管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「サザエさん時空」に対しての妄想 

サザエさん時空」という用語があります。
まぁ、意味はご存知の通り、国民的作品である『サザエさん』が何年経っても作中時間の経過を起こさないという所が元になった、いわゆる『サザエさん』的作中時間経過を採用している作品の時間軸の事を指します。
ちびまる子ちゃん』、『ドラえもん』、『クレヨンしんちゃん』、『名探偵コナン』、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』・・・等々、国民的作品の多くはこの時間軸を採用している訳でありますな。まぁ、「サザエさん時空」を採用している作品でも、例外的に以前の話が持ち上がったり伏線が回収される等の時間的つながりがあったりもする訳ですが。

サザエさん時空」という概念が作られた根底には、作品を長く続けていく事で生じてくる「加齢」という問題を解決する為に編み出された手法であると言えます。本家『サザエさん』も、初期の頃は加齢描写もありましたが、長く作品を続けていく事により波平が老衰・・・等という事態にならないよう配慮された結果である訳でありますな。
まぁ、それ故に作者が亡くなった後も続けられていく事になっている訳ですが。良いのか悪いのか。
萌え4コマ漫画の世界に於いても「サザエさん時空」が採用されている作品が多かった訳ですが、『あずまんが大王』の登場以降、連載と共に作中の時間も経過する、という作品が主流になりましたね。これはこれでまた興味深かったりもする訳ですな。
・・・連載が続いて「大学編」なんかも始まってたりする訳でして、それはそれで良いのか悪いのか・・・と思ってしまわなくも無いです。複雑な気分でありますなぁ。まぁ、時代の流れと言われたらそうなんですけれども。

まぁ、そんなこんなな「サザエさん時空」でありますが、個人的に気になるのは作中でキャラクター達がどう認識しているか、という所に興味があります。
毎年4月1日になると同時に1年巻き戻るという、そういう感覚は一体どうなっておるのでありましょうか?
単純に記憶リセットであれば話は簡単です。作中のキャラクター達が認識していないのですから。しかし、以前の記憶を持ったまま1年巻き戻っているとしか思えない作品もある訳です。『ドラえもん』など、のび太がドラえもんに
ほら、前出してくれたやつ!
等と言って随分前の秘密道具をせがむ時だってある訳です。これは一体どういうことなのでありましょうか・・・?
また、『サザエさん』では、
漫画だから歳をとらない
という旨の台詞があったりする訳です。キャラクターが歳をとらない事を自覚し、尚且つ自分が漫画のキャラクターであるという事を認識している・・・!
・・・これはアレでしょうか。度重なるループのうち、段々と記憶が深層心理に蓄積され、ある日自分が逃れられないループ構造の中に居るという事を悟り、「漫画のキャラクターである」と考えなければやりきれなくなったという事なのでしょうかッ(※勿論、メタ的なギャグなんですけど(笑))!そう考えると、サザエさん一家は壮絶な1年を送っているという事になりますが・・・。
否、『サザエさん』だけではありません。長期連載のサザエさん時空状態となっている作品ならば、1度はそのことに対するメタ的なギャグをやっている訳です。その作品の数だけキャラクターがループ構造に気付いているというシチュエーションになっている訳で・・・。
こう考えると、気付いてしまったキャラはホントに不憫ですな。

等と書いてきましたけれども、実は管理人、こういう考えを持っている訳でありますよ。
一般に【サザエさん時空】と呼ばれているモノはループ構造では無く、パラレルワールドなのではないだろうか?
一時期、『サザエさん』で携帯電話が出てきて話題になったりもした訳ではございますが、パラレルワールドと考えればそれなりに納得できる訳ですよ。数多あるパラレルワールドの中には昭和30年代でも携帯電話が発明されていた世界もあるでしょう。『サザエさん』に於ける携帯電話の登場は、このように説明がつく訳ですな(そうかな?)。
サザエさん』だけではなく、「サザエさん時空=パラレルワールド」説を各作品に当てはめると、様々な矛盾が解決します。繰り返し開催される同じ学年での運動会等のイベントや季節ネタ等の矛盾はパラレルワールドでカタはつきますし、条件付けにより4月の段階では出会っていないキャラ同士も出会っている事に出来ちゃう訳です。いやぁ、パラレルワールドって便利ですね!そんなネタで『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』の劇場版をやらないでしょうかね?強大な敵の前に別世界から駆けつける、みたいな感じで。やらないでしょうけど(笑)。

しかしどうでしょうか、「サザエさん時空=パラレルワールド」説。個人的には案外気に入っているんですが、さてはて。

【関連記事】
空想科学についてのお話

【関連商品】
磯野家の謎磯野家の謎
(2011/02/25)
東京サザエさん学会

商品詳細を見る


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/04/11 20:08|アニメ・特撮馬鹿話TB:0CM:5

コメント


新井理恵先生の傑作4コマ「× ペケ」では、毎年四月になるのに進級しないことに登場人物が驚いたり諦めたりするネタをやっておりましたな。

今から考えると新井先生そうとうネタに詰まっていたのかな(爆)

昔チャンピオンでやっていた人気青春マンガ「750ライダー」で、石井いさみ先生は長期に渡った連載中に、齢をとらない登場人物たちに合計4回もクリスマスの話をやらせて、「これはクリスマスの一日をそれぞれ別々な視点から描いたものなのだ」と強弁したそうであります。男らしいのだかいいわけがましいのだか(笑)。

これを見てもわかるとおり、「サザエさん時空」とは、パラレルワールドなのではなく、「人間の内面」の描写なのであります(うそくせー(^^;))
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/04/11(月) 20:24 [ 編集 ]

というようなバカ話ができるくらいには元気で生きております。

地震なんぞに負けてたまるか。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/04/11(月) 20:25 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
なるほど、パラレルワールドではなく、同じ現象を別視点で見ている事になる訳ですな!
そうすると視点とは別に「真実」が存在する事になり、その真実から解釈の違いによって誕生したのが、我々の知る「サザエさん時空作品」と、そういう事になる訳ですか…。合点が行った様な行かないような(笑)。


御無事で何よりです!
余震もまだ続くでしょうが、頑張って下さい!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/04/11(月) 20:40 [ 編集 ]

真実というより、カントのいう、理性や悟性といったフィルターをかけないかぎりわれわれには理解すらできない「物自体」なのではないでしょうか。

いきなりカントなんかが出てくるところが我ながらウソくさいですが……(^^;)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/04/12(火) 17:50 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
「物自体」ですか…。
って結局認識出来ないままになるのでは(笑)!?
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/04/12(火) 19:40 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/784-da5bea9c

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.