管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『日常』の配信停止騒動に関して思った事など 

これまで管理人はアニメの地域格差解消の一つとして、「インターネット配信」というモノについて注目してきた訳であります(下記【関連記事】参照)。
管理人の祈りが通じたという訳では無いでしょうけれども(笑)、インターネット配信をしているアニメ作品は期追うごとに増加してきているように思います。また、インターネット配信から話題が広がり、売り上げが伸びたアニメやらゲームやらの話も、ちょくちょく耳にしますね。そういった感じなのでありますので、管理人は「この調子でインターネット配信をどんどんやっていただきたいなぁ!」と、思っている訳でございますよ。
ところがこの度、アニメのインターネット配信についてちょっと考えたくなるような出来事があった訳でありますよ(・・・と言っても、そんなに大袈裟な話でも無いのですけれども)。

今や日本最大の動画サイトとなった感のある、【ニコニコ動画】。そのニコニコ動画に於いても、アニメの公式配信が行われておりまして、今期(2011年4月期開始アニメ)に於いては15作品を超えるアニメが配信中なのであります。管理人もお世話になってます(笑)。
その配信されている作品の内の1作品、京都アニメーション制作の『日常』の無料配信期間が短縮・各話販売を停止するとのお知らせが、先日発表されました。

アニメ「日常」配信動画の順次販売停止について ニコニコインフォ

何故ここにきて配信期間の短縮&販売停止するに至ったのか?という事で、イロイロな所で話題にされておりますね。「DVD&BDの予約数が思った以上に少ないから」とか、「配信に割く予算が無くなってしまったから」とか、様々な憶測が飛んでおる訳でございますよ。
管理人も、配信期間の短縮&販売停止の理由はやはり「DVD&BDの予約数が思った以上に少ないから」であると思います。
しかしながら考えてみますと、『日常』のニコニコ動画に於ける再生数・コメント数・マイリスト数を見てみると、物凄く多いんですよね。しかし、ソフトの予約数は伸びてはない。これはいったいどういう事なのでありましょうか?

考えられる問題点として、「ソフトを買う層が愉しんでいるとは限らない」というのが某所で挙げられておりました。
日常』のコメントを見てみると、結構「学校が~」とか「友達が~」といった感じの、中高生らしき人が書き込んだと思われるコメントが散見される。この事から考えると、『日常』を観ている視聴者層は、中高生が圧倒的多数を占めるのだ、と、そのように書かれてありました。
しかしこれは、ちょっと飛躍し過ぎのような気がします。確かに、そうであるならばソフト購入層と視聴者層が被らないという事で一応説明はつかなくもないのですが、流石に「中高生らしきコメントがあったから」という理由だけで「『日常』の主な視聴者層は中高生である」としてしまうのは、あまりにも横暴でありますぞ。

管理人は、『日常』という作品自体の問題であるように思います。
この作品を観るに、演出面で京都アニメーションが様々な「実験」をしているように思うんですな。
よく「京都アニメーションはとても丁寧な演出をする」という事が言われまして、管理人もそう思います。この『日常』に於いては、様々なシチュエーションを設定し、それに見合った(またはそのシチュエーションをギャグにする為の)演出で突っ込んでいく、という方向性で作品を組み立てているように思うのです。そういうあたりが実に「実験的」であるなぁと、管理人は思うのでありますよ。
そういった実験的な作風で、次回予告に有名・大御所声優を起用する等の話題性もある。確かにニコニコ動画向けな作品であると、管理人は思います。
しかし同時に、
コレ、売れる作品では無いなぁ・・・
という感想を持ってしまう事は否めないんですよね。

結局はそこに行きつくのではないかと、そう思うんですよね。配信しようがするまいが売れる作品は売れるし売れない作品は売れない、という事ではありませんし、配信する事で売り上げが伸びるという事もあると思います。配信する事によるメリットというのは、結構あるように管理人は思うのです。
しかし、『日常』の場合は、そのメリットを活かし切れていないように思いうんですよね。
ソフトの購入」という行為は、早い話が「繰り返し観たいから」というところに帰結する訳です。これは管理人の主観でありますが、『日常』は繰り返し観たい!と思えるような作品では無いと思うんですよね(と、いいつつも毎週2回づつ観なおしている訳ですが(笑))。大前提として、「ギャグ作品である」というのがあるんですよ。ギャグというのは1回見聞きすればそれでその役目は果たされてしまいますから、別段繰り返し観る必要も無い、と(勿論、例外はあります。例えば、お笑い芸人の漫才やネタの中には伝説的とも言えるモノもある訳でして・・・。一概に言い切ってしまうのは危険ではあると思いますけれども)。と、なると、ソフトを購入しようと考える層というのは限られてくるのではなかろうかと、管理人はそう思うのです。

また、ソフト自体が結構高価であるというのも「予約数が少ない要因」の一つであると思います。
日常』のBD特装版の価格は、実に7980円。通常版でも6930円であります。1巻に2話収録でこの価格・・・!『日常』の放送期間は2クールの予定。ソフトのは全13巻で、揃えようとすれば、(全て特装版で揃えようとすると10万3740円も必要な訳でございます(因みにこれは俗にいう「準角川価格」というものであります。流石は角川、高価格で攻めてきますなぁ。純角川価格(2話収録・8190円)で来なかっただけ良心的と言うべきなのかも・・・という声もチラホラ聞きます。逆説的に考えると、角川は『日常』に、それだけ力を入れているとも言える訳でして・・・)。
正直なところ、この作品にこの価格設定をしたのは明らかな戦略ミスであるように管理人は思うのでありますが、さてさて。

しかし、今回のこの騒動、腑に落ちない点が一点あります。それは(無料配信期間の短縮はともかくとして)、「何故有料配信を中止するのか?」という点でございますよ。
先述のように、『日常』はニコニコ動画向きの作品です。で、あるならば、「コメント付きで観たい!」と思う視聴者が結構居ると思うんですよね。有料配信とは言っても、200円程度。それなら、後から「ちょっと観てみるかな」と思う人が居てもおかしくは無い。ソフトが売れないのであれば、そういったところで少しでも回収するべきではなかろうかと、管理人は思うのでありますが・・・。

何にせよ、アニメのインターネット配信という新しい形態での「人気」、「ヒット」、「売り上げ」といった相互関係について、制作側も視聴側も、少し考えるべきなのかも知れませんね。
売り上げ売り上げうるさく言うな!」とは言っても、今のアニメ界(特に深夜アニメ)がソフトを売る商売形態である以上、仕方の無い話なのですから・・・。


【関連記事】
続々々・アニメの地域格差
「日常系」とは何ぞや?
アニメのソフトの価格についてのお話
話題性が重視される

【関連商品】
日常のブルーレイ 特装版 第1巻 [Blu-ray]日常のブルーレイ 特装版 第1巻 [Blu-ray]
(2011/06/24)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/05/31 16:13|アニメ関連雑記TB:0CM:4

コメント


日常のチャンネルを登録していたので配信停止のメールが来たときには驚きましたね。

日常を観ている私の感想としては飽きますね。物語にまったくと言っていいほどつながりがなく意味不明な展開には最初は面白いと思ったものの最近は何が面白いのか分からなくなってきましたね。これが1クールなら最後まで観るかという気になりますが、2クール…という気分になりますね。

あとは1話目を観た後に原作をTUTAYAで借りて読みましたが、漫画の展開とオチが読めるとかなり面白くないですね。これに加えて原作を読んでいる人の中にはなのが女子高生でない事を不満に思っている人もいるようですから原作を読んでいる人は意外に楽しめないのかも知れませんね。

それと他のニコ動配信アニメと違いTV放送よりも早くニコ動で配信されていましたね。そこらへんでTVCMを観なくなる人が出てきてスポンサーから苦情が来たのも知れませんね。CMがほぼ身内といってもスポンサー料を支払ってCMを出していますからね。
第4のペロリンガ #-|2011/05/31(火) 21:34 [ 編集 ]

>>第4のペロリンガさん
演出的には面白いんですよ、演出的には!
…やはり、「繰り返し観てもらう」という事を念頭に置いた場合、ストーリー性のある作品の方が良い、という話になるんですよね。その点から言っても、ギャグ作品である『日常』が売れないというのは企画段階から分かっていそうなものですが…。

スポンサーは関係無いと思いますよ。インターネットで本放送よりも早く配信するという話は事前に通達されている筈ですし。
また、この作品はソフト販売を行う角川が筆頭スポンサーですし。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/06/01(水) 19:56 [ 編集 ]

上記の記事を拝見して、そんなことがあったのかと驚いた次第です。

ですが、「TV放映よりも先行しての配信」はTV局側には、ダメージが大きいと単純に思うのですが。だってネット配信見たら、TV見なくなるじゃないっすか。TV放映後の配信なら問題なかったんじゃないだろうかと。

「日常」という作品自体を考えると、たしかに微妙なものかと。「けいおん!」や「あずまんが」などのいわゆる「日常系」のテンプレートから妙にはずれてる感じが、楽しめる人には楽しいけれど、角川・京アニラインの「らきすた」などを楽しんだ人にとっては、食いつきが悪いんじゃないかと思えます。そのソフトが、露骨な準角川価格とは・・・・そりゃ売れないって思うし(笑)

私にとってはギャグアニメとしては、必要十分以上のハズし技で楽しんでおり、わりと繰り返して録画を楽しんでいます。ギャグアニメとしてはそれなりに良質だと思うんですけどねえ。ちょっとイラっとすることもありますけどね。
波のまにまに☆ #-|2011/06/02(木) 08:09 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
製作委員会内にTV局も入っていると思うので、そのあたりに関しては徹底していると思いますけどね。
…もしかしたら、「TV放映前に配信する」という事のテストも兼ねていたのかも知れません。それが駄目だった為配信期間短縮&販売停止になった、というようにも考えられなくもないですけれども、真相は闇の中…(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/06/04(土) 00:52 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/829-d01e1a93

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.