管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

必ずしも「話題性がある≒面白い作品」では無いと思うのですが。 

Twitterやらインターネットの掲示板やらを見ておりますと、「まだ完結していないのに評価云々という事が決定してしまっている」という現象を目にする事があります。最近では特に『魔法少女まどか☆マギカ』と『フラクタル』の対比がどうのこうの言われているように思うのでありますが・・・。

よく「○○は××を越えた!」等と言われたりする訳でありますが、よくよく考えなくともこの表現は妙なものであると思う訳であります。作品というモノは優劣で評価されるモノでは無く、作品単体として評価されるべきものであり、「○○を越えた!」といった感じで対比評価されるのは間違っているのではないかと思うんですよね。まぁ、売り上げ云々という話は別と致しまして・・・。
そんな訳で対比評価そのものが間違っている上に、作品そのものが完結していないのに評価されてしまうというのはいかがなものかと、そう思う訳です。作品が完結する事によって「あぁ、冒頭のアレは伏線だったのか!」といった事も分かる訳でして、ましてや、TVシリーズ作品に於いては完結してみなければ全く評価も異なってくるというのに、何故途中で評価を出してしてしまうのか、ちょっと理解に苦しみます。楽曲や映画に置き換えると、途中退場して評価を下しているようなものですから、滑稽な事この上ありません。まぁ、1話完結の作品であれば少し事情も変わってくるんでしょうけれども、一貫したストーリーを持つ作品に於いては、やはり最後まで観てから評価をつけて欲しいものであります・・・。

・・・やはり引っかかってくるのは「話題性」という所になってくるんでしょうか。やはり最近の風潮としては「話題性のある作品≒面白い作品」という構図が出来てしまっているような気がするのであります。それはそれでちょっと違うような気がするのではありますが・・・。
優劣をつける」というのも、「良い所も悪い所もある」というスタンスで観れないものだろうか、と思う訳です。
まぁそれもこれも、コミニュケーションツール化したが故の現象なのかも知れません。
・・・いや、どうなんでしょうか?

【関連記事】
話題性が重視される
コミュニケーションツールとしてのアニメ

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/03/05 17:07|アニメ関連雑記TB:0CM:2

コメント


作品の途中退場は熱意と体力の問題でしょうね。全部観た方がちゃんとした評価が出せるでしょうが、部分部分でファンを引き付けるようなものがなければ途中退場してしまうでしょうね。そうじゃなければ漫画雑誌で打ち切りなんて存在しませんからね。

あと平凡な作品では正直目立ちませんからね。特に深夜や専門チャンネルではそうですね。宣伝の一種で話題性を売りに名前を売るというのは観てもらう上で重要な事ですからね。

最後に優劣をつけるというのはどの業界でもあることです。何かと比べないそれの良さというものは分かり難いですからね。作品の感想にしてもその方がやり易いでしょうし。なかなかその作品だけにある特徴、長所、短所というのを見出し難いですからね。
第4のペロリンガ #-|2011/03/06(日) 18:27 [ 編集 ]

>>第4のペロリンガさん
放映中の作品の優劣を付けるという事について少し引っかかった訳ですが、実際問題として途中退場した人には作品を論ずる資格があるか否か?と言われたら、疑問ですかね。
まぁ、漫画雑誌の打ち切り云々という話は仕方が無い部分はあるんでしょうけど、しかしそれもどうかなぁ、と思う訳でして(苦笑)。

どうも最近は話題性だけが先行して作品内容が疎かになっている、というパターンが多いような気がするんですよ。そうまでしなければ売れないというのも分かりますが、なんだかなぁ、と思いまして(笑)。

個人的には作品に於いて優劣をつけるというのは難しいと思います。
「何を持って他作品よりも優れているのか?」と言われると実際答えられませんし、自分が「つまらない」と感じた作品でも、他者からしてみれば「素晴らしい作品」なのかも知れません。評論家の評価なんかも、突き詰めていけば「好きか嫌いか」になる訳で…。
「商品としての優劣」であればまた別の話ですが。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/03/06(日) 23:10 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/749-79a66906

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.