管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

漫画『カミサマのココロ』 

と、いう事でございまして、『カミサマのココロ』、お披露目でございます。
今回はアイディア出しから制作まで割と順調にいきました。
前作・『暗黒戦士ナイトボーグ』に1年もかかっていたのとは大違いですね!
今回も例によって16頁であります。では、どうぞ。

※全頁、画像クリックで原寸大表示です。

K01.jpg

web拍手 by FC2



K02.jpg

K03

K04.jpg

K05.jpg

K06.jpg

K07.jpg

K08.jpg

K09.jpg

K10.jpg

K11

K12.jpg

K13.jpg

K14.jpg

K15.jpg

K16.jpg


・・・いかがでしたでしょうか?
恐らくSFとして仕上がっていると思いますが、さてはて。
御感想、御質問等がございましたら、当記事のコメント欄か拍手コメントの方にお願い致します。

因みに友人から、「カミサマのココロ』というタイトルは萌え漫画みたいだな!」というお言葉を頂戴した訳でありますが、20代後半のお兄さん2人しか出てこないいつもの飛翔掘削の漫画と相成りました♨


スポンサーサイト
2011/07/13 05:34|短編漫画TB:0CM:5

コメント


おお、夜更かしした甲斐があった。これはまたとてつもなくデカくて深いテーマに挑んだものだと感心しました。チャレンジャー。
一体どんなオソロシイ展開が…と、ドキドキしながら読めました。

あっ、やっぱりそういう展開なんだ! と思ったら、オチだった…。 アレっ?

もちろん、続編あるんですよね?
矢端想 #1h4OZhZI|2011/07/06(水) 02:13 [ 編集 ]

すまない、「相談」「ソフトウェア専門の研究者」「心のプログラム」まで出てきた時点で流れとオチを予測出来てしまった。

まあ、多分俺が飛翔掘削の性格やらを知ってるからだと思う(思いたい)が…
KAITO #-|2011/07/06(水) 07:41 [ 編集 ]

わたしだったら、プログラミングした技術者がその「心」を持つプログラムに恋してしまい、そこから肉体を介さない形而上学的ラブコメに……。

もてない男のひがみ節であります(^^;)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/07/06(水) 11:52 [ 編集 ]

完成おめでとうございます!

さっそく拝見いたしました。ご友人方はご友人方なりの批評のようですが・・・(実に微笑ましい)

一読させていただいたら、なんだか星新一のSFショートショートを読んでいる気分になりました。主人公・田中の友人の名前というオチも十分皮肉がきいており、最後まで名前が明らかにならない展開も、きちんとフックがあると思います。
16pでの少ないページ数ですが、ディティール次第で膨らむはず。暑かったテーマは壮大ですね。

たとえば、田中の友人の目線だけを中心にコマを埋め、ところどころに友人とわかるものを配置しながら、最後にコマで友人の発表で締めくくる、という漫画もできそうですね。

本作の命題の一つには、「SFオタクは科学を凌辱できるのか?」があるのかなと思うのですが、「怪奇大作戦」あたりなら、こういう物語が事件の発端になりそうですね。

なんにせよ、次回作も楽しみにしております。
波のまにまに☆ #-|2011/07/06(水) 16:48 [ 編集 ]

>>矢端想さん
やっぱり先読み出来るオチだったじゃないですか(苦笑)!

…今のところ直接の続編の予定はありませんが、『カミサマのココロ』から数十年後を舞台にした、心のプログラムを組み込んだした人工知能を搭載したロボットの話を描くかも知れません。


>>KAITO
先読みさせない為に芦模を表面上は極力「良い奴」として描いたのに…ッ(いや、実際良い奴なんだろうけどね、芦模は。)!


>>ポール・ブリッツさん
実は当初はそういうお話になる筈でした(爆)!
それを描く前にまず「ロボット」「人間」「生命」等々という事について描いておくべきだよなぁ・・・という考えが浮かび、そうしていつの間にやらこういう漫画になっておりました(笑)。


>>波のまにまに☆さん
「アイザック・アシモフ」を友人の名前にするというのはちょっとおこがましいかな、とも思いましたが(笑)。
…一応、芦模という名前自体は3ページ目の3コマ目に描いてあるんですけどね。芦模という名前は、察しの良いSFファンにとってはこの時点で先読み・ネタバレになっている訳でして。
携帯のメールにちらっと出るくらいだと読み飛ばしてくれる事を期待して書いたのですが(笑)。

>本作の命題の一つには、「SFオタクは科学を凌辱できるのか?」があるのかなと
ハイ、そうです(笑)。
「オタク」表記ではなく「おたく」表記にしたのにも、何となくマイナスイメージにしたかったからなんですよね。

もう少しフランケンシュタイン・コンプレックスについて踏み込んで描きたかったような気がするのが心残りですかね。



次の作品はどんな漫画になるかは分かりませんが、皆様の御期待に添えるよう、頑張りたいと思います。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/07/06(水) 19:43 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/853-06434116

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.