管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

仮面ライダー生誕40周年記念作品! 

と、言う事でございまして、本日公開の映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』を観てまいりました。
オールライダー全員集合は2年前にやっただろ!?などと無粋なツッコミは抜きに致しまして、歴代主役ライダー&サブライダー&4人の石ノ森ヒーローが出演するこの映画、純粋に愉しんで参りました。

と、言う事で以下、ネタバレ注意です。
・・・鑑賞前提で書いている部分もありますよって、ご容赦下さい(笑)。


ストーリーはこんな感じです。
何故か『仮面ライダーOOO』の時間に出現したモールイマジンを追って『電王』組と『OOO』の二人が1971年に飛び、アンクがうっかりセルメダルを落っことしてしまい、それを拾った悪の秘密結社ショッカーが独自に開発していた未完成のコアメダル「ショッカーメダル」と融合させ、「ショッカーヤミー」が誕生。圧倒的な力を持つショッカーヤミーの力の前に、1号・2号は敗北、洗脳させられてしまう。一方、現代に戻った映司達が目にしたのは、ショッカーに征服されてしまった後の世界だった・・・。果たして映司達は歴史を修復できるのか!?

・・・まぁ、こんな感じのお話です。かなりの部分が勢いで創られている為、細かい部分に目をやると大変な事になってしまうのであまりここでは書きませんが、この作品はオーズとNEW電王が主役・・・と思いきや、1971年に於ける仮面ライダー1号・2号の活躍に結構なウェイトが占められておりました。
1号も2号も、声の出演は藤岡 弘、さんと佐々木 剛さんという事で、ノリがオリジナルのまんまでありました(笑)。
よし!ショッカーのアジトを殲滅しに行くぞ!
とか(笑)。
声だけでなく、アクションもオリジナルに近いアレンジが加えられておりました。連続して殴り込むとか、ラリアットをかましてそのまま地面に押さえつけるとか。往年のライダーシリーズの殺陣を担当した大野剣友会のアクションを髣髴とさせるライダーアクションでありました。

ノリがオリジナルのままと言えば、世界征服を企む悪の秘密結社ショッカー。こっちも首領の声を納谷悟朗さんが担当しておりまして、ショッカーのアジトではオリジナルのショッカーアジトでも流れている独特の効果音が流れており、ニヤリとさせられました。
しかしてオリジナルのショッカー戦闘員はあんなに「イー!イー!」言っていなかったような・・・。しかし、ショッカー戦闘員。自転車に轢かれるくらい弱いのはオリジナルのままですね!(オリジナルではおやっさんやライダーガールズにすらやられていました。こんな戦闘員を使って世界征服を企むショッカーはどうかしてると思います(笑)。
因みに、ショッカー幹部のブラック将軍を演じていたのは時代劇の名切られ役である福本清三さん。エビぞりはしませんでしたが、これがなかなかはまり役でして・・・。パンフレッドによると監督が呼んだそうです(笑)。

で、ショッカーに支配された2011年ですが、『ディケイド』の大ショッカーと同じように各悪の組織を団結させ、巨大な組織となっており、昭和だけでなく平成の怪人達も揃えておりました。
そんな感じで「悪の組織大会議」を開いておりましたが、よくよく考えてみればデストロン以下バダンまでの各組織は、設定上同一系統の組織ですのでそれは壮大な茶番なのでは!?と思って観てましたところ、ゴルゴムの大神官ダロムさんとクライシス帝国のジャーク将軍が
我々の目的は世界征服ではなく人類の殲滅で云々
等と言って(空気の読めない)反対意見を出し、GODのアポロガイストさん&キングダークさんに窘められる、なんて一幕もありました。
個人的にこの「悪の大会議」で面白かったのは、ミュージアムのテラー・ドーパントさんが無言で佇んでいたところでありました。平成ライダーでは珍しい悪の組織なんだから何か言えよ!と突っ込みたかったんですが(笑)。
それにしても平成怪人らはどうしてショッカーについてきたんでしょうか?グロンギの皆さんなんかは、
世界征服が達成されたら俺たちゲゲルしまくりなんじゃね?
みたいなノリでホイホイとついて来てしまったのかも知れませんけど(笑)。
魔化魍とかオルフェノクとかはどうやってショッカーに取り込まれたのか・・・。謎です。
ところで、表記がブレる事で有名なデルザー軍団のゼネラル・シャドウさんは、今回は「ジェネラルシャドウ」表記で登場、結構おいしい立ち回りでありました。しかし最期はライダーではなく快傑ズバット以下四人の石ノ森ヒーローに倒されるという妙な扱いとなっておりました・・・。豪華なんだか不憫なんだか。
怪人で目立っていたのは、『ディケイド』の劇場版と同様、イカデビルさんとガラガランダさん。特にイカデビルさんは、「イカイカゲソゲソ」言っておりまして、
お前はイカ娘か!?
と、ツッコミを入れざるを得ませんでしたね。
そして、唐突に出てきて電ライナーを大破させたカメバズーカさん。1971年の段階ではデストロンはまだ居ない訳でして、何故出てきた!?とツッコミを入れるべきところだったんでしょうか。立派にデストロンベルトをしてましたしなぁ・・・。まぁ、ショッカーの影で暗躍していたゲルショッカーの例もありますし、そっちの方で説明はつくような気がせんでも無いですが(笑)。

話の後半で、映司達が捕らえられ、磔にされる訳です。オリジナルでもよく滝やおやっさんが磔にされてましたしね!
で、そこに洗脳から開放された1号&2号が集結し、更には人々の記憶が蘇ってオールライダーが集結します
もうこのシーン、豪華なヒーローショーの様相を呈しておりまして、群集がライダーの名前を呼ぶとそのライダーが登場、不憫三部作の皆さん及び平成ライダーの皆さんは電ライナーのオーナーによるアナウンスに応えて登場。さながらプロレスです
ついには風都からWも駆けつけ、オールライダーが全員集合。ついでに快傑ズバット・イナズマン・キカイダー・キカイダー01も集合
石ノ森ヒーロー4人衆は先述の通りゼネラル・シャドウを退治、「ズバッと解決!」・・・コレ、子供に分かるかなぁ・・・?

で、何だかんだでショッカーの怪人を全て倒すと(ショッカーグリードは1号&2号が倒しておりました。雪辱を晴らす!といったところでありました。)、キングダークが登場。オイ、また『オールライダー対大ショッカー』の再来かッ!?と思うや否や、その背後から巨大な岩石首領が登場
ショッカー岩石首領が動き出したら何もかもおしまいだ~!
とか言いながら地割れに巻き込まれる悪の大幹部達。キングダークさんも一緒に落ちておりましたよって、最大の出落ちだったんじゃないか!?という管理人のツッコミをよそに、1号が、
40年の重み、受けてみろ!
と、号令をかけます。バイクに乗り、岩石首領に突撃していくオールライダー(ブラックRXはライドロンに乗っていました(笑))。そう、オールライダーブレイクでございます。ここに来てスカイライダー押しとは(笑)。
この時OOOが「行きますよ、先輩方!」という訳ですが、そうですよね。ライダーって結構縦の繋がりが大切だったりする訳で、そう考えるとディケイドも電王も失礼な奴らだなぁと思ったものですが(笑)。

まぁ、そんな感じで悪は去って大団円・・・と行きたいのですが、ストーリー上、結構ハードなラストになってしまった感が否めません。歴史改変の影響で世界は40年近くショッカーに征服されていた事になっておりますよって、それからの復興がまた大変なような・・・。さらには『OOO』の世界観は完全に破壊されておりますので、この先どうなるんだ!?という疑問が・・・。まぁ、「本編とはパラレルワールド的存在だから無問題☆」でカタがつくのかも知れませんけど(笑)。

まぁ、そんな感じで愉しめました。・・・いや、少年仮面ライダー隊の大活躍とか、ささきいさおさんの登場とか、まだまだ書いていない事が結構ありますが。あと、主題歌のショボさとか(笑)。劇中、挿入曲として『レッツゴー!ライダーキック』のインストが流れたのですが、主題歌は『レッツゴー!仮面ライダー』の『OOO』風アレンジを女声ボーカルで唄った感じの曲となっておりました。そこはささきいさおさんが唄って欲しかったです
・・・全体としては、後半がちょっと残念だったかなぁ、と思います。あと、タイムパラドックスをもうちょっとどうにか出来なかったのか・・・。
アクション面では、1号&2号の殺陣が良かった他は、そこまで目立つモノが無かったのが、少し残念でありました。やはり各ライダーの特徴を上手く出して欲しかったです(まぁ、最低限の特徴付けはされていたんですけれども)。しかしそをやるにはやっぱり尺があと20分くらい必要になるんですかな?まぁ、妥協しなければならない部分はあろうと思いますが。

まぁ、こんな感じで(笑)。

【関連商品】
仮面ライダー VOL.1 [DVD]仮面ライダー VOL.1 [DVD]
(2005/10/21)
特撮(映像)、藤岡弘 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/04/01 23:59|特撮ヒーローTB:0CM:5

コメント


ズバットとV3は会話しなかったんですか?(笑)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/04/02(土) 17:20 [ 編集 ]
良かったです。
やはり声がオリジナルだと良いです。主題歌のインストをバックでのダブルライダーの殺陣は感涙でした。欲張りな意見ですが他のライダーは、もう少し見せ場が欲しかったです。細かいツッコミはありますが、大スクリーンで見て良かったと思うライダー映画でした。けどやはり主題歌は子門真人さんにしてほしかった。
もっちー #-|2011/04/02(土) 17:40 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
残念ながら…(笑)。


>>もっちーさん
細かいどころかツッコミどころのオンパレードだったと思うんですが、そこもまた「仮面ライダーらしい」といえばらしい訳で。
子門さんはもう引退していらっしゃいますから難しいでしょうが、あの主題歌はもうちょっとなんとかならなかったなぁ、と…(苦笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/04/03(日) 00:56 [ 編集 ]

なんだ残念(^^;)

理想としては、スーパー戦隊も登場させて、幻の「宮内戦隊ヒロシマン」を結成してほしかったところであります(笑)

※「宮内戦隊ヒロシマン」……昔の「宇宙船」誌に載ったネタで、V3、ズバット、アオレンジャー、ビッグワンを三浦参謀長が率いて悪と戦う夢の戦隊(笑)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/04/03(日) 16:19 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
宮内ヒーロー揃い踏み!…って作品も観たいですなぁ(笑)。

夏にはスーパー戦隊シリーズ35周年という事で全戦隊が揃い踏みする映画が『仮面ライダーOOO』と一緒に公開されるそうです。『OOO』よりそっちメインで観に行きたいデス。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/04/04(月) 06:54 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/775-f1bc4a6b

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.