管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

【合作】漫画『僕はロボット』 

管理人が原作を担当、友人の四日一漸が作画を担当した漫画『僕はロボット』が完成致しました!
曰く、「今回は本気で描いた!
いつも気合満点な彼なのではありますが、いつもに増して気合が入っているようです。

と、言う訳で、早速お披露目でございます!
因みに、全16頁であります。
では、どうぞ!

※全頁、画像クリックで原寸大表示です。

R001



web拍手 by FC2



R002.jpg

R003.jpg

R004.jpg

R005.jpg

R006.jpg

R007.jpg

R008.jpg

R009.jpg

R010.jpg

R011.jpg

R012.jpg

R013.jpg

R014.jpg

R015 00

R016 R


いかがでしたでしょうか?
いえ、違うんですよ。最初はロボットとかーいー女の子との完全なるラブコメにするつもりでネームを切っていたんですが、描き進めていくたびに「違う!これじゃねぇ!」という感じになっていきまして、結局そのネームはお蔵入りと相成りました。で、上記のような感じになったのであります・・・。
要はアレですよ。「立場の相違とはかのように恐ろしいものなのか・・・」というお話でございます。
・・・やっぱり管理人にはハッピーエンドは描けないんでありましょうか・・・。

さて、裏設定的なアレであります。
世界観的には『カミサマのココロ』から数十年後、というあたりですね。当然ロボット達には「心のプログラム」が搭載されている事になります。
また、最終頁を見ていただくと分かると思いますが、香織ちゃんは『カミサマのココロ』及び『はるか昔の未来の今』の主人公・田中ゴウの孫という設定であります。友人の三単元に、「世界観的なつながりがあるんだったら、田中の孫にしたら良いんじゃね?」的な事を言われただけで、他意はありません。
あと、スーはピーゴに惚れてます


最後に。
管理人の大雑把なネームや無茶振りを的確に絵にして、漫画作品として完成させてくれた四日先生に感謝の意を表します!本当に有難う御座いました!!
管理人も四日先生レベルの画力が欲しい・・・。

御感想等ございましたら、コメント若しくは拍手コメントの方にお願い致します。


【関連記事】
ネーム取り掛かり
漫画『カミサマのココロ』
漫画『はるか昔の未来の今』

スポンサーサイト
2011/10/20 14:56|合作漫画TB:0CM:6

コメント


面白いです。テーマとしてもいい。

だがしかし。

惜しい。

あそこでビーゴが告って、女の子から否定的なりなんなり、反応が返ってきてからどうこうするのが、「ドラマ」というものではないのでしょうか?

冒頭だけ見せられて切られた気分。

惜しいです。ぜひ続きを。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/10/20(木) 17:52 [ 編集 ]

ごめん、かなり面白かった。
正直マンガにおいて絵の力は偉大だと痛感させられたちゃったよ…なんていうか申し訳ない自分で何も書けないクセして。

終わり方も素晴らしいと思う。
長々この物語を書くならまだしも、短編読み切りならこういう引きは基本だし一番いいと思う。
これ以上を書いちゃうと、「中途半端で蛇足感」か「大満足だが大ボリューム」になるだろうし、後者は連載とかするプロの仕事。

さて、内容の話。
ただの表現と割り切るのが普通なんだろうが、血なんてないだろうにロボットの頬に主がさしたり、頭叩かれて「あたっ!?」なんて反応痛覚あるのかスゲーなとか思ったりしたけど、とりあえず気にしない方向で。
普及率70%ってのがどれくらいのものなのか良く分からんのだが、どうやら香織さんの御友人の家にはロボットいないようで。そんなもんなんでだろうか。

で、夢も希望もない話だが、家庭用家事及び生活支援ロボットに感情のAIプログラムが組み込まれてるのは対象(所有者)に快適なサービスを提供するためとして、対象の感情の機微を理解するためのプログラムと自身(ロボット)の感情表現のためのプログラムは別にするものと思われる。要は余分な感情(怒り、憎しみetc)は持たないし表現しないようにするかと。
つまりは恋愛感情なんて作業効率下がるしおそらくエネルギー消費量も上がるしで「無駄の筆頭」。普通にブロックされるかと(そもそも処理させて貰えないならブロックって言葉もおかしいけど)。

……なんか書いてて自分で「俺、冷めてる? てか冷たい?」とか思っちゃったよ。
KAITO #8feV.Zcs|2011/10/20(木) 20:20 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
あれ以上の引きが頭に浮かびませんでした…。
いえ、浮かんだのですが、ピーゴ告白がして、否定されて自己同一性崩壊……という救いようのない「その後」が先行して思い浮かんでしまう上に、KAITOの言うように、「中途半端で蛇足感」のある終わり方になってしまうような気もしまして、結果的にこういう形式になった次第です…。
結局ピーゴがどうなったのか、香織ちゃんがどうなったのか、スーがどうフォローしたか、というのは読者に想像してもらう、という事にしました。

…逃げですね(苦笑)。
次は逃げない話づくりができるよう、善処します!


>>KAITO
絵の力は偉大だよ、ウン…(泣)。
一応、終わり方は考え得るなかで最善のものをとったつもり。

当初のネームではめでたくピーゴの恋は成就する筈だったんだが、ふと「こんなに上手く行くものなんか?」と、気になってしまって、気が付いたら「ピーゴが告白する段になってプロテクトが発動して結局告白できませんでした!」という救いようのないお話が出来上がってしまってた…(「どこまで行っても、僕はロボットなんだ…」とピーゴが泣きながら呟いて終)。
こりゃえげつないと思って、完成した漫画のような形と相成り申した次第に候。

>普及率70%ってのがどれくらいのものなのか
2011年現在で光ファイバーの普及率が70%ちょいらしいから、そんぐらい。
100人居たら30人持ってないとか、そういうレベルじゃろうて。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/10/20(木) 20:53 [ 編集 ]

読み終えた最初の感想としては
「え?ここで終わり!?」ですね^^;
でも悪くはないですよ。

道具は道具。長く使うと愛着もわく。でも道具。
ロボットに感情表現させるほどの進んだ技術があっても道具は変わらない。

XX型にセクサロイドとしての側面を持つロボットが居るのなら
それはまた使う人によってはロボット以上の存在になっちゃうんでしょうけどね。
リードマン #-|2011/10/21(金) 09:26 [ 編集 ]

どうでもいい話でありますが、昨日新宿に「電人ザボーガー」を見に行ったとき、冷やかしのつもりで入ったゲームショップ「イエローサブマリン」で、「君はロボット」というベルギー製のカードゲームを買ってしまった(^^;)

ぱっと見、パーティーなんかでゲームをあまり知らない人間と遊ぶのにいいかなあ、と思ったけれど、ルールをよく読んでみると、どちらかといえば、「酔っぱらって遊ぶのにぴったり」なゲームでした(笑)

チームを組んで、相方のロボット役にカードで指定されたポーズを先に取らせたほうが得点するのですが、「止まれ!」以外の言葉もジェスチャーも禁じられており、命令はカードでしか行えない、というのがミソで、箱書きの通りのワンプレイ20分じゃ絶対終わらないんじゃないか、というゲーム(笑)

前からほしかったゲームではありますが、財布のひもがゆるんだのは、この漫画を読んだせいかもしれません(^^)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/10/23(日) 12:44 [ 編集 ]

>>リードマンさん
ありがとうございます!

結局道具、とはいえど、実際に心を持つロボットが居たらどうなるかは分かりません…。
まぁ、香織ちゃんの友人曰く、「そういうもん」らしいので、実際に持ってみるまでは分からないんでしょうけどね。

……当初の予定では、母ちゃんは故人で、スーは親父専用のセクサロイド、と、設定していたのですが、あまりにもダークな設定なので、一瞬でおじゃんになりました。


>>ポール・ブリッツさん
なんかスミマセン(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/10/23(日) 23:25 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/906-9662331b

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.