管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第05回放送 

雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』の第5回放送でございます。

今回の議題は、「聖地巡礼」についてのお話であります。
聖地巡礼」の愉しみ方や、それに伴う経済効果、問題点等について、語っております。
管理人も結構聖地巡礼は好きでありまして、その体験を踏まえた上での話等も出来たのではないかと思いますが、さてさて。






再生数もコメント数も中々伸びない訳ですが、取り敢えず継続は力、という事でありますかねぇ・・・。
とはいえ、色々な人に聴いて欲しいです(苦笑)


【関連記事】
「聖地」は作られるモノでは無い筈だ! 
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/01/20 23:57|本編TB:0CM:2

コメント


はじめまして、初めて書き込ませていただきます。
自分も昨年コミケに参加するためにビッグサイト周辺に出掛けたときには「ゴジラvsデストロイア」巡り的な気分が少なからずありました。羽田空港は映画よりも遠くに見えまして、この距離をジュニアを抱えて飛ぶのは大変だろうとか考えられて面白かったですね。
たロう #-|2011/01/21(金) 23:22 [ 編集 ]

>>たロうさん
はじめまして!
実地に行ってみてはじめて分かるというのも、「聖地巡礼」の醍醐味の一つですよね。
いろんな面が見えるようになって面白いです。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/01/22(土) 22:50 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/710-56307e70

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.