管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

和ちゃんが怖い!? 

大分寒くなってまいりましたね。
東北や北海道では初雪、積雪が観測される等、いよいよ冬も本番たけなわというような感じがするのでありますが、しかしてまだ11月中旬。これからまだまだ寒くなっていくのを考えると、気が滅入ります・・・。
しかしながら、そんな鬱になるような冬にも、愉しみな行事が待っておる訳でございますよ。
そのうちのひとつに、『劇場版 けいおん!』の公開も含まれております。
いえ、管理人はそこまで熱烈に『けいおん!』のファンと言う訳では無いのではございますが、一期も二期も観てきた訳ですし、ここまでくれば劇場版を観なきゃアカンだろうと、そう思っている訳であります(笑)。
で、まぁ、そんなこんなで12月3日公開の『劇場版 けいおん!』なのではございますが、それに関して友人と『けいおん!』についてイロイロと話していた訳であります。
その中でちょっぴり背筋の寒くなるような話があったので、当ブログにて書き留めておきたいと思った次第であります。

記事タイトルにもありますように、「『けいおん!』登場人物の真鍋和ちゃんが怖ろしい」というお話であります。
友人曰く、「和ちゃんは怖い!俺にとっては恐怖の対象でしかないね!」とのこと。
和ちゃんといえば、唯の幼馴染で生徒会長をやってた眼鏡のあの娘ですよね。

真鍋和ちゃん和ちゃん

別にどこも怖く無いではないか。あと、和ちゃんには結構コアなファンも居るみたいだぜよ?
と、管理人は言いました。すると友人、こんな事を言いだしたのであります。
いや、何というか・・・。このキャラからまず生気が感じられないんだよね。基本的に無表情だし・・・
そんな馬鹿な。無表情だからって生気が感じられないって、そりゃまた・・・。
この無表情が恐怖を煽る要因になっているんだわ・・・。何を考えているのか分からない上に、こっちから話しかけても本当に話が通じるか分からなそうな部分が尚怖い。コイツ、本当に生きているキャラのか!?という疑問が先行しちゃって、直視できないのよ。あと、あの抑揚のない独特の喋り方。あれもまた怖い。
う~ん・・・。キミは和ちゃんの持つ要素の何もかもが怖ろしく感じるという、そういう事なんかね?
お前・・・本当に怖いんだって!道端で合ったらどう対応したら良いか分からず、発狂すると思う・・・
ふうん・・・。
特に二期の後期OPで、無表情で倒れていく和ちゃんが最上級の怖さだった。あれは呪怨』を観たときに次ぐ怖さだったね!・・・『けいおん!』の世界観に居ちゃいけないキャラなんだよ、和ちゃんは!
お前の中ではそこまでホラーな存在なのか、和ちゃんは!?
※一部、脚色アリ。

・・・などと突っ込んではみたのでありますが、内心この話を聞いて、管理人も段々和ちゃんが得体の知れない何者かに見えてきてしまったのであります・・・。
しかもこの話をしていたのは夜。和ちゃんが突然フラっと出てこないかと、夜道をビクビクしながら帰りました
しかしまぁ、翌日になってよくよく考えてみると、そんな事は無いじゃないかと、あの時はただ単に雰囲気に呑まれてしまっただけなんじゃないのかと、そう思った訳であります。で、確認の為にネットに転がっている『けいおん!!』の後期OPを観たのでありますよ。



・・・こ・・・怖いじゃねぇか・・・!?
これは一体どういう事でありましょうか。無表情で押し流されていく和ちゃんに生気が全く感じられません。コマ送りしてみると、無表情で倒れかかっている和ちゃんが最高に怖く感じられるのであります。
何か友人に負けたような気がしまして、また、個人的に気にもなったので、即日けいおん!』及び『けいおん!!』のDVDを借りてきて和ちゃんのシーンをイロイロと検証しつつ観る作業に入りました
するとまぁ、アレですよ。管理人も友人同様和ちゃんが怖くなってしまった、という事ではございませんが、友人の言いたいことが大体分かったんであります。
マストポイントは、言動のかみ合わなさですね。
妙なところでズレた発言をしたり、会話の流れをぶった切って「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」と切り出したり・・・。



この娘・・・なかなか侮れんぞ・・・!

この『けいおん!』という作品では、京都アニメーションの演出の粋を集めてキャラクターの演技付け(作画)が為されている訳なんですけれども、和ちゃんの演出としては、「表情の起伏を少なく」という演出方針がとられていたのか、あまり表情の変化が無く、確かに「何を考えているのかちょっと分かりにくいかなぁ」という印象を持ちます。
別に恐怖を抱くほどの事ではありませんが、しかし部分部分で「なんだこれ、ちょっと怖いぞ」という瞬間が、この和ちゃんにはあるので侮り難いのでございます・・・。

とは言いましても、今回の作業を通して「和ちゃん、怖い!」という印象よりも寧ろ「和ちゃん、気の廻せる良い娘じゃないか!」という印象の方が強かったんですけれどもね(笑)。
まぁ、捉えようによっては恐怖を感じてしまう要素も孕んでいるキャラクターであると、そういう事なのでありますかな。

何はともあれ、12月3日公開の映画が楽しみな今日この頃です。


【関連記事】
『けいおん!』についてのお話
 
【関連商品】
けいおん! 1 (初回限定生産) [Blu-ray]けいおん! 1 (初回限定生産) [Blu-ray]
(2009/07/29)
豊崎愛生、日笠陽子 他

商品詳細を見る

けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
(2010/07/30)
豊崎愛生、日笠陽子 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/11/17 23:30|アニメ・特撮馬鹿話TB:0CM:4

コメント


そんなこといったら「忍者ハットリくん」はどうなるんですか(^^;)

ニンニン。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/11/18(金) 19:05 [ 編集 ]

昔の実写版のハットリくんはトラウマになるくらいコワかったでござるの巻。
矢端想 #1h4OZhZI|2011/11/18(金) 20:49 [ 編集 ]

「NIN NIN 忍者ハットリくん」に出演以降SMAPの香取君からどんどん生気が感じられなくなっていったでござる。

ニンニン
レバニラ #LkZag.iM|2011/11/20(日) 00:33 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
ハットリくんは無表情ではありますが、抑揚の無い喋り方では無く、世界観的にも合っていますが、和ちゃんの場合は怖い上に『けいおん!』の世界観に合致していないので、もうホラー以外の何者でも無いんですよ!
……と、友人が言っておりました(笑)。


>>矢端想さん
二次元キャラを無理やり着ぐるみにするとコワくなるの法則が発動したでござるの巻

……『ハットリくん』は白黒だったので、尚更怖さが際立っていたのではと思います。


>>レバニラさん
『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』は、観た印象としては誰に向けて創られたのか、という疑問が払拭できず……

『けいおん!』の和ちゃんの記事だったのにコメント欄はハットリくんの話題で占領されてしまったでござるの巻!
ニンニン
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/11/20(日) 00:44 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/918-a3b3d558

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.