管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

話題性が重視される 

現代に於きましては、様々な事の「話題性」というものが重視される世の中になっているようであります。
しかしまぁ、それ故に「話題性だけあれば本当に良いのか?」と疑問視する声も少なくは無い訳であります。
しかし、この話は色々と難しい問題を孕んでいるようにも思うんですよねぇ。話題性は十分あっても、内容ややる事に一貫性が無かったり、実際にはそこまで話題にする程のモノでも無かったり。その一方では、つまらないモノでもその話題性から流行してしまったり。
今や「話題性」というのは、現代に於ける一つのキーワードなのかも知れませんね。漫画もアニメもゲームもドラマも映画もファッションも政治すらもが、「話題性」を作りたい、それに乗っかりたいと、躍起になっているのでありますな。
まぁ、そういう世の中なので仕方の無い話なんですが、管理人個人としてはそういった感じの事に対して、一種のやるせなさのようなモノを感じている訳でございます。

映像作品に於きましては、「特定の俳優や声優が出ているから観る」とか、「特定のスタッフが創っているから観る」といった人が居る訳でありますが、考えてみるとそれも一種の「話題性」に乗っかっている、と考える事が出来ますよね。
まぁ、管理人もスタッフや出演者から「取り敢えず観てみるか」という事になったりしますが、果たしてそれで良いのか?という気になるのは確かな事なのであります。
というのも、原作のファンや作品自体を純粋に楽しみにしている人からすると出演者やスタッフで作品を観るというのは、邪道のような気がしなくも無い訳なんですよね。個人的にはそういった後ろめたさがある訳でありまして・・・。
また、話題性という一点の為だけに原作のストーリーを変えたり無理やりに近いギャグが入ってくるといった事もありまして、内容の婉曲等が為されてしまうという事に対して、複雑な気分になったりもする訳であります。

しかし、そういった話題性を売りにしなければヒットしないというのもまた事実でありますよって、そうそう声を大にして言うような事は憚られるんですよね。しかし、1クールごとに作品が目まぐるしく変化したり、話題性だけで内容が伴っていないような作品が乱造されていっているように思えてならないんですよね・・・。
で、あるのならば、いっそ数を減らして・・・などと思っていたら本当に深夜アニメの数が減ってきてビックリしている訳でして(笑)。「少数精鋭」になってくれれば良いのでありますがねぇ。

【関連記事】
アニメは先細りするのか? 怪獣の溜息
コミュニケーションツールとしてのアニメ 怪獣の溜息

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/02/11 19:40|アニメ関連雑記TB:0CM:4

コメント


マーケティングで勝てば取り合えず売れるからねぇ。
商売の基本の一つで先ずは知ってもらうことってことでは?

ファッション業界の「流行」なんて、実際に流行したものをいうのではなく、業界が「今はコレ!」って提示してるのを必死で追いかけてるようなものだからね。

しかし、作者・監督・声優で作品を選ぶのは超個人的に邪道。まぁ、飛翔掘削は知ってると思うが。
作品そのもののストーリーや設定の一部として演出やら声やら絵があるわけで、それ以上でも以下でもないと俺は思う。
KAITO #-|2011/02/12(土) 08:18 [ 編集 ]

ブログをやって、オリジナル小説は

「なんでもいいから知ってもらわないと読んでもくれない」

という残酷極まりない真実を知りました。

もう話題性でもなんでもいいから宣伝になるものは使えるだけ使おう、という発想を一概にまずいともいえないと思います。

そもそも、「いい作品」ということ自体、ひとつの「話題」ですから。
情報の手がかりも方向性も見えない中で「いい作品」に出会うというのは、現実的には奇跡を通り越して無理です。

うむむ。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2011/02/12(土) 14:12 [ 編集 ]

基本的には製作者側の宣伝が「知る」ための主な手段ですなのは必然ですね。

だからこそ、消費者(視聴者)から見た価値が強く反映される「口コミ」が重要視されるわけで、その効果を強く持つのが「インターネット」であり「ブログ」や「掲示板(有名なのは問答無用で2ch)」、「ツイッター」や「SNS」だったりするわけですね。

まぁ、個人レベルのオリジナル小説となると難しいですが(自分も経験あるので分かります)。
KAITO #-|2011/02/12(土) 18:22 [ 編集 ]

>>KAITO
確かに「知ってもらう事」から始まるんだけど、最近はそれに偏り過ぎな作品が多いように思えてならんのよ。
逆説的に考えると、「話題づくり」をしなければ誰にも観てもらえないという事なのかも知れん。
…「話題づくり」や「宣伝」が行き届居いなかったりするばかりに内容は良いのにヒットしなかった某作品とか某映画をみると、「話題づくりがイカン」とも言えんしなぁ。

>>ポール・ブリッツさん
知られないと何事も始まらない訳ですからね…。
ただ、何処までを「話題」で埋めるかが問題だと思うんです。1から10までが話題づくりの為のネタというのは、やはりどうかと思う訳でして。
・・・やっぱり難しいです、ハイ(苦笑)。


そして、話題になったからと言って売れるとは限らない、という話もありますし、うう~ん…。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/02/13(日) 01:00 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/732-aa09d4cb

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.