管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「うんこ」の言語的意味について 

「うんこ」と「うんち」は、どこが違うのか?
皆さんも疑問に思った事はあるでしょう。どちらも、排泄物の事を指しますが、注意すべきは、【「うんこ」と「うんち」の違い】とは、実物の事ではなく、言語的な違いであるという事です。
言語的な違いとは何か?「こ」と「ち」の違いは、そもそも何なのか?
広辞苑で引いてみると、
【うんこ:幼児語。ウンはいきむ声、コは接続語。大便。うんち。】
【うんち:幼児語。大便。うんこ。】
とかいてあります。なるほど、世間一般では、両方とも幼児語として捉えているのですな。
しかしながら、ここで少し考えて頂きたいのです。我々が幼い頃、親はどちらを使っていたでしょうか?
ママ「ほ~ら、○○ちゃん、うんちしましょうねぇ~」
こんな感じで、話しかけられた記憶は無いですか?
そうなのです。「うんこ」よりも「うんち」のほうが、言葉としての暖かみ・柔らかみがあるのです。また、幼児の発音という意味合いからも、「うんち」の方が発音し易いというデータもあります。同じ幼児語でも、「うんこ」と「うんち」では、「うんち」のほうがより幼い子供向けの言葉といえるのです。

「うんこ」と「うんち」には、別の意味でも使い分けをする理由があるのです。
小学生の頃、あなたは友達とうんこをギャグに使った事はありませんか?もし無くても、コロコロコミック等で連載されていたギャグ漫画で、頻繁にうんこが使われていたという事に気付く筈です。
しかしながら、それらで「うんこ」と表記したりはしても、「うんち」とは表記されてはいないのであります。
つまり、「うんこ」という言葉には、「うんち」よりもギャグとしてのインパクトが強い、という事になります。
また、平仮名で「うんこ」と書かれているよりも、片仮名で「ウンコ」と書かれたほうが、よりギャグとしてのインパクトが強いのです。
しかしながら、例外もあるのですよ。例えば、『学級王ヤマザキ』なる、コロコロコミックで連載されていた漫画があるのですが、そこではスライム状の「ヤマザキウンチ」なるアイテムが登場しました。
これには、柔らかみを持たせるという意味合いの方がギャグ性よりも重視された結果であると考えられます。このように、臨機応変に使い分ける事が重要なのです。

ひとつ興味深い話があります。
「うんこ」等のネタで爆笑するようなのは、基本的に小学校2~3年頃までで、それ以降は「うんこ」から卒業するのですが、実はこれは一時的なものなのです。
中学2年頃になり、思春期の到来と共に、「うんこ」も再来するのです。ここで言う「再来」とは、「うんこ」を再びギャグとして、或いは照れ隠しとして、会話に使用するという事です。皆さんにも覚えがあるかも知れません。
実際俺の周囲では、皆がにわかに「うんこ」と使い出したという記憶があります。ギャグとして使うぶんには、所謂中二病といわれる、この時期独特の感情から来るものです。照れ隠しに使用するのも、やはりこの時期独特の感情である、「性への目覚め」から来るものが大きいとされています。
因みにこちらは、高校に入学する頃には落ち着くのですが、その理由は精神的に分別がつくようになるからであり、分別をつけなくても良い場所ではあいも変わらず「うんこ」を連呼するのです。
その「分別をつけなくても良い場所」とは、現在ではインターネット上であるとされており、巨大匿名掲示板の2ちゃんねるなどでは、「うんこ」という言葉が日々使われているのです。

【関連動画】

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2009/11/09 16:09|混沌雑記TB:0CM:2

コメント


どうでもいいけど、
公共の場で「うんち」「うんこ」発言する時は、
声のボリューム落としてくださいまし。
ダメマン #-|2009/11/09(月) 22:02 [ 編集 ]

>>ダメマン君
私はうんこそのものについて語っているのではなく、うんこの言語学的位置について語っていたのであり、公共の場所であろうと何ら恥ずかしい事ではないのだよ。
・・・・
・・・
・・

正直、スマンかった。今後気をつけます。
ぴよ #GpEwlVdw|2009/11/09(月) 22:35 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/76-ed15df73

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.