管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

アニメOPのSEについてのお話 

アニメ関連で、最近割と耳にする話題があります。
最近のアニメって、OPにSEが入ってないよね?
う~ん、確かに。深夜アニメはおろか、全日帯アニメにも、OPでSEが入っていないという作品は少なくないですね。
そこで本日は、「アニメOPのSE」について、考えてみたいと思います。

ガキーン!ギュピーン!バシュ~ッ!
こういったSEがOPに入ると、盛り上がりも抜群ですよね。
・・・とは言いましても、そう感じるのはどうやら少数派のようでありまして、今はどうも「SEは邪魔である」と感じる人が多いようです。、
歌の途中でドカーンとかキュピーンとか、歌が聞こえないじゃないか。雑音でしかない
などといった書き込みがありました。
管理人はどちらかと言えばOPにはSEがついていた方が良い派の人間ではありますが、コレは確かに一理あり。過剰なSEで歌が全く聴こえなくなってしまっては本末転倒というものです。
また、深夜アニメでたまに1回だけOPにSEが入ったりする作品もあるのですが、SE付きOPが流れた時のTwitterや某掲示板の実況や感想なんかを見てみると、
SEいらん
これから毎回SE入るの?やめて欲しいわ
といった書き込みが・・・。適度なSEは先述の通り盛り上がりを促進する要素であると管理人は信じて疑わないのですが、厳しいものですなぁ。

と、いう事を友人らや後輩やらに話してみたところ大体、
SEは邪魔
という答えが返ってきました。
お前らもか!?
そんなに駄目なんでしょうか、OPのSEは。
こういった意見が大勢であれば、アニメ制作者側もSEを入れにくいという事もあるんでしょうね。
いや、それ以前に、現行のアニメOP曲の大半はタイアップ曲でありますから、レコード会社からの要望というのもあるのかも知れません。あるいは、作曲者やアーティストからの要望か・・・。
いずれにせよ、そうであるならば仕方が無いのかなぁ、とも思います。

いや、しかしですね。アニメのオープニングというのは映像と音楽が合致して、一種の心地良さを生み出すものであります。そこにSEを加える事によって、より一層OPアニメーションとしての完成度が増すと管理人は思うのであります()。
最近の深夜アニメなんかを観ても、
ああ、このOPにSEがついたら気持ち良いだろうなぁ!
と思う作品も少なくはありません。『とある科学の超電磁砲』の後期OPとか、特にそう思った訳です。
かと思ったら70年代~80年代風アニメのパロディーをやってそのOPにSEを入れたりする作品もあり・・・。そういうのはいいから、ちゃんとしたOPでSEつけていただきたいッ!

・・・百歩譲って、深夜アニメは別にSEが無くても良しとしましょう。
問題は、全日帯アニメ。
いえね、SE入っている作品はちゃんと入っているんですよ。しかし、それが子供達にどう捉えられているのか、というのが個人的には気になるのであります。
やはりネットの大多数の住人と同じように煙たがられているのか、はたまたSEに胸躍らせているのか・・・。そのあたりで、今後のアニメのSEの方向性が決まりそうな気がするので、重要であるように思うのです。
・・・特撮では『スーパー戦隊シリーズ』のOPでSEが入っていたりする訳で、本質的にはSEを入れても大丈夫なんじゃないかなぁと思うのではありますが、実態はどうなっているんでしょうか・・・。非常に気になるところではあります。


【関連記事】
オープニング・エンディングを飛ばすか、否か?
アニソンからの布教
世界観に合致しない主題歌


【関連商品】
東映TVアニメ主題歌大全集 VOL.1 [DVD]東映TVアニメ主題歌大全集 VOL.1 [DVD]
(2002/06/21)
アニメ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/12/06 06:30|アニメ関連雑記TB:0CM:5

コメント


SEでも使いかた入れかただろうと思います。

わたしが大好きなアニメ「怪盗セイント・テール」では、テコ入れのつもりか途中からOPにSEが入るようになったのですが、

「視聴者をナメとんのかおまいら」

とでもいいたくなるような入れかたで、脱力したことを覚えています。

まあケースバイケースですな……。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/12/06(火) 07:20 [ 編集 ]

ゼロの使い魔アニメシリーズのOPは、最終回の時のみSEが入るという仕様?だった。

しかし自分は観ていて
「なんでこんな自分の喉と心臓に刃を突きたてるようなことするんだろう?」
と思ってた。

まあ使い方が悪かったんだと思うけど。
KAITO #-|2011/12/06(火) 12:48 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
何でも闇雲にSEを入れれば良いという問題では無いですからね。
タイミングや作品に合致した音というのも考慮しなければなりません。


>>KAITO
実はそれ、記事で触れようかどうか迷った(笑)。
「後から映像に合わせて適当な音をつけました」って感じだもんなあ、アレ。
ひょっとしたらそういうのもあって、SE排除の流れになっとるのかも。

その『ゼロ魔』のほうはもうすぐ三期が始まるなな。
個人的にはもうあまり興味を持てない作品になっちゃったけど(苦笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/12/07(水) 00:18 [ 編集 ]

「入れろ派」に一票。
OPは作品の一部ですから、やっぱり演出して盛り上げなくちゃあ。SEなしで曲だけ独立して聞きたけりゃCD買うなりしろって話です。
最後にレールガンが「ズギューン!」なんていいですね。

「巨人の星」とか「タイガーマスク」とか良かったよなあ。ああいうのはSE込みで歌うものです。
「ダダダダダ!カーン!ワーッ!」
矢端想 #1h4OZhZI|2011/12/07(水) 03:52 [ 編集 ]

>>矢端想さん
寧ろCDにSE付きのバージョンを収録して欲しいくらいです。しかし、そう思っているのはやはり少数派……。

>SE込みで歌うもの
同感です。SEだけでなく、台詞もですよね。
「♪ふくしゅうの~かぜ~」ときたら「飛鳥ぁぁぁぁぁ!!」と叫ばなければならんのです(笑)!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/12/08(木) 02:38 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/927-cd8d0741

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.