管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

特撮怪獣映画布教の野望 

左のプロフィール欄にも書いておりますが、管理人の好物は特撮怪獣映画な訳でございます。
しかし、何度も当ブログで書いております通り、現在は怪獣氷河期。特撮怪獣映画はおろか、TVで怪獣が毎週観れるウルトラシリーズもやっていないという状況でございます。特撮作品自体は『スーパー戦隊シリーズ』及び『仮面ライダーシリーズ』(それらに加えて若干の深夜特撮)がやっている訳でございますが、怪獣が主食の管理人はどこか物足りない気分な訳であります(別にライダーやスーパー戦隊シリーズがイケナイという訳でもありませんが)。
特撮怪獣再興の為には、地道にファン活動をしながら作品布教をしなければならないのかなぁ、と思っている訳なのでありますが、特撮怪獣関連のイベントやら催し物は管理人の住む地域ではなかなかやらない訳で・・・。
アニメのイベントなんかは結構地方でもやっている訳でありまして、管理人も出かけたり出かけなかったりしておる訳でありますが、如何せん特撮怪獣などという氷河期真っ只中のニッチなジャンルでは、地方でイベントをやる余力は無いと、そういう事なのかも知れません・・・。
こうなったらいっそ管理人がイベントを主宰して・・・などという考えが過ったりもする訳でありますが、しかしてその為には一定の賛同者が必要な訳で、一定の賛同者が居れば特撮怪獣は氷河期になったりしない訳で・・・。署名でもやりますかね。
何にせよ、新作怪獣作品製作の話が無い現状では、差しあたって近くの友人やら先輩やら後輩やらに布教していき、地道に特撮怪獣の下地を固めていくというところから始めなければならないのかも知れません。
しかし、特撮怪獣を布教するというのはアニメを布教するのとは訳が違います。様々な困難やら壁やらが存在する訳でございますよ・・・!
と、言う訳で(ちと前フリが長くなりましたが)、本日は特撮怪獣布教の方法について、考えてみたいと思います。

大前提として、「特撮、特に怪獣映画は子供向けの作品である」というのがあります。先日書きました通り(下記【関連記事】参照)、現在に於いては「子供向け」というだけで避けられる風潮がある訳でして、そこに来ると「特撮怪獣=子供向け」という固定概念があるのは、非常にマイナスであると、管理人は思う訳です。
・・・まぁ実際、怪獣映画というのは子供やファミリー層を対象にした作品が殆どな訳でありますが。子供向け・ファミリー向け前提で更に一歩進んで愉しむという方法を伝える事が出来れば引き込み用もあると思うのですが、しかしてそれを伝えるには実際に作品を観てもらって、必要に応じて解説をする、というやり方になるんですよね。
つまり、鑑賞会に誘った段階で「いや、俺、興味無いから・・・」と一蹴されたらそれでおしまいなんですな(苦笑)。
・・・しかし、『仮面ライダーシリーズ』なら、「ふぅん・・・。じゃぁ、観てみようか」となったりするんですよね。現行放送しているというのもあるでしょうが、インターネット上の掲示板なんかでも人気の高いシリーズでありますし、散々マスコミの報道なんかで「平成ライダーは大人も愉しめる!」みたいな報道がなされている訳でして、非ライダーファンでも入りやすい下地が出来ていると言える訳です。
そこに来ると怪獣作品は、現行で放送も上映もされていないというのがネックとなり、マスコミ報道による援護射撃も無い訳で、非怪獣ファンが入りやすい下地、等というモノは形成されている筈も無く・・・。

と、なれば、逆転の発想で、ライダーから大きく迂回して怪獣作品に持っていくという布教方法も無い訳ではありません。
仮面ライダーディケイド』や、今年春公開の『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』、漫画『仮面ライダーSPIRITS』等の影響で昭和ライダーも比較的布教し易くなっている訳であります。これを利用させてもらって、

平成ライダー

昭和ライダー

東映ヒーロー(メタルヒーロー、スーパー戦隊 他)

昭和特撮(ピープロ作品、円谷作品 その他多数ヒーロー作品)

怪獣映画


と、言った感じで大きく迂回して怪獣映画に繋げていけば・・・オールマイティーな特撮オタクが一人出来上がりますね!
・・・う~む、確かにこの方法であれば「昔の作品だから古臭い」等というような理由で昭和の特撮怪獣映画が敬遠される、なんて心配は無くなる訳ですが、こちらとしては怪獣映画ファンになって欲しいだけですので、別に特撮オタクという修羅の道に引きずり込むというのは気が引ける訳であります・・・。まぁ、特撮好きが増えてくれたらそれはそれで嬉しいのですが、なんとなく良心が痛みそうな気がします(苦笑)。
逆説的に考えると、昭和の特撮ヒーロー作品まで親しんでいる人に対して怪獣作品を薦めるのは容易であるという訳ですが、そこまでの人ならこっちが進めるまでも無く怪獣作品には目を通しているでしょうし・・・(苦笑)。

監督やスタッフに興味を持ってくれたら大迂回をする必要も無いんですがね。

田崎竜太監督作品

小さき勇者たち〜ガメラ〜


のように、簡単に移行させる事が可能な訳ですから。あの造型師やこの操演スタッフ、スーツアクター等々、特撮業界は広いようで狭いですからね。・・・って、結局特撮オタクの第一歩を踏み出すルートじゃないですか、それ。
しかし、最近はスタッフに興味を持つというタイプの人は少ないですし、まして特撮スタッフの話なんて興味が無くてアタリマエ。この布教方法はまず不可能なんでしょうなぁ。

特撮、特に怪獣映画は子供向けの作品である」という大前提を逆手に取る、という布教方法はどうでしょうか。
誰でも一度は子供だった訳であります。で、あるならば、子供向け作品である特撮怪獣映画を子供の頃に観ていた、という人は沢山居る筈であります。そこに入り込んで、
昔観ていた作品を観なおしてみないか?新しい発見があるかも知れんぜ!?
といった感じで布教してみる訳です。
こりゃ上手くいくだろう・・・と思ったのですが、この布教方法、管理人は実践して半分成功・半分失敗した訳であります。
確かに、自分が子供の頃観た作品を観なおす、というところまではいくのですが、そこから先、つまり、他の作品に移行する事は無いんですな。例外的にシリーズ作品であれば、その第一作目を観るというところまではいくのですが、その先にはなかなか行かないのであります。『ゴジラ』を観てくれたからといって『大怪獣バラン』も観てくれる訳では無いのであります。それが哀しい現実でありまして・・・。

こうなったら四の五の言っていられない、ハリウッドのモンスター映画・怪獣映画から布教してみよう!
という布教方法も無くは無いのですが、その場合逆に日本の特撮怪獣映画に対して拒絶反応を起こしてしまうというケースもある訳でありまして、そうなってしまったらもう本末転倒でございますな。
上手い具合に日本と海外の特撮に対する姿勢の対比というカタチで持っていけたら良いんですけれども・・・。

・・・現状で管理人が思いつく布教方法を挙げてみましたが、やはりどれもパッとしませんなぁ。唯一迂回して怪獣映画に持っていくパターンが一番良いのかも知れませんけれども、個人的にそれはそれでどうなんだ?と思います。
やはり怪獣作品というのは一定の特撮オタクにしか受け入れられないジャンルなのでありましょうか。・・・そうでなければ氷河期になったりしませんか(苦笑)。しかし、それはそれで哀しい事であると、管理人は思う訳であります。
・・・しかし、TVCMなんかを観たりしますと、結構特撮怪獣的要素の入ったCMなんかも流れているんですよね。思うに、日本人は潜在的に特撮怪獣作品が好きなんですよ。しかし、わざわざ映画館にまで足を運ぶ必要は無い、と判断する人が多くなったんでしょうね。
どうせ1年もしたらTVで放送するだろう
まぁ、怪獣映画に限った話でも無いでしょうけど、怪獣作品に関してはそう考える人が多くなったという事なのかも知れません・・・。

もう、怪獣映画が望まれてはいないかも知れません。いえ、一部の怪獣ファン以外に怪獣を求めている人は居ないでしょう。
しかし、管理人はそれでも怪獣作品を待っているんですな。好きですから。好きなもんはしょうがないんです。業みたいなもんです。ですから、新しい怪獣作品を拝む為に、今日も怪獣作品普及の為の布教の野望を練り続けている次第でございますよ(笑)!
2012年公開予定とされるハリウッドの新作ゴジラ、2013年復活と噂されている本家東宝の新作ゴジラ。差し当たりこの2つのゴジラに注目しつつ、今は静かに布教活動にいそしんだ方が良いのかなぁ、と思う今日この頃であります。
・・・最新の怪獣映画が『デスカッパ』では、あまりに哀し過ぎます(いや、嫌いじゃないけどね!)。


【関連記事】
「子供向けだ」と一蹴するな!
布教
怪獣オタ的不満
時代は怪獣を望むか?
怪獣映画はお祭りみたいなものです
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 番外編 【怪獣映画特集 パート1】

【関連商品】
【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ(昭和29年度作品)【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ(昭和29年度作品)
(2009/09/18)
宝田明、河内桃子 他

商品詳細を見る

大怪獣ガメラ デジタル・リマスター版 [DVD]大怪獣ガメラ デジタル・リマスター版 [DVD]
(2010/07/23)
船越英二、山下洵一郎 他

商品詳細を見る

デスカッパ [DVD]デスカッパ [DVD]
(2011/06/02)
平田弥里、深華 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/06/20 23:59|特撮関連雑記TB:0CM:5

コメント


ライダーから怪獣に持っていく……。

「ハヌマーンと5人の仮面ライダー」

から

「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」

という流れですね(違う)。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/06/21(火) 13:36 [ 編集 ]

いいですねえ。「怪獣映画」ってそれだけでなんかワクワクしますねえ。見慣れた景色の遠景にロングで歩む異形の巨大なシルエット。リアルな非日常。怪獣の存在する世界。(私の平成マンガ一作目も怪獣西部劇でした)

ゴジラやガメラも血が騒ぎますが、もっとオリジナルの良作もつくれそうなものなんですがねえ。興ざめな屁理屈こねて駄作にしてしまうような平成怪獣映画じゃなく。コンセプトやテーマを明確にしつつ、エンターテインメントに徹するような。

私の野望は「西部劇の復興」ですが、つくるのはハリウッドまかせwwなので、どちらかというと日本で「忘れ去られないように声を出している」という、なんか消極的なものです…。

まあ、頑張りましょう。応援します!
矢端想 #1h4OZhZI|2011/06/21(火) 19:18 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
そして、『ジャンボーグA VS ジャイアント』へ…(爆)。


>>矢端想さん
早速友人に布教して大火傷を負いました。
彼にアニメ『かみちゅ!』を布教しようとした時も大火傷を負いましたので、もう彼に布教するのはやめようと思います…。

私の周囲には何故か怪獣を受け付けない人ばかり集まってくるので、心が折れまくりですよ…。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/06/22(水) 22:54 [ 編集 ]

特撮作品で一般に受け入れやすいのは、やはりホラー系かもしれません。一方でヒーロー系や怪獣系は酔狂度が高く、同時にハードルも高いかもしれません。私はホラー系が苦手ですので、布教のタイミングを逃してばかりですが、別のアプローチとして、「漫画原作系」と「女優・アイドル系」というのもありまして。

「漫画原作系」では「逆境ナイン」や「笑う大天使」などいかが?堀北真希なら「ALWAYS」なんてのもあります。

また「女優・アイドル系」だと意外に怪獣系はいろいろ行けそうじゃないですか。釈由美子とかなら「スカイハイ」なんてのもありますし。

「ごくせん」「リング」で「仲間由紀絵」なら、「ガメラ3」の出演歴なんてのもあるし。「学校の怪談」から「前田姉妹」で「ガメラ3」なんてルートもあります。

また「パニック映画」というジャンルで、ハリウッド的なパニック映画から「日本沈没」とか「首都消失」「復活の日」を経由して「さよならジュピター」というデスルートもあります。
つまりですね、最終的に「東宝映画」「大映映画」にたどり着きさえすれば、その特撮の原点を「怪獣映画」に求めることができるってわけ。いかが?
波のまにまに☆ #-|2011/06/23(木) 09:42 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
布教、難しいです。怪獣映画に限らず、アニメも映画も…。
一昨日、熱心かつやんわりと布教した結果、「テレビでやってたら観るよ」みたいな事を言われてちょっと心が折れそうです(苦笑)。何故か私の周囲にはそういう人ばかりな訳でして…。

手っ取り早いのは相手の好みとこちらが布教したいモノがバッティングする作品、若しくはその取っ掛かりを見つける、という事なのでしょうけど…。
「源流とか元ネタには興味無い」と一蹴されるのが怖いデス。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/06/24(金) 07:24 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/845-062a8e32

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.