管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

管理人の一番好きな怪獣映画 『ゴジラVSスペースゴジラ』 

東宝特撮映画DVDコレクション第36号が届きました。内容は『ゴジラVSスペースゴジラ』。
管理人が平成ゴジラVSシリーズでは・・・いや、もしかしたら怪獣映画の中では最も好きな作品かも知れません。

ゴジラVSスペースゴジラ

しかしながら、哀しい事にネット上に於いてこの作品は滅茶苦茶に酷評されているんですよねぇ・・・。物凄くボロクソに叩かれてしまっております。
この作品が大好きな管理人と致しましては、実に哀しくもあり、そして悔しくもある訳でありますよ。因みに、ネット上に溢れているその「酷評」というのは、全体的に次のようなものになっております。

・ストーリーにメリハリが無い
・唐突過ぎる場面挿入
・MOGERAやリトルゴジラのデザインセンスの悪さ
・全体的にクオリティーの低い特撮
・本編と特撮の一体感が無い
・トンデモ設定
・子供向け過ぎる
・昭和の「底」が『ゴジラ対メガロ』なら、平成の底は『ゴジラVSスペースゴジラ』

散々な言われようですね。
認めたくなかったりするのでありますが、しかしてそれらの酷評は実際問題として大体が的を得たものになっておりますよって、反論したところでただの感情論にしかならないんですよね。管理人としても不毛な言い争いなどしたくない訳でして・・・。
結局はもう、「それでも俺は好きなんだ!」と開き直りをせにゃならん訳なんですけれども(笑)。
ネット上では数少ない『VSスペースゴジラ』肯定派の皆さんも、大体開き直りに至っているんですよねぇ(何が悔しいかと言われるとこれが一番悔しいのであります・・・)。この作品を酷評している方々からはそこも批判の対象になっているのでありますが、それでも管理人はこの作品についての記事を書きたいと思うところであります。

もう何十回もこの『ゴジラVSスペースゴジラ』を観ている管理人でありますが、今回改めて観て思ったのは、やはりこの作品は「娯楽に徹底している」というところであります。
宇宙の彼方からやってくるスペースゴジラに、対ゴジラ兵器MOGERA、前作『ゴジラVSメカゴジラ』のベビーゴジラが成長したリトルゴジラ、そしてフェアリーモスラ・・・。登場怪獣勢を見ても、バラエティーに富んでおります。特に注目すべきは、フェアリーモスラとリトルゴジラ。リトルゴジラの愛くるしいデザインやフェアリーモスラは、女性観客を意識してのものなんだそうです。
怪獣描写もこれまで平成VSシリーズと異なり、擬人化された演出が為されているんですよね。バース島でのリトルを庇うゴジラや、弱点を見抜き福岡タワーを破壊しようとするゴジラ等。こういった演出が為されているのは、今回は平成VSシリーズの中で唯一ゴジラがヒーロー的に描かれているからなのかも知れません。天然ウランが豊富なバース島に住んでいる限り、ゴジラは原発のある日本に出張する必要が無いですからね。今回福岡まで出向いたのはリトルがスペースゴジラに閉じ込められたからであります。ゴジラとしても、人類と戦う理由は無いですからな。
ところで、ゴジラは福岡に行く為に鹿児島から上陸し、九州を横断していた訳ですが、何故か大分県別府市に立ち寄っております。福岡市に行くなら熊本から北上、福岡県春日市を経由して行った方が近道なのに、何故そんな大回りをしたのでありましょうか?謎であります。別府温泉にでも浸かりに行ったのかなぁ・・・?
そこはかとなく大人の事情が絡んでそうな臭いがしますが、それは置いておくとしまして、そういった部分にもエンターテイメント性を打ち出していた訳でありますな。

そしてそのエンターテイメント性の最たるものが、対ゴジラ用兵器MOGERAなのでありますよ。
オーバーヒートを起こしやすかったメカゴジラの反省により強制冷却装置を付けた核融合炉を2基搭載し、出力に余裕を持たせた上、ブルーダイヤコーティングにより熱攻撃にも強い。何よりドリルとパラボラ兵器を装備しているというのがポイント大きいですよ(何のポイントだ?)!
恐らくは対ゴジラ兵器としては最強クラスのものであると考えられます。
劇中描写を見ても、ゴジラ到着まではMOGERAが単独でスペースゴジラを牽制、 ゴジラが来てからは分離し、スターファルコンが空中から攻撃、ランドモゲラーは地中から福岡タワーの基礎を破壊するという大役を果たしていおります。再び合体してからは、スパイラルグレネードミサイルによってスペースゴジラの肩の結晶体を破壊し、大ダメージを与えておりまして、勝利に大きく貢献しております。恐らくスペースゴジラはMOGERAとゴジラの共闘が無ければ倒せなかったでしょう。
・・・個人的にMOGERAで一番スゴいのは宇宙飛行が可能という点であると思います。対ゴジラ戦闘用兵器なのに何故?という気がしないでも無いですが(笑)。
・・・この映画でメインに据えられているのは、MOGERAなんですよね。何はともあれMOGERAありき。スーパーロボットアニメ的と言いますか、とにかくこの映画はそういう作品なのであります。
そのMOGERAのパイロットに焦点が当てられる話作りですから、これまでの平成VSシリーズよりも「個人VS怪獣」という構図になっていると、そう思うのでありますよね。
それ故に敵役のスペースゴジラの魅力が薄れてしまっているのが惜しいと思うのでりますよ。スペースゴジラの掘り下げさえあれば、個人的には非の打ち所の無い作品だったと思います。
・・いや、どうでしょうかねぇ(笑)?
ゴジラに対しての
結構良いヤツだったな
という台詞は、これまでの平成VSシリーズで描かれてきた「恐怖のゴジラ」というゴジラ観とは明らかに違うんですよね。個人的にはそれもアリだと思うのですが、確かにシリーズ通して見ると、やはり異色な作品とならざるを得ないんですよ。
このあたりは、監督の山下賢章氏と特技監督の川北紘一氏の方向性の違い、というのがチラついてくるんですな。本編と特撮部分がチグハグになっているのもこのあたりが関係しているのでありましょうなぁ・・・。それもまた残念な部分であると思います。
特技監督という役職が置かれる特撮作品に於いては、こういう部分が難しい所なんですよね。

さてさて、特撮面でありますが、上で書きましたように、あまりよろしくはありません。これは、前作『ゴジラVSメカゴジラ』で平成VSシリーズは終わり、ハリウッドの『GODZILLA』にゴジラ映画は引き継がれる筈だったのですが、『GODZILLA』の制作が遅れた為、急遽平成VSシリーズの続行が決定された事による制作期間の短縮が原因とされております。
とは言いましても、ゴジラの生物感や福岡決戦の大規模なセット、MOGERAの合体&分離の魅せ方等を観ると、決して叩かれるようなものでは無いと思うのですがねぇ・・・。
アレでしょうか?「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ってヤツでしょうかね?そんな事言わずにちゃんと評価して欲しいものであります。

不満が無いと言えば嘘になりますが、管理人は全面的にこの作品が好きなのであります。
ネット上では非常に肩身の狭い思いをしておるんですけど、それでも好きなんだから仕方が無いんですなぁ・・・。


【関連記事】
ミステリアンは本当に侵略者だったのか? 怪獣の溜息
MOGERA好き 怪獣の溜息
不毛な「派閥争い」 怪獣の溜息

【関連商品】
ムービーモンスターシリーズ Gフォース・モゲラムービーモンスターシリーズ Gフォース・モゲラ
(2002/11/25)
バンダイ

商品詳細を見る

特撮リボルテックでMOGERAが出ませんかねぇ?
【東宝特撮Blu-rayセレクション】ゴジラvsスペースゴジラ【東宝特撮Blu-rayセレクション】ゴジラvsスペースゴジラ
(2010/01/22)
橋爪 淳、小高恵美 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/01/30 02:39|特撮怪獣TB:0CM:4

コメント


私も劇場で見たとき、楽しかったんですよね。3人で見に行って劇場出た瞬間に出た言葉が「脚本あんのか?」でしたから。

見た目のひどさというより、あまりに特撮部分に偏り過ぎちゃってて、怪獣映画としてのバランスが悪くって、ある映画の怪獣バトルだけをつないだ感じなんですよ。モゲラやスペゴジのおもちゃ感も含めて、おっしゃる通りエンターテイメントに寄っている映画なんでしょうね。

けどですね、誰が何と言おうと「好き」を貫くのは大事です! 私はこの記事を読んで、借りてみてみようと決めました(さすがに持ってないや)。
波のまにまに☆ #-|2011/01/31(月) 10:37 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
ネット上では酷評ばかりで本当に残念であります…。しかし某密林のレビューを見ると、決して酷評だけでなく、結構良い評価が付けられたりしているんですよね。最近になってようやく見直されつつある、という事なのかは知りませんけど(笑)。

>あまりに特撮部分に偏り過ぎちゃってて

福岡のバトルシーンだけで約40分ありますからねぇ…。
とは言え、登場人物を絞ってキャラ付けを明確にした本編パートも中々に面白いと思います。
もしかしたら、「平成ゴジラVSシリーズの1作品」としてでは無く「MOGERA VS スペースゴジラ」という「ゴジラの出てくる巨大ロボット特撮映画」として観ると良いのかも知れませんです(笑)。

誰が何と言おうと、私はこの作品が好きです!
酷評を見ると凹みますが…(苦笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/02/01(火) 00:11 [ 編集 ]

はじめまして
私も子供のころ劇場で見ています。欠点も多いのは承知でこの作品は好きですね。何より子供向けかつ娯楽として面白いし。スペースゴジラに対して子を守ろうとするゴジラと人間側のモゲラが共同戦線を張る所なんて燃えるけどなー
VS世代 #-|2011/06/11(土) 13:28 [ 編集 ]

>>VS世代さん
はじめまして!
燃えるんですけどね~。
痛烈な批判は哀しいですが、好きなんだからしょうがない!と、開き直るしか無いんでしょうねぇ…。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/06/11(土) 19:45 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/718-bc549c20

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.