管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

巨大ロボットアニメについてのお話 

現在に於いては怪獣氷河期でありまして、年に一度の怪獣映画!・・・なんてやっていない訳であります。そんな感じでありますので、怪獣作品が主食である管理人などは、デアゴスティーニから出ている「東宝特撮映画DVDコレクション」や、たまに特定の雑誌で組まれる怪獣特集やムック、関連書籍等で飢えを凌いでおる次第であります。
一方、これまた冬の時代であると言われているジャンルが、アニメ界には存在します。それは「巨大ロボットアニメ」と呼ばれるジャンル。『鉄人28号』以降、数多の巨大ロボット達がブラウン管狭しと暴れまわった訳でありますが、その絶対数は00年代後半から減少していっておりまして、今期に於いては巨大ロボットアニメというものは1作品も放送していないという事態となっております。
・・・まぁ、辛うじて『ダンボール戦機』が強化ダンボールの中で疑似巨大戦を繰り広げてくれている訳ですが(巨大ロボも出てきそうな雰囲気はしとりますので、今後に期待、でしょうかね(笑)。)・・・。
と、いう事でございまして、本日は、何故、巨大ロボット作品が冬の時代を迎えるようになってしまったのか?という事について、少し考えてみたいと思います。

・・・まぁ、簡単に言えば玩具会社が「ロボットは売れない」と判断しているからというのが一番大きいんでしょうけどね。ロボットアニメというモノはスポンサーであるオモチャ会社の出資無しでは出来上がらん訳ですよ。ロボットアニメのスポンサーがターゲットにするのは、大体小学校低学年~小学校高学年の男児であります。
しかし今の子供はロボットよりもカードゲームやTVゲームに御執着。アニメのロボットなんかには目もくれない、という現状があるのは紛れもない事実であると言わざるを得ませんね。
中には、「ただ観る(受け身になる)だけのアニメよりも、自分が介入できるゲームの方が面白い」という意見を持つ子供も居るそうです。いやはや、そういうふうに考える子供も居るんですなぁ・・・。
しかし、ここで考えるべきは何故子供がカードやゲームに夢中になり、ロボットに興味を示さなくなったのか?という点であります。よくよく考えなくとも、本来であれば子供がロボットアニメを観ていた訳でありますので、「子供がロボットに興味を示さなくなった理由」というモノがある筈なんですよ。いくら時代が進んだからと言って、子供の嗜好というものが変わるとは考えにくいですもんね。実際、カードゲームやTVゲームの内容をよく見ると、ロボット型のモンスターやらキャラクターというものは結構存在しているんですよね。
そう考えると、ロボットという存在そのものは子供達の中に息づいていると言えるでしょう。問題はそれをアニメに移行させる事が出来るかどうか、なのですが・・・。
根本的な問題として、玩具会社は「ロボットは売れない」と判断している以上、どうする事も出来ないんですよね。この壁がある限り、事実上巨大ロボットアニメの復権というモノは成し得る事が出来ないと言わざるを得ません。
しかし、ここでロボットアニメの歴史を見てみると、復権についてのヒントが隠されている訳ですよ。

まず最初に、巨大ロボットアニメ黎明期とも呼べる時代。『鉄人28号』に始まり、『マジンガーZ』、『ゲッターロボ』等々、様々な巨大ロボットアニメが誕生していった訳です。
そうして、『宇宙戦艦ヤマト』や『スターウォーズ』等の影響を受けたSFブームの流れで『機動戦士ガンダム』が誕生。以降、いわゆる「リアルロボットアニメ」を主眼とするリアルロボットブームが起きる訳ですな(よくリアルロボットアニメの始祖的な感じで『ガンダム』が槍玉に挙げられる訳ですが、重厚なストーリーという点に於いてはそれまでのスーパーロボットアニメにその源流が見られる訳でして、結果SFブームとの兼ね合いでリアルロボットアニメとして昇華されただけである、という印象を持ちますけどね)。
このリアルロボットブームで80年代は『装甲騎兵ボトムズ』や『超時空要塞マクロス』、『太陽の牙ダグラム』といった作品群が誕生する訳ですが、そのブームと同時に巨大ロボットアニメはハイターゲット化していったんですよね。そのままでは本来の消費者であった子供達は、ロボットアニメから離れて行ってしまう訳ですよ。
しかし、この時代は『SDガンダム』もブームとなっていた時代なんですよね。また、雑誌掲載と模型玩具で成功を見た『ゾイド』なんて存在もあった訳であります。このあたりが子供達とロボットを繋ぎとめていたのではないかと管理人は思うのですが、さてさて。
因みにリアルロボットブームの要因としては、やはり70年代の巨大ロボット黎明期にロボットアニメ作品を観て育った層が80年代のリアルロボットアニメを支持した、という流れで考える事が出来ると思います。やはり下地無しでリアルロボットブームは無し得なかったと思いますよ。
そんな訳で90年代。管理人の生まれた頃からはまた子供をターゲットに据えたロボットアニメが多く始まる訳ですね。『勇者シリーズ』に『エルドランシリーズ』、『魔神英雄伝ワタル』等、管理人も観ていた作品群の誕生でありますよ。これで「子供の為のロボットアニメ」が復権したと言えるでしょう。
しかしまぁこの復権は制作側とスポンサー側の意見が一致したからこそ成し得た復権であるとも言えまして、そういった作品群がこの時期に数作出てきてくれたのはある意味奇跡のようなものであったと思いますね。
で、95年、『新世紀エヴァンゲリオン』が登場。同作の成功に業界は「玩具を売る」という考えから「ソフトを売る」という考えにチェンジしていくんですね。そうして、現在も続く深夜枠アニメ台頭の時代へととなっていく訳でありますな。
この深夜アニメの台頭というのが曲者でございまして、状況としては80年代のリアルロボットブームとよく似ているんですな。しかし、そのリアルロボットブームと異なるのは、『SDガンダム』や『ゾイド』に準じる作品が無いという点であります。そういう「下地」が無ければこの先巨大ロボットアニメが復権できるかどうか、という事が危くなってくるように感じるのですよ。
・・・数字だけ見ると、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズや、『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズなんかのソフトが売れていたりする訳で、「まだまだロボットアニメも安泰じゃないか」と言えなくもないような気がしますが、実際はそれらの作品というのはハイターゲット狙いなんですよね。本来の子供に向けた売りの戦略では無い、と。

・・・まぁ、このように簡単にロボットアニメについての歴史を独断と偏見で纏めてみた訳ですが、これを見ると何が問題なのか?というのがよく分かりますね。
要は、「子供が巨大ロボットアニメに興味を持てる下地が現在に於いては無い」という事なんですよ。当然、下地が無いんだから「ロボットは売れない」訳です。
90年代後半以降の深夜アニメの台頭によって、アニメ業界がすっかりオタク志向になってしまった事が原因ですな。オタク向けに走るべきでは無かったとは言いませんが、一番大切な部分が疎かになってしまっては元も子もありません。
じゃあ寧ろ子供を無視してオタク向け一本に絞ったらどうだ?」という意見もあろうとは思いますが、「将来オタクになる」のは紛れもなく「今の子供」な訳でありまして、彼らに巨大ロボットアニメを伝えなければ巨大ロボットアニメへの需要は無くなり、やがては巨大ロボットアニメというジャンルそのものが消滅してしまうのではないかと、管理人は危惧しておる訳であります。

やはり今からでも、純粋な子供をメインターゲットに据えたスーパーロボット作品を増やすべきだと思うんですよ。新しい巨大ロボットアニメファン(子供)を獲得せねば、巨大ロボットアニメというジャンルはこのまま消え去ってしまう。それは嫌だと管理人は思うのでありますが、どうでしょうか。
巨大ロボットアニメを怪獣映画のように「氷河期」に突入させたく無いんですけどねぇ・・・。

因みに、クリエイター側の視点に立って考えてみると、また別の問題が発生してしまうんでうよね。早い話が、「ネタ切れ」です。
玩具メーカーと提携を組んで作品を創る以上、イロイロと制約が出て来る訳なんですね。そう考えると、制約の中で限られた内容をやろうとすると、どこかしら何かの作品の二番煎じ三番煎じとなってしまう訳です。
また、リアルロボットにしても80年代のリアルロボットブームで大体の事はやってしまった訳で・・・。やれる事がもう無いとも言えるんですよね。
そんな現状では制作側のモチベーションが上がらないというのも、一理あると思います。
また、この10年強でロボットを動かせるアニメーターが少なくなったとも聞きます。そうすればやはり、3DCGに頼らざるを得ないのかなぁ、等と思ってみたり。
それでも何とか、巨大ロボットアニメというジャンルを消滅させないで欲しいと思う次第でありますよ。


【関連記事】
ロボットアニメについて考える
ロボット=ガンダムかぁ・・・。
アニメは先細りするのか?
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第08回放送

【関連商品】
スーパーロボット画報―巨大ロボットアニメ三十五年の歩み (B media books special)スーパーロボット画報―巨大ロボットアニメ三十五年の歩み (B media books special)
(1997/12)
スタジオ・ハードMX

商品詳細を見る

ロボットアニメ・ネタペディア2010 (わかる!元ネタシリーズ)ロボットアニメ・ネタペディア2010 (わかる!元ネタシリーズ)
(2010/12/22)
TEAS事務所

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/05/15 09:45|アニメ関連雑記TB:0CM:7

コメント


スーパー戦隊シリーズのロボット展開から考えるに、子供が喜ぶロボットというのは合体や構造が年々複雑・多様化していますね。それを昔みたい複数やるのはバンダイとしてはきついのかも知れませんね。

それとロボットアニメの最大の難点はロボットの設定や描く手間がかなりかかる事ですかね?かなり複雑な装飾や戦闘シーンがあったりして描くのが大変だったりメカ専用の人員を揃えなければいけないですからね。そのせいか最近は戦闘シーンにCGが多用されるようになっていますね。
まあロボットアニメの場合はプラモやフィギアの展開も望まれますが、ガンダム以外でそのような展開が望まれる事はかなり稀な例で最近マクロスFやダンボール戦機がラインナップされているのがすごいですからね。ROBOT魂なんか豊富に発売されるシリーズもありますが、放送終了後がメインでありヲタク向け商品になってしまいますからね。
第4のペロリンガ #-|2011/05/15(日) 10:22 [ 編集 ]

>ただ観る(受け身になる)だけのアニメよりも、自分が介入できるゲームの方が面白い

割と昔から言われてたような気がします。それこそドラクエが爆発的人気になった頃から。

戦隊ヒーローって巨大ロボット物の下地としては機能してないんでしょうか。
アニメとはまた違うんでしょうが共通する部分もあるのかなと。
chokusin #-|2011/05/15(日) 10:25 [ 編集 ]

戦隊ヒーローは、「子供が遊べるオモチャ」のレベルを逸脱してしまった面があるかと。

だって、某ゴーオンなんとかとかシンケンなんとかのロボットは、全部おもちゃを組み合わせると、子供には「持ち上げて下ろす」しか遊ぶ手段がない、という……。

複雑化よりも、「あっと驚くアイデア」のほうが求められるのですが、そんなものが簡単に見つけ出せたら苦労はない。

「闘士ゴーディアン」なんか、アニメはあんなにクソだったのにおもちゃはバカ売れしましたからねえ。

子供たちが求めるのは、無闇な合体変形ではなくて、新たな「ゴーディアン」なのですが……。

十年以内にそんなアイデアが見つかったら拍手しますな。

うむむ。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/05/15(日) 21:52 [ 編集 ]

>>第4のペロリンガさん
傾向を見るに、
「以前コレをやった。じゃあ次はコレをやろう!」
という発想のもと、どんどん変形・合体機構が複雑になっていっているんですよね。玩具になる訳ですからある程度の複雑さ、説得力は必要ですが、問題はそれがインフレしちゃうのが問題であるかと。
業界は「飽きられる」のが怖いからメカの複雑化へ走るんでしょうけど、実際はそうでもないんじゃないかと私は思います。

>最大の難点はロボットの設定や描く手間がかなりかかる事
仰る通り、そこが一番の難点なんですよね。
しかしこの10年でアニメーターの入れ替わりもあったりで、メカやロボを描けるアニメーターがかなり少なくなったんですね。それ故に3DCG表現が多用されるようになった訳で。
単純にメカを描く上での効率化という側面もありますので、今後3DCG化は益々促進されていうのではないかと思います。
手描きアニメファンとしては哀しい事ですけど、時代の流れ、という事で…。


>>chokusinさん
アニメにはアニメなりの、ゲームにはゲームなりの愉しさがあるんですが、子供は残酷です…。

>戦隊ヒーローって巨大ロボット物の下地としては機能してないんでしょうか。
…どうなんでしょうか。しかし、巨大ロボットという存在が子供達の中でそれなりのウェイトを占めるきっかけにはなっていると思います。
しかし、「アニメ」になると変に「オタクっぽい」とか思われたりしているみたいで…。妙なところで線引きされているような気がするんですよね。
これもまたオタク報道による弊害のような気がします。


>>ポール・ブリッツさん
全合体で重くなるよりもトランスフォーマー的変形の方が遊んでいて愉しいですもんね。

新しいアイディアの変形&合体基軸、ですか。
そうそう出てきそうにないというのがアレですね…。
ロボットやメカのオモチャ会社も、袋小路に迷い込んでいるような気がします。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/05/16(月) 00:34 [ 編集 ]

 ここで、「スポンサーがロボットを売れないと思った理由」をもう少し突っ込んで考えてみたいと思うのです。

 「ロボットのおもちゃ」のプレイバリューを考えると、敵も味方も想像して遊ぶしかない。コレクションしている子供なんてそうはいないわけで、そうすると売る側も買う側も、商品としては短命なわけです。どなたかが指摘していましたが、開発に費用がかかる。でも基本的に放送期間限定の商品となる。そして遊ぶ子供の側に、想像力を強いる。

 一方のカードゲーム、ベイブレード、ビーダマンなど、アニメの影響もあるけど、商品自体はアニメとは関係なくプレイバリューが高い。しかもルールがある中での勝ち負けが、遊ぶ時の想像力に依存しない。しかも一度出せば長期間にわたって販売し続けることができる。開発費を十分に回収することができるわけです。

 そしてなにより、ロボットのおもちゃは親にねだらないと買えないけれど、カードゲームは自分のお小遣いで買えるんですよ。

 遊ぶ側の子どもの「想像力」にも問題はありますが、ロボットのおもちゃや販売戦略としてのロボットアニメには、こうした資本原理が根強く働いていることが想像できます。

 したがって、ロボットのおもちゃが「超合金魂」や値段の高いアイテムに偏ってしまうのは、ロボットのおもちゃで遊ぶための想像力を有しているには、子供のころにロボットのおもちゃに慣れ親しんだ、わたしたちいい年をした大人だけなわけですよ。

 注目したいのは、ロボットアニメがリアル路線を目指したことにより、低年齢の子供が見なくなったという弊害です。頭を使うよりもルールを決められた中で楽しむ思考は、こうした子供のロボット離れにも顕著に表れていると思えます。
 このとき、リアルロボットを楽しむことができた年齢の人は、後にロボットを偏愛する大人となり、リアルがダメな子供は、受け皿としての「ワタル」や「エルドランシリーズ」が待ち受けていましたが、これとてRPGなどのゲームの要素を持った作品群です。ロボットよりもゲームにシフトした物語は、結局ロボットものから離れてしまう結果につながります。

 結局、こうしたゲームへの流れを予見したために、おもちゃ業界はゲームにシフトして、ロボットから手を引いて行った。出資を受けられないアニメ制作は、このあおりを受けたんだと思います。そしてロボット離れに拍車がかかると。

 こうなれば、ガンダムが伝統芸能のような状態になるのもうなずけます。(長々とスイマセン)
波のまにまに☆ #-|2011/05/18(水) 11:47 [ 編集 ]

追記
「戦隊ロボが下地にならない理由」については、「オタク」の世間的な認知に最大の原因があると考えます。

 つまり、親が「オタク」を非難し、それを聴いた子供が、オタク的な行為を排除する。ロボットにこだわることも、こうした一連だと思えます。
波のまにまに☆ #-|2011/05/18(水) 11:52 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
要はコストパフォーマンスという話になっちゃいますよね…。
下地が無いとどうしようもない、と。

逆転があるとすれば、ゲーム化前提のロボット作品、というあたりになるんでしょうか。今だと『ダンボール戦機』がこれに当たると思うのですが、動向が気になるところです。
…尤もこの作品の場合、かつて『メダロッド』や『カスタムロボ』なんかにハマった層をターゲットにしているみたいですが、子供達の反応がどうなるかという点では非常に気になる作品ですよね。

>親が「オタク」を非難し、それを聴いた子供が、オタク的な行為を排除
やはりロボットって「オタク的なガジェット」として認知されているんですよね。
ここでも必然的にロボットは大きなお友達向け向けになってしまうという要因が…。
世間の認識を改めさせるには…難しいでしょうね…。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/05/18(水) 12:50 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/813-a3ba7b94

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.