管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「日常系」とは何ぞや? 

よく「日常系作品」などとは言いますが、何をもって「日常」とするのか?という点では、管理人は甚だ疑問に思ってしまいます。
世間一般で「日常系作品」と呼ばれるのは、例えば『苺ましまろ』や『けいおん!』、或いは『らき☆すた』に『みなみけ』、『あずまんが大王』といった感じの作品群であるように思う訳であります。しかして管理人はこの「日常系」という響きに妙な感覚を覚える訳ですね。
確かにそういった作品群は「女子高生の日常生活」なんかを描写したような作品であったりする訳なのですが、果たしてそれが「日常」と呼べるシロモノなのか?それのみを「日常系作品」という括りにしても良いものなのか?と、そう思う訳でございますよ。

そもそも「日常」とは何か?例によって広辞苑で引いてみると、このように書いてあります。

【日常】つねひごろ。ふだん。平生。平常。「―的」「―の生活」「―業務」


つまりは、生活そのものの事でありますな。早い話が「普段の生活」を描いた作品こそがが「日常系」の作品、という事になる訳です。「女子高生の日常」だけが「日常」では無い訳でして、『孤独のグルメ』のような作品も言ってしまえば「日常系漫画」に部類される筈ですよね。否、それだけではなく登場人物達の「生活」を描いていさえすれば、全て「日常系作品である!」と言ってしまう事が出来ると思うのです。
SFでもファンタジーでもそうなんですが、我々現実世界に生きる人間からしてみればそれは紛れもなく「非日常」であります。しかし、その作品の登場人物達からしてみればその非日常が日常である筈です。逆に作中の登場人物からしてみれば、現実世界の我々の方が「非日常」となるのではなかろうかと思う訳でありますよ。
また、日常と非日常は常に隣り合わせなんですよね。我々が生きているこの現実世界も、自然災害や戦争が起こってしまったら崩れ去ってしまう非常に脆い存在であると言わざるを得ません。そんな中で「日常」の定義なんてとてもつけれたものでは無いと管理人は思うのですが、どうでしょうか?

日常」なんてものは本当に主観的な概念なんだと思うんですよ。その主観的概念である「日常」をジャンル化して「日常系作品」なんて言っているのを見ると、どうも妙に思えちゃう訳でして。
ですから「日常系作品」なんてものは存在する訳もなく、もし本当に存在するのであればそれは視聴者の日常生活を克明に描写しているようなモノになるのではなかろうかと。そんな作品を創るのは実質無理な話です。「作者の日常を綴った作品」も「日常系」になるのかもしれませんが、それは随筆」呼ばれるようなモノなのではないでしょうか

・・・という話を友人とした訳なのですが、曰く、
日常系作品にはちゃんと定義があるのだ!
とのこと。その定義は、

・キャラクターが年を取らない
・一話完結型
・世界観に変化が無い   …等々


う~ん、どうなんでしょうなぁ、こういった定義は。なんだか釈然としません
で、まぁ、某巨大掲示板群に行ったり諸個人ブログを見て廻ったりもした訳ですが、どこも定義云々という話になるとアヤフヤなモノになっている訳です。
これはアレですか。いわゆる
あなたがそうだと思うものが(ry
ってヤツでしょうか。そういう曖昧なモノはジャンル付けしないでいただきたい・・・とか思っちゃいますが、よく考えてみたら管理人の好きな「SF」というジャンルひとつ見てもその定義は非常に曖昧であると。そう考えてみると「日常系作品」というジャンルもまた、そういうものであると解釈するべきなのかも知れませんね。
・・・う~ん、やっぱり釈然としません(苦笑)!

因みに現在、その名もズバリ『日常』というアニメが放映されております。
これは「シュールレアリズム渦巻く日常生活」を描写しているギャグ作品でありまして、若干「日常」のありかを喪失気味な、そんな作品であるように思います。それにしても京都アニメーションらしい演出が面白く(ry

【関連記事】
空想科学についてのお話
「サザエさん時空」に対しての妄想
漫画 『悪の凡才が時に野心を抱き~戦斗員奮闘記~』


【関連商品】
日常 1 (角川コミックス・エース 181-1)日常 1 (角川コミックス・エース 181-1)
(2007/07/26)
あらゐ けいいち

商品詳細を見る

“日常系アニメ”ヒットの法則 (キネ旬総研エンタメ叢書)“日常系アニメ”ヒットの法則 (キネ旬総研エンタメ叢書)
(2011/05/26)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/04/28 00:31|アニメ関連雑記TB:0CM:3

コメント


「日常」系作品とは、登場人物の主要なメンバーが、自分が現在いる/直面している事態に対して、「疑念」も抱かなければ「怒り」も抱かず、その事態や状況をなんとかしようという能動的な行為に一切出ない、というタイプの作品……のような気がします。

でもまあ、こういったものの「定義」は事実上不可能なので、ヴィトゲンシュタイン風に「家族的類似」とかいってすましていたほうが賢明かもしれません。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/04/28(木) 06:27 [ 編集 ]

「セカイ系」という言葉もそうですが、世の中こうした類似したものをひとくくりにする言葉というものを表現することが大事なような風潮があるように感じますが、私にはこうした動きに抵抗感を感じます。それはむしろそのカテゴリーにひとくくりにした段階で、すべての評価を終えてしまう思考停止状態を促すような気がしてしまいます。その言葉を使って表現をした最初の人はいいとして、その言葉を他に適用したが最後、その追随者にはそれ以上の思考の発展が望めない雰囲気すらあります。
たとえば明らかにギャグのセンスとして日常を題材としながら、そこに潜む非日常に焦点をあててギャグアニメとしている「日常」という作品をみていると、あれをもって「日常系」ということばでくくること自体ナンセンスだと思うし、なぜ「ウケた」のかなぜ「面白い」のかという思考にいたらないのは、完全に思考をめんどくさがっているとしか思えません。「本作は今流行の「日常系」の1作として大人気となった」という評価は、まったくもって評価にはなりえないと思います。そんな言葉は単なるオタクの自己満足であり、そこから外に出た表現を見つけない限り、市民権を得られるはずがないの思うのです。
ポールブリッツさんが指摘するように、あいまいなまま他人の定義にしたがって分類するのは、「セカイ系」同様の定義できない無用なカテゴリーの言葉を増やすだけな気がします。
波のまにまに☆ #-|2011/04/28(木) 12:10 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
単純に定義付けできないというのが何とも…。
仕方の無い話ですけれども。


>>波のまにまに☆さん
私もそうした動きには抵抗がありますが、しかし共通認識として名称を付けるというのも必要ではないかと思う訳です。
あくまでも「こんな感じの…」程度の認識レベルで言えば、定義化が困難でもカテゴリ付けをするべきではないか…と思うと同時に、それに対する抵抗感もあり…。我ながら矛盾の中で生きてますなぁ(苦笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/04/29(金) 00:12 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/797-74d4675b

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.