管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

当ブログの文体について 

管理人は当ブログにて、「~であります」とか「~でございます」とか「しかして~」などと感じの文体を使っている訳でありますが、よくよく考えてみるとコレはなかなかに奇妙な文体のような気がします(自分で言うのもアレですが(笑))。大体、同じような文体のブログを見た事がありません
何故突然こんな事を書き始めたのかと申しますと、とある友人に「雰囲気がちょっと古風じゃね?」などと言われまして、少し気になったからであります(笑)。
まぁ、そういった事を言われたからといって今更この文体を止める、なんて事は無い訳ですが。

当ブログが何故「ございます調寄りのですます調」なのか?
当初は、「である調」で書く事も視野に入れた訳でありますが、それではやはり堅苦しくなってしまいがちだと思った訳であります。
例えば、昨日の記事を「である調」にしてみましょう。

現代に於いては、様々な事の「話題性」というものが重視される世の中になっているようである。
しかしそれ故に「話題性だけあれば本当に良いのか?」と疑問視する声も少なくは無い訳だ。
この話は色々と難しい問題を孕んでいるようにも思う。話題性は十分であっても、内容ややる事に一貫性が無かったり、実際にはそこまで話題にする程のモノでも無かったり。その一方では、つまらないモノでもその話題性から流行してしまったり。
今や「話題性」というのは、現代に於ける一つのキーワードなのかも知れない。漫画もアニメもゲームもドラマも映画もファッションも政治すらもが、「話題性」を作りたい、それに乗っかりたいと、躍起になっているのである。
そのような世の中なので仕方の無いのだが、管理人としてはそういった事に対して、一種のやるせなさのようなモノを感じている訳だ。

映像作品に於いては、「特定の俳優や声優が出ているから観る」とか、「特定のスタッフが創っているから観る」といった人が居る訳だが、考えてみるとそれも一種の「話題性」に乗っかっている、と考える事が出来る。
しかし管理人も、スタッフや出演者から「取り敢えず観てみるか」という事になってしまう訳で、果たしてそれで良いのか?という気になるのは確かな事なのである。
というのも、原作のファンや作品自体を純粋に楽しみにしている人からすると出演者やスタッフで作品を観るというのは、邪道のような気がしなくも無い。個人的にはそういった後ろめたさがある訳で…。
また、話題性という一点の為だけに原作のストーリーを変えたり無理やりに近いギャグが入ってくるといった事もあり、内容の婉曲等が為されてしまうという事に対して複雑な気分になったりもする訳だ。

しかしそういった話題性を売りにしなければヒットしないというのもまた事実であり、そうそう声を大にして言うような事は憚られる。しかし、1クールごとに作品が目まぐるしく変化したり、話題性だけで内容が伴っていないような作品が乱造されていっているように思えてならない。
で、あるのならば、いっそ数を減らして…と思っていたら本当に深夜アニメの数が減ってきて驚いている訳で(笑)。「少数精鋭」になってくれれば良いのだが。



・・・う~ん、やっぱり堅苦しいですな。
しかしその一方で、いらん言い回しやらが排除されて、記事としてならこっちの方が良いんじゃね?という気がしないでも無いです・・・。
まぁ、それはともかくと致しまして、こういった堅ッ苦しい文体は、管理人個人としては書いていて若干息苦しく感じてしまうんですよねぇ。
しかし、この「である調」は、馬鹿馬鹿しい事を書くにはうってつけのような気がするんですな。インパクトと笑いどころ的な意味で(笑)。昨年11月頃に書いたイカ娘の記事とかは「である調」で書いた方がよかったかも知れません。まぁ、今後バカ記事を書く時はである調にしてみる、というのもアリかも知れませんね(まぁ、そんな記事を書く事は少ないような気がせんでもありませんが(笑))。

管理人が「~であります」とか「~でございます」といった言い回しを使っているのは、単なる「ですます調」では、読んで下さる方に対して丁寧では無いなぁ、と、どこかで感じてしまうからであります(苦笑)。
友人にこの話を致しましたところ、
そりゃお前、気真面目すぎるだろ・・・
と、呆れられた訳なんですけども(笑)。いや、実際問題、管理人はそんなに真面目では無いんですが。
しかして、「誰かが読んでくれる」という事を念頭に於いて文章を書くと、自然とこういった文体になってしまうんですよねぇ。丁寧さからくるのか、単なるクセなのか・・・。
そこは自分でもそこは不思議なのですが。
古風な雰囲気」と言われても、しょうがないのであります。
・・・ひょっとしたらただ単に無意識的にネット上でキャラづけしたいだけなのかも知れません(苦笑)。

因みに、三点リーダー【…】ではなく、中点【・・・】を使っているのは、単なる気分であります(笑)。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/02/12 23:48|混沌雑記TB:0CM:4

コメント


私はよく接頭語に”まあ”とか”とりあえず”を使う傾向がありますね。軽い感じで次の文章につなげる感じで書きたいのでそこらへんの接頭語をよく使います。

飛翔掘削さんは”作品を考える”をもっとうに記事を書いているからそういうですます調に書いてしまうのでしょうね。
第4のペロリンガ #-|2011/02/13(日) 09:17 [ 編集 ]

>>第4のペロリンガさん
理想としては、内容に即した文体で書きたいのですが、記事ごとに文体を変えるというのはやはりまずいですかね(笑)?
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/02/13(日) 17:10 [ 編集 ]

文体って人により色々あって面白いですね~
記事によって文体を変えるというのは面白いアイデアですね
私の場合、記事では~なのだ、~だ、~なのか?
といった文体を使っているのですが、コメントやコメ返では~でありますのです、というかなり変な文体を使っていたり(笑)

飛翔掘削さんの文体、親しみやすくて結構好きでありますのです。
キングハナアルキ #SqN0A6sw|2011/02/14(月) 08:26 [ 編集 ]

>>キングハナアルキさん
恐縮です。

文体というのはその人を表す鏡のようなものだそうでして、それをブログ記事によって変えてしまっても大丈夫なのかなぁ?とは思いますが、機会があればやってみたいと思います、ハイ。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/02/14(月) 22:56 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/733-ddce95e0

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.