管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

フィクションはフィクションでありフィクション以外の何物でも無い訳で。 

先日、とあるアニメを観ました。その結果若干憂鬱な気分になりました。
いえ、別に鬱アニメを観た訳ではありません。寧ろ管理人は鬱アニメを観ると元気になりますそれはそれで歪んでいるような気が・・・)。観たのは、管理人には眩しすぎるほど青春を謳歌しちゃっている主人公が登場するアニメでありました。こーゆーの観ると逆に鬱るんですなぁ・・・。「好きなひとが、できました」でお馴染みの名作『耳をすませば』を観た後にネットの掲示板の住人が鬱状態に陥るのと似たような現象でありますよ。俗にいう「耳すま症候群」ってヤツですな(笑)。
しかしながら管理人、憂鬱な気分になりながら、こう思った訳であります。
あれ?なんで俺、憂鬱になってるんだろう?

何故でありましょうか。
耳をすませば』もそうなのでありますが、「青春」を描いている作品なのでありますから、さわやかな気分になりはしても憂鬱な気分にはならない筈。何故我々(※ここでいう「我々」とは、青春的作品を観て憂鬱な気分になる人の事です。)はこういった作品を観て憂鬱な気分になってしまうのでありましょうかッ!?
・・・というのは、もう分かりきった事なんですけどね(苦笑)。
要するに我々は青春が描かれている作品を観て、「嗚呼、俺もこういう青春を送りたかったなぁ・・・」とか「何故俺はこういう青春を送れなかったのか・・・」といった感じの念いにとらわれてしまうのでございます。本当にありがとうございました。
大体アニメなんかで描かれるのは、中学生や高校生のお話。最近の深夜帯のアニメは特にその傾向であります。
青春を謳歌しているキャラクター達に翻って自らを省みると・・・。私は冴えない大学生。中学・高校もそれなりに冴えない(・・・とは言い切れないか。)暮らしをしてきた訳であります。女の子を自転車の後ろに乗せて走るなんて夢のまた夢のような話です

いえね、別に恋愛だけがセーシュンじゃ無いと管理人は思う訳ですよ。部活とかサークル活動とか、そういったのも十分青春でありましょう。そういった意味では管理人もまだ大学生ですので、現在進行形で青春を謳歌していると言える訳であります。
しかし、世間一般の定義は厳しい!
世間様の間では「恋愛至上主義」というのが絶対的にあるようでありまして、青春というのは恋愛あってこそなんだそうです。
部活」も「サークル活動」も「学生生活」でさえ「恋愛」という主軸の引き立て役でしかありません。
つまり、世間様は「恋愛の無い青春なぞ青春では無い!」と言いたい訳なのであります。勝手に人生の落伍者の烙印を押される訳でございます。
俺は「そうじゃねーんだ!」と叫びたい。
愛など粘膜が生み出した幻想に過ぎん!
そうだ!もっと言ってやれ!
高々10代後半に恋愛経験があったからと言って何になる!ちっとも羨ましくないぞ、チクショー!
・・・・
・・・
・・

ちょっと暴走してしましたが、半分くらいはネタで言ってます♨
しかし、世間一般の恋愛至上主義猛プッシュはいかがなもんかと思いますよ(まだ言うか!)。

閑話休題。
実際、作品のテーマとして青春を扱い、それに恋愛要素を入れて描くという事は、何も問題はありませんし、管理人も歓迎します。その結果管理人その他が憂鬱になったり爽やかな気分になったりするのは、まぁ、個々の受け取りようという事になりますし、ど~でも良い話です。
実際、冒頭で憂鬱になっただの何だの言っている作品は、管理人の感想としては「良い作品」でありました。金が出来たら是非ともDVDかBDを買いたいと思う程度には好きな作品になりました。

しかして、管理人は半分ネタでこんなふうに書いている訳ではありますが、世の中にはこういった青春を描いた作品に対して、受け付けない、という人も居るんですよ。


この映画は、何一つ救いがない映画ですよ。
実際には、現実には、絶対にありえないことを、思いっきり細部までこだわった現実的な日常の世界として描くなんて、反則以外の何物でもない。


某有名監督が『耳をすませば』について、このようなコメントをしたというのがネット上でまことしやかに噂されております。出所不明なので某有名監督が本当に発言したのかどうかは非常に怪しいのでありますが、まぁ、その通りなんですよね。あんなのありえない。だから、あんなにリアルに描写するのは酷である。正にその通りであると思います。
そういうのを極力取り除いた、「登場人物を女の子だけにする」とか、「ハーレム展開に!」とか、そういう作品が増えているのは、ある意味フィクション寄りの現実的非現実の極地であるとも言える訳でございまして・・・。
皆現実逃避したいとです・・・。

しかしながら、実際にありそうなのに絶対にありえないという、それこそが正にフィクションのフィクションたる所以なのではないかと、管理人は思う訳でありますよ。
作品設定上や、その作品内のキャラクターにとっては「現実」であっても、我々視聴者・読者からしてみれば「創作作品」以外の何物でもない訳であります。ですから管理人は、どんなに現実に近い作品設定であっても、ファンタジーとしてみるんですよね。ノンフィクション作品でもファンタジーとして読んじゃいます。
それが現実かどうかという話は受け手には関係の無い話なんですよね。先の世間一般に於ける恋愛至上主義だって同じ話です。恋愛なんて(管理人にとっては)ファンタジーなんだよ!
フィクション、創作作品というモノはその多くがエンターテイメントでありますから、それを観て憂鬱になるんであれば、憂鬱になるまでがエンターテイメントのうちだと、そういう事なんですわ、多分。
まぁ、それら含めて愉しんでいきたいものでありますなぁ。


【追記】
因みに、ブログの更新が出来なかったのは憂鬱になっていたからでは無く、単にレポートをやっていた為です。

【関連記事】
鬱なアニメ 

【関連動画】


【関連商品】
タカギ ペットボトルロケット製作キット2 A400タカギ ペットボトルロケット製作キット2 A400
()
タカギ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/07/23 04:13|アニメ関連雑記TB:0CM:8

コメント


アニメばっかり観てた高校時代、別に彼女なんていなくても楽しいことが一杯の「青春時代」でありました。すばらしかった熱い夏。
何をやってきても、振り返ればその年ごろの経験はすべて「青春」なのだと思います。

「耳をすませば」はわりと好きです。若いっていいなあ、と素直に思えるアニメです。
でも思わずニタニタしてしまって、恥ずかしくってとても冷静には観ていられませんw

> 恋愛経験
好きな子がいれば一方的であっても立派な「恋愛経験」でしょう?誰かを好きになるのは誰でもできるはず。不幸なのは自分にとってのそういう魅力的な人がいないことの方です。
そう考えると、僕はいつも誰かに恋をしていたから幸せだったのかも知れないな。
矢端想 #1h4OZhZI|2011/07/23(土) 11:45 [ 編集 ]

>>矢端想さん
私も振り返って「あぁ、青春だったなぁ」と思えるようになれたらなぁ、と思います。
しかして暫くの間は『耳をすませば』を観て鬱になりそうではありますが(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/07/23(土) 20:54 [ 編集 ]

こっそり片思いも知らない自分はどうしたらいいんだろうとか自己陶酔してみる。(後半ネタですよ?)

青春を引いてみた。(広辞苑第五版 岩波書店)
①春。陽春。(五行説では春は青にあてる)
②年の若い時代。人生の春にたとえられる時期。

…前提としての春を引いてみた。(同)
①四季の最初の季節。
②正月。新春。
③勢いの盛んな時。
④青年期。思春期。
⑤色情。春情。

…えー…つまり、恋愛観を主とした「青春」とは、青春①と②、そして前提の春は④と⑤を主としてるって感じかな?

しかし、個人的に「青春」というのは、青春②と、前提の春③によるものだと思う。
要は「頑張っている」「楽しんでいる」「生きている」と胸を張って言えるのが青春なのではないだろうか?
言ってしまえば、「死ぬまで青春」だって可能ってことになる。六~七十歳でも青春はあるだろう。

それに、青春という言葉は「時期」のみにあてはめるものでもないと考える。つまり「時点」にもあてはめられるのではないかということ。それは瞬間。もしくは時期とも呼べない短い時間。

ついでに、青春ってのは青春中(って表現もどうなんだろ?w)には自分で気付けないんじゃないかな? とも考える。何故なら、その時はそれが当然だから。

っと、支離滅裂にだらだらと語りましたが、結論でいえば「楽しんでいれば青春」であるということではないかと。
ちなみに自分自身は友人との時間を青春と定義付けておりますぞ?
他者と友人関係を構築し維持する、なんてことを考えずに友人と友人で有り続け楽しみ合うというのは、それだけでいかにも「青春」って感じがするし。


さて、今回はここまで。お目汚し、長文失礼しました。
KAITO #8feV.Zcs|2011/07/24(日) 00:27 [ 編集 ]

KAITOさん
こんにちは矢端と申します。
お見事な小論、ありがとうございます。
「青春」にも狭義広義いろいろあろうと思いますが、やはり年齢の問題ではないという解釈はアリと思います。「生きてキラキラ輝いている瞬間」(←臭)というのがその人の青春の瞬間なのでしょう。僕はすでに厄を越えたオッサンですが(あっというまにこんな歳になるよw)、これまで違うタイプのいろんな青春を生きてきて今も楽しいので、まだ「オレの青春は終わっちゃいねえ」と思っております。
なお、前提としての「春」が持つ意味を考えると、やはり「青春」における恋愛は除外できない大きなウェイトを占める属性か、とも改めて思ってしまいました。肉体的にもそれが目覚め最も盛んになる時期ですから、結局「青春」という言葉はその属性によって甘美な感傷を含んだ(たいてい青春時代の恋愛は挫折するし)華のあるものになっているのだと思います。
・・・ということで。飛翔掘削さん。
矢端想 #1h4OZhZI|2011/07/24(日) 10:27 [ 編集 ]

要はアレですよ。
青春18きっぷでJRの列車に乗れれば誰でも青春なんですよ。
たぶん。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/07/25(月) 06:47 [ 編集 ]

青春漫画には三つの流派があるとか。

その1・スポーツ派。ある種のスポーツを精神と価値の絶対的基準とし、全ての物事をそのスポーツに関連付けて学生生活を送るというもの。多数あるが、「巨人の星」「ドカベン」あたりが代表だろうか。

その2・恋愛派。特定の異性(複数のこともあり)との恋愛を精神と価値の絶対的基準とし、全ての物事をその恋愛に関連付けて学生生活を送るというもの。多数あるが、代表は「きまぐれオレンジロード」などだろうか。

その3・脱構築派。現在いる、現実の学生が直面している問題や生活などを、微妙にずらして、いわば現実とは違うパラレルワールド的な仮想学生生活を、ユートピア的に描くことに主軸を置くもの。代表は、「あずまんが大王」「究極超人あ~る」というところか。

だから、2が苦手な人は1と3ばかり読んでいればいいのではと思います。エンターテインメントってそういうものです。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/07/25(月) 18:02 [ 編集 ]

お見事!
矢端想 #1h4OZhZI|2011/07/25(月) 21:38 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
苦手と言う訳でも無いんですけどね。
憂鬱になるところまでがエンターテイメントだと思って愉しんでおります(笑)!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/07/27(水) 23:42 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/863-dbc46b57

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.