管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

特撮怪獣ファンの世代間軋轢を無くすにはどうすればれば良いのか……。 

当ブログでも散々書いておりますが、管理人は特撮怪獣ファンであります。
しかして一言に「特撮怪獣ファン」と言いましても、多くの複合的意識がせめぎ合っているのであります。
1954年に日本初の怪獣ゴジラが銀幕に登場してからというもの、それ以降60年近くにわたって、実に様々な「怪獣作品」が世に出続けている訳です。当然の事ながら、それぞれの世代の思い描く「怪獣」についてのイメージも、多種多様となっております。
そういうお話を非怪獣好きの(あるいは、あまり怪獣に興味のない)人にすると、決まって
えっ、そうなの?
怪獣好きってみんな仲が良いと思ってた
という反応が返ってくるのであります。とんでもない
管理人はこの正月の間、ブログの更新をサボってTwitterで特撮怪獣についてのツイートやら談義やらをやっておった訳でありますが、改めてこう思った訳でございますよ。
特撮怪獣ファン間の世代間軋轢の溝は深いなぁ・・・

管理人は『平成ゴジラVSシリーズ』の終盤から『平成モスラシリーズ』、『平成ガメラシリーズ』、『平成ゴジラミレニアムシリーズ』をリアルタイムに観て育った世代であります。その中でも(昭和のゴジラファンからも平成のゴジラファンからもあまり評価のよろしくないとされる)『ゴジラVSスペースゴジラ』が好きで好きでたまらない人間であります。
しかし、だからと言って昭和の怪獣作品が嫌いと言う訳でも無く、『地球防衛軍』のモゲラに萌えたり婆羅陀魏様を敬愛していたりする訳でありまして、最近ではデアゴスティーニから出ている東宝特撮映画DVDコレクションをコンプリートしてしまう(総額約11万円の出費・・・orz)程度の特撮・怪獣好きであり、どの時代の特撮・怪獣も等しく愛せると自負しております(・・・自分で言うのもアレですが、後述のような特撮怪獣界隈の事情を鑑みると、一番幸せなタイプであると言えるのかも知れません・・・)。
と、いう事を記した上で、以下、特撮怪獣界隈の世代間軋轢について、少し書いてみようかと思います。

管理人よりも少し上の世代は、『平成ゴジラVSシリーズ』の直撃世代なのであります。が、このシリーズはシリーズが展開していた当時、VSシリーズ直撃世代よりも上の世代の特撮怪獣ファンや評論家の方々から猛烈に叩かれていたんですよね。
当時の怪獣映画について取り上げている雑誌や書籍を見ると、その叩かれっぷりが分かります。

【Gフォース】なんてリアリティーの無い組織を出しているようではもう駄目だ。


怪獣というのは、ガッツリ組み合って戦うのがその醍醐味である。光線をバンバン撃たせる川北特撮は分かっていない。


何故、今更モゲラなのか。

 

・・・など言うような感じで書かれているんですよね。
管理人は当時、幼稚園児~小学校低学年であったので、こういった雑誌や書籍のバッシング文章には直接触れていないのでありますが、しかし、VSシリーズ直撃世代は当時、小学校高学年~中学生だった訳でして、これら書籍のバッシング文章に対してタイムリーに触れていたんですよね。それらを受けて、
ふざけんな!!
と、とても憤慨したそうです。そうして、上の世代の怪獣ファンに対して嫌悪感を抱くようになっていった訳です。
今だったら冷静に、「いや、川北監督的には【光線を吐けるんだったら怪獣はそっちを使うだろう】という考えのもと演出していた訳だし・・・」などと切り返したりもできましょうが、しかし当時は如何せんネットも無ければそういう情報も出ていない訳ですし、何よりも「小中学生」という、大人の怪獣ファンには太刀打ちできない立場にあったものですから、そういった書籍等に書かれていたバッシング文章がトラウマ化し、更にはそれを書いた上の世代への憤りから嫌悪感へと発展してしまったという事は、想像に難くありません。管理人だって、もう少し生まれるのが早く、そういったバッシング文章を目にしたら、そう感じていたに違いありません。

・・・更に悪かったのは、同時期、『平成ガメラシリーズ』も展開していた、という点なんですよね。
先述の『VSシリーズ』をバッシングしていた文章群は、同時に『平成ガメラシリーズ』を持ち上げるような事も記されていた訳なんですよ。

どんどん話がおかしくなっていくゴジラに対して、今回の『ガメラ 大怪獣空中決戦』はリアリティーが徹底しており、非常に好感の持てる出来であった。


ちゃんと怪獣同士の取っ組み合いを描写しており、どこかの光線合戦とはえらい違いである。



管理人はどちらも好きなだけに、こういう文章を見るのは非常に哀しい気分になるのでありますが、当時小学校高学年~中学生であったVSシリーズ直撃世代の中には、これが原因で『平成ガメラシリーズ』が嫌いになってしまったという方もいらっしゃるんですよね。
そりゃ、そういった年頃だと、「俺が好きなモノを叩いている奴が好きなモノなんて、俺は嫌いだ!」というような心理にもなりますよ・・・。
しかしながら、『平成ガメラシリーズ』が制作されるに至った要因として『平成ゴジラVSシリーズ』のヒットがあったという経緯を考えると、実に皮肉な話であります。

現在、VSシリーズ直撃世代が社会に出るようになって色々と発言できるようになり、『平成ゴジラVSシリーズ』の作品をメインに据えた上映会やイベント、書籍なんかも出ている訳でして、漸くVS直撃世代の鬱憤が晴らされる時が来たのかなぁ、と、いうように感じます。
しかしながらこの風潮、『平成ゴジラVSシリーズ』をこき下ろしていた世代の方々がどういう目で見ているのか、というのが少し気になります。ハラの中でどう思われているのか、少し怖いです。
いえね、ネット上で今でも『平成ゴジラVSシリーズ』や川北特技監督を叩くような上の世代(であると思われる)の方の書き込みを見かける事もありますし・・・。

しかししかし。そういった『平成ゴジラVSシリーズ』を叩いていた世代の中でも、えげつない派閥・世代間の争いがあったりもする訳でして・・・。
チャンピオンまつり期の作品群は認めない!
円谷特撮こそが至高
だいたい怪獣は子供のもんだろ
・・・と、まぁ、上の世代でも様々な考え方や派閥がある訳ですが、総じて「相手の意見は認めない!」という排他的な感じなのでありまして、ハッキリ申し上げると「ええ歳してタチが悪いなぁ」と思ってしまうんですよね(しかしてこれは管理人にとってもブーメラン発言ですが(苦笑))。

そういった世代間や派閥間の深い軋轢はそのまま巨大掲示板群2ちゃんねるの【特撮!】板及び【昭和特撮】板に持ち込まれ、該当スレッドに於いては非常に険悪で殺伐とした雰囲気になっております。
立場や受け取り方が違っても、同じ怪獣好きなんだから仲良くやれば良いのに、と、管理人は思うのでありますが、なかなか難しい訳でして・・・。
まずは排他的になっているという部分から改善していくべきなのかも知れません。昨日の記事に書いたように、「丸まんま受け止める」という事が必要とされているように感じる訳でございますよ

・・・気になるのは、管理人よりも少し下の世代、『平成ゴジラミレニアムシリーズ』の直撃世代の意見です。
そろそろネットに出てきて色々と発言してくる頃であるかと思うのでありますが、やはり彼らも管理人の世代を含めた上の世代に対する鬱憤や嫌悪感といったものを抱えているんでしょうか・・・。


【関連記事】
不毛な「派閥争い」
管理人の一番好きな怪獣映画!

【関連商品】
【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ(昭和29年度作品)【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ(昭和29年度作品)
(2009/09/18)
宝田明、河内桃子 他

商品詳細を見る
 
怪獣人生 ~元祖ゴジラ俳優・中島春雄怪獣人生 ~元祖ゴジラ俳優・中島春雄
(2010/07/16)
中島 春雄

商品詳細を見る

特撮魂 ~東宝特撮奮戦記~特撮魂 ~東宝特撮奮戦記~
(2010/01/07)
川北 紘一

商品詳細を見る

平成ゴジラ クロニクル平成ゴジラ クロニクル
(2009/11/17)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2012/01/07 22:59|特撮関連雑記TB:0CM:7

コメント


映画なんてもんは自分が見て面白かったらそれでいいんです。

「デ○ルマン」でさえも、見て感動した人が一人でもいればそれで充分目的は達成されたと思うであります。

ちなみにわたしは昭和ガメラも平成ガメラも大好きです(^^)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2012/01/08(日) 12:49 [ 編集 ]

>・・・気になるのは、管理人よりも少し下の世代、『平成ゴジラミレニアムシリーズ』の直撃世代の意見です。

・・・昔一緒に「ゴジラ×メガギラス」見に行った仲の親戚の男の子が今現在どう言っているかといえば、
「やっぱゴジラは円谷特撮時代が一番だよ」

メガギラス見に行って以降、ゴジラに興味を持った彼に自分もゴジラ映画に関する知識を与えて、彼と一緒にゴジラに対する愛情を深めていったのですが、
しかし「GMK」の時にハム太郎と併用された事で彼は第一の失望を感じ(それでも映画そのものが面白かったお陰で、ゴジラそのものには失望しなかったようですが)
続く「G×MG」の何が気に入らなかったのか、言うに事欠いて「劇場のスクリーンでモスラとかガイラ見れた事以外、価値の無い映画だったな」

・・・これは本当にショックでした。
「昔と比べる」という行為を出来るようにしてしまった事がいけなかったのか
どっちにしろ、ハム太郎と併用された時点で彼の中でミレニアムシリーズに対する愛が失われてしまったのか
とにかく、彼がかつて「平成世代が言われて嫌だった台詞」を言うようになった事は自分にとって青天の霹靂・・・

正直言って、自分も「ミレニアムシリーズは平成ガメラを意識したのか、作りがマニアックな方向に行ってる」という事を危惧してはいたのですが・・・

ちなみに最近も、親戚の男の子(7歳)に「一緒にプリキュアの映画、見に行こうか」と言ったら「やだー!!」
・・・若い世代との軋轢に苦しむ毎日です。
レバニラ #LkZag.iM|2012/01/08(日) 17:05 [ 編集 ]

どんなに時代が変わっても上世代への軋轢や嫌悪感はなくならないと思います。同じ作品を見ても感じかた、捉え方は違いますからね。入場料金をとる映画などは、批評も辛口になるかもしれません。何年か過ぎたあとに見返すと違った発見ができていいかなと思っていますけど?作品を叩くということは愛しているが故なんでしょうね。
もっちー #-|2012/01/09(月) 00:59 [ 編集 ]

飛翔掘削様

無理を承知で申し上げます。

それならそんなややこしい軋轢のある世界ごと愛してしまいましょうと。

言われていやだなあと思うことはいわない。自分の言葉で語れることは胸をはって語る。見ているならまだしも、見ていない作品があることもわきまえる。なんでもひとくくりにしない。

スノビズムにおちいらないために、どうすればよいのか、一緒に考えていきましょうよ。

否定も肯定もすべて受け止めて、それでも好きなものを好きだと声高に主張する。特撮界隈って、そういう小うるさい状況も含めて、愛しいと思います。叩くこともまた「愛」だと。だって見もしないで批判しているはずないので。

ウルトラだって「セブン」が至高である評価のために第2期は批判的な扱いでしたが、多くの評者や書籍によって第2期以降の作品群も再評価されてきた経緯があります。戦隊が一貫して描いてきたことの重さ、第2期ウルトラ以降のテーマ、仮面ライダーシリーズの昭和にあって平成にないもの。そうしたものを再評価していき、その立場を高めるためには、そうした軋轢や低い評価の背景を含めて、まずまるごと愛してしまうことからスタートしてみませんか。難しいことですが私も努力します。

でも批判的なこと言っといた方が、人間的には面白いんですけどねwww
波のまにまに☆ #-|2012/01/10(火) 19:49 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
主観的に見て愉しめた人が勝ちなんでしょう、多分。
外から何だかんだ言われても気にしない方向で……って、それはそれで少し排他的ですかねぇ。


>>レバニラさん
次の世代は一周廻って昭和特撮回帰になっているという、そういう可能性も考えられますね……。
ショックです。
と、いう事は、VS世代は上からも下からも白い目で見られる事に……!?


>>もっちーさん
「愛ゆえ」とは言え、辛辣な言葉をかけられるというのは正直なところ、辛いものがあります。
「お前らはこんなもん観て楽しんでる(満足している)のかよ?」
と、馬鹿にされているような気もして、尚の事悔しく思う訳です……。


>>波のまにまに☆さん
そうは言いましても、自分が好きな作品を貶されているのを見るとやはり、哀しくなります。
上手く「貶されている」という事に順応・適応できれば良いんですが、やっぱり複雑な気持ちなのであります。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/01/11(水) 01:23 [ 編集 ]

初めまして。私も飛翔掘削さんと同じ「怪獣好き」です。
私が主に観ていた「昭和」のゴジラは人類の味方でした。当然キングギドラやメカゴジラは人類の敵として登場しました。それが平成になって、ゴジラは人類の脅威として「初心」に帰りました。そうしたらキングギドラやメカゴジラが人類の兵器として登場しました。「逆の発想」とでも言いますか、この辺りに面白みを感じましたね。
因みに、私が「昭和」で最高傑作だと思ってるのはゴジラが初めて人類の味方となる「地球最大の決戦」です。私の叔父はこれすら酷評しています。同じ「昭和ゴジラ世代」でもこれですからね。酷評するなら観なきゃいいんですよ。しかし叔父も根っからの怪獣好きだから、「ツッコミ」つつ観てるんですよね。本当に貶しているなら、二度と新作は観ないでしょう。多分怪獣映画を「愛してる」から故の酷評なんでしょうね。困ったもんです。
シャオティエン #-|2012/01/16(月) 21:27 [ 編集 ]

>>シャオティエンさん
はじめまして!
愛ゆえの酷評というのはよく分かるんです……。
しかし、好きな作品が酷評されているという事実は確かにある訳で、何とも歯痒い感覚なんですよね……。

だからといって先鋭化せず、丸く穏便に……というのも、それはそれで難しい話ですよね。
批評・ツッコミのやりかたというのも、考えなければならない問題なのかも知れません。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/01/16(月) 22:10 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/945-b2ae508b

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.