管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

劇場では静かにしろよ!貧乏ゆすりすんなよ!喧嘩すんなよ!迷惑なんだよ!! 

はい、と、いう事でございまして、とうとう公開致しました、劇場用アニメーション作品『ストライクウィッチーズ 劇場版』!
管理人も公開初日初回の回で観てまいりましたよ!
いやはや、正直に申し上げますと管理人はこの『ストライクウィッチーズ 劇場版』、観るまでは不安だったのでありますよ。と、いうのも、『ストライクウィッチーズ2』のラストがあのような形で終わった訳でありまして、それに伴いなんやかんや思う事もありましたよって・・・。
しかしながらその管理人の不安をよそにこの『ストライクウィッチーズ 劇場版』はもう素晴らしい出来で
・・・等と感想記事を書こうかと思っていたのでありますが、 劇場にて物凄く不快な思いをしましたので、当記事は愚痴記事となります。
当記事には以後、『ストライクウィッチーズ 劇場版』本編の話は一切出てきませんので、あしからず。

管理人は映画を劇場で観るのが好きであります。大スクリーンで迫力の映像を愉しんだり、劇場音響による「」の面から作品を愉しんだり。作品自体を愉しむのも良いですが、やはり映画館で観る愉しみとしては「同じ劇場に居る人との時間の共有」というモノがあるかと思います。コメディ映画であれば、同じ場所で皆が笑ったり、感動モノであればすすり泣きが聞こえてきたり。特撮ヒーロー映画であるとか、女児向けのアニメ映画とかなら、子供達の声援なんかもその一つでありますかね。
そして、映画が終わった後、帰る時に、集団で来ていた人らが「面白かったね~」とか「この映画はイマイチだったな~」とか言い合っていたり。いやはや、そういう映画館特有の雰囲気というのは良いものであります。

しかし、そういう愉しみというのは「マナーを守ってこそ」である訳であります。映画館というのは当然の如く公共の場でありますから、マナーは守って然るべきである訳であります。
とは言いましても、皆が皆マナーを守って、なんてのは土台無理な話。管理人はそこそこ劇場に足を運んで映画を観る人なのでありますが(だから金が貯まらんのだ!)、マナーの悪い観客と居合わせる、なんて事もそこそこある訳でございますよ。
上映中に携帯電話を見る奴。上映中に私語をする奴。食べ物をクチャクチャいわせて食う奴。前の座席に足を当てる奴。
・・・個人的にはエンドロール中に席を立ったりする人や食べ物を食べたり飲み物を飲む人や、ある程度の私語(笑い声やすすり泣き、子供の声援等)というのは許容範囲内なのではありますが、人によってはそれらもマナー違反とする人も居る訳であります。まぁ、許容範囲は人それぞれですからなぁ。
また、「マナー違反」と言っても上映中断続的にそれが続く訳でも無いですし、管理人は映画に集中していればさほど気にならなくなってきているのですが、今回遭遇した「マナー違反者」は管理人の想像を超えた、度し難い猛者だった訳でありますよ(泣)!!

本編の上映が始まる直前。劇場内の照明が落とされ、企業のCMや新作映画の予告編なんかが流れており、「いよいよ映画が始まるのだなぁ!」とワクワクするひと時であります。そんな時、そいつは突然現れた。
スイマセン、スイマセン」と、ほぼ満席である劇場内を進むそいつに対し、管理人は嫌な予感を感じて止まなかった訳です。
予感は的中。管理人は『ストライクウィッチーズ 劇場版』を友人と観に来ていたのですが、奴が座ったのは友人の隣の席だったのですよ。管理人はその更に隣。
図解すると、以下のようになりますかね。

図

・・・それからはもうアレですよ。奴は上映中ノンストップで「あ、これは○○が元ネタになっているアレだからコレで・・・」とか「ここでまさかの××!」とか、終始に渡って映画を実況中継しやがったんですよ!大声で!もうマナーもへったくれもありません。
オマケに貧乏ゆすりまで始めやがって、もう不快で不快でたまらんかったとです。いや、管理人などはまだ隣に友人がいる事でワンクッション置かれていたのですが、そのクッションになっていた友人にとってはたまったものではありません。友人含めた奴の両隣&前後の客は直に奴の攻撃を受けていた訳でありまして、彼らの不快度は想像に堪えません・・・。管理人もかなり鬱陶しかったです。
だからといって注意したりすると更に面倒臭い事になりそうな雰囲気でありましたので、誰も注意できなかったというのが更にアレでありましたね・・・。
そういう訳でありましたので、映画自体は大変素晴らしいものでありましたが近席に居合わせた奴のせいで愉しさが半減でございました。

・・・ここで話が終わりならまだ良かったのでありますが(良くないケド)、悪い事はどうも重なるようでありまして、映画が終わり友人と「作品は良かったのに奴が鬱陶し過ぎてアレだったな~」等と言いつつ、なんとか気を持ちなおそうとしていた時。「うし、パンフレットを買って帰るか!」という管理人の一言が、第二ラウンドの幕開けとなったのであります(泣)。

ストライクウィッチーズ 劇場版』は、今流行の「小規模公開のアニメ映画」というヤツでありまして、「その地域ではこことここの劇場でしかやっていない」というような作品な訳です。当然そういった興行スタイルな訳ですから、劇場にはその地域のオタク達が集結する訳であります。それ故、劇場で限定グッズ(多くの場合は数量限定!)なども販売される訳でして、劇場の売店では長蛇の列が出来てしまう事も多々あります。映画館もこういう時が稼ぎ時ですからなぁ。しかし、管理人のようにグッズはさほど欲しくないというような者も居ますので、パンフレットとグッズの列は分けて欲しいなぁ・・・等と思っていた、丁度その時であります。
管理人の前に並んでいた連中が、喧嘩を始めた訳でございますよ
俺が先だったろうが!」「いや、俺の方が前だった!」「おい、眼鏡とれよ!」「なんでだよ!?」「一発殴らせろっつってんだよ!眼鏡割れたら破片飛び散って迷惑だろ!?
・・・あのー、既に迷惑なんですけど。しかも肩をどつきあっていたので、管理人もとばっちりで押されて押されて・・・。
最終的に劇場係員が諌めて殴り合いに発展しなかった訳でありますが、良い歳してこんなところで喧嘩とはなんて大人げない・・・。しかも係員が諌めている間、列の流れは止まっていたのでありまして、大変迷惑した訳であります。この場合係員も係員で、喧嘩をしている連中だけを列から外すなどの対策をとってくれたら良かったんですけれども、それも無しだったので管理人を含めた行列に並んでいる人達は大変往生しました、全く・・・。

映画は素晴らしかったのに、極一部の連中のせいで物凄く不快な思いを管理人(と友人)は、した訳であります。劇場内と売店で連続というのは実に運の無い話でありますなぁ(苦笑)。
しかしながらまぁ、こういうのはホントに極一部であると思います。しかし、そういった極一部の連中が居るから迷惑なのでありまして・・・。どうにかならんもんですかねぇ。

後日、また『ストライクウィッチーズ 劇場版』を観に行き、その時に感想記事などは書きたいと思うのでありますが、しかしまたマナーの悪い連中とバッティングしてしまった時は・・・もう笑うしかねぇや。


【関連記事】
最早マナーとかモラルのレベルじゃ無いぞ、それ。 

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2012/03/18 20:45|混沌雑記TB:0CM:6

コメント


災難でしたね。良い映画を見た気分が台無しになってしまいます。私も映画は、他人同士が同じものを見る一体感と思ってますからマナーが守れない奴には腹がたちます。解説するなら自宅でやれと。よく後ろの席から蹴られる事があるので、最近は一番後ろの席にすることにしています。グッズ販売でもマナーを守ってほしいですよ。せっかく高いお金と時間を使って良い気分になろうと映画を観にきているのですからね。マナーを守れない客は、いずれしっぺ返しを喰らうと思って怒りを鎮めてますよ。
もっちー #-|2012/03/18(日) 23:36 [ 編集 ]

>>もっちーさん
「奴」は連れと来ていた訳でもなく、全ての発言は誰に解説しているでもない独り言でありました……。
列の喧嘩の件もそうでしたが、「怒り」というより「ウンザリ」と言った方が近いですかね。

兎に角、今回は運が悪かったとしか(苦笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/03/19(月) 14:55 [ 編集 ]

ついに劇場公開!おめでとうございます!・・・というか、お疲れさまでした。

僕は貧乏なので基本西部劇しか観に行きませんが(それこそ主要都市単館上映)、そういう迷惑はないですねえ・・・客層が分別わきまえたご高齢の方ばかりなのでw

「マクロスF」(なんばパークスシネマ)でもそういうのはなかったなあ・・・いや。もしかして「星間飛行」一緒に歌ってたやつとかいたかも。いいんです。それもライブの一体感だから。
ここでは僕らが一番高齢の部類でした・・・。
矢端想 #1h4OZhZI|2012/03/19(月) 20:55 [ 編集 ]

上には上がいますなあ……。

わたしは、前に無声映画上映会に連れていった友人が、こともあろうに弁士さんが熱を込めてしゃべっている最中にいびきをかいて眠ってしまったというのが最悪か、と思っておりましたが、うむむ……。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2012/03/20(火) 17:22 [ 編集 ]

同じ日(多分)・・・俺は「プリキュアオールスターズNewStageを見に行っていた。

上映中、一緒に見に行った友達の隣に座っていたチビッ子が騒ぐ、
「何で男だけでプリキュア見に来てるのー?」
友人は答える
「プリキュアが好きだからだよ、君達もそうだろ?」
元気よく「うん!」と答える子供と、軽く「すみません」と言うその子のお父さん。

・・・上映終了後、入場者プレゼントを落したらしい親と喧嘩する子供を見かけた俺は
「俺のあげるから、お母さんの事困らせちゃ駄目だよ」
と、入場者プレゼントのバイザーを手渡すと、その子はお母さんと手をつないで帰って行った・・・

こう言っちゃなんだけど・・・勝ったな(ドヤ)
いやー、子供の起こすトラブルって何か可笑しいよね(笑)
レバニラ #LkZag.iM|2012/03/21(水) 00:54 [ 編集 ]

>>矢端想さん
こういう連中が居るから「これだからオタクは」と言われそうです。
数で言えば物凄く少ないんでしょうけど……。


>>ポール・ブリッツさん
この場合「下には下」という表現の方が(笑)。

後日改めて観に行く時はホントにそういった非常識極まりない人と居合わせないようと願ってやみませんです。

>>レバニラさん
負けた……!(何に)
しかし、微笑ましいエピソードっすなぁ……。
こっちは笑い話にしようにもやるせなくてやるせなくて(苦笑)。

……今年の3月17日は、『スト魔女 劇場版』と『プリキュアオールスターズ』と『長靴をはいた猫』が同時公開という事で非常に混沌とした様相を呈した劇場もあったそうです。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/03/21(水) 22:58 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/975-b97a810b

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.