画やコメディ調の映画を創るのは、まぁ、難しいと言わざるを得ません(まぁ、中には岡本喜八監督の『独立愚連隊』シリーズみたいな作品もありますが)。
それでも、戦車や戦闘機、軍艦なんかが大活躍している図というのは格好良いし、男の子のある種の憧れでもある訳でありますので、その欲求を満たしつつ暗くならないようにする戦争映画の代替として、戦後日本の怪獣映画が発展していったという側面もある訳でありまして、その延長上に本作『ガメラ2 レギオン襲来』が存在しておる訳です。

ガメラ2』の中で、レギオンの侵攻を阻止する事を目的として自衛隊が「防衛出動」を行うという描写が為されておりました。こういった、自衛隊の出動プロセスが明確に描かれた怪獣映画って、この平成ガメラシリーズが初めてなんですよね。
防衛出動とは、日本が外部から武力攻撃を受けるような事態ないし武力攻撃を受ける事が明白であるとされる事態に対処すべく、日本防衛の為に自衛隊が出動する、軍事行動を指します。勿論、現実世界でコレが発令されたことはありませんし、今後も発令される事態にならない事を祈ります。
自衛隊は、法令上でも装備の上でも自ら外部に対して攻撃を行う事は不可能であり、仮に外部から侵攻されたとしてもあくまで「本格的に米軍が介入してくるまでの時間稼ぎ」程度にしかならず、それ故に「軍事組織でありながら軍隊では無い」と言われておる訳であります。しかし「防衛」という事に関しては、世界有数の装備と人員(但し、実戦経験が無いのであくまでスペック上の話ですけれども)を有しており、「絶対に勝てないけどそう簡単に負けもしない」という性格を持つ組織でもある為、自衛隊は怪獣映画にはかなり向いている性格をしているように思うんですよね(そうかな?)。
だから、自衛隊が活躍している怪獣映画は面白いんです。本作然り、『ゴジラVSビオランテ』然り。まぁそれで作品が一般ウケするかというとまた別の話になるんですけれども(笑)。

さて、本作の敵怪獣である、群体宇宙怪獣レギオンさん。
レギオンはアクの強いガメラ映画怪獣の中でも屈指の強さを誇る、恐るべき怪獣でありました。
小型のソルジャー・レギオンに対してはガメラが対抗する手段が無く、マザー・レギオンによって1時間100体ペースで増産されていく、恐るべき兵隊怪獣であります。
そして大型のマザー・レギオンはガメラを圧倒する巨体を持ち、シールドによってガメラのプラズマ火球を無力化、マイクロ波シェルなるレーザー砲はガメラの甲羅をも貫通し、レッドロッドなる発光触手はガメラの身体を軽々と貫いてしまいます。
更には、レギオンが繁殖の為に使う共生生物=レギオン・プラント(草体)の宇宙に種子を打ち上げる事を目的とした高濃度の酸素爆発は、半径数キロを壊滅させる大爆発であり、劇中ではガメラは瀕死状態にさせられ、仙台をも消滅してしまいました。管理人が子供の頃はこのレギオン・プラントの爆発が恐ろしくて恐ろしくて(笑)。
なにより、最終決戦では終始画面の上手側に立つレギオンは、圧倒的な侵略怪獣であると演出されていると言えるでしょう。同時に下手側に立つガメラの劣勢を示している訳でありますので、非常に計算された演出であると言わざるを得ません。

最終決戦では基本的にレギオンが上手側です。

結果的にガメラは地球上の「マナ」と呼ばれる地球のエネルギーを消費して行ったウルティメイト・プラズマによってレギオンに勝利する訳でありますが、ガメラと人類の共闘、更には地球の環境をも変えてしまいかねない「奥の手」を出させたという事は、我々にレギオンを本当に恐るべき怪獣なのだと印象付けたのでありました。

・・・そんな圧倒的な怪獣なのかと思えば、ガメラのスライド着地しながらのプラズマ火球三段撃ちを電磁フィールドで中和してみせて自慢げに頷いてみせたり、ガメラ出現に際してマザー・レギオンがソルジャー・レギオンを呼び戻すも、電磁波に引かれて突如進行方向を変えた瞬間マザー・レギオンが
えっ、どこ行くのおまえら!?
という可愛らしい仕草を見せてみたり、ソルジャー・レギオンを誘導させられ、自身も大ダメージを負った状態から目を赤く変色させ烈火の如く無数の触手をガメラに突き刺す様は、
もう怒ったぞ! 激おこぷんぷん丸だ!!
と言っているようにも見え、レギオンは非常に萌えることもできる怪獣でもあるんですよね!

さてさて、本作の特撮面。
感嘆すべきはやはり「ミニチュアセットの精巧性」でありますかね。平成ガメラ三部作は全てミニチュアワークとカメラワークが抜群に良く出来ており、本作もその例に違わず精巧なミニチュア特撮を堪能する事が出来ます。もう破壊シーンでなければ実物と言っても騙されてしまうようなレベルの精巧さであると言う事が出来ます。
また、徹底したアオリからのアングル、精巧に組み上げられたミニチュアのセット感を更に払拭する為の自然光撮影、レギオンの造形(中に2人入って動かしてます!)、前作より格段に進んだ合成及び3DCG等のVFX(実写映画に板野サーカス的なカットを盛り込んだ作品は、恐らく本作が初めてでしょう。3DCGが発展したからこそ出来た画であると言えます。)など、様々な観点から特撮を愉しむ事が出来る訳であります。

そして、本作の特撮で特筆すべきは「本編と特撮の融合性」であると思うんですよね。
日中のシーンでは自然光撮影がメインで使われている為、本編パートとの色調の違いというのが殆ど気にならず、また、ナイトシーンも本編と特撮のライティングがバッチリ噛み合っており、夕刻から深夜、明け方に至るまでの「」の表情を本編との乖離無く、余すことなく表現しているしているというのはもう脱帽するしかありません。戦いを終えて大空に帰っていくガメラと、それに敬礼で見送る自衛官(アドリブだそうです。)の清々しさでありますよ!
本作に於ける「特撮と本編の融合性」の最たるシーンは、仙台のレギオン・プラントから撤収する自衛隊車両の車内からレギオン・プラントに向かうガメラを見上げる永島敏行演じる渡良瀬二佐の目線を表した一連のシーンでありますかね。
このカットは平成ガメラ三部作で徹底されている「人間の目線から見た怪獣」の、ひとつの到達点だと管理人は思う訳でございますよ。

自衛隊車両内からのカット。

そういった感じで、この『ガメラ2 レギオン襲来』は、管理人の大好きな怪獣映画の一つであります。
まぁ、公開当時は自衛隊賛美映画だ何だと左側の人達から批判が飛んできたそうなのでありますが、結局のところはこの映画は怪獣映画であり、それ以上でも以下でも無いと思うんですよね。ただ味付けとして戦争映画的な文脈を盛り込んだというだけの話で。
かの怪獣王ゴジラは、戦争そのもののメタファーであるという側面がある訳でありますが、本作はその「戦争」というモノにまた違った角度からアプローチした、怪獣映画としては変化球的な作品であったと、言う事が出来るのかも知れません。

しかしながらまぁ、平成ガメラ三部作を観ていると、同じく樋口監督が監督・特技監督を務める来年のゴジラが益々楽しみになってきますなぁ!
その前に今年の特撮板『進撃の巨人』だ!
ラブ&ピース』の公開も間もなくであり、怪獣映画の夏は、もうそこまでやって来ています。


【関連記事】
『小さき勇者たち〜ガメラ〜』とは、何だったのか
愛すべき大怪獣バラダギ様! 『大怪獣バラン』
名作自主製作特撮怪獣映画 『八岐之大蛇の逆襲』
【その先の】実写版『進撃の巨人』に、期待大【特撮】
和製新作ゴジラの監督に、庵野秀明監督&樋口真嗣監督だとォ!? ‐両監督の作品の傾向から想像する新作ゴジラへの期待‐
怪獣映画の魅力とは
日本の「ミニチュア特撮」の魅力とは?
10年ぶりの怪獣戦、いかに描写されれるのか?

【関連動画】

予告がまたカッチョイイんですわ・・・。
大泉洋さんらが出演している縁で「水曜どうでしょう」の予告は『ガメラ2』調なんですよね(笑)。



【関連商品】
ガメラ2 レギオン襲来 デジタル・リマスター版 [DVD]ガメラ2 レギオン襲来 デジタル・リマスター版 [DVD]
(2010/07/23)
永島敏行水野美紀

商品詳細を見る


web拍手 by FC2
2015/05/09 16:36|特撮怪獣TB:1CM:2

一つ一つの素材は良いのに……! 『ゴジラ×メカゴジラ』 

当ブログと相互リンクをしているYU@Kの不定期村の管理人・YU@Kさんが、「特撮クロスレビュー」なる新企画を打ち立てていらっしゃったので、管理人もそれに参加してみる訳でございます。
記念すべき第一回レビューのお題の中に、2002年公開の特撮怪獣映画『ゴジラ×メカゴジラ』が含まれていたので、「怪獣」を冠する当ブログでは取り敢えずこの作品についてのレビューを行うものであります。

【ゴジラ×メカゴジラ】(2002)クロスレビュー・感想・評価 <レビュー募集中>  特撮クロスレビューブログ

まぁ、いつもと変わらん普通の特撮怪獣映画の感想記事になると思いますが。

ゴジラ×メカゴジラ

ゴジラ×メカゴジラ』は、2002年12月公開の特撮怪獣映画であります。同時上映は、『劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムハムージャ! 幻のプリンセス』。入場者プレゼントは、メカゴジラの中からハム太郎が出てくる「メカゴジハムくん」でありました。当然のように管理人の実家にもあります(笑)。
ゴジラ対メカゴジラ』、『ゴジラVSメカゴジラ』、そしてこの『ゴジラ×メカゴジラ』は、全て「ごじら たい めかごじら」と読みますので、この映画の映像ソフトを注文したら『VSメカゴジラ』が来たとか、レンタル店で店員に「『ゴジラ対メカゴジラ』って置いてます?」と訊いたらこの映画が出てきたとか、そういったややこしい間違いが全国で起きているとかいないとか。
また、ゴジラ映画のジンクスとして、「メカゴジラが登場するとシリーズが終焉する」というのがありまして、昭和のシリーズは『メカゴジラの逆襲』で休止、平成VSシリーズでは本来であれば『VSメカゴジラ』で休止予定(でしたが、エメリッヒ版の制作の遅れによって、結局シリーズはあと2作続くことになりました。)、そして平成ミレニアムシリーズも、本作の次作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』の興行収益からゴジラシリーズの打ち止めが判断されたといういわくつきなのでありますね。
もし今後ゴジラの新シリーズ化が決定し、メカゴジラが再び我々の前に登場したら、「今度は耐えろよ!」と、エールを送ってあげましょう。間違っても「砕け散るまで戦え!」とか言っちゃいけません。シリーズが砕け散っちゃいます(笑)。

些か話が脱線しましたが、『ゴジラ×メカゴジラ』のあらすじは、以下の通りです。

西暦1999年、千葉県館山市にて、1954年に出現し東京を焼き尽くしたゴジラの別個体が出現する。
対怪獣戦の為に1966年に創設された対特殊生物自衛隊・通称特生自衛隊が迎撃に向かうが、特生自衛隊の兵器ではゴジラ相手には全く歯が立たなかった。

約半世紀ぶりに出現したゴジラを排除するべく、日本政府は対ゴジラ兵器として1954年に海底に没した初代ゴジラの骨格を利用した巨大ロボット兵器の開発を発表する。
そうして4年後、2003年に完成した巨大ロボットは、「3式機龍」と名付けられ、ゴジラの出現に備えるのだが……。



まずはじめに管理人が言っておかなくてはならないのは、『ゴジラ×メカゴジラ』が大好きだ、という方には大変申し訳ないのですが、正直に言うと管理人はこの映画は、あまり好きでは無かったりする訳であります。

・・・いえね、管理人はこの映画のメカゴジラこと3式機龍に関しては殆ど完璧だと思うんですよ。
自衛隊の兵器らしく完成した年から採られた「3式」という正式名称の設定も然ることながら、シャープでありながらもどこかしら悪役であった初代メカゴジラを彷彿とさせるデザイン(特に顔に赤い涙のラインがあるあたりがポイント高いっすよ!)とか、専用機で釣り上げで輸送して遠隔操作を行う機龍の運用方法とか、マイクロウェーブによる非接触電力伝送とか、初代ゴジラの骨格を利用したサイボーグ怪獣であるが故のこれまでのメカゴジラには無い高機動性と格闘能力であるとか、初代ゴジラの魂が共鳴して暴走したりとか、とてつもなく魅力的なメカとして仕上がっていると思います。
しかしながら、この映画の魅力はこのメカゴジラだけしか無いと、管理人はどうしても思ってしまうのであります・・・。

一言で言ってしまうと、「本編がアカン!」なんですよ、この映画。管理人は登場人物全員に全く感情移入する事が出来んのです。
宅間伸演じる湯原博士も、釈由美子演じる家城茜も、友井雄亮演じる葉山進も、メインキャラが全員自分の事しか考えておらず、ゴジラという大災厄に立ち向かっているという意識が著しく欠如しているように見えるんですよ。特に軍事組織である特生自衛隊・機龍隊の面々は、本当に自分の双肩にかかっている任務の重さを理解しているのかどうかすら怪しいところがあります。あんな感情をコントロール出来ない奴らを精鋭チームにして本当に良いのか、と。私情に流されてチームワークもままならない連中には、あまり守ってもらいたくないなぁと思ってしまう訳で・・・。
せっかく「特生自衛隊」という考証重視の設定を持ってきたのにそれを台無しにしてしまう残念なストーリーラインであると管理人は感じてやまんのですよね。機龍隊の面々をもっとちゃんと凛としたキャラにしていっていればこういうチグハグ感は生まれなかっただろうと考えると、非常に惜しく思うところであります。
また、この映画は機龍隊の話と同時に湯原父子の物語も展開して行っているのですが、コッチは完全に蛇足なのではないかと思ってしまうんでありますね。茜に鼻の下伸ばす湯原博士とか、そういうのは怪獣映画に求めちゃいませんよ!

登場人物のアレさはままあるんですけれども、しかし本作が挑戦したテーマは、「生きていていけない命はあるのだろうか?(いや、ある訳がない!」といったところになり、結構重厚なテーマを扱っていると言えます。
本作の構造としては、核実験によって生まれ、人間の身勝手で殺された挙句サイボーグにされて同族との殺し合いをさせられる機龍という哀しいメカが主軸であり、それでも尚機龍は戦わなければならないのか、また、人類にとって邪魔な存在だからゴジラは殺されなければならないのか、しかしそうであるならばゴジラに殺されてしまう人間ろいうのはどうなるのか、といった構造になっており、それは湯原博士の娘の沙羅ちゃんの台詞に集約されておる訳であります。
子供が観る映画として、命というモノをテーマに持って来るのは良いと思うのですが、しかしながら結局のところそのテーマは物語中盤でうやむやになってしまい、そのまま機龍とゴジラの怪獣バトルに突入してしまう訳です。怪獣バトル前にちゃんとそのテーマに対する回答を持ってくれば良かったのですがね・・・。
このあたりも非常に惜しいところであります。

また、そういったテーマ性との折り合い上、ゴジラが割と蛋白な描かれ方をしているというのもありますかね。いや、機龍周りの話で種族としてのゴジラの存在感はあるのですが、今回機龍と対峙する個体のゴジラの魅力が殆ど描かれておらず、別にこれ機龍と戦うのはゴジラじゃなくてアンギラスとかバラゴンとかでも良かったんじゃないかという雰囲気がそこはかとなく流れているゴジラ映画になってしまいました。設定上本作の世界観にはゴジラ以外の怪獣も居るという事になっていますし。

極めつけは、この映画が単体では完結しないというところですね。
機龍は大きな損害を被ったけれどゴジラもまた大きな傷を負った、という痛み分けでこの映画が終幕しているんですよね。ゴジラと機龍の物語の決着は次作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』に持ち越しという形になっており、公開当時小学6年生だった管理人は、「結局どっちも砕け散って無いじゃないか!」と、結構消化不良な鑑賞後感を覚えた記憶があります。カタルシスが無いんですよね。
ついでに言うと、『東京SOS』ではメインキャラが総入れ替えになっている為、茜とゴジラの決着に至っては完全に消化不良になっております。
こんな引きなんだから次作でも釈さんが主役をやると思ったらメインキャスト総入れ替えだったでござるの巻、だった訳でありまして、当時中学生になった管理人も、「こ・・・これで良いのか、東宝さん!?」と、突っ込まざるを得ませんでした(笑)。

さてさて、特撮面全体で見れば、新鋭の菊地雄一監督が手がける、怪獣が取っ組み合った際に派手に飛び散る土煙であるとか、機龍のジャイアントスイングなど、実にケレン味溢れる怪獣バトルが全編通して演出されており、新しい方向性が垣間見えるも、しかし機龍がタメ無しでぴょ~んとジャンプしたり、機龍に吹っ飛ばされたゴジラがいくらなんでも吹っ飛び過ぎだったりといった感じで、体重数万トンもある筈の怪獣が、戦闘の要所要所で「軽く」見えてしまうというのが、これまた惜しいと思うところであります。
冒頭のメーサー殺獣光線車のシーンなどは、『サンダ対ガイラ』のオマージュでもあり、否応なしに気持ちが高揚するんですけどね!

『ゴジラ×メカゴジラ』より

そういった感じで管理人はこの『ゴジラ×メカゴジラ』、嫌いな作品では無いのですが、特段好きという作品でも無いんですよね(と言いながら映像ソフトはちゃんと所持していたりする訳ですが)。一つ一つの素材はとても良いのに、色々と惜しい映画であるように思います。
まぁ、予算が縮小したとか、『ハム太郎』と同時公開の為に上映時間が普段よりも10~20分程削られたとか、色々と問題もあったようではあるんですけれども。
そうであるならばいっそのこと、テーマ性やら何やらをかなぐり捨てて、純粋にゴジラとメカゴジラが殴り合う怪獣プロレスに徹していたら、また話も違ってきたんじゃないかなぁと思うところではあるんですよね。しかしながらそれで集客が見込めたのかというと疑問でもあり。
まぁ、日本が怪獣氷河期に突入する直前の映画であり、怪獣映画全体の興行収益も緩やかに低下していっていた時代の作品でもありますので、何をやってもその流れには抗えなかったのかも知れませんが・・・。

・・・と、いった感じで、当ブログにしては珍しく(ひょっとしたら初めてかも知れません。)ネガティブな記事と相成ってしまった訳で、記念すべき「特撮クロスレビュー企画」の一本目が果たしてこれで良いものだろうかと思わんでもないですが、まぁ、こういった意見もあるという事で(笑)。
今後も、管理人が書きたいと思うようなお題が出れば、随時企画に参加していこうかなと思うところでございます。


【関連記事】
【ジグザグに飛ぶ】「そういうもの」という文脈が成り立たない【メーサー光線】
10年ぶりの怪獣戦、いかに描写されれるのか?
『GODZILLA』には是非とも日本の怪獣氷河期を打破してもらいたいッ!! 

【関連動画】



【関連商品】

ゴジラ×メカゴジラ 【60周年記念版】 [Blu-ray]ゴジラ×メカゴジラ 【60周年記念版】 [Blu-ray]
(2014/07/16)
釈由美子、宅麻伸 他

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2015/04/21 20:41|特撮怪獣TB:0CM:1

おかえりなさい、ゴジラ。 『GODZILLA ゴジラ』 

この感激! この喜び! ついに公開しました。ゴジラが銀幕に還って来た事を、この目ではっきりと認めました!
若い世紀の映画監督、ギャレス・エドワーズは、ついに成し遂げたのであります!


と、いう事でございまして、世界に遅れること約2ヶ月半、漸く日本での『GODZILLA ゴジラ』が公開される運びと相成りました。いやはや、長かった・・・。そして、怒涛の勢いで押し寄せてくるゴジラ関連グッズやら書籍やら映像ソフトやらで管理人の財布はボロボロだァ!

さて、この『GODZILLA ゴジラ』、どういう映画だったのか。もうこの一言に尽きますね。
怪獣王の帰還
GODZILLA ゴジラ』は、紛う事無く「ゴジラ映画」でありましたよ。

GODZILLA ゴジラ

まずはあらすじでございますね。

米ソ冷戦下に於ける軍拡競争は激化の一途を辿り、1950年代には幾度となく核実験が実施されていた。
核実験による地球の放射線濃度の上昇は、かつて地球上を闊歩していた、放射線を食料としていた太古の生物達を深海から目覚めさせる事となってしまった。
そうして出現した怪獣達を相手に、表向きには「核実験」と発表し、核兵器による攻撃を繰り返す米軍であったが、しかし核攻撃は放射線を食料とする「ゴジラ」と名付けられた怪獣を、より巨大で強靭にさせるだけであった。

時代は移り、1999年。フィリピンの炭鉱を調査していた科学者・芹沢博士らは、巨大な生物の化石を発見した。
同年、日本の雀路羅(ジャンジラ)市にある原子力発電所・ジャンジラ原発は、謎の振動と電磁波によって原子炉に異常をきたし、メルトダウンを起こす。
それから15年後の2014年。ジャンジラ原発の所員であった米国人のジョーとサンドラの息子・フォード大尉は、軍での任務を終え、家族のもとに帰ってきた。しかし日本に暮らすジョーが警察に逮捕されたという知らせを受け、急遽日本に向かう。ジョーは妻サンドラの死の原因となったなったジャンジラ原発事故の謎を探るため、汚染による立ち入り禁止区域に侵入し、逮捕されたのだった。
そうして、フォードとジョーは立ち入り禁止区域に足を踏み入れるが、しかしそこの放射線濃度は0を示し、野生化した野良犬も元気に走り回っていたのである。

果たして、ジャンジラ原発では何が起きたのか?


・・・その後は怒涛の勢いですよ(笑)。
原発には、フィリピンで発見された化石から誕生した怪獣ムートーが繭を作って放射線を食いつくしておったんですね。そうして成長が十分になったムートーさんは羽を広げて飛翔、ハワイを経由しつつ太平洋を横断、アメリカ東海岸に飛来。放射性廃棄物処理場に潜んでいたもう一体のメスのムートとの合流を果たす訳です。
そして、かつてムートーに寄生される生物であったゴジラもまた、宿敵の目覚めに呼応して出現! 太平洋を横断し、ムートーに戦いを挑み、そこに一大怪獣決戦が幕を開けるのでありますね。

怪獣が出現して、それに呼応するようにゴジラも出現、人類が各種兵器で攻撃するも怪獣やゴジラには殆ど効果を見ず、最終的にゴジラと怪獣が戦い、ゴジラが勝利して海に帰る。映像は勿論ハリウッドのVFXを使用した超絶クオリティの特撮にはなっていますが、何の事はありません。いつものゴジラ映画でございますよ(笑)。
しかし我々はその「いつものゴジラ映画」をこの10年間待ちに待っておった訳でございます・・・。
勿論、直接的な描写で怪獣に踏みつぶされる人間であるとか、対怪獣の作戦の立て方が実にアメリカ的であるとか、日本のゴジラ映画とは異なる点も多々あるんですけどね。

劇中では、一連の事件の発端となる怪獣ムートーの原発襲撃やゴジラの上陸に伴う津波の発生等、先の東日本大震災を強く意識した描写が色濃く出ておりました。
ただ、怪獣・ムートーによって襲撃される巨大な冷却塔を備えた原発は炉心を海水で冷やすのが一般的な日本の原発らしからぬ形をした原発になっていましたし、そもそもその原発があるのも「ジャンジラ市」という日本らしからぬ名前の架空の都市であるとか、ジャンジラ市内の様々な看板や立札等も、昨年の『パシフィック・リム』の「萌&健太ビデオ」看板等に引き続き、よく海外の映画やドラマにありがちないわゆる「面白日本」風にもなってしまっておりましたが(笑)。
しかしながら、劇中での日本の警察官や自衛隊の衣装や立ち居振る舞い、拘置所の描写なんかは結構現実の日本に忠実に描写されておりましたので、「面白日本」的な描写は、実のところ現実問題として津波・原発事故の起こった日本への配慮の為に、こういった大げさな描写が採られた、という事なのかも知れません。
この映画を観れば監督以下スタッフが日本のゴジラを「よくわかっている」という事は確実に言えますので、やはりそういった描写は意図的なのかなぁ、と、管理人は思う次第であります。

さてさて、この『GODZILLA ゴジラ』の目玉と言えば、何と言ってもその登場怪獣でございますよ!
ゴジラは核兵器の表象で~」とか「怪獣は超常の存在であり~」とか、そういった「怪獣とは何か」について云々という話は、もう色々な人が言っていますし、過去記事で管理人も色々言ったので、今更ここでは深くは語りません。
もう「怪獣」については、「人智の及ばない生き物で人類の通常兵器程度では簡単に死なない圧倒的な存在」であれば良いと管理人は思っておりますので、その点に関しましてはこの映画での怪獣はれっきとした怪獣であったと言う事が出来ると思います。某ジラさんと違って(笑)。

今回のゴジラもムートーも、人智の及ばない所にその意志があり、人類そっちのけで行動している所が素晴らしかったですね。エイブラムス戦車や巡洋艦、戦闘機の砲撃やミサイル攻撃などものともせずに進撃するゴジラとムートー! 人類最強の兵器である核兵器も、怪獣達を喜ばせる「食料」以上にはならない。
もはや人類に打つ手は無い! という感じが出ていたのは凄く良かったですし、米軍の立てる作戦が尽く裏目に出てしまう絶望感というのも実に爽快でありました(爽快に感じる所がおかしい気もしますが)。
そして巻き起こるゴジラとムートー夫婦の最終決戦。それまで怪獣の登場シーンは尽くカットされており、焦らしに焦らされた末の怪獣大決戦でございますよ。
咆哮で威嚇! 殴る! 蹴る! 尻尾でぶん投げる! 首を締める! ここぞと一閃放射能火炎!
こういったド派手な怪獣バトルは、どことなく日本の「チャンピオンまつり」期のゴジラの戦いを彷彿とさせられました。「チャンピオンまつり」期と違うのは、荒野では無く都市が戦場であり、予算も潤沢に注ぎ込まれているという点だけですかね(笑)。

ゴジラの対戦相手である新怪獣・ムートーは、実に魅力的な怪獣でありました。
そのフォルムはグロテスクな感じであり、どちらかと言えば「怪獣」というよりも「モンスターパニック映画に登場するモンスター」然としたデザインをしておりました。そのあたりは、同じくモンスター然とした怪獣が登場する映画『クローバーフィールド』の流れを汲んでいると言えるのかも知れません。フォルム的に日本の怪獣でムートーに近いのは、『ゴジラ 2000』に登場した怪獣オルガですかね。あと、『ガメラシリーズ』でお馴染みのギャオス。
しかしフォルムはそういった「いかにも海外のモンスター」っぽいデザインながら、ムートーはゴジラと対戦する怪獣に相応しい活躍を見せており、冒頭で原発を襲い、中盤で「実はオスとメスの二体存在する」というサプライズを我々に提供してくれ、更には「夫婦怪獣」という、ゴジラ映画では初の属性を持つ紛うこと無き大怪獣でありました。

ムートーの「夫婦怪獣」というのは、同じギャレス・エドワーズ監督の映画『モンスターズ/地球外生命体』に登場する怪獣達を彷彿とさせられまして、フォルムや習性は違えど、明らかにこの流れを汲んでいると言える訳です。
そして、あんなグロテスクな外見をしているのにムートー夫妻は非常に可愛らしい怪獣なんですよね。
太平洋を隔てた遠距離恋愛の末に漸く出会えて子供をもうけて、自分達を倒そうとするゴジラを一緒に迎え撃つ。「夫婦の共同作業」という言葉が頭をよぎりますが、しかし核弾頭を咥えてメスムートーに渡すオスムートーとか、実に萌えます。
ムートー目線で物語を観ると、ゴジラと人類は完全に邪魔者なんですよね。ゴジラは完全に自分達を抹殺しにかかってきていますし、人類は自分達の卵を焼き払ったりしていますし。我が子を殺されて悲嘆に暮れるお母さんムートーは、本当に哀しそうでした。そして、巣を見に行こうとしたお父さんムートーはゴジラに殺されちゃいますし・・・。
本作ではゴジラが圧倒的な怪獣でありますので、「怪獣の悲哀」というのはこのムートーさんが一身に背負っていると言える訳であります。
彼らはただ自分達の生存を守りたかっただけだった・・・。
それにしても、こんなに強力な怪獣であるムートーが大量の卵を産み落としているところを見ますと、生物学的には、太古の昔、彼らが地上を闊歩していた時代に於いてムートーはそれほど強力な生物では無かった、と言えてしまう訳ですよね。
どんだけ恐ろしい生物が居たんだよ、この世界のペルム紀には!

そして、ゴジラであります。本作のゴジラは、人類など眼中になくただひたすらに宿敵であるムートーを倒す事だけに邁進していた印象がありますかね。
別段人類を敵視しておらずとも、上陸するだけで津波が発生するし、咆哮すれば周囲一帯のビルの窓ガラスが粉々に、歩けば周囲の建造物は次々と粉砕されていきます。まさに「歩く災害」と呼ぶに相応しい存在でありました。そういった恐ろしい大怪獣なのかと思えば、米艦隊と一緒に仲良く隊列を組んで航行したりもするお茶目な一面も見せたり、ダメージは喰らっておらずとも人類の攻撃に鬱陶しそうに反応したり、なかなかかわいらしい仕草も見せてくれた訳であります。
そして、必殺の放射能火炎! これを使うとゴジラは体力を著しく消耗してしまう為そう何発もバンバン撃つ事は出来ない一撃必殺の技であるとされておりまして、『宇宙戦艦ヤマト』の波動砲と似たような設定となっておりました。
1984年公開の『ゴジラ』以降は、ゴジラが吐く青色の怪光線は「放射熱線」と呼称されており、現在ではそれが世間一般での怪光線の名称であると認知されておりますが、かつてそれは「放射能火炎」と呼ばれておった訳です。
今回のゴジラも同様に青色の怪光線を吐く訳ですが、その表現は「放射熱線」と呼ばれるようになってからの「光の束」状の光線では無く「青色の炎」という感じでありまして、まさに「放射能火炎!」と呼ぶ方が適切な表現となっておりました。久々に見たよ、揺らめく青色の光線!

本作のゴジラは、これまでのゴジラ映画に登場した全てのゴジラ像を内包した存在であったという事が出来ると思います。
対戦相手であったムートーを倒した後、ゴジラは倒れ伏してしまい、次のシーンではカモメが群がっていたりして完全に力尽きて死んじゃったんじゃないかと管理人をやきもきさせた訳でありますが、しかし次の瞬間には目を覚まし、スクッと起き上がると、「あ~、戦った戦った」という感じで海に帰っていきました。
これが本作のラストシーンなのですが、もうこの海に帰っていくゴジラですよ! 54年版でも昭和のシリーズでも平成のシリーズでも、ゴジラはいつも一仕事終えたら海に帰っていく。これが定番であり、お決まりなんですよね。

管理人などはもうこのラストシーンを観るや、大号泣でございましたよ(笑)! おかげでエンドロールがマトモに観れなかったよ!! 劇場を出てトイレの鏡で確認したら、眼が赤く腫れ上がってました・・・。『パシフィック・リム』では冒頭で泣きましたが(こっちは号泣するほど泣いてはいません。)、『GODZILLA ゴジラ』ではラストに泣きどころがあった訳でありますね。
しかしまぁ、昨年に引き続き連続で怪獣映画観て(泣くところでは無いシーンで)泣いとる訳で、それは人としてどうなのかと、若干自分自身に引きつつもあり・・・。

最終決戦までは「焦らし焦らし」というのが分かっているとは言え、しかし中途半端なところで怪獣の登場シーンがぶつ切りにされてしまうというのはもうちょっとなんとかならんかったのか、とか、「面白日本」にするとは言ってももっとこう、やりようはあっただろ、とか、「怪獣相手に何をやっても無駄」感を出す為とは言えあまりにも米軍が無能すぎないか、とか、結局核爆弾は爆発しちゃうのかよ! とか、主人公のフォードは何をどうしたかったんだ? とか、まぁ、不満が無い訳では無いんです。
しかし、ここまでの大バジェットの作品として、そして日本のゴジラ映画の流れを完全に汲んだゴジラ映画として、この『GODZILLA ゴジラ』が完成し、こうやって日本で公開された事、そして何よりゴジラが銀幕に帰ってきてくれた事に、今はただただひたすら感謝でございますよ。

ギャレス・エドワーズ監督、こんなに素晴らしいゴジラ映画を創って下さり、本当に有難う御座いました!!

日本での興行収益は早くも7億円を突破したという話が入ってきましたし、三部作が決定している本作の続編には、モスラ、ラドン、キングギドラといった3大怪獣も登場するという事ですので、『パシフィック・リム』の続編共々、今後とも色々と楽しくなりそうであります。
こうしてゴジラが大ヒットしているので、日本映画界も新作の怪獣映画を創ってくれると更に楽しくなっていきそうです(笑)。


【関連記事】
元祖特撮怪獣映画 『ゴジラ』
東宝の本気を観てきたッ!! デジタルリマスター版『ゴジラ』
僕達はこんな怪獣映画を待っていた!『パシフィック・リム』
博多駅にゴジラ出現!
怪獣映画の魅力とは
『パシフィック・リム』、続編製作決定ッ!!!!!

【予告編】


【関連商品】

ゴジラ 2014 USバンダイ 12インチフィギュア アトミックロアー ゴジラ / ATOMIC ROAR GODZILLA ハリウッド リメイク版ゴジラ 2014 USバンダイ 12インチフィギュア アトミックロアー ゴジラ / ATOMIC ROAR GODZILLA ハリウッド リメイク版
()
USバンダイ

商品詳細を見る

web拍手 by FC2
2014/07/28 18:41|特撮怪獣TB:1CM:16

愛すべき大怪獣バラダギ様! 『大怪獣バラン』 

日本での公開も1週間を切り、世の中はすっかりゴジラ復活前夜祭(※要出典)でありますね。
先月、『ゴジラの逆襲』の記事を書きましたので、もうこの際だから東宝の白黒怪獣映画はあと一本だけだし、折角だから記事を書いちまえと、そういうノリの記事でございます(笑)。

1954年公開の怪獣映画『ゴジラ』を皮切りに、東宝は様々な怪獣映画やSF映画を創っていく事となりました。『空の大怪獣 ラドン』、『モスラ』、『地球防衛軍』、『宇宙大戦争』・・・。
本日ご紹介致します『大怪獣バラン』も、そんな中創られた映画のひとつでございます。

大怪獣バラン

大怪獣バラン』は、1958年公開の特撮怪獣映画であります。
製作・田中友幸、監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・伊福部昭という、初期の東宝特撮映画では典型的なスタッフ陣で挑んだこの映画。あらすじはこんな感じでございますかね。

シベリアにしか生息しないはずのアカボシウスバシロチョウが東北地方、北上川上流で発見された。
その調査の為、現地に向かった杉本生物研究所の研究員2名が謎の死を遂げる。
杉本教授の助手・魚崎は、研究員の死の真相を確かめるべく、死んだ調査員の妹である記者の由利子、その同僚でカメラマンの堀口とその同僚と共に現地へ向かった。

隔絶された秘境にある、土着神「婆羅陀巍山神(バラダギサンジン」を崇拝する村の村民は、研究員が死んだのは婆羅陀巍山神が住まう聖域に足を踏み入れたからだと言う。
科学万能の時代にそんな迷信なんてあるものか、と村民達の警告を聞かずに一行は山の中に入って行くが、しかしその「聖域」に居たのは、中生代の恐竜の生き残り・・・怪獣バランであった!



作中でバラダギ様を崇め奉る秘境をして、「日本のチベット」という表現しておりましたが、いやはや、時代っすなぁ・・・。
こういった「世間から隔離された村」というのは昔からフィクションの世界ではよく出てきますし、いまだに「日本国内にある隔離された村」の話題は尽きません。あくまで都市伝説的なモノではあるんですけれども・・・。

さてさて、こちらの記事で書きましたが、1954年公開の『ゴジラ』に於けるゴジラには、人類の科学の発展に警鐘を鳴らす荒ぶる自然神という側面があった訳でございますが、本作『大怪獣バラン』に於ける怪獣・バランは、その「怪獣=八百万の神様の中の一柱」というのを更に推し進めた存在であるという事が出来る訳でありますね。『大怪獣バラン』は、隔離された村での信仰という、極めて民俗学的な話と怪獣が絡み合った、実に日本的な怪獣映画であるんですなぁ。
が、しかし。
民俗学的なアレやコレや」はあくまで「側面」でしかなく、この映画の主軸は「怪獣VS自衛隊」だったりするのであります。
本作までに、『ゴジラ』、『ゴジラの逆襲』、『空の大怪獣ラドン』と、3作の映画が創られてきましたが、『ゴジラ』では人類がただただ蹂躙されるのみ、『ゴジラの逆襲』では2大怪獣の激突が主軸、『空の大怪獣ラドン』では、ラドンを誘導して噴火させた阿蘇山に墜とすという作戦は取られましたが、メインは怪獣と自衛隊の戦いではありませんでした。
そういう訳でありまして、事実上本作『大怪獣バラン』が、東宝特撮怪獣映画に於ける、初の全面的な「怪獣VS自衛隊」を描いたであると言う事が出来る訳でございますよ。

怪獣バランは、予告編(下記【関連動画】参照)に於いて、「ゴジラより凶暴! ラドンより巨大!」というアオリ文句が用いられております。ハブられたアンギラスが可哀想だぞ!
怪獣バランはそのアオリ文句に違わず、陸海空を往く紛う事無き大怪獣!
この大怪獣を相手に、陸上自衛隊は戦車と24連装ロケット砲車の混合部隊で迎撃、海上自衛隊は掃海艇の機雷での追い込み・誘導作戦、航空自衛隊は戦闘機による支援攻撃を展開するんですよね。
そして三軍結集しての羽田空港最終決戦! 最終的にダイナマイトの数倍の威力という新型の爆弾によって大怪獣バランは屠られる訳であります。やった! 自衛隊の勝利だッ! 大怪獣恐るに足りずッ!
・・・あれ?

はい。バランやられちゃうんですよ、割と普通の爆弾に
散々「ゴジラより凶暴!」とか「ラドンより巨大!」とか煽っといて、その実かなりあっけない最期を迎えてしまうんですね。ゴジラがオキシジェンデストロイヤーを用いてやっと倒せたのに、ラドンは阿蘇山の大噴火でやっと倒せたのに、それより巨大・凶暴な怪獣バランは、極々普通の爆弾で倒せちまうのか! これじゃあゴジラと共に海へ消えた芹沢博士も浮かばれめぇ・・・。
・・・まぁ、制作事情を鑑みると、バランが「割と普通の爆弾」でやられてしまったのは、ある種仕方の無い話なんですけれどもね。
この作品、実はアメリカに輸出される事を前提とした全4回の連続ドラマとして製作がスタートしたんですよね。その関係からか、映画の構成も大体4つのブロックに分ける事が出来る訳です。唐突にバランが最上川上流から太平洋に飛んでっちゃうのも、その名残だったりなかったりするんですなぁ・・・。
そう考えると、主軸を自衛隊とバランの戦闘に据えるというのもなるほどと思いますし、最終的にバランを倒すのも超常的な力や自然では無く、割と実在しそうな爆弾というのもなんとなく頷けるような気がしますよね。

しかし、割と普通の爆弾でやられちゃうからと言ってバランが全く魅力的では無いという訳では無く、寧ろ大いに魅力的な怪獣だと管理人は思うのでありますよ。
土着神」であるという自出も然ることながら、全体的にゴツゴツした感じの体表と、、更に基本的には四足歩行という事で、実に力強さを感じる造形でありますし、イカツイ恐竜っぽくもありながらどこかしら「」を感じさせるような顔も好感が持てます。
また、劇中の描写や活躍を見ると、愛嬌すら感じてしまう訳でございまして、山から降りてきて集落を荒らし回る様であるとか、自衛隊の攻撃の様子を見る仕草であるとか、照明弾に興味を惹かれて食べちゃうところとか、もうとっても可愛いんですよね。バラダギ様は管理人の最萌え怪獣だったりします(笑)。ムササビみたいに飛ぶのも可愛いですしなぁ・・・。
そうなると、割と普通の爆弾にやられちゃうあたりも、なんだか可愛く感じられてしまうのだから不思議なものであります。
・・・もう良いよね、爆弾作ったのも平田昭彦演じる博士だし。平田昭彦だったら仕方ない。ゴジラもゼットンも平田昭彦が倒したんだから仕方ない。

さて、本作の主役は紛れもなく怪獣バランなのではありますが、本作の「影の主役」とも言うべき存在が本作にはあります。それは、作中自衛隊の兵器として登場する、「24連装ロケット砲車」でございますよ。
24連装ロケット砲車」、通称ポンポン砲は『ゴジラの逆襲』で初登場して以降数々の東宝怪獣映画・東宝SF映画で登場した実在しそうな架空の兵器です。
本作『大怪獣バラン』でのポンポン砲は、北上川上流でのバラン攻撃をM24戦車(こちらは勿論実在兵器)と共に行い、海上作戦では上陸用舟艇に搭載されてバランを攻撃、羽田最終決戦では、バランに向けて攻撃を開始します。
陸海全ての戦闘に参加している上に、最上川上流戦ではバランに破壊されて爆発炎上、羽田最終決戦上陸用舟艇から降ろされて上陸するという一連のシークエンスが丁寧に描写されたりしており、他の怪獣映画では完全に普通の実在戦車とかと同列に扱われているのに、この映画では何故か優遇されているんですよね。
バランの存在といいこのポンポン砲と言い、実に渋い怪獣映画でありますなぁ、この作品は(笑)。

因みに本作の特撮面でありますが、先述の通り元々がテレビドラマ用という事もあって予算は少なめのようでありまして、大規模な都市破壊はありませんし、特に挑戦的な特撮が試されている訳でも無く、バランの造形以外は、可もなく不可もなく、といったところでしょうか。
予算の関係からか『ゴジラ』からの流用カットも多数ありまして、戦闘機の攻撃カットや自衛隊の出撃風景、避難を進める群衆といったものから、ゴジラの尻尾をバランの尻尾に見立てるという大胆な流用カットも存在しています。
まぁ、仕方無いですかね、そのあたりは。

と、言った感じで『大怪獣バラン』について書いてみた訳でございますが、いかがでしたでしょうか。バラダギ様可愛い! 24連装ロケット砲車格好良い!
この後バランは『怪獣総進撃』に登場するのですが、その登場シーンは僅かに1カットのみであり、更にその後は今日に至るまでバラン復活は果たされておりません。『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』で復活が没になってしまったのが実に悔やまれますなぁ・・・。『ファイナルウォーズ』にも呼ばれなかったし。
バランの持つ独特のキャラクターや造形は良いので、何かの機会で復活させてあげたい怪獣でありますよね。


【関連記事】
アンギラスの勇姿を見よ!  『ゴジラの逆襲』

【予告編】


【関連商品】

大怪獣バラン 【期間限定プライス版】 [DVD]大怪獣バラン 【期間限定プライス版】 [DVD]
(2014/02/07)
野村浩三、平田昭彦 他

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2014/07/19 14:52|特撮怪獣TB:1CM:0

『小さき勇者たち〜ガメラ〜』とは、何だったのか 

いや、まぁ、「何だったのか」も何も無いんですが(笑)。

世の中はすっかりゴジラ復活前夜祭(※要出典)でありますが、ゴジラの復活に合わせて、日本を代表するもう一匹の大怪獣・ガメラも復活の企画が動いているとか動いていないとか、そういった話がムック本「平成ガメラパーフェクション」に書いてありました。
新作の劇場用映画だとか、TVシリーズだとか、Vシネ展開だとか、色々と憶測は飛び交っているものの、「2015年に復活する可能性がある」という以上の話は出てきておりません。
まぁ、イロイロと不安要素はある訳ではございますが、ゴジラによって間接的にガメラも復活という事で、日本特撮怪獣界隈も、少しは活気付いて来てくれればなぁ、と、思う所であります。

と、言う訳でありまして、折角なのでこの「ガメラ復活するっぽい祭前夜祭」という事で、2014年現在のガメラシリーズ最新作である、『小さき勇者たち〜ガメラ〜』について、少し書いてみようかなぁと、思う所であります。

小さき勇者たち~ガメラ~

小さき勇者たち~ガメラ~』は、2006年公開の特撮怪獣映画であります。
ゴジラシリーズが2004年の『ゴジラ FINAL WARS』で一旦終了という事になり、「怪獣映画に空白期間が出来てしまうから、40周年というのもありますし、ガメラをやりましょうか」というのが企画の発端なんだそうです。しかし本作に続く大規模な怪獣映画は出現せず、結果的に今日まで続く「平成の怪獣氷河期」の開始と共に記憶されてしまっている、ある意味では不憫な映画でもあります・・・。
しかしながらまぁ2006年公開ですか。まだまだ「最近の特撮怪獣映画」というような気がしていましたが、思えば遠くに来てしまいましたなぁ・・・。そりゃ管理人も高校を卒業して大学を卒業して社会人になってしまう訳ですわ・・・。

さて、そのあらすじは、だいたいこんな感じでありますかね。

時に西暦1973年。
三重県志摩にて、出現した怪獣ギャオスの群れとガメラが戦うという事件が起きた。その戦いの結果、ガメラは自爆。人類はガメラの自己犠牲によって救われたのであった。

それから時は流れ2006年。
母親を亡くして初めての夏休みを迎えた主人公・透はある日、紅い石とその卵を見つける。
卵から孵化したカメを、透は「トト」と名付け、自室で育てる事にするのだが……。

これはひと夏の、少年とガメラの物語……。



本作は「怪獣映画」として観た場合、かなり異質な映画であるとも言えます。
それ故に本作の評価は「」か「」かでバッサリと分かれてしまう訳です。嫌いな人にはトコトンまで嫌われてますからねぇ、この映画・・・。個人的には、そんな坊主憎けりゃ袈裟までみたいにならんでも良かろうにと思ってやまんのですけれども。
まぁ、仕方が無いと言えば仕方が無い話なんですよね。リアル志向を極めたあの『平成ガメラ三部作』の後のガメラとなれば・・・。
管理人は、この映画に対しては「」でありますので・・・。

この映画は主に『昭和ガメラシリーズ』で全面に出ていた、「ガメラは子供が好き、子供もガメラが好き」というのを現代風にリファインした映画であると言う事が出来るかと思います。
物語の主軸は、オーソドックスな怪獣映画的な「怪獣の出現に伴う何某」というモノでは無く、「少年とトト(=ガメラ)の関係性」なんですよね。その分一般的な怪獣映画よりもかなりスケールダウンしているのですが(物語の舞台も、三重県志摩市と愛知県名古屋市の間という、怪獣映画としては非常に小さなスケールの中で展開しますし。)、寧ろそれが良いんです。
物語の中盤までの、ガメラと少年との出会い、絆の形成を経ての怪獣との対峙という流れは非常に良く練られて作られていまして、そして物語終盤の名古屋での怪獣決戦での透の「トトはまだ子供なのに逃げないで戦っているんだ!だからオレも逃げない!」という台詞にこの映画の全てが集約される訳なんですね。何故少年はガメラが好きなのか、何故ガメラは少年を好きなのか、というのが、丁寧に描かれている訳でありますよ。

物語全編を通して見ると、「誰もが子供の頃に経験した事のある、手の届く範囲内で起きる、大人から見ると些細な事かも知れないけれど、子供から見たら大きな事件」という、そういう「些細な大事件」という感覚を大切にしているというのが分かるかと思います。もうジュブナイルジュブナイルしちゃってますよ(笑)。自室の窓を開けたらお隣の幼馴染のお姉ちゃんの部屋」とか羨ましいぞ、代わってくれ!
トトを拾って部屋に連れて帰り、お父さんに内緒で飼ったり、内緒と言いながら隣のお姉ちゃんに見せたり友達と一緒に秘密基地に運んだり。そしてトトが「世間を騒がす怪獣・ガメラ」として自衛隊に連れて行かれてしまっても、子供達は「ガメラ」では無く「トト」と呼び、大人たちが怪獣から逃げているばっかりであっても、子供達はガメラの為に、トトの為に行動する。まさに、「大人の知らない子供たちの物語」なんですよね。
よく本作批判の槍玉に挙げられてしまうクライマックスの、ジーダスに劣勢のトトにパワーアップに必要な赤い石を届けるために子供達がバケツリレーをする、通称「赤い石バケツリレー」ですけれども、「大人の知らない子供達の物語」的に観ると、アレは「子供達だけに分かる以心伝心の奇跡」と理解する事が出来るかと管理人は思います。・・・駄目?
そうしてエピローグ部分で、最後に「さようなら・・・ガメラ」と透君がトトを見送ってこの映画は〆と相成る訳なんですけれども、これは少年とガメラの決別をもって物語の幕とする、素晴らしい終わり方であると思う訳です。
ガメラとの離別を通して、お母さんとの離別をも乗り越えられるような少年に、透君は成長したのでありますね。
」という季節もまた本作に「爽やかなジュブナイル」というイメージを持たせる一因となってくれています。

・・・ただ、全編ジュブナイルに徹底しているのかと言えば必ずしもそうでは無く、1973年のガメラ自爆を間近で見ていた透君のお父さんからの目線も、本作には多分に入っているんですよね。「息子の無謀とも言える行動を諌めつつ、しかし息子の意思を尊重し、支えるお父さん」というのが上手く演出されていて、それはそれで物凄く良いのではありますが、しかしジュブナイルに徹底するのであればお父さんからの目線のウェイトをもうちょっと抑えるべきであったような気がしなくもありません。
まぁ、これはメタ的に考えると「昔のガメラを知っている、一緒に見に来たお父さん」の目線な訳でありまして、それはそれとして十分にアリではあるんですけどね。
しかし主軸との兼ね合いから、そのあたりはちょいと乖離気味と言えるのかも知れません。

さてさて、以下、本作の特撮面・怪獣面についてであります。

本作のガメラの対戦相手である怪獣・ジーダスは、飽くまで舞台装置でしか無かったりするという作劇の都合上、イマイチ個性に欠ける怪獣ですし、そもそもジーダスの自出その他も映画内では特に語られずじまいでしたし。そういう点では、ジーダスさんはガメラ映画史上最も不憫な怪獣であると言えるのかも知れません(笑)。ガメラ怪獣って昭和にしろ平成にしろインパクトがデカいというのが恒例でありますからねぇ・・・。
まぁ、怪獣映画の怪獣らしくちゃんと冒頭で漁船を襲ってくれるんでそれはそれで良しとしましょう、ウン(笑)。

ガメラと少年」が主軸であるという事で、怪獣映画ではお決まりである自衛隊と怪獣の戦闘も映画内では描写されていません。「描写外」では自衛隊とジーダスが交戦したりもしているのかも知れませんが、本筋に関わらないのでそこはバッサリとカットされているんですよね。
同様に、怪獣映画ではお決まりである筈の「大規模な都市破壊」も描写はされていません。引きのロングカットからの大規模なビル爆破のような、怪獣映画にはお決まりのシーンも一切無く、そういった怪獣映画的なカタルシスはこの映画からは排除されています。
怪獣達の身長自体も一般的な怪獣映画の怪獣達よりも一回り低く設定されておりまして、これも「少年とガメラの関係性」を描写するにあたって、トトと透君の距離が乖離し過ぎないように、という配慮でしょう。あまり怪獣らしからぬガメラ=トトの造形も、そういった意図の一環でありましょう。
また、怪獣映画ではよくある「夜中の決戦」というモノも排除されておりまして、夜の戦闘シーンは冒頭のアヴァンガメラとギャオスの群れによる戦闘のみで、トトの戦闘シーンは全て昼間なんですよね。これも作品カラーの統一という事の一環と言う事が出来るかと思います。

その分、寄りのカットを多用したミニチュアの作り込みであるとか、違和感を抱かせない3DCGの活用等、意外と特撮的な見所は多いんですよね。数秒しか映らないカットのために全神経を注いでいる、という感じの画面構成は、田崎監督が使える予算が限られていた平成ライダーシリーズで演出を手がけていた事と無関係では無いでしょう。
また、身長の低い怪獣というのを逆手に取った「ビルをよじ登る怪獣」という、これまでの怪獣映画ではあまり見られなかった構図が観れたりで、怪獣の可能性を感じさせる描写も少なからずありました。
誰だよ、この映画が「低予算だ」って噂流した奴! 15億という平成ゴジラ級の予算が注ぎ込まれて、視覚的にはともかく特撮的にはちゃんとそれに見合った映像になっているじゃないっすか!!


総合的に見て100点満点とまではいかないまでも、一本筋の通った物語と、徹底された作品のカラー、特撮的見所の多さと特撮パートと本編パートの融合性の高さ等々を鑑みるに、非常に良く出来た映画であると思うんですよね。ガメラの原点に立ち返った「子供の目線からの怪獣映画」というのは、『ゴジラ FINAL WARS』とはまた違った切り口からの「怪獣映画の可能性」を提示した作品である、と言う事も出来ると思いますし。
しかしながら結果的にこの映画は、商業的観点から言えば「失敗作」であったと言わざるを得ず、本作が当たらなかった事を受けて日本映画界が新作怪獣映画を創らなくなってしまった事によって日本の怪獣氷河期が本格化するという流れを見ますと・・・ね。

やはりもはや「怪獣」という存在には求心力は無く、怪獣映画というジャンルそのものの終焉を考えさせられてしまう訳です。そういった意味では、その終焉期にこうした素晴らしい作品が出来たというのは実に喜ばしい限りである訳ではあるんですけれどね。
また、本作はあまり宣伝戦略が上手く行っていなかったのではないかと思うんですよね。公開前後の記憶を辿っても、TVCMを見たという記憶はありますが、雑誌展開や新聞広告に載っていたという記憶は無い訳でして・・・。もうちょっと宣伝戦略が違っていればまた興行成績も変わっていたのではなかろうかと思う次第でございます。

そして現在に於いては、どちらかといえば「」のコメントというか、そちらの意見の方の声が大きい、という現状もあり、「聖地巡礼」に出向く程度の本作のファンの管理人としましてはちょっと肩身の狭い思いをしておる訳です。
まぁ、先述の通り好き嫌いのハッキリ分かれる映画である訳ですから、仕方ないっちゃ仕方ない話なんですけどね。

なんにせよ、また新しいガメラが観れるっぽいという事で、本作を観直してみるというのも良いのではないでしょうか。

【予告編】


【関連商品】

小さき勇者たち~ガメラ~ スペシャル・エディション [DVD]小さき勇者たち~ガメラ~ スペシャル・エディション [DVD]
(2006/10/27)
富岡涼、夏帆 他

商品詳細を見る


平成ガメラ パーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)平成ガメラ パーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)
(2014/02/08)
電撃ホビーマガジン編集部

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2014/06/30 18:47|特撮怪獣TB:1CM:3

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.