管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「聖地」は作られるモノでは無い筈だ! 

映画や漫画やアニメ、小説やドラマ等で舞台になった場所や撮影場所に実際に行く事を、我々は俗に「聖地巡礼」と呼んでおります。
管理人も「聖地巡礼」は好きでありまして、これまでにラドンが破壊した長崎の西海橋、ゴジラ・スペースゴジラ・MOGERAが三つ巴の戦いを繰り広げた福岡百浜浜、『マイマイ新子と千年の魔法』の舞台となった山口県防府市、『かみちゅ!』その他多くの作品の舞台となった広島尾道、『涼宮ハルヒの憂鬱』の舞台のモデルとなった兵庫西宮、ゴジラとスーパーXⅡが交戦し権藤一佐が命を落とした大阪のビル、ガメラとイリスが死闘を繰り広げた京都駅、トトとジーダスが戦い子供達がバケツリレーを行った名古屋市・・・等々、主に特撮怪獣映画やアニメ作品繋がりばっかりではありますが、お金と時間に余裕があれば「聖地巡礼」に出かけておる訳でございます。
機会があれば超展示ロボ・ビッグサイトロン東京国際展示場やFCGビル、東京銀座や東京タワー、国会議事堂等の主に怪獣達が盛大にぶっ壊して行った場所に行きたいものであります。他にも、『最終兵器彼女』の舞台の一部になった北海道小樽の旭展望台とか、『新世紀エヴァンゲリオン』の第3新東京市となった神奈川箱根にも行きたいし、『スカイガールズ』の1クール目の舞台になった神奈川追浜にも行きたいですし、様々な正義・悪の組織の基地の所在地や決戦場所になった富士山麓にも行きたいし、F先生・Ⓐ先生の育った富山県高岡市なんかにも行きたい!あとは戦隊やライダーでおなじみの「いつもの採石場」とかさいたまスーパーアリーナとか、東宝特撮映画の撮影スタジオや大プール跡地、円谷怪獣倉庫跡地なんかにも行ってみたいですね。
欲を言えば『紅の豚』や『ストライクウィッチーズ2』の舞台となったアドリア海をはじめとして、様々な作品の舞台にもなったヨーロッパ諸国にも行ってみたいもんです。『海底二万里』に沿った世界一周旅行とかも良さそうですなぁ(いくらかかるんだよ!?)。
・・・と、まぁ、そんな感じで「聖地巡礼」に行きたい管理人ではありますが、「聖地」に行って何になるのか。それは勿論、作中の「空気」を体感したいからに他なりません。
実際に「現地」に行って「あのキャラはここを歩いていたのか!」「あの怪獣はこの建物をぶっ壊して行ったんだなぁ!」と感慨にふけるも良し、「あらら、実際に来てみると案外ショボいのね」と拍子抜けするのもまた愉し。
愉しみ方はイロイロあるかと思います。

さて、何故突然「聖地巡礼!」等と言いだしたのかと申しますと、話は簡単。先日、「まるっ!」でお馴染みの2012年1月期開始アニメ作品『輪廻のラグランジェ』の第1期が最終回を迎えたからでございますよ。
なんのこっちゃ?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、この『輪廻のラグランジェ』という作品(日産自動車のスタッフがメカニックデザインを手がけているという点や、近年では珍しい手描き作画でロボットを表現しているロボットアニメだったという事、分割2クールアニメの試験的作品であるというイロイロと特異的かつ画期的な作品ではありますが、それらは取り敢えず置い説くと致しまして)、「聖地巡礼」と密接な関わりを持つアニメだったんですよね。
この作品の舞台は千葉県鴨川市でありまして、作中に於いても「鴨川」という単語がしつこく出てきます。それもその筈。この『輪廻のラグランジェ』、鴨川市の全面バックアップのもと制作されているんですよね。作中では鴨川の実景を参考にした背景美術設計が組まれていたりしており、現実世界の鴨川では「輪廻のラグランジェ鴨川推進委員」なる組織が立ち上げられ、鴨川市内には『輪廻のラグランジェ』を応援するポスターが貼られたり立て看板が立っていたりするそうなのであります。
いやはや・・・。

聖地巡礼」に多くの人が来ればそれだけその土地が潤う訳でありまして、これまでに幾つかの市町村がアニメやドラマなんかの「聖地」である事をアピールする「聖地巡礼町おこし」が行われたりもしました。
しかし、この『輪廻のラグランジェ』と鴨川の関係は、そういった「聖地になった町」による町おこしでは無く、「聖地を造ってしまう」タイプの町おこしであると言えます。コレに関してはネット上でも賛否両論が出ている訳でございまして・・・。
管理人の好きな特撮怪獣映画なんかに於いても「是非ウチの店をゴジラに壊して欲しい!」という申し出があったりでタイアップなんかも行われておりましたし、『名探偵コナン』なんかで「どこどこにコナン一行がやってくる!」といった感じのタイアップなんかもこれまでにはあった訳ではございますが、アニメ一本丸々というのはなかなか新しいのではないでしょうか(2011年放送の『たまゆら』等の例もあったので、皆無と言う訳でも無いのですが)。

しかし、『輪廻のラグランジェ』を観て管理人は正直なところ、そこまで鴨川押しするようなアニメか!?と思います。特に鴨川が印象的なポイントとなっていたという訳でもありませんでしたし(少なくとも今所は。)、この作品を観たからといって「そうだ、鴨川行こう!」という気分になるという訳でもありませんでした(少なくとも今のところは)。
それどころか、脚本家の「鴨川縛りうぜぇ・・・」みたいな声が観ていてしてきそうな展開でありましたし、どうもこの作品の「鴨川を聖地に!」という試みは失敗しているんじゃないかなぁと思います。
大体ですよ、作品の人気が出たからと言ってDVDやBDの売り上げは伸びはしても、「鴨川まで聖地巡礼に行くべ!」というようになる人は果たしてどれくらいになるのでしょうか。地域によっては、BDを全巻揃えた方が鴨川に行って帰ってくるよりも安い訳でありまして、そもそもの企画が間違っているような気がしてならん訳ですよ。
いや、それ以前に「聖地」というのは半ば「自然発生」するモノで、「率先して作っていくモノ」では無いと管理人は思う次第でございます。そのあたりをこの作品(というか、鴨川市は)では履き違えちゃっているのでは無いかと思うのですよ。
しかもこの作品は異星人のロボットからロボットで地球を守るという純然たるロボットアニメ。『仮面ライダーW』のように小さな世界観を逆手に利用した「おらが町のヒーロー」という訳にもいかず、『新世紀エヴァンゲリオン』のように「敵がその土地に攻めてくる明確な理由」も無い訳であります(一応敵さんにも目的はあった訳ですが、色々考えてみても「お前それ、別に鴨川である必要無いじゃん・・・」という結論にしか行きつかず・・・)。『花咲くいろは』みたいな、旅館が舞台のアニメだったら良かったものの、SFロボットアニメでそれはちとキツいですぞ。
・・・まぁ、「聖地を作る」という側面以外では割としっかりした作りになっている作品なんですけどね(笑)。取り敢えず2期に期待・・・。

しかしまぁ、この『輪廻のラグランジェ』という「先例」が出来た事で、今後も「ウチでも聖地を作って町おこしを・・・」と考える地方自治体が増えてくるんでしょうか。それはそれでなんだかなぁと管理人は思うのでありますが、しかし『輪廻のラグランジェ』がこのようにほぼ失敗という結果に落ち着きそうな訳で、もう誰もやらないかな?と思ってみたり。
しかし、財政の厳しい地方自治体も少なくない訳でありますから(この鴨川もそのひとつでしたし・・・。)、ダメ元や藁にもすがる気持ちで、というパターンが増えてくるのかも知れませんね。
う~ん、やっぱりフクザツな心境でありますな。

・・・因みに先日、NHKの『クローズアップ現代』でアニメの「聖地巡礼」が取り上げられ、『たまゆら』や『輪廻のラグランジェ』についても語られておりました。
なんというかまぁ、製作側の問題点とかを深くエグるような報道の仕方で、管理人としてはどうにも気に入らんかったですね。
聖地を設定すると背景美術が楽をできる
みたいな感じの報道もされとりまして・・・。寧ろモデルにしなければならないという縛りは背景美術担当にとってはシンドイのではと思うのですが、さて。
しかし、背景美術がそういった感じでシッカリするようになってから、背景美術に見られる看板の文字にネタを仕込んだり背景美術担当者の住まいの近所の風景を描くといった「ちょっとしたお遊び」というのが無くなってきてしまっているように思います。


【関連動画】


【関連商品】
輪廻のラグランジェ 1 (初回限定版) [Blu-ray]輪廻のラグランジェ 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2012/03/23)
石原夏織、瀬戸麻沙美 他

商品詳細を見る

たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】
(2010/11/26)
竹達彩奈、阿澄佳奈 他

商品詳細を見る

聖地巡礼NAVI―アニメ&コミック聖地巡礼NAVI―アニメ&コミック
(2010/05)
ドリルプロジェクト

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2012/04/06 15:15|アニメ関連雑記TB:0CM:3

コメント


そういや昔、ゆうきまさみ先生が、「三菱ロボ ダイヤトロン」とかいうバカネタをやっていたなあ……

「さすが三菱のメカは扱いが楽だぜっ!」

とか、

「サービスマンが来るとはアフターサービスもいい!」

とかいう内容で一儲け、なるネタでしたが、今は千光年先まで時代が(^^;)
ポール・ブリッツ #-|2012/04/06(金) 16:24 [ 編集 ]

聖地巡礼は私もします。きっかけはやはり私の住んでいる鴻巣市の近くにある鷲宮町(現・久喜市)の鷲宮神社でしたね。埼玉県はいっぱいありますからね。

どこかに出かけたいが、目的地が特になかったりして行ってしまいますね。

SFアニメだとゼーガペインの舞浜ですかね?あとはあんまり思い浮かばないですね。昔の作品だとモデルはあるにしても実在の地名を出さないのが主流でしたからね。

最後にどうでも良いですが、「ゴジラVSデストロイア」が放映された頃にビッグサイト出来て、劇中盛大に破壊されましたからこの頃のゴジラの同人誌は盛り上がったのでしょうかね?
第4のペロリンガ #-|2012/04/06(金) 19:08 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
ニュータイプのコラム漫画でしたっけ。


>>第4のペロリンガさん
もっと色々と聖地巡礼に出かけてみたい今日この頃です……。

コミケがビッグサイトになったのは96年からですので、特に盛り上がることは無かったと思いますが、定かでは(苦笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/04/11(水) 23:43 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/985-c3378970

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.