管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

80年代のアニメの作画は、伊達じゃないんだぞ! 

昨日、一昨日と、謎の障害によってネット接続が出来ませんでした。今こうしてネット接続が出来ている訳なのではありますが、一体何が原因だったのでありましょうか・・・。
まぁ、そんな事はどうでも良いので、本日の話題に移ると致しましょう。

先日、友人らとアニメの作画について色々と話していたのであります。と、言っても、その友人らは作画オタクという訳では無く、管理人もそこまで深く切り込むような話はしなかった訳でございます(もっと周囲に作画の話が出来る人が増えてくれたらなぁ、と、思いますが、現実は・・・)。
そんな中、話の流れは現在放送中の某作品の作画についての話題に。
その作品の作画について友人が一言。
この作品の)作画は80年代のアニメ並みだよな
・・・別に管理人は「某作品の作画が悪い」とは思っていないのでありますよ。
あの作品、レイアウトやメカの動かし方が微妙であると言うだけで、動画は枚数使って頑張っていると思うので、別に「作画が悪い」と言うのではなく、寧ろ「演出が悪い」というべきであるのではなかろうかと管理人は思うのですが、そんな事はこの際どうでもよろしい
要は友人が、「80年代の作画並み」と言った事に、引っかかった訳でございます。意図としては、「80年代並み=悪い」という事なんでしょうけれど、管理人は
80年代の作画を舐めとんのか!?
と、言いたかった訳です。

管理人は、「80年代中頃から後半にかけて、現在のアニメの作画技法がほぼ確立した」と思うんですよね。
アニメ界に於いて80年代は作画的にも様々な試行錯誤が繰り返された時代であると言えます。爆発や煙、波の描写といったエフェクト作画から、キャラの演技付けまで、幅広い分野でこの試行錯誤が為されてきました。
実験的に部分部分をフルアニメにしてみたり、逆に中抜きを多用してみたり。また、デフォルメの表現方法の追求なんかもされていたりで、この時代のアニメ作画を見るのは非常に面白いのでありますよ。金田系作画が技法として確立、多くのアニメーターに伝播・流布したのもこの時代です。
その試行錯誤を繰り返した結果、80年代初頭のアニメと80年代末のアニメの作画を見比べると、まるで異次元であるかのような錯覚さえ抱いてしまう程の進化を遂げてしまっているんですよね。

しかしながら、80年代のアニメ作画をよくよく観てみると、部分的に(一作品丸ごとだったりする場合もありますが)「これはちょっと・・・」と思ってしまうようなモノも少なからずあったりもする訳であります。
制作の事情で「これは電動紙芝居かッ!?」と言う程のカクカク動きをする作品があったり、OPは滅茶苦茶格好良いのに(80年代のアニメのOPって、軒並み高クオリティーですよね。クオリティーバブルの現在よりも良いOPも少なからずあるように管理人は感じます。「本編では諸事情でアレな作画でも、せめてOPでは完璧にしたい」、「時間と予算さえあれば俺達だってこれくらいは出来るんだ!」という、アニメーターさん達の意地や意気込みが伝わってきますね。・・・勿論例外もあるケド。)本編は全編的に壊滅的な作画になってしまっている作品(中にはロボのデザインが変わっちゃう作品さえあります。それでも好きだけど!)もあったり・・・。
しかしそういった作画の乱れも、「この回は外注の作画だから悪いんだよな」とか、「この回だけは○○さんが作監で入っているからクオリティーが高い!」とか、「この回は作画が駄目な分、声優さんの演技が気合入っているぞ!」とか、そういったように愉しめるんですよね。
安定した作画クオリティーが当たり前な現在のアニメ事情から鑑みると、そういった面も含めて80年代の作画というのは(管理人にとっては)魅力的に映ります。

TVアニメに於いてはスケジュールの都合や製作費の関係等の問題から作画の乱れが起きたり絵コンテ通りの作画にならなかったりする訳ではありますが、十分な予算と時間が確保されるOVA作品や劇場用作品に於いては(これも一部例外アリですが・・・。)そういったしがらみが無くなる訳です。
80年代のTVアニメに於いては、作画の乱れが頻出しやすいという性格上、アニメーターの方々もそういった悪い作画に対して鬱憤が溜まっていたりもしたそうでして、OVAや劇場用アニメではその憂さ晴らしをする、という事も多々あったようであります。
その結果、予算や制作費以上に作品のクオリティーが上げられたという作品も多数存在します。
中には「作画のクオリティーバブル」と呼ばれる現在に於いても再現困難であろうレベルの作画が為されている作品すらある訳でして、真にアニメが輝いていた時代は実は80年代なんじゃなかろうかと、そんな風にも思わせてくれます。

確かに現在のアニメは、平均レベルでは80年代よりも格段に上の作画であると思いますし、中割りに至るまでキチンとチェックされている訳で、そういった意味では00年代~10年代である現在こそがアニメの黄金期であるとも言えるのかも知れません。
しかし、様々な試行錯誤と突発的な高クオリティーの作画、全体的にクオリティーの高い作画であるOVA作品や劇場用作品といった存在から、決して80年代のアニメの作画も卑下する対象では無いと、管理人はそう思うのであります。
ですので、「作画は80年代のアニメ並み(=悪い」とのたまった友人の発言が引っかかった訳ですよ。
・・・別にどっちが偉いとかどっちが優れているという話でもありませんが(笑)。

そう言う訳で友人らにも是非、80年代の高クオリティーな作画の劇場用作品やOVA作品、試行作画の詰まったTV放映作品なんかを観て欲しかったりするのでありますが、現実は非情であります
えっ、だって、30年も昔のアニメだろ?
と、一蹴されてしまうのがオチなのでございますよ・・・。
どうも、「昔のアニメだから今よりも作画が悪い筈だ」という先入観があるようでありまして、まずはその誤解を解くのが先なんでしょうかねぇ。
更に、管理人よりも若い世代では、「セル画の作品は汚くて観れたもんじゃない(観る気にならない」という考えを持つ人も現れているようなんですよね。非常に哀しくなってきます。というか、そう考える人が出て来るような時代になってしまったんですなぁ・・・。
セル画もデジタルペイントも同じアニメじゃないかよ!

・・・まぁ、抵抗なく昔のアニメを観れる友人らも居るんですけれども、しかし今の若い世代の人は全体的に昔の作画を受け付けられなくなってきているんでしょうかね。
だとしたら、非常に哀しい気持ちになりますが、しかしそれもまた時代の流れなんでしょうか。


【関連記事】
【手描きと】ネオ・アニメの息吹【3DCG】
この調子だとそのうち、3DCG化が進んだ後に、「手描き作画が受け付けられない」という人達が出てきてもおかしくはありませんね。
「作画のクオリティバブル」についてのお話
OVAについてのお話
俺の見方はまともではない?

【関連商品に入れられる事を強いられているんだ!(集中線)】
機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray]機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray]
(2012/02/10)
豊永利行、遠藤綾 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/12/10 19:42|アニメ関連雑記TB:0CM:9

コメント

初めまして
初めましてたかのゆきと申します。
ブログに来ていただいてるのにも関わらず
ご挨拶が遅れてしまって申し訳ありません。

私はオンタイムの世代ですし、飛翔掘削さんのお考えと文章のまとめ方には敬服いたしますが
私が若いときも今の人と同じでしたw
当時、金田パースの手法はすでに古く・・・
というより動くアニメはみんな同じ動きなので飽きてしまっていました。
そこへOVAのブームが来て90年代に入って
年を追うごとにクオリティが上がるアニメに
興奮しっぱなしでした。

現在は、今年後半ぐらいから、全体的に失速してるように感じます。
これからはヒット作が生まれ難くなるんじゃないでしょうか?
1、2クールで終わってしまうアニメに、ファンが
想いを続けることが出来ず
だからといって、キャラから声優ファンになってもスキャンダルがちらほら聞こえてきます。
(私は役者なのでよいと思いますが・・・)
作品やキャラクターのファンである事が大前提なのに
それが少しづつ失われ、段々ついていけなくなるんじゃないかと危惧しています。
・・・・脱線してしまいました、すいません;

今の方にも見せても、文句がでなさそうな作画ですと
「パトレイバー」の「the movie」やサクラ対戦3のOPでしょうか。
個人的には「ブラックマジックM-66」や「プロジェクトA子」の劇場版なんかも推したい気もしますが。

たかのゆき #-|2011/12/10(土) 21:26 [ 編集 ]

今の作画は昔のアニメ作画に比べてかなり安定感があると思いますが、自分はいくら下手…というか元の絵とかなり違う作画であっても、それはそれで味があるものだと考えています。

今のアニメ作画ってデジタル化したせいで、ほんとうに「人が描いたのか?」って思います。無機質なんですよね…熱がこもっていないというか。

それにしても、
「えっ、だって、30年も昔のアニメだろ?」といって一蹴するのってどうなのでしょうか? そういう人に限って、白雪姫とかは見てたりするんですよね…。

長文&乱文失礼しました。

黒 紅 茶 #-|2011/12/10(土) 22:08 [ 編集 ]

最近のアニメが好きだったりすると80年代のアニメが合わなかったりするのでしょうかね?まあそこらへんは好き好きですからね。

80年代のアニメはロボットアニメしか見た事がないですが、80年代特有のかっこよさがありますね。OVAが誕生した年代でもあり意欲的なOVA作品も多かったですね。個人的に見た中ではゼオライマーや鋼の鬼が特にすごかったですね。
第4のペロリンガ #-|2011/12/10(土) 22:50 [ 編集 ]

百年前の無声映画でも面白い作品は面白いんだぞ! 百年前の無声映画のアニメ作品(実在)でも面白い作品は面白いんだぞ!

そのときの試行錯誤から、戦後の黒澤明のようなリアリズム路線に移るわけだけど、そのときの試行錯誤もまた面白いんだぞ!

……と、わめく無声映画ファン(笑)。

まあ、昔からどんなものであれ事情は同じ、というわけで。

今のアニメファンは幸せだなあ、見たいと思った過去の名作群がレンタル屋だのCSだので簡単に見られるんだもんなあ……(^^;)

それ以前の、歌舞伎とか能とかの転換期を生きたオタクたちのご先祖様はもっと大変だったと思います。「團十郎爺」って、知ってる?(^^)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/12/11(日) 18:00 [ 編集 ]

お生まれになる前のことをここまで的確にわかっていらっしゃる知識と洞察力と分析力はさすがです。
・・・というわけで「昔は良かった懐古爺」がきましたよw
80年代はバージェス頁岩の化石群のようにアニメの爆発的な進化が起こった、歴史に刻まれるべき時代です。作り手側も新しいことややりたいことに情熱的に取り組んでいて元気があったと思います。「黄金時代」だったことに疑う余地はありません。それ以降の作画は、動きは洗練されたものの小奇麗なCGが多用されたりして逆に面白くなくなっていったのじゃないかな。あまり進歩もしていない。
僕らは80年代に青春を過ごした最も幸運な世代です。そんな多感な年ごろだったから、余計良く思えるのかも知れませんが。
矢端想 #1h4OZhZI|2011/12/11(日) 20:26 [ 編集 ]

>>たかのゆきさん
はじめまして!
私も、なかなかそちらにコメントが出来ず申し訳ありません……。

恐縮です。

>1、2クールで終わってしまうアニメに、ファンが
>想いを続けることが出来ず

>作品やキャラクターのファンである事が大前提なのに
>それが少しづつ失われ、段々ついていけなくなるんじゃないかと危惧しています。

大量生産・大量消費の中では作品やキャラに思い入れというのが出来なくなってしまうという危険性はありますが、しかし、そうであれば個々がそれぞれに想える作品やキャラと出会える事が出来れば、それで良いではないかとも思います。
その結果、ファンが分散して「皆が大好きなヒット作」というのが無くなってしまっても、別にそれはそれで良いような気もするんですけれどね。
しかし、それで業界の活気が無くなってしまったらとも思いますし、微妙なところですね……。

>今の方にも見せても、文句がでなさそうな作画

個人的には『マクロス 愛・おぼ』、『王立宇宙軍』、『劇場版999』、『AKIRA』等を推したいですね。
いや、AICのOVA作品群も捨てがたいですし……。

しかし、今の作品に慣れた人に対しての「布教」は非常に難しいんですよねぇ……。


>>黒 紅 茶さん
>元の絵とかなり違う作画であっても

高々作画監督による絵柄の違いと言うだけの話なのに、イロイロ言い過ぎる人が多過ぎると思うんですよね。それほどまでに「揺らぎ」が許せないのかと……。

>無機質なんですよね…熱がこもっていないというか。

しかし、セル画ではないデジタルペイントでも、配色担当者のこだわりや「塗り」のテクニックが随所に見られたりもする訳でして、私は「無機質である」とはあまり思いません。
デジタルペイントも3DCGも、結局は人間が使っているツールですので、こだわりを見ることで、人の温かみを感じる事は出来る筈だと思います。

>白雪姫

あの作品、日米開戦以前の作品なんですよねぇ。あなおそろしや……。

時代や絵柄や作画というのは単なる目安であり、本質は物語であると思うのですが、しかしやはり時代、絵柄、作画で敬遠されてしまうというのは仕方の無い話なのでしょうかね。


>>第4のペロリンガさん
あの時代のAICのOVA作品群は、確かに輝いていました!!

爽やか系スポーツアニメや魔女っ娘作品、ドタバタギャグ作品や現在の萌えの文脈の源流とも言えるラブコメ作品等々、80年代はロボットアニメ以外の作品も面白い作品が多いので、機会があれば是非、ご覧になられてみてください!


>>ポール・ブリッツさん
無声映画といえば、近々近所の映画館で無声映画の上映会をやるそうでして、滅多に観れる機会が無いので、観に行きたいと思っております。

>過去の名作群がレンタル屋だのCSだので簡単に見られる

我々の、いわゆる「オタク第四世代」の強みはそこだと思うんですよね。
ただ、その作品が生まれた「時代」を体験したかったなぁと、私は思うのですが……(苦笑)。

歌舞伎や能といった伝統芸能文化に関しては、私は完全な門外漢なんです(汗)。
しかし、「現在」伝わっているものから「その時」の様子を考える愉しみというものもあるのかなぁと、ふと思いました。


>>矢端想さん
恐縮です。

80年代でほぼ完成したアニメの作画は、90年代で安定期に入り、00年代で完全な頭打ち状態になったように思います。
もうこれ以上の発展は望めないか、3DCGとの兼ね合わせで新しい作画や動かし方の技法が開けてくるのかというそういうところになっているのではないかと思います。

>80年代に青春を過ごした最も幸運な世代

私もその時代に生まれたかったです!
……とは言っても、平成生まれも、そうそう捨てたものでは無いんですけどね(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/12/14(水) 01:10 [ 編集 ]

ちなみに、「團十郎爺」というのは、若い歌舞伎ファンが、あの役者がいい、この役者がいい、と盛り上がっている最中に、

「いや、わしが若いころに見た、九代目團十郎ほど素晴らしい役者はいませんぞ」

といって、場を一気に白けさせてしまうイヤな爺さんのことであります。

ビデオはおろかテレビすらないころのよくある話だったそうで……。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/12/14(水) 11:09 [ 編集 ]

終わった話を蒸し返すようで申し訳ないのですが・・・。

私も30年前の古いアニメや特撮を愛している者です。が、申し訳ないけど、深夜帯のアニメが商売になると思われた最初期のころの、90年代後半から2000年にかけての作品群のほうが、よっぽどひどいと思ってたりして。
作画もだめなら話もカスって作品、けっこうありましたしね。
アニメは絵を見る物ですから、絵がダメだと見続けるのは結構きついもんでしょうね。でも見もしないで知識だけで話されるのは、たまらなく嫌ですねえ。

そんな私でも現在のアニメのクオリティは確かに上がっていて好感が持てることは確かです。長生きはするもんだと思う瞬間です。

ただお若い人と話をしたところで、80年代の作品を語ることの無意味さもひしひしと感じているのも確かです。だって見てないし、なにより見る気がない。データ化されアーカイブ化されたネットの世界では、過去作品を時間をかけてみる行為自体が、理解されないのかもしれません。そして簡便化された作品鑑賞には、スルメをかじるように作品を味わう方法論は否定されてしまう。いつでも見られるものに時間を割かない。それはきっと単なる現代の病でしかなくって・・・
波のまにまに☆ #-|2011/12/16(金) 23:02 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
なるほど(笑)。
「思い出補正」は、いつの時代も厄介なもの、という事なのかも知れませんね……。
絶対悪とまでは言いませんけれども。


>>波のまにまに☆さん
いえいえ(笑)。

確かに、90年代後半~00年代初めの方の深夜アニメには、あまり良いイメージが浮かばないような気がします。
よく言えば「試行錯誤」、悪く言えば「数撃ちゃ当たる」の時期だったんでしょうけれども……。

私の世代では、圧倒的に今の作品を追うだけで過去作品には興味を持たない、という人が多いです。
多いですが、私のようなタイプの人もそこそこ居ると思います。私の後輩に、『J9シリーズ』が大好きで、最近バイトで溜めたお金でBOXを購入したという猛者が居る訳でして、そういう人間は割と勧めたら観てくれたりもする訳でして。

そういう人がもう少し増えてくれればと思うんですけどね。

飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/12/17(土) 02:08 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/929-676e7cc0

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.