管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

姉萌え 

管理人は長男坊でございます。
それ故に、家族から「お兄ちゃん」と呼ばれる事はあっても、自分から「お兄ちゃん」とか「お姉ちゃん」と呼びかけるという事は、まぁ、普通は無い訳です。
それ故かどうかは定かではないのでございますが、管理人は「お姉ちゃんキャラ(年上キャラ」というのが割と好きだったりするのであります。

しかしながら世間一般の認識としては、「アニメ好きの連中は総じてロリコン」みたいな風潮があるようでございまして、管理人は非常に遺憾に思っておる訳でございますよ!
・・・いえ、まぁ確かに妹萌え・年下萌えの人、多いですよ。管理人の周囲も、妹萌え多しと言えども姉萌えは少なく・・・。挙句の果てに某所に於いては「姉萌えは悪である!」みたいなレッテルを貼られてしまう始末・・・。実に遺憾でございます。

年下萌えは、最初から年下の娘が対象になっているが故に自分の年齢がキャラに追いつく事は絶対に無いが、年上萌えはいずれ自分の年齢が「お姉ちゃん」キャラの年齢を上回ってしまうじゃないか・・・云々
というお話らしいです。むぅ、確かに、一理アリ。
自分の年齢がキャラの年齢に追いつき追い越してしまうというのは創作作品のキャラを好きになった者の宿命みたいなもんです。ただでさえアムロやら工藤新一君やら凱兄ちゃんと同い年&年上になってしまった時に、えも言えぬ哀しい気分になってしまうというのに、あのお姉ちゃんよりも年上になってしまうというのは、実に哀しいものであります。いや、もう大半のお姉ちゃんキャラは管理人よりも年下ということになります
そう考えると、最初から年下キャラを愛でている妹萌え・年下萌えの方々の方が有利なんでしょうかね)。

まぁ言ってもアレですよ。自分がお姉ちゃんよりも年上になってしまったとしても、お姉ちゃんはお姉ちゃんのままだというのは変わらない事実な訳でございます。僕たちの心の中で、お姉ちゃん達はお姉ちゃんで有り続ける事でありましょう。
お粗末。

・・・個人的には幼馴染萌えでもあるので、幼馴染のお姉ちゃんが最強(緑髪なら尚よろし)。
しかし、管理人には現実世界に幼馴染もお姉ちゃんも居ない訳で(年上の従姉妹は居るのですが「身近か?」と言われると疑問であります・・・。)、実に分かりやすい嗜好思考パターンであるなぁと、思います。

【関連記事】
「萌え」とは何ぞや?
幼馴染

【関連商品】
やっぱり自粛

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/09/17 22:12|混沌雑記TB:0CM:5

コメント


僕には姉も妹もいませんが、姉ってやっぱり年上の従姉が一番近いでしょうかね。これならたくさんいるぞ(みんないいオバハン)。

歳とるに従っていろんなキャラを追い越してしまうのはツライですな。
アムロもブライトも追い越し、でっかいお兄さんだと思ってた高校球児がガキになり、サザエさんを追い越し、そしてこないだとうとうバカボンのパパを追い越した!

でも、僕は「セイラさん」と言うとき、いくつになってもやっぱり「セイラさん」はセイラ「さん」なのです。歳をとらない創作キャラに対しては、自分も歳をとる必要はないのではないかと、今ふと思いました。時間が経てば勝手に肉体が歳をとるだけであって、精神や魂、妄想に年齢はないと思います。僕はこの歳になったから思うのですよ。20年前と意識(=精神年齢?)はちっとも変ってないもの。

緑髪ですか。僕はピンクの髪に弱い・・・。
矢端想 #1h4OZhZI|2011/09/18(日) 00:04 [ 編集 ]

姉萌え…対象となるキャラを考えてみるとぱっと思い浮かびませんね。それと妹萌えの場合は近所の小さな女の子が主人公等を兄や姉と慕う場合も含まれる感じがしますが、姉萌えの場合は含まない感じがしますね。あと弟萌えというのも私は効かないですね。女性アニメファンの方々はそういう言葉を使うのでしょうかね?兄萌えは…(笑)がつきそうですね。
第4のペロリンガ #-|2011/09/18(日) 10:35 [ 編集 ]

キャラの歳がどうあろうが、視聴者であるわたし本人の歳がどうあろうが、わたしの心を奪ったキャラはそのまま変わらないし、どうでもいいキャラはどうでもいいのであります。

ちなみに自分で小説を書いているときは、どんなイヤな性格の登場女性でも、わたしはそいつに惚れこんで書いてます。その意味で、わたしの小説の登場人物は、みなわたしのアニマの投影かもしれません。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/09/18(日) 20:30 [ 編集 ]

単なる「無い物ねだり」ってのが一番大きいのかもしれませんね、
物語の創作だって、多くは無い物ねだりが根底にありますし。

自分の場合、マジンガーZの兜甲児が「心のお兄ちゃん」です、
実の兄が中学生くらいから「ひきこもり」みたくなって長らく交流が無かったせいか、
甲児くんみたいな頼れるお兄ちゃんに甘えたり時々軽口叩いて怒られたり・・・みたいな妄想、今でもしてます(^^;)
レバニラ #LkZag.iM|2011/09/18(日) 23:25 [ 編集 ]

>>矢端想さん
「キャラは歳をとらない」という現実は非常にツラいものです。

それでも、やっぱり自分の中では、お姉ちゃんは永遠にお姉ちゃんなんですよねぇ……。


>>第4のペロリンガさん
相対的に見るとやはり姉萌え・年上萌えというのは少数派のようなんですよね……。
姉萌えのポイントは「包容力」でして、「慕う」と言うよりも「甘える」という(以下略

弟萌えも兄萌えも、存在はしていますね。
そう大々的に打ち出すものでも無いんでしょうけど……。


>>ポール・ブリッツさん
>キャラの歳がどうあろうが
「メイドさんが好きなのではなく、好きになった人ががメイドさんだったのだ」の法則にも似たところがありますね。
要は好きになったという気持ちが大事な訳で……。

>アニマの投影
「キャラクターは作者の分身」または「イメージ(理想)の投影」ですからね。
私も、今描いている漫画に、「理想のかわいい女の子」を登場させ……ようとしたのですが、描き進めていくうちに何やら妙な方向に行ってしまいました……。
難しいです。


>>レバニラさん
自分に足りないからこそ、余計に非現実世界に大して求めてしまうという部分があるのかも知れません。
結局根底には「俺に欠けた部分を補完したい!」という欲求があるんですよね。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/09/19(月) 01:04 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/885-f6298186

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.