管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

先輩ヒーローの客演は素直に喜ぶべきだッ! 

これまでに登場した全ての仮面ライダーと全てのスーパー戦隊が大集結する映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』の公開まであと少しとなりましたね。管理人もこの映画の公開は結構楽しみに待っておる訳でございます。東映が誇る2大ヒーローの大激突!いやぁ、どんな映画になるんでしょうかなぁ・・・。

スーパーヒーロー大戦!

思えば、2004年の特撮怪獣映画『ゴジラ FINAL WARS』から近年の特撮界隈に於ける「懐かしのヒーロー&怪獣、大集結!」の風潮が広まったんですよね。
2005年の『ウルトラマンマックス』で光の国とウルトラ怪獣の復活、翌2006年の『ウルトラマンメビウス』でウルトラ兄弟が復活。以降ウルトラはギャラクシークライシスや多元宇宙論といった設定を持ってきて光の国の世界観とその他の作品の世界観をリンクさせる路線を突き進んでおります。
2009年の『仮面ライダーディケイド』では、平成ライダーが集結、映画ではついでに昭和ライダー&ネオライダーも集結ホントについででした・・・)。更には『侍戦隊シンケンジャー』とのコラボも実現。2011年はライダー40周年という事で1号・2号をメインに据えた映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』が公開。これまたついでにオールライダーと数人の石ノ森ヒーローも登場。夏にはまさかの時代劇『暴れん坊将軍』とのコラボ映画『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21の コアメダル』が公開。どの方向に行こうとしているんでしょうか、仮面ライダーは(※映画は良かった!)・・・。
同2011年はライダー同様東映が抱えるもう一つの長期ヒーローシリーズ『スーパー戦隊シリーズ』が35作品記念(ややこしい。)という事で、全戦隊の世界観を踏襲した『海賊戦隊ゴーカイジャー』が放送開始。夏には全戦隊が集結した映画『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』が公開しました(圧巻の映画でありましたよ)。翌2012年にはまさかの『宇宙刑事ギャバン』とのコラボ映画『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』が公開。
ついでに言及しておきますと、2009年からプリキュアに於いても「全員集合路線」が発生しており、年に1回()『プリキュアオールスターズシリーズ』が劇場用映画として続いております。東映、ライダーと戦隊だけに飽き足らずプリキュアまで集合させるとは恐ろしい子・・・(しかし本当に恐ろしいのは『ゴジラ』、『ウルトラ』、『ライダー』、『スーパー戦隊』、『メタルヒーロー』、『プリキュア』の全ての商品を扱う楽しいしい時をつくる企業であります。ある意味、特撮界隈に於ける「大復活」の首謀者であるという言い方もできますな。)!

いやぁ、復活復活大復活という事でございまして、「ライダーと戦隊の本格的なクロスオーバー!ついにここまで来たのか!」という感じがしますな。もうここまで来たらガンダムとかマクロスとか勇者シリーズとかエルドランシリーズとかゾイドとかマシンロボとかトランスフォーマーとか、そういったシリーズの作品群もどんどん「全員集合」モノを創っていただきたいなぁと思う今日この頃であります。
えっ、無理がある?
そんな事言わずにやって欲しいのであります(笑)!


・・・というような感じで記事を〆ようと思ったのですが、実はここからが本題でございますよ(笑)。

さて、そういった感じで『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』が間もなく公開するのでありますが、ストーリーを見るとこんな感じのようになっているようです。

これまで、長きにわたって地球の平和を守ってきた、仮面ライダーとスーパー戦隊。
しかし、その歴史を覆すような事態が発生する。
仮面ライダーディケイド=門矢士がすべてのスーパー戦隊を、
ゴーカイレッド=キャプテン・マーベラスがすべての仮面ライダーを、
それぞれ攻撃し始めたのだ。
今やディケイドは、これまでライダーと戦ってきた悪の組織が大同団結して誕生した「大ショッカー」の大首領となり、
ゴーカイレッドもまた、「大ザンギャック」の大帝王として君臨していた。
いったいなぜ、こんなことになったのか?
大ショッカーや大ザンギャックの幹部たちが口にする「ビッグマシン計画」とは、果たして?
戦いの謎を解くため、デンライナーは過去の時間へ。

公式サイトより引用



おお、ビッグマシン!仮面ライダーで「ビッグマシン」と言えば、石ノ森章太郎先生の萬画版『仮面ライダー』に登場した「10月計画」の親玉を務めたショッカーの改造人間の名前じゃないっすか!またネタを仕込んできやがりましたなぁ!

ビッグマシン

・・・等と感心しつつも、「デンライナーは過去の時間へ」。
また電王押しかよ!
等と言ってはいかんのです。『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』は、元々春のライダー映画枠・「電王映画枠」な訳でありますよ。そもそもの企画が電王作品として練られているという性質がある訳なんですよね。
管理人がそれより気になるのは、そのストーリーライン。
去年の『レッツゴー仮面ライダー』と同じなんじゃね・・・?
・・・まぁ、評価は実際の作品を観てから下しましょう、ウン。
当記事で問題に上げたいのは『スーパーヒーロー大戦』そのもののお話と言うよりは、先述の「また電王押しかよ!」という部分。

電王』本編が終了してからも『電王&キバ』、『電王&ディケイド』、『さらば電王』、『超電王』、『超電王トリロジー』(前代未聞の3部作。金が飛んでいきました・・・。)、『オーズ・電王・オールライダー』といった電王メインの作品群が制作されてきておる訳であります(なので今回の『スーパーヒーロー大戦』もまた事実上電王枠の映画という事が言える訳なのでありますな)。「電王人気」と言ってもこれはあんまりじゃねぇか?と思わなくもありません。人気だからと言って何でも許される訳じゃ無いですからなぁ。
しかし電王はイマジンの皆さんとデンライナーの面々が揃っていたら話が作れるんですよね。特にイマジンはスーツと声優さんが揃ったら良い訳ですから、キャスティングの点から見ると他のライダーよりもやりやすそうです。また、時間旅行をするという設定的にも電王はクロスオーバーにはイロイロと便利であるというような点でも、電王をメインに据えた作品が増えた要因になっているんでしょうが・・・。
しかしまぁ、電王押しにはいい加減辟易としている人も少なくは無い訳であります。

電王の場合は作品タイトルに「電王」を押し込んだり主役級の待遇だったりする訳で、嫌われてしまうというのもある程度は仕方の無い話であります。
しかしながら最近は「オールライダー」であるとか「オール戦隊」であるとか「ウルトラ兄弟集結」であるといった作品に対して文句を言う人も少なくは無いようなんですよね。

ウルトラ兄弟とかセブンの息子とか、そういうのもう良いから・・・
オールライダー登場させても持て余してしまうんだから出さなきゃ良いのに
フォーゼの世界観にこれまでのライダー出すのやめろ
オーズとフォーゼの映画なのになんでダブルも出て来るんだよ・・・

・・・等、そういった声がネット上ではチラホラ上がっているのを見かけます。
そういった声はまぁ、そこそこ的を射た話だったりするんですけどね(苦笑)。
そういった声を上げているのはどうやら管理人と同じくらいの世代の特撮ファンのようでありますが、しかし管理人は彼らに向かって声を大にして言いたい。
先輩ヒーローの客演は喜ばしい話なんだぜ!

ヒーローの客演の歴史は古く、『仮面ライダー』や『ウルトラマン』は勿論の事、『ゴジラ』、『モスラ』、『空の大怪獣 ラドン』の3作の主役怪獣が大集結した『三大怪獣地球最大の決戦』のような東宝特撮怪獣映画にまで遡る事が出来る訳です。
昭和の仮面ライダーなんかに於いては先輩・後輩という「縦の繋がり」が強調されておりまして、そういう点では『MEGA MAX』でのダブルの2人とフォーゼ・弦太朗のやり取りは嬉しく思ってみたり。

しかし、この「客演」というのはなかなかどうして難しい話な訳でありまして、「客演に来たヒーローが主役を差し置いて大活躍」なんてしちゃうような展開にしてしまったらイカン訳ですし、かと言って「過去の主役ヒーローが勝てなかった強敵に現行ヒーローは勝利した!」みたいな作りにすると先輩ヒーローの面目は丸つぶれになってしまいます。
ライダーは割とそのあたりはキチンとされていた印象を持ちますが、ウルトラは結構悲惨でありまして、ブロンズ像にされたり、タイラントに順番にやられたり、磔にされたり、頭が燃えたり、弟をいじめたり、カラータイマーを抜かれたり、脚を折られたり、レオ兄弟と戦ったり・・・。

ミスターファイヤーヘッド哀しいんだかおかしいんだか・・・。

勿論、ウルトラの星作戦とかセブンがブレスレッドを持ってきたりとか、熱くなる客演も沢山あるんですが、悲惨な目に遭っている客演の方がどうも印象深くて・・・。
しかし近年の作品はキチンと後輩ヒーローを立てた上で先輩ヒーローの威厳を守るというパターンをちゃんとやってくれて何よりであります。
ゼロを見守るセブン以下ウルトラ兄弟、オーズとフォーゼを送り出すダブルの2人、ゴーカイジャーを新しい戦隊として迎え入れるレジェンド戦隊の皆さん・・・。
どれもこれも見事な客演でございますよ。決して「先輩ライダーとかいらねーよ!」なんて言えたもんじゃありません。そのあたりの有難さをちゃんと認識して欲しいと、管理人は思うのであります。

そもそも昭和ライダーではTVシリーズ中に先輩ライダーがやってきていたのに対し、現行のライダーでは劇場版くらいしか客演する機会は無い訳ですので、ゴリ押しでも何でもないんだから別に良いじゃんかよ!・・・と思うのは管理人だけでしょうか。


【関連動画】


【関連記事】
仮面ライダー生誕40周年記念作品!
怪人ライダー・20周年記念ライダー・ジャンボライダー
ミレニアムシリーズ最終作っ!
管理人的特撮の愉しみ方
ウルトラの未来を憂う

【関連商品】
仮面ライダー (1) (中公文庫―コミック版)仮面ライダー (1) (中公文庫―コミック版)
(1994/11)
石ノ森 章太郎

商品詳細を見る

ウルトラゾーン 1 [Blu-ray]ウルトラゾーン 1 [Blu-ray]
(2012/02/22)
津田寛治、山崎樹範 他

商品詳細を見る

ウルトラゾーン、BDが出るんですな!
海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE コレクターズパック【Blu-ray】海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE コレクターズパック【Blu-ray】
(2012/03/21)
小澤亮太、山田裕貴 他

商品詳細を見る

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー コレクターズパック【Blu-ray】オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー コレクターズパック【Blu-ray】
(2011/10/21)
渡部秀、桜田通 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2012/04/14 03:58|特撮関連雑記TB:0CM:2

コメント


「的を射た」が「的を得た」になってますよ(←誤字脱字を気にするタイプ)。

この記事の趣旨においてダブルは象徴的かもしれませんね。初登場『オールライダー対大ショッカー』では異常な初登場補正を受けてシャドームーン相手に空気読まない圧勝。続く『AtoZ/運命のガイアメモリ』ではオーズに「助太刀されつつお株は奪われない」という理想的な助太刀客演を経験させ、『仮面ライダーアクセル』『MEGA MAX』では主役達を立てつつも頼りになる助っ人しっかりこなすという。
無明 #-|2014/01/26(日) 12:55 [ 編集 ]

>>無明さん
……修正しておきます。

Wは本当に奇跡的というか、色々と愛されているように思います。
平成での先輩ライダーの客演は、『MEGA MAX』が一番良かったですね。栄光の7人ライダーも最新特撮技術でスタイリッシュな戦闘をやってくれましたし。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/01/26(日) 23:48 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/987-fdf1bede

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.