管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

レンタル店の店頭に特撮怪獣作品を並べてくださいお願いします 

久しぶりの特撮関連記事でございます。
いやはや、当ブログのプロフィール欄やTwitterのプロフィールなんかには「主食は、特撮怪獣映画」とか書いているにも関わらず当ブログに於ける特撮怪獣の占める比率は結構少ない訳で・・・。いや、別に当ブログは怪獣ブログという訳は無いですから、別に良いんですけどね。
まぁ、特撮怪獣関連の記事が少ないというのはハッキリしている訳です。
現在は特撮怪獣大氷河期である!
散々当ブログでも書いております通り、現在はゴジラもガメラも展開しておらず、特撮怪獣界隈全体が冷えきっておる訳であります。それ故に、特撮怪獣関連の話題に乏しい訳で、当ブログでも特撮怪獣に触れる機会が少なくなる訳で・・・。
冷えきっている」とは言っても、最近は平成ゴジラVSシリーズの関連書籍が出たり上映会が開かれたり怪獣関連の立体物が出たり(下記【関連記事】【関連商品】参照)しており、ホビー雑誌には「今、平成ゴジラが熱い!」などと書かれたりしている訳なのではありますが、しかし「熱い」のは我々特撮ファンくらいでありまして、非怪獣ファンは平成ゴジラだろうがデスカッパだろうがあんまり興味がないというのが現状。精々、「そういや確かに最近怪獣映画やってないよなぁ」と言われるくらいで、多くの人が特撮怪獣を待ち望んでいるというお話では無いというのが哀しい現実でございます。

そんな中、日本最大手の動画共有サイト「ニコニコ動画」にて、こんな動画が投稿されました。



ご存知の方も多いでしょうが、ニコニコ動画に於いてはTVゲームのプレイ模様を録画した動画が人気を集める傾向にありまして、様々な趣向を凝らした「ゲームプレイ動画」がアップロードされております。
中でもゲームのプレイ動画にプレイ中のアップロード者の音声を付加する「実況プレイ動画」や音声読み上げソフト「SofTalk」によるゲーム解説音声を付加した「ゆっくり実況動画」なんかが人気を集めておりまして、上記の動画もその「ゆっくり実況」のスタイルを採用した動画な訳であります。
・・・まぁ、ゲームのプレイ動画というのは法的にグレーだったりもする訳なのではございますが(そのあたりは下記【関連記事】の<雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』第0回放送>を参照していただければ幸いであります。)、取り敢えず当記事では置いとくと致しまして・・・。

そんな訳でございまして、この『【ゆっくり実況】ゴジラ列島震撼で日本を守る!』は、アップロード者が買った福袋に入っていた1995年に発売されたセガサターン用ゲーム『ゴジラ列島震撼』のプレイ動画なのでありますが、なかなかどうして面白い訳です。
非特撮怪獣ファンにも分かりやすいように登場する各怪獣の解説や各怪獣映画の解説なんかを入れていたりで、かなり好感の持てる作りになっているのであります。特撮怪獣のみならず、アニメのネタや特撮ネタを仕込んだりしているのもポイントでありますかね。
そんな感じのこの動画でありますが、再生数は34万を超え、コメント数は2万4千を超えるなどという結果を誇っている訳であります。ニコニコ動画内のランキングトップ100以内にもランクインしたりで、同じくニコニコ動画に動画を投稿している管理人は実に羨ましい特撮怪獣ファン以外にも広く人気を得ていると言えますね。いやはや、特撮怪獣ファンとしては実に嬉しい限りでございます。

実際に動画内のコメントを見たりすると、この動画を観てゴジラ映画に興味を持ったという人も少なからず居るようで、レンタルビデオ店にゴジラを求めて出かける・・・という人も少なく無いようであります。
が、管理人はこれに関して大きな不安点がある訳であります。
今、レンタルビデオ店に怪獣映画はあまり置いてないんじゃね?
いやもうこれだけが心配で心配で・・・。
最近のレンタルビデオ店では、東映特撮ヒーロー作品やウルトラシリーズなんかのDVDは置いてるんですけれども、ゴジラやガメラといった作品群はなかなか見かけないんですよねぇ。実際に管理人の近所のレンタルビデオ店も、平成ゴジラVSシリーズや平成ゴジラミレニアムシリーズ、平成ガメラ三部作なんかはボチボチ置いてたりする訳ですが、昭和のゴジラシリーズや昭和ガメラシリーズは全く置いていない訳です。『大怪獣バラン』とか『宇宙大怪獣ドゴラ』とか、「何でそんなのは置いてあるんだ?」と思うような作品がポンとあったりはするのですが(笑)。

これも特撮怪獣氷河期の影響でありましょうなぁ。現行で展開している特撮怪獣映画が無い訳ですから、遡って過去の特撮怪獣作品を観たい、という人も少なく、結果としてレンタルビデオ店側が特撮怪獣作品を店頭に並べておくメリットが無いと判断、店頭からは特撮怪獣作品が消え、更に特撮怪獣作品が世間一般の目に触れにくくなるという不の連鎖でございますよ!
この不の連鎖の只中、上記の動画『【ゆっくり実況】ゴジラ列島震撼で日本を守る!』が投稿され、人気を博し、特撮怪獣作品にスポットが当たったというのはある意味悲劇であると言わざるを得ません。折角この動画を観て特撮怪獣作品に興味を持っても作品本編を観る手段が無いのであれば意味が無いんですよ・・・。少なくとものべ30万人以上の人がこの動画を観ている訳ですから、そこから新規特撮怪獣ファンが出てくるかも知れないというのに・・・。
怪獣氷河期のバカヤローッ!!

この不の連鎖、我々特撮怪獣ファンにも一因があるんですよね・・・。
熱心な特撮怪獣ファンは、大体特撮怪獣作品の映像ソフトを購入しておりますよって、わざわざレンタルビデオ店に足を運ぶ、なんて事はしない訳です。
特撮怪獣というのは、今やかなりニッチなジャンルになってきている訳でございまして、普通の人は「レンタルしよう」なんて思わない訳です。チビッ子諸君も、今は特撮怪獣なんてのにはあまり興味が無いご様子。頼みの綱の特撮怪獣ファンは映像ソフトを既に所有していて、レンタル店に足を運ばない。
これがレンタル店の店頭から特撮怪獣作品が消えていっている一因となってしまっている訳でありますよ・・・。
最近はデアゴスティーニから【東宝特撮映画DVDコレクション】なんかも出た訳でありまして、安価に特撮怪獣作品の映像ソフトを買えるという事で管理人のようなお金の無い特撮怪獣ファンも映像ソフトを揃え・・・レンタルビデオ店に足を運ぶ特撮怪獣ファンが更に減り、不の連鎖は加速していっていると言わざるを得ません。なんてこったい。

・・・まぁ、何にせよアレですよ。こんな形でも特撮怪獣作品にスポットが当たって、盛り上がっているのは素直に嬉しい。しかし、怪獣氷河期が齎した現状では、その盛り上がりが「」に繋がらないと言わざるを得ません。
そんな訳でございますので、管理人は全国のレンタルビデオ店の店員さんにお願いしたい。
ゴジラでもガメラでも良いから、店頭に特撮怪獣映画のDVDをならべてください!お願いします!

・・・こんなお願いをしていながら、自分は映像ソフトを持っているからレンタル店で特撮怪獣作品を借りる事は無いというのはかなり卑怯なお話ではありますが・・・。


【関連記事】
特撮怪獣オールナイト上映イベントだ!
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』第0回放送
特撮怪獣映画布教の野望


【関連商品】
平成ゴジラパーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)平成ゴジラパーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)
(2012/02)
川北 紘一

商品詳細を見る

S.H.モンスターアーツ ゴジラS.H.モンスターアーツ ゴジラ
(2011/11/19)
バンダイ

商品詳細を見る

ゴジラ 列島震撼ゴジラ 列島震撼
(1995/12/22)
SEGA SATURN

商品詳細を見る

MM アンギラス2005MM アンギラス2005
(2004/10/23)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2012/03/08 19:56|特撮関連雑記TB:0CM:4

コメント


そうですね、言われてみると確かに
怪獣映画ってないですね……。

『デスガッパ』や『ガッパ』とか、マイナー会社による映画ばかりで、東宝とかのいわゆる大手は怪獣映画を出して来ませんね。

やはり、コストの問題でしょうね。
どうしてもVFXに凝ってしまい、かなりの予算が必要となってしまいます。これが海外なら全部CGで安上がりにできましょうが、日本はそうはいきません。ゴジラやウルトラマンなどを生み出した国ですからね!

それと、映画史的にみると……

怪獣映画は飽きられてしまったようです。
というのも、大昔――白黒映画の頃はかなりの怪獣映画、SF映画が作られていました。道の存在への興味関心が強かったからです。それがいつのまにか、現実主義的な映画を好む傾向に代わっていったのです。怪獣やSF色のない映画を人々は見たくなった――そういうものに飽きてきたわけです。

これについてはウィキぺディアなどで一年に作られるSF・怪獣映画の数を50年代から現在まで順を追ってみれば一目瞭然です。


でも、ここで切り捨てるのはあまりにもあれですね……。

私も特撮が好きなクチです。
このまま日本の特撮が衰退していくのは残念でなりません。機会があれば私のブログでも日本の怪獣映画を紹介していきたいと思います。
黒 紅 茶 #-|2012/03/09(金) 23:09 [ 編集 ]

>>黒 紅 茶さん
日本特撮怪獣映画の最新作が『デスカッパ』じゃぁ、いくらなんでもアレだと思います。

……怪獣氷河期になった要因はいくらかあるのではありますが、やはりコスト面というのが大きいですね。
特撮映画は金がかかる。日本映画の予算はハリウッド等の海外映画と比較すると話にならないような低予算な訳ですが、その限られた予算内で作品を創るのは本当に苦しいものであります。
特撮制作会社の円谷プロなどは完全に自転車操業、火の車な訳で、現在はウルトラマンの新TVシリーズ制作が出来ないような経営状態な訳で……。

しかしながら黒 紅 茶さん。別に海外のCGが安価という訳でも無いのですよ。
今は「CG=安価」という考え方が横行しているようですが、実際には(長くなりそうなので記事にします(笑))。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/03/10(土) 05:52 [ 編集 ]

レンタル店に置いてもらうのも重要ですが、新作映画なり上映されないと店も置きにくいのでは?映画とか上映されれば起爆剤として怪獣作品も置こうという気になるかな?地道に店にリクエストするのが近道でしょうか?あとはゴジラでもガメラでも新作映画が作られる事を期待です。年に一回のウルトラ映画だけでは寂しいですね。怪獣物は子供向けという見方が払拭されていないと思います。
もっちー #-|2012/03/10(土) 08:45 [ 編集 ]

>>もっちーさん
結局のところ、大本の原因は「特撮怪獣映画が創られていないから」という点に集約されるんですよね(苦笑)。
怪獣氷河期の今は、地道にファン活動をしていくしかないんでしょうかねぇ……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/03/10(土) 10:15 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/971-366d056b

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.