管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「第四世代」ってどうなのよ・・・? 

自動車の仮免許を無事、取得できました。今後は路上教習をした後、卒業検定を受け、免許取得の流れになりますね。頑張りたいところであります。
そんな感じで当ブログは暫く毎日更新では無く、不定期更新で運転していこうと思うのであります。先日書いた通り時間が無い訳でして(笑)。

さて本題でありますが、ここ最近、管理人の「オタク観」が揺らいでいるような気がする、というお話であります。

ここ最近、「Wikipediaに書いてある事ですよね?」とか、「パロディーの元ネタを知らなくても楽しめれば良いのでは?」とか、「そんなに難しく考えてアニメを観るなよ」等と言われたり書かれたりしまして、なんとなァく自信が無くなってきた訳でございます。
そういった話を友人やら同世代の連中から聞いたりしますと、本当に自分の考えを持つという事が大切なのか?単に享楽的に愉しむだけで良いのだろうか?一つの作品から数珠繋ぎ的に興味を持つ事は悪い事なのか?いや、そもそも「オタク」って何なのだ?・・・等々、色々不安になって自己同一性が崩壊しそうな勢いなのであります。・・・まぁ、自己同一性の崩壊というのは冗談なんですけど(笑)、しかし、「オタク」ってそんな軽いもんなのかなぁ?という思いが自分の中で出てきたというのは事実でありますよ。
しかしまぁ、確かに1人の知識量には限界がある訳で、多人数の知識の集合体であるWikipediaには敵いませんし、考えたり考察し過ぎたりする事や必要以上の知識は作品を観る上で思わぬ足枷になってしまう事もある訳ですし・・・。どっちが正しいのでしょうかねぇ(いいえ、どっちもどっちです)。

オタク」の世代分けをすると管理人はいわゆる「第四世代」に相当するそうなのですが、同世代のオタク達は、オタクと言うよりもミーハー(もう死語でしょうか(笑)?)であり、ある種「流行が全て」的な価値観を持っている人が多いように思えるんですよね。加えて、情報やら知識やらについてはWikipediaを読んでおけば良いや、的な考え方とか、アニメばっかりでその他の映像作品に対してあまり興味を持たないとか・・・。
全体的に「狭く浅く」の風潮のような気がしてならんのです。何故もっと広い視野を持てないのか?・・・等と言うと、
いや、俺はそういうの良いから・・・
と一蹴される訳でして、そんな事を言うなら「オタク」を自称するな!と言いたかったりするのでありますが、最早「オタク」という言葉が「アニメ好き」という意味になってしまっているのであれば仕方無いんですけれども、果たしてどうなのでありましょうか?「飽くなき探究心と知識欲」こそがオタクの真髄じゃなかったのかッ!?・・・等と言っても、不毛な主張にしかならないのが現状だったりしまして・・・。
管理人が「自分がオタクである」と明言したく無いのは、上の世代の先輩方には及ばないという考えに加えてこういった現状がある、と言うのもあるのであります・・・。
まぁ勿論、全員が全員という話では無いでしょうけれども。
・・・第五世代以降はどうなるかなんて見当も付きません・・・・。

そういった訳で第一・第二世代の方々から我々第四世代に対してのボヤキやら批判やらがあり、非常に心苦しく思っている訳でありますが、実際その通りだったりする訳でして、何だか自分が第四世代である事がコンプレックスのような錯覚に陥ってしまいかけたんですけど、よくよく考えたら世代なんてもんは単なる区分であり、そこに自分が区分されているからと言って何という事は無いんですけれども(笑)。
と、言う事を考えたら、もう「オタク」という言葉は意味を為さないのではないか?という考えに至った訳であります。「○○好き」という言葉で十分なのではないのか?と、そう思うのであります。某オタキングでは無いですが、「オタクは死んだ」と(笑)。
そういうように考える事すら出来るのに、「オタク」という言葉に拘り、使い続ける人も居るという事は、何を意味するのでありましょうか?まぁ、色々な人が言っている「オタクのステータス化」という事に繋がっていくのかも知れませんけど、そのあたりについても少し考えてみる必要があるのかも知れませんです。

【関連記事】
「オタク」とはなんぞや 怪獣の溜息
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第01回放送 怪獣の溜息
パロディーの妙 怪獣の溜息
「オタク」という語の意味が変化してきているのかも知れません。 怪獣の溜息
不毛な「派閥争い」 怪獣の溜息
友人がアニメを観出していた 怪獣の溜息
情熱を持ったオタクが少なくなっている? 怪獣の溜息
情報が溢れ返った故の虚しさ 怪獣の溜息
最終的に大切なのは「自分の考え」だと思うの 怪獣の溜息
理由症候群 怪獣の溜息
友人に言われました。 怪獣の溜息


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/02/21 22:55|混沌雑記TB:0CM:5

コメント


自分はもう十分過ぎるほど「おっさん」ですが、個人的にはオタクって他称であって自称するものではなかったかなあ、という思いもあります。自分の興味を抱く対象、やってること等を考えるにどうやら「オタク」であるらしい。そんな感じです。
最近の傾向としてはサイクルの短さも影響してるんでしょうか。昔のように半年、一年という長い期間ではなくどんどん新作が制作・放送されれば、それらを消費するのに精一杯で深く潜る余裕がない、とか。
周囲がどうあれ、自分の好きなことをやり続ければ良いのではないでしょうか(それも少し寂しいですが)。
長文失礼しました。
chokusin #-|2011/02/21(月) 23:43 [ 編集 ]

>>chokusinさん
私は、自ら「オタク」と名乗るのが良いのか悪いのかは分かりません。ですが、やはり決め手になるのは「好き」という気持ちになるのかも知れませんね…。
どうも「気軽に観れる」という事でアニメを観ている人が多いようですが、「好き」であるのならとやかく言うような事でも無いのかも知れません。ですが、言いたくなっちゃうんですよ…(苦笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/02/22(火) 00:49 [ 編集 ]

まあシュメールで発見された古代の粘土板からも「最近の若い者は」と書かれた文があったそうですし(笑)

第一世代オタクのかたがたからみれば、ビデオやDVDやCSで見た気になっているわれわれなど、ヌルくてたまらないでしょうね(^^) 唐沢俊一先生は、「第一次怪獣ブームのときの小学生は、怪獣のことだけしか考えずに毎日を過ごすことができた」と書いておられます。

そういえば、手塚治虫先生の漫画の自動車疾走シーンを読んで「そのとき確かに爆音を聞いた!」と興奮気味に書き残している藤子先生たちトキワ荘時代の漫画家に対し、そのトキワ荘漫画家たちの漫画で育ってきたみなもと太郎先生は、「わたしは手塚先生のそのシーンを読んだ。しかし、爆音は聞こえなかった」と悲しく書いておられたそうであります。

第五世代は第五世代で楽しくかつ実りある世界を作っていくだろうと思います。それがわれわれに理解ないし共感できるかどうかはともかく。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/02/22(火) 13:57 [ 編集 ]

私もポールブリッツさんの意見に賛成かなあ。

世代間の格差って、どうしようもないじゃないですか。とかいいながら、前日のネタにいやになるほど喰いついちゃったけど(笑)

世代とかどうあれ、一つの事象に意見が百出するのは、オタクに限った話じゃないですしね。その世代その世代で、楽しみ方はいろいろってことで。だから意見を聞かれたらはっきり言いますよ。それが私ら世代のなすべきことだから。嫌がられたって、基本となる情報が違ったら、なんの議論も成立しないじゃないですか。ましてや出自の前後が逆転している話などは、修正せざるを得ません。もっとも聞かれなかったら教えませんけど。まあ、だから煙たがられるんでしょうけどね。
波のまにまに☆ #-|2011/02/22(火) 20:56 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
古代からあるんですよね、そういう話は(笑)。「最近の若い者は…」が本当なら、現代人はどれだけアレなんだよ、と(笑)。

確かにそうですよねぇ。個々が楽しめればそれで良いじゃないかと、私も思います。
しかし、
「もっと面白いモノもあるよ!」
と勧めてもなかなか受け入れてもらえないというのは哀しくもありまして…。


>>波のまにまに☆さん
楽しんでいるのならそれで良いとは思うんですけど、そこからもう一歩踏み込む人が少ないなぁ、と思うのです…。
もっと面白いモノがその先にあるのに!と思うんですけどね。議論嫌いというかなんというか…。
そういう世代だから仕方の無いと言ったらそれまでなのかも知れないんですけど(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/02/22(火) 22:35 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/740-29949473

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.