管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

懐古趣味が悪いという訳では無いのですが、 

昔は良かった
などという言葉がありますが、これは何も今に始まった事ではありません。
古代エジプトの壁画なんかにも、「最近の若者は~」とか「昔は良かった~」等という事が書かれていたりする訳でして、こういった気質はどの時代・どの地域にも共通して当て嵌まるものであると言える訳ですね。
昔は良かった」が言葉通りであれば、古代から人類は衰退し続けている筈ですが(まぁ、ある意味そうかも知れませんけども)、普通に考えたら昔よりも暮らしや生活は便利で楽になっている訳ですから、この「昔は良かった」という言葉は話半分くらいに聞き流した方が良いかと思います(笑)。

さてさて、本日の本題でございますが、その「昔は良かった」という言葉。当然の如くアニメやら特撮やらを評価する場でも使われる訳であります。
某巨大掲示板群やらTwitterなんかを見てみると、
今のウルトラは駄目だ!CGばっかり使いよって・・・。昔は良かった・・・
今のアニメはキャラの作画は良いが、動きが悪い。昔は良かった・・・
といった感じの書き込みやらツイートやらがあったりする訳であります。
いえ、別にそれ自体は何の問題も無いと思うんですよ。管理人だって思い出補正で語っちゃう事もありますし。
某巨大掲示板群の書き込みの中に、「話半分で聞き流していただくしかないッ!」という書き込みがありましたが、正にその通りでありまして。思い出補正だけで作品を語っちゃっている人(管理人含む)に対しては聞き流す他無いんですよねぇ(苦笑)。

それはそうと致しましても、管理人が「ちょっとどうかな・・・?」と思うのは、「思い出補正」や「昔を懐かしむ人」では無く、「過去の作品だから」という点から作品を盲目的に評価している人でございます。
例によってTwitterや某巨大掲示板群の書き込みやツイートからになりますが、こういうものがありました。

昔は凄い作品が多い
それに引き換え、今は「凄い!」と言える作品が無いよな

確かに、昔の作品には、「凄い作品」が多いです。名作と呼ばれる作品も傑作と呼ばれる作品も、全て昔の作品であります。
しかし、ちょっと考えてみると分かる訳ですが、それって「過去の作品が凄い」のではなく「過去に凄い作品が出た」というだけの話なんですよね。
今現在」から「凄い作品」があるかどうかというのは、現在進行形でもある訳でして、ある種終わってみなければその作品が「凄い作品」なのかどうかは分からん訳であります。
また、作品が出てから暫くしてから「凄い作品」認定される作品だってある訳ですよ。ですから、「昔は凄いが今は駄目だ」と言うのは、どうかと思う訳でありますよ。「凄い作品」はこれからも出てくる可能性はあるというのに。
それに、今の作品だって捨てたモンじゃないよ、というふうに管理人は言ったりするんですが、そんな事言っても雀の涙ほどの効果も無かったりする訳でして・・・(苦笑)。

昔はよかった。
今はもっといい。
未来はもっともっとよくなる。

そう言えるようになりたいものですなぁ・・・。

・・・思うに、「昔は良かった」というのは、現状に何かしらの不満があるから出てしまう言葉なんだと思うんですよね。そりゃ人間不満が無くなる事なんて殆ど無いですから、「昔は良かった」という言葉が古代から現代に至るまで無くならないというのも頷けるような気がしますね。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/04/03 07:07|アニメ&特撮混合雑記TB:0CM:3

コメント


「昔はよかった」のではなく、

・人間には、「昔の記憶でいやなことやつまらないことはほとんどを忘れてしまう」、という能力がある

ことと、

・昔の作品でつまらないものは、「現在ほとんど淘汰されてしまい、放映もされなければ人の口に登ることもない」

ことと、

・「現在に至るまで何人もの模倣者たちによってコピーされてしまい、今となっては陳腐化している」演出や脚本やカメラワークも、昔はとんでもないインパクトを与えた斬新なものだった

ことによるものが大きいであります。

前に書いたかもしれませんが、漫画家のみなもと太郎先生が、トキワ荘時代の漫画家がそれぞれ異口同音に「爆音を聞いた」という手塚治虫先生の初期作品の車の疾走シーンを読んだとき、苦衷を交えて「わたしには爆音はどうしても聞こえなかった」と語っておられます。

世の中と時代の流れは残酷であります。

だけどそこを淘汰されずに生き延びてきた、「いいもの」はほんとにいいですよ。わたしなんざ友人と見に行った「昭和初期の無声映画」の代表作である「忠次旅日記」の上映会に行き、みごとにハマってしまいました。機会さえあればどんどん見に行きたいのですが、今度の震災で、関東以北ではことごとく上映会が潰れたらしく……とほほほ。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/04/03(日) 16:32 [ 編集 ]

そういうあなたにつ「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」

モーレツ! オトナ帝国は懐古を上手に扱った作品でした。昔を懐かしみ、でも現代を直視し、そして未来への希望も忘れず。懐古だけに留まらず、現代、未来へのメッセージを描いたことがすばらしい。
ウルトラブレスレット #-|2011/04/03(日) 21:44 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
それが「美化」であり、それが「その時代を生きた人にしか分からない感覚」でもあるんでしょうね。「あの時代に生まれたかった!」という思いがあるのもそのせいで…。

時代の流れは残酷ですが、しかし場合によっては一週廻って新鮮に感じる、という部分もあるのかも知れませんです。我々の世代、結構そういうところもある訳ですし(笑)。


>>ウルトラブレスレットさん
あの作品で扱っているのは「あの頃を思い出す」というパターンの懐古ですね。そして、「ノスタルジー」を現在、そして未来を見据えてから向き合った作品であると。

生まれても無かった時代の作品をむやみやたらに崇め奉るのはどうかなぁ、と思う訳でして…。
若い世代による過去作崇拝はどうして起こるのか?という根本的な話について、もう少し考えてみる必要があるのかも知れません。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/04/04(月) 07:07 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/777-5822539a

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.