管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

管理人の年末に対してのイメージは…… 

一昨日は学校の方のゼミの学外実習&忘年会、昨日は深夜のバイト・・・。
年末ここにきて、にわかに忙しくなってきたような気がする管理人ではございますが(コメントを沢山頂いていたのに、放置するような形になってしまっい、大変申し訳ありません・・・。)、皆様に於かれましてはいかがお過ごしでありましょうか?

さて、そんなこんなな年末ではありますが、「年末」と聞いて何をイメージするでしょうか。
年末と言えば大掃除や帰省、歳末大バーゲンやらクリスマスやら、様々な事を思い浮かべると思います。
また、年末と言ったらやはり「冬コミ!」というイメージはあるのかも知れません。
管理人の友人にも、冬コミの原稿に追われているような奴らも居る訳でありまして(笑)。

管理人の抱く「年末」のイメージと致しましては、ズバリ「怪獣映画」であります。
1991年から2004年までの実に13年間は、『平成ゴジラVSシリーズ』、『平成モスラシリーズ』、『平成ゴジラミレニアムシリーズ』の作品群が年末にずっと公開していた訳でして、その時期に幼少期~思春期として過ごした管理人は、当然のようにこれらの映画を観に行っていた訳でして(勿論、全作品観に行っていた訳ではありませんが。)、それ故に「年末=怪獣映画」というイメージが出来上がってしまっているんですな。
未だにゴジラ・モスラは「年末の大怪獣」というイメージがあります。いやはや、幼少期~思春期のスリコミは恐ろしい・・・。

しかしながら、現在は怪獣大氷河期。怪獣映画は未だ明けぬ夜の時代であります。
翻って特撮界を見回してみますと、東映の現役ヒーロー達は元気ですし、宇宙刑事だって帰ってくる。
深夜特撮作品『牙狼<GARO>』も、新作が好調ですし、ピープロのザボーガーだって劇場用作品として帰ってきました(管理人はまだ観れていないけど!)。
NHKで放送中の『坂の上の雲』や、間もなく公開の映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』といった、VFX特撮作品も目覚ましく出てきております。

・・・特撮怪獣映画カムバック!!

仮面ライダーの『MOVIE大戦シリーズ』や『ウルトラシリーズ』(今回は来年春公開ですが・・・。)、そしてVFX特撮作品(何故か年末に1本は公開するんですよね~。)といった特撮映画は必ず年末に公開されるという事が約束されていますが、特撮怪獣映画は公開されない訳であります。
怪獣映画が無いと、やはり何か物足りない。
いえ、怪獣自体はウルトラ映画でも拝むことはできますが、それとは別にキッチリとした怪獣映画の怪獣を拝みたいのであります。
特撮の元祖は怪獣映画(厳密に言えば戦争映画ですが・・・。)なんだから、胸を張って堂々と年末に怪獣映画も公開してくれれば管理人としては嬉しいのでありますが、しかしながら現実は厳しい。管理人のような人間しか怪獣映画なんて望んでない訳で、世間一般大衆が怪獣映画を望めば怪獣氷河期なんか来ない訳で・・・。

そんな悶々とした、どこかやりきれないような感じで年末を過ごす今日この頃であります。


【関連記事】
特撮怪獣映画布教の野望
怪獣映画はお祭りみたいなものです
ウルトラの未来を憂う

【関連商品】
【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ VS キングギドラ【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ VS キングギドラ
(2009/11/20)
中川安奈、豊原功補 他

商品詳細を見る

モスラ [DVD]モスラ [DVD]
(2006/01/27)
小林恵、山口紗弥加 他

商品詳細を見る

ゴジラ2000     -ミレニアム― [DVD]ゴジラ2000 -ミレニアム― [DVD]
(2008/06/27)
村田雄浩、阿部 寛 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/12/13 23:14|特撮関連雑記TB:0CM:4

コメント


怪獣映画が不振になった理由は、防衛軍がいくら超兵器を出しても、最終的にそれではゴジラを倒せない、という苛立ちゆえかもしれん、と思っております。

そこらへんで、「三大怪獣」でゴジラを人類の味方にしてしまったコペルニクス的転回はすばらしかったと思うのですが。

曲がりなりにもウルトラシリーズがまだ続いているのは、「最後に正義が勝つ」ということが子供にもわかりやすいメッセージだからではないかなあ……。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/12/14(水) 11:19 [ 編集 ]

「怪獣映画」って、本質的に「SF映画」であり「パニック映画」であり「怪奇映画」だと思うんですよ。1つの作品の中でこれだけの要素がひしめきあっている映画のジャンルって、なかなかないような気がします。

とにかく上記のいずれのジャンルも、すでに衰退して久しく、唯一「怪奇」ものだけは「Jホラー」などといって一時期隆盛を極めていた日本映画界。怪獣映画やこれらの映画が不振になった最大の理由は、シリーズを続けたことによって「ハズレ」を許容した制作会社の責任と、声を大にしていいたい。つまり、作り手が観客のニーズをかぎわける鼻が効かなくなっており、その一方でジャンル映画が見られない飢餓感が、作り手をあおってしまい、まっとうな判断ができないまま「ハズレ」感満載の映画を作ってしまい、観客が見放したという見方をしています。

簡単にいえば「ドル箱」という言葉がまさにこれ。

平成VSシリーズなんかは特に、毎年の年末の定番ピクチャーとなっていたがゆえに、作り手のルーティンが引き起こしたまっとうな結果だと思っています。定期的につくらずとも、時間をかけて脚本や企画自体を練る必要があったのではないでしょうか? その努力を怠って、ゴジラというキャラクターにおんぶにだっこでは、やはりゴジラ自信に責はなくても、こうしたかわいそうな結果になってしまうのではないでしょうか?
波のまにまに☆ #-|2011/12/16(金) 23:19 [ 編集 ]

レバニラにとって年末と言えば、やっぱりクリスマス!!

そんな訳で自分用のクリスマスプレゼントとして「SHモンスターアーツ・ゴジラ」(3割引き)買ってきて遊んでます、
まー、手足から長~い尻尾まで自由自在に動いて、かなり躍動感あるポージングも想いのままな物ですから、
レバニラの机の上で吼える!
床の上で戦う!(リボルテックガイガンとかスパロボ超合金マジンガーZと)
ベッドの上でもレバニラが眠りに付くまでくんずほぐれつ!(なんかやらしいな^^;)

・・・未だに、こういった商品が発売されてる(で、ちゃんと売れてる)くらいだから、現代が「怪獣映画を望んでない時代」なんて事は無いと思うんだけどなぁ。
まぁ、自分はモンスターアーツいじりながら復活まで気長に待つとしますが。
レバニラ #LkZag.iM|2011/12/17(土) 00:31 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
個人的には正義の心よりも破壊衝動の方を、ウルトラマンや怪獣作品に求めてしまいます(笑)。

「正義が勝つ」というあたりでは、やはりここはガメラやモスラ等の善玉怪獣に復活してもらって御活躍いただくというプランを立てた方が良いのかなと思ったりもします。
バランやバラゴン、アンギラスにラドンあたりも善玉怪獣に仕立て上げれそうな気もしますが、何か地味なような……(笑)。


>>波のまにまに☆さん
次に怪獣映画が復活するとしたら、今度はそのあたりをキッチリとマーケティングを行い、ニーズに合った作品創りをして欲しいところではあります。

しかし、怪獣は世代間で求めるものも違ってくるでしょうし、どの世代の怪獣観に合わせるかが問題になってくるような気もします……。


>>レバニラさん
ウチでは、先日買ってしまった特撮リボルティックのモゲラと、昔買ってもらったソフビのMOGERAが仲良く佇んでおります。
その横でソフビのスペースゴジラとゴジラが酒を呑みかわしていたり、リボルティックヤマグチ真ゲッターが空を飛んでいたりエヴァが暴走していたりもします。

私も彼らと一緒に、気長に怪獣達の銀幕復活を待ちたいと思う次第です(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/12/17(土) 02:32 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/930-5a71bab5

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.