管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『ストライクウィッチーズ 劇場版』、改めて観てまいりました! 

そういう訳でございまして、散々な目に遭った前回から早数日。公開中の劇場用アニメーション作品『ストライクウィッチーズ 劇場版』を再び観てまいりましたよ!先日の記事にも書きましたがこの作品は最近流行の「小規模公開のアニメ映画」な訳でありまして、管理人の住む下宿先の近所の劇場では公開しておらん訳です。ですので、県外まで足を運ばねばならん訳でありまして、何回も観に行くとなると交通費も馬鹿にはならん訳でありますよ・・・。
しかし、今回は妙な奴もおらず、快適に映画を観賞する事が出来ました。
そういう訳でございまして、当記事は『ストライクウィッチーズ 劇場版』感想記事となります。

で、まぁ、県外の劇場に足を運んだ訳でありますが、今日は平日という事もあって劇場内は閑散としておりました。
そこで少しご年配の方と居合わせ、少し話をしたのでありますが、正直な所驚きました。見た目60代くらいの方だったのですが、まさか『ストライクウィッチーズ』のファンとは・・・。
曰く、「架空戦記モノが好きなんですよ」との事。管理人も架空戦記モノの作品はそこそこ読んだりしている訳でありまして、少々話も弾んだのでありますが、その繋がりから『ストライクウィッチーズ』にたどり着くとは(笑)。
確かにこの作品は実在の第二次大戦中の艦艇や航空機、戦車をはじめとした兵器群が登場し、ネウロイなる怪獣(と呼んで良いのかどうかは微妙な所ですが。)と戦う架空戦記アニメという位置づけができますが。なんとまぁ懐の深い作品なんだろうかと感動した次第であります。

劇場版ポスター
↑ポスターは第二次大戦を舞台にしたTVドラマ『バンド・オブ・ブラザース』のOPのオマージュであるとされています。しかしながらこのポスター、実に上手いと思うんですよね。あのビジュアルをそのままポスターにして劇場に貼られていたら・・・恥ずかしいなんてもんじゃありませんよ。差し詰め、シルエットだから恥ずかしくないもん!といったところでありましょうか。見事です。


まず冒頭。
スト魔女』では毎度おなじみの郷田ほづみさんによるナレーションであります。
八岐大蛇やらドラゴンやら(が元ネタであると思われる怪異)と戦うウィッチ達の絵をバックに、長い戦いの歴史が語られました。
最近では『戦国ウィッチーズ』などというような作品も出ておりますし、この『劇場版』冒頭のナレーションが過去のウィッチ達の物語の発表に繋がっていく事を管理人は密かに期待する訳でございます(笑)。

この長い戦いの歴史でありますが、『スト魔女』世界では怪異が進化する度に人類側も兵器の増強を行って、それで技術進歩が為されていったという歴史になるんですよね。現実の兵器開発の歴史と同様、「血を吐きながら続ける哀しいマラソン」であります。今回の『劇場版』でも新型のジャミング機能を備えた「地底軍艦」とでも呼べるようなネウロイが登場しましたが、『スト魔女』世界ではまだまだこのマラソンは続いていくのでありましょうか・・・。
しかしながら、怪異・ネウロイの正体は未だ持って「」とされている訳ですが、「」を持たない鋼鉄の敵を、「諦めない心」を持つウィッチ達が倒すというところに、この『ストライクウィッチーズ』という作品の面白さがあると、管理人は思います。
そしてナレーションは続き、ネウロイと人類軍との壮絶な戦いが描かれました。
こういう映像は『スト魔女』では初めてでありますな。各国艦艇が仲良くネウロイに向かって艦砲射撃!地上ではシャーマン戦車タイガー戦車が共同戦線を張ってネウロイに向かって砲撃!
俺はこういうのが観たかったんだッ!
いや、勿論『スト魔女』の本分はウィッチ達の活躍なのではありますが、こういう史実では敵対していた兵器が共通の敵を相手に一致団結して戦っているというシチュエーションは架空戦記でも度々描かれているのですが、映像で見れるというのはなかなか貴重でありまして・・・!
管理人は人と人とが殺し合い、憎しみ合う「戦争」というものはあまり好きではありませんが、因果な事に戦車や戦闘機や軍艦といった兵器(=人殺しの機械)を好きになってしまった(大体怪獣映画・特撮映画のせい)訳でありますので、そういったシチュエーションを見ると、もう感動せずにはいられんのでありますよ。史実では敵対していたとなれば尚更であります。

もうのっけから興奮しっぱなしなのに、その直後に501の面々による対ネウロイ戦闘(その相手のネウロイが冒頭の人類連合軍と戦ったネウロイと同型というのがまたニクい演出であります。)!
大スクリーンを飛び回るウィッチ達。そして大スクリーンに映し出される股間のアップ
もうね、テレビシリーズ第1期第1話からリアルタイムで観続けてきたかいがあったってもんですよ!よもや銀幕でズボン丸出しのウィッチ達の活躍が観られるとは思いもしませんでしたからなぁ!
・・・しかし、この冒頭の501による対ネウロイ戦、時系列的にはいつなんでしょうか。『1期』第1話冒頭の501による対ネウロイ戦もそうでしたが、それが気になって仕方ありません。両方とも芳佳が不在なのでありますが、後者はリーネちゃんがちゃんとライフルを撃てているし、前者はもっさんが元気に飛行して扶桑刀を振り回しているし・・・。そう考えると芳佳が不在なのはどうも合点がいかん訳でありますよ。
・・・まぁ、「イメージ映像です」と言われたらそれまでなのでありますが(笑)。

さて、本編突入。
本編に入ってからも勢いはそのままでありまして、

・芳佳の欧州留学
・謎の新型ネウロイ


という二本を軸として物語が進行していきました。
個人的に嬉しかったのは、芳佳がヨーロッパに着くまでの道程をキチンと描写してくれたという点でありますかね。
これまで芳佳ともっさんが『1期』で空母赤城に乗って(喜望峰廻り。スエズ運河を使わずに喜望峰廻りなのは、スエズ運河付近がネウロイに占領されているという設定がちゃんとあるんですよね。今回の『劇場版』でも喜望峰廻りでありました。)、『2』では二式大艇に乗って(多分北リベリオン大陸経由。)、渡欧していた訳ですが、その道程はバッサリとカットされていた訳です。管理人も初見の時は「ええッ!?もう1ヶ月経ってるの!?」と突っ込んだ訳でありますよ(笑)。
しかし今回の『劇場版』では違った!
今回は芳佳と新キャラである服部静夏ちゃん(しかしこの娘、随分とシッカリした娘でありました。最年少のルッキーニより1歳ほど年上なだけなのにこの差は何だ!?・・・バルクホルンならこう言うでしょう。)の二人が空母天城に乗ってガリア・パ=ド=カレーに着くまでをキチンと描写してくれておりました。
航路もキッチリと明記されておりまして、香港やマダガスカル・アンツィラナナなどに寄港して補給していたのが想像できます。
航海モノの作品が好きな管理人には溜まらん訳です!
しかし芳佳ちゃん。あんた『2』の「オペレーション・マルス」の時に天城には乗ってるし、同型艦の赤城に1ヶ月乗ってたじゃないですか。「天城っておっきい船だね~」じゃないっすよ(笑)!

そんなこんなな航海の中で、火薬庫付近での火災というアクシデントが起き、人が残っている区画への注水命令が下る中、芳佳が単身助けに行くというエピソードがありましたが、これはもう芳佳の芳佳たるところを描き切ったエピソードでありますな。「絶対にあきらめない」。それが芳佳の行動理念であります。
思えば『1期』の第1話冒頭の時点で、「木から降りられなくなってしまった猫を助ける」という行動をとっている訳であります。「自分が行けば助かるかも知れない」。芳佳はその可能性があるのならそれに賭ける女の子なんですよね。こういうタイプの主人公は古今東西様々な作品で描かれてきた訳ではありますが、「女性主人公」というあたりがなんともゼロ年代のアニメの主人公らしいと思ったり思わなかったり。

パ=ド=カレーに着いてからはペリーヌの家に1晩ほどお世話になる訳でありますが、管理人、ペリーヌがパ=ド=カレーの領主の娘である事を完全に忘れておりました。ペリーヌさん、ごめんなさい。
・・・501でのペリーヌは完全にネタキャラ・いじられキャラとして定着しちゃっておりましたが、本来は高貴なガリア貴族の令嬢。この『劇場版』で見せた立ち振る舞いこそが本来のペリーヌなんですよね。
その一方で、ペリーヌと一緒に居たリーネちゃんはいつものリーネちゃんでした。芳佳もいつも通りでしたし。この二人の寝顔を見ると安心しますな。

その一方で映像作品は初登場となるハイデマリー大尉の夜間戦闘、ヴェネツィア上空でのシャーリー&ルッキーニコンビのネウロイとの戦闘、バルクホルン&ハルトマンコンビの戦闘も描かれ、新型ネウロイの脅威がボチボチと出てまいりました。
面白かったのはカールスラント組の掛け合い。エーリカが「この辺には芳佳が来てる」と言った瞬間にこれまで「偵察などに我々が行く必要は無い!」と言っていたバルクホルンが完全武装で出撃準備!ミーナさんが「芳佳は)バルクホルン大尉の可愛い妹」発言!
流石お姉ちゃん、です。
・・・この『劇場版』ではハイデマリーの登場もそうですが、502統合戦闘航空団や赤ズボン隊の登場など、アニメ以外の媒体(ライトノベルや漫画、フミカネさんのイラスト)で発表されたウィッチ達の登場は、今後の『ストライクウィッチーズ』の世界観を深める足掛かりとなってくれそうでありますな。管理人は『ストライクウィッチーズ』の世界観に何よりも感銘を受けた訳でありまして、今後ともこの世界観での物語が紡がれていく事が期待される為、実に愉しみなのでございますよ!

そんなこんなで芳佳達にも危機が迫ります。
崖崩れで怪我人が多数だという村に治療に向かい、一晩を過ごしたら新型ネウロイが出現!
静夏ちゃんが空に上がり、魔法力が無い芳佳もジープを運転してネウロイを誘導、村からネウロイを遠ざけ撃破!
もうこの一連の流れは感涙モノでありましたよ。芳佳は『2』のラストで真烈風斬を放ち、魔力が消失してしまっていた訳であります。魔法力が無いので重そうに九九式二号二型改13mm機関銃を構え、ネウロイに立ち向かう芳佳・・・。涙なくては観られない、熱いシーンでありましたよ!
そうしてネウロイを撃破はしたものの、芳佳はネウロイのビームに撃たれ(正確には、至近弾の衝撃に晒されて)、重傷を負います。しかし、ネウロイは一体だけではなかった!
地下からまるで潜水艦が浮上してきたような感じでズモモモモっと登場する新たなネウロイ!
叫ぶ静夏ちゃん!
この声に呼応して501の皆が駆けつける!
管理人、号泣!
皆の声を受けて芳佳の魔力が復活!
芳佳、ストライカーユニット・震電を装着!
飛翔!
潜水艦型のネウロイを撃破!
危機は去った!
・・・いやはや、勢いのままに書きましたが、一連のこの流れはホントに怒涛の勢いだった訳でありますよ。もうなんというか、芳佳、頑張れ!と(笑)。
この一連の流れの中でも、人類連合軍の司令官としてアイゼンハワーモントゴメリーが出てきたり、魔力を完全に失ったもっさんが戦艦大和のカタパルトから零式水上観測機で出撃したり(もっさんが零観で大和の着弾観測してるんですね、多分。)、戦艦大和がフロートをつけてライン川を遡上していたり(扶桑海軍は滅茶苦茶だッ!、ミリタリー好きとしてはニヤリとできるネタが満載でありました。
もっさんは扶桑海軍兵学校の教官になったそうなのですが、ストライカーユニットで飛べなくとも一般航空機で飛ぶ事を選んだのだなぁと思うと、胸が熱くなりますな。

そんな訳で、エンディング。心地良い余韻に浸りつつED曲を聴いていると、最後に芳佳の復活を強調するように、タイトルロゴに芳佳が追加され、

タイトルロゴ
当記事の冒頭で貼ったように、ポスターのロゴには芳佳は描かれていませんでした。

つづくのかよ!

の文字。
いやはや、「やはり続くのか」と(笑)。
しかし媒体はどうなるんでしょうか。TVシリーズ?劇場映画?大穴でOVA?
まぁ、続報を待ちたいところでありますな。
・・・いや、もしかしたら「ウィッチ達の戦いはまだまだ続く!」という意味で続編は出ないのかも知れません(流石にそれは無いか)。

そんな訳でありまして、大変満足な『ストライクウィッチーズ 劇場版』でありました!
どうやらぴあ編集部による出口調査によると『ストライクウィッチーズ 劇場版』は、「満足度ランキング」で『長靴をはいたネコ』に次ぐ2位だったそうであります。まぁ、この出来でありましたからなぁ!

『長ぐつをはいたネコ』を筆頭にアニメ映画が満足度ランク1、2位を独占


しかしながら、で、あります。管理人は敢えてこの映画に於ける不満点を一つ挙げたいと思います。
芳佳の魔力が復活しちゃ駄目だろ・・・。
2』の最終回で芳佳はもっさんを救う為に真烈風斬を放ち、全ての魔法力を失いました。それから芳佳は治癒魔法に頼らない、医者になる事を志した訳であります。今回の『劇場版』での渡欧も最先端の医学を学ぶ、留学をする為でありました。芳佳としてはもう完全に生きる道を見つけていたんですよね。しかし魔法力が回復し、再び空を飛ぶ事が出来るようになった以上、軍が黙って芳佳を遊ばせているという訳にもいかんでしょう。
そう考えるとこの結末というのは芳佳にとってはある意味残酷な結末であると言わざるを得ません。
あの流れで芳佳の魔力が復活しない方がおかしいですが、しかしせめて「今回一度きりの復活」とかなら良かったのに!タイトルロゴの件を見るに、恐らく芳佳は完全復活したと考えて良いでしょう。
芳佳はよく戦ったんだからもう休ませてあげようよ!

・・・どうやら高村監督や脚本スタッフ陣の方々にも思うところがあったようでありまして、インタビューで「劇場版では芳佳は可哀想な事になる」という旨の事を高村監督が仰っていたり、パンフレットにもそのあたりの経緯が書かれていたりするのですが。
メタ視点で考えるとアレでしょうか。角川の仕業でありましょうか。
もし3期以降があるとしたら、そのあたりの決着もしっかりと描いていただきたいところであります。
でもまぁ、それは管理人個人の一意見。一緒に観に行った友人は芳佳ちゃんの魔力が復活した事については是としていますし、ネットの評判を見ても芳佳の復活を喜んでいる方が多いようですし、まぁ、それもアリなのかなと(笑)。

そんな訳でありまして、『ストライクウィッチーズ 劇場版』、大変満足できた映画でございました。
今後も『ストライクウィッチーズ』のシリーズは様々な媒体で展開されると予想されますので、これからも搾取されてやんよ!愉しみたいところでございますな。


【関連動画】


【関連記事】
荒唐無稽なお話を屁理屈で固めるのは大変な事でありますよ!
『ストライクウィッチーズ』についてのお話

【関連商品】
ストライクウィッチーズ劇場版オリジナルサウンドトラックストライクウィッチーズ劇場版オリジナルサウンドトラック
(2012/03/21)
V.A.

商品詳細を見る

劇場版制作決定記念アンコールプレス ストライクウィッチーズ Blu-ray Box 限定版(数量限定生産)劇場版制作決定記念アンコールプレス ストライクウィッチーズ Blu-ray Box 限定版(数量限定生産)
(2011/05/10)
福圓美里、千葉紗子 他

商品詳細を見る

ストライクウィッチーズ2 Blu-ray BOXストライクウィッチーズ2 Blu-ray BOX
(2012/03/23)
福圓美里、世戸さおり 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2012/03/22 21:54|ストライクウィッチーズTB:0CM:4

コメント


くそう、くそう、くそう、うらやましぃ~っ!
熊本では4月の21日にならないと上映されないでありますのです
ああっ、もう、早く観たいでありますのですっ!
キングハナアルキ #SqN0A6sw|2012/03/23(金) 17:13 [ 編集 ]

>>キングハナアルキさん
小規模興行だとどうしても地域格差がありますよね……。

あとひと月ですね。素晴らしい作品でしたので、是非期待して待っていて良いと思います!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/03/23(金) 20:55 [ 編集 ]

困ったなあ・・・。「スト魔女」劇場版、観たくなってきた・・・。困ったなあ。

エイリアン相手にカウボーイたちと盗賊たちとインディアンたちが助け合って闘う「カウボーイ&エイリアン」も、感動的でしたよ。西部劇としても良かったし。
矢端想 #1h4OZhZI|2012/03/23(金) 23:52 [ 編集 ]

>>矢端想さん
『カウボーイ&エイリアン』、公開時は金欠で観に行けなかったんですよねぇ……。
今度近所のレンタル店で探して借りて観たいと思う次第であります。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/03/24(土) 00:30 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/977-ba3d164e

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.