管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

俺はオタクを辞めるぞ!! 

・・・と、仰っていた方を最近見かけました。
正直な話、オタクに「辞める」も何もあったもんじゃないと思うんですけれどねぇ。
オタク」というのは一種の気質であり、「始める」事は出来ても「辞める」事は出来ないのではないかと管理人は思う訳であります。

誰が言ったのかは定かではありませんが、人生のうちには3度、「オタクを辞めるタイミング」というのがあるそうです。
ひとつは、小学校高学年
ひとつは、中学生時代
ひとつは、高校卒業
しかしながら現在ではイロイロと価値観も変わってきている訳でありますので、この「オタクを辞めるタイミング」というのは使えなくなってきているのかも知れません。
現状では、大学生になって暇が出来たからアニメを観だすというタイプの人が多くなっている訳でして、その人はタイミング的に一生オタクであり続けなくてはならないという宿命を背負わなければならないのでありますから。しかして、就職を期にアニメや特撮から「卒業」するというケースも多く、即ち、上記の「オタクを辞めるタイミング」と合致しないケースに当てはまる訳でございますよ。まぁ、「そいつはホントにオタクなのか?」という疑問も出てきますけれども。

管理人は自分の経験と先人らの経験談から見て、こう思うのであります。
小学校高学年でアニメや特撮から【卒業】出来ない奴は、【卒業】する事は困難である
小学校高学年までにアニメや特撮から【卒業】し、その後深夜アニメ等にハマった(復帰した)奴は、比較的容易に【卒業】出来る
つまりそういう事ですよ。
前者の場合は、仮に「卒業」出来たかのように見えても結局はちょっとした切っ掛けで「オタク」に逆戻りしちゃうケースが多いらしいんですよね。また、ニュアンスとしては「卒業」というよりも「我慢」という側面が多分にあるようです。

・・・結局はアレですよ。「オタク」なんてもんは業なんですよ。
一度入るとズブズブになってしまって、抜け出すことは困難な底無し沼のようなものです。
なので、「辞める」というのは何だかなぁ・・・と、ちょっと釈然としないような、そんな気分になったという、ただそれだけのお話です。


【関連記事】
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第01回放送
↑管理人の「オタク」についての考えについては、このラジオを聴いていただければ幸いでございます。 

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/09/03 22:54|混沌雑記TB:0CM:6

コメント


他には就職(仕事が忙しい等)や恋人ができた(非オタク)なども。
何が自分にとって優先度が高いか、ということなんでしょうか。
理由やきっかけは様々でしょうが一時的にオタク的なものから離れ
空白期間ができると再び戻ったときに結構キツイですね。
chokusin #-|2011/09/03(土) 23:47 [ 編集 ]

小学校や中学校で「卒業」というのはどうもピンときません。それはむしろこれからオタクになるか否かのタイミングでしょう。ちなみに僕は子供の頃はアニメなどを「ガキっぽくてイタイ」と思ってましたからTVで勝手に始まってきたアニメや特撮を観ないふりして観てそんな自分を「はずかしい」と思ってました。その反動で中学時代から一気にアニオタになってしまったわけです(初代ガンオタ)。
今ネットの世界を回ってると中学生や高校生がオタクオタクとさわいでますが、僕らから見るとちゃんちゃらおかしい。また年寄り臭い話で恐縮ですが、彼らは生まれたときから社会にアニメが蔓延していた世代で(今は幼児でもオタクっぽいアニメを喜んで観てます)、我々の世代と比べると、アニメの好きな今の彼らは別に普通の子らじゃないかと思ってしまいます。
「オタク」って大人に対していう言葉だと思うので、誰が言ったかわからない三度の「オタクを辞めるタイミング」は、すべてそれを語る「以前」の年代の気がします。
僕自身の経験から言えば、確かに「高校卒業」は最初のオタクを辞めたタイミングでした。でもTVでアニメやってたら観てましたけどね(でも「Zガンダム」観ずに「大草原の小さな家」の再放送観ていた自分が今では信じられない)。あと、非オタの彼女ができたとき、結婚したとき、なども世間では多いでしょう。日常がアニメどころじゃなくなるのです。
今の僕は20数年を経て、オタクの自覚を持って帰ってきました。なぜ帰ってきたかは書きません。わかりやすい人生です。

「オタクは業」・・・うまいことおっしゃいますね。
今夜は久しぶりに「タイバニ」でも観よう。佳境らしいし。
矢端想 #1h4OZhZI|2011/09/04(日) 00:44 [ 編集 ]

 好きな物をやめるというのは、もったいない気がしますけれど。

 オタクとは麻薬よろしく、離れても土壌が出来ているのですぐに戻ってきてしまうという、情けない性なのかもしれません。

 時が経っても影響しない何かがあるのか、ズレなく復帰できてしまうのもあるかもしれませんが。
風城 徹 #-|2011/09/04(日) 19:02 [ 編集 ]

オタクの魂百までという諺もあります・・・違った、三つ子の魂百までという諺もあります
人の好みってのは一生変わらないと思うでありますのです。
キングハナアルキ #SqN0A6sw|2011/09/04(日) 20:24 [ 編集 ]

オタクか否かは別として

最近、本屋の前で偶然ゴーカイジャー見かけた若い兄ちゃんが
「あ、ギンガマンだ!!凄ぇ!!」
って言ってたのを見て
「ああ、男の子の心の中でヒーローは不滅なんだなぁ・・・」
と、しみじみ感じちゃったりしちゃったりして。
レバニラ #LkZag.iM|2011/09/04(日) 20:34 [ 編集 ]

>>chokusinさん
一時的に離れていた事を後悔してしまうとか、そういう話も聞きますね。リバウンド的に「もっと濃いオタク」になってしまう人も少なくないようで……。
業は深いです。


>>矢端想さん
>アニメの好きな今の彼らは別に普通の子らじゃないか
私も多分、そうなんだと思います。「アニメを観ているだけ」で「オタク」と自ら名乗っている中高生も多く、「それはオタクじゃなくてただのアニメ好きなだけだろうに……」と思ってしまいます。

>すべてそれを語る「以前」の年代の気がします
恐らく、仰る通りだと思います。だから岡田斗司夫さんが『オタクは死んだ』という本を書くことになったんでしょうね。
マスコミの報道等で、世間一般の「オタク」に対しての認識が随分と変化していっており、言葉としての「オタク」のニュアンスが昔とは別のモノになってしまってきているというのも一つの要因なんでしょうけれども。


>>風城 徹さん
アニメや特撮を観る事に抵抗感が薄くなっているから……というのも、戻ってきやすい要因なのかも知れません。
何にしろ、逃れ難い呪縛のようなものですよね。空恐ろしいです。


>>キングハナアルキさん
「オタクの魂百まで」ですか。
一度決めたら二の足踏まずオタクの道を邁進してしまうよう決められてしまうようなものですね。
やっぱり、業です。


>>レバニラさん
戦隊ソングの中では、『ギンガマン』の主題歌が一番好きです。あの子門 真人希砂未竜ボイスが最高で……。

戦隊は、殆どの男子が昔観ていた世代ごとの「共通認識」になっていると思います。
「俺、すっげぇ観てた!」
という話は、非オタクの友人・知人らと話していてもよく聞きますし。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/09/04(日) 22:13 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/879-ae9c1fa1

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.