管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

怪獣の溜息 

当ブログは「怪獣の溜息」という名前なのでありますが、今日、ふと気になりました。
怪獣って、溜息をつくことなんてあるのか!?
思えば、溜息なんてもんは人間にしかつけない芸当であります。というか、フィクション以外で溜息をつく動物など見たことも聞いたこともありません。とすると、架空の存在である「怪獣」が溜息をつくと言う事はあり得る・・・?なんてメタな話に逃げても仕方がありませんな(笑)。
・・・とは言いましても、怪獣映画等で怪獣が溜息をつく場面を描いた作品なんて無いし・・・。う~ん・・・(まぁ、「怪獣」の定義を何処に持ってくるのか?という事にもよりますけど。サンダやガイラのような連中や、『ウルトラマン』に出てくる宇宙人も「怪獣」と呼べない事も無い訳ですし。また、『仮面ライダー』に出てくる怪人も怪獣の類である、としてしまう人も居る訳で。当記事では取り敢えず、ゴジラのような怪獣を想定して書いております)。

そもそも、「溜息」とは何か?広辞苑第五版にはこのように書かれてあります。

ためいき【溜息】
失望・心配または感心したときなどに長くつく息。長息。大息。(以下略


何か落胆した時やら疲れた時なんかにも溜息をつく訳ですが、何かにえらく感動した時なんかにも溜息をつく事がある訳です。しかして、ニュアンスとしてはなんだかネガティブなイメージがあるのは気のせいでしょうか?・・・まぁこの世の中、暗い気持ちになって溜息をつく事の方が多い訳ですし、自然と「溜息」がネガティブなイメージとして定着してしまうというのも無理の無い話のような気もします。
溜息をつくと幸せが逃げていく」とか、「溜息をつくと寿命が縮まる」なんて話もある訳でして、そういうのを考えるとやっぱり「溜息」にはネガティブなイメージが先行してしまうのかなぁ、と。
しかして「溜息」には、副交感神経を刺激し、自律神経の調整をするという役割があるそうでありまして、早い話がストレス発散行為として有効であるという話も聞きます。そこから考えるに、「溜息」というのは人間関係その他様々なストレスから身を守る為に人類が独自に進化した自己防衛機構のうちの一つ、という事になるのでありましょうか。いや、それとも我々が知らないだけで、生物の自己防衛機構としてもとから備わっていたものなのでありましょうか?そういったコトを研究していらっしゃる方は居ないんですかな・・・?
いずれにせよそういった感じで、世の中には腹式呼吸を応用した溜息健康法なるものもあるようでありまして、なかなか興味深い世界が広がっておりますぞ。そういう訳で、是非とも皆さんも溜息をついてストレスをガンガン発散していただきたいものであります。はぁ~・・・。

・・・何の話でしたっけ?・・・怪獣は溜息をするか?というお話でありました(苦笑)。
もし「溜息」が進化の過程で人類のみに身についた自己防衛機構であるとすれば、怪獣が溜息をつくような事は無いとも言えますが、よくよく思い出してみると怪獣って結構頭が良かったりしまして、中には会話能力を有している怪獣も居る訳です。
おい、アンギラス
なんだい?
ていさつしてこい
オーケー
なんて会話をしちゃったりもする訳でありまして・・・。
会話能力、コミュニケーション能力がある、という事はですよ。怪獣には社会性があると考えられない事も無い訳です。現にアンギラスはゴジラのパシリとして使われていた訳で。そうでなくともモスラがテレパシーでラドン&ゴジラを結束させてキングギドラに立ち向かうよう説得したりしている訳でして。『ゴジラシリーズ』ならずとも、様々な作品で怪獣の社会性(まぁ、その殆どは上下関係だったりするんですけれど。)を確認する事が出来るんですよね。そうすると、海獣達にもストレスは人間同様溜まってくる。しかも、人間と同じような立場で、人間と同等かそれ以上の知性を持つ怪獣が・・・。
で、あるならば。いじめられっ子の立場に居る怪獣は、ストレスのはけ口として「溜息」を使うという事が考えられなくも無い訳ですね。
畜生、ゴジラの野郎、俺をパシリに使いやがって。何で俺が防衛隊なんかと闘かわにゃならんのだ・・・。はぁ・・・」という、アンギラスの溜息が聞こえてきそうです(笑)。

結論。
怪獣は、十分に溜息をつく可能性がある。
そういう事にしておきませう(笑)。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/03/23 23:10|アニメ・特撮馬鹿話TB:0CM:4

コメント


それをいうならシーボーズ、溜息をつきまくりじゃなかったかなあ。

いや見たのがずいぶんと昔のことなのでうろ覚えですが……。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/03/24(木) 07:32 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
アレは鳴き声では…。いや、やっぱり溜息でしょうか…?
う~む?
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/03/24(木) 21:59 [ 編集 ]

ゴジラ、毎回ため息出しまくってるではないですか。ため息と一緒に火炎放射をはきだしていますが。人間が自然を破壊していることにゴジラはあきれて、ため息を吐きだしてるんですよ。まあそのため息が偶然にも街を破壊してしまってるんですが・・・・
ウルトラブレスレット #-|2011/03/25(金) 13:05 [ 編集 ]

>>ウルトラブレスレットさん
しかしそのゴジラも時勢で正義の味方になったりした訳でして、そう考えると、彼も影で溜息をついているかも知れませぬ…(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/03/26(土) 02:23 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/765-00bb6f5a

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.