管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

パロディの妙 

アニメに於けるパロディが(色々な意味で)ヒドい」といわれるようになって久しい訳でありますが、管理人は最近なかなかのパロディー作品を観ました。
それは、『みつどもえ 増量中!』第1話「狙われた子供たち!日本滅亡カウントダウン!」なのですが、コレは1話丸ごと使った昭和特撮(主にスーパー戦隊シリーズ)パロディ回でありました。劇中特撮番組『本気戦隊ガチレンジャー』のアレな回を1話丸々使ってやるというモノだった訳なんですけれども、中の人が入っていない着ぐるみやらミニチュアっぽい作画、スケール感の合わないメカニック描写にスーツアクターによる体型の激変にスタントマン等、絶妙な作画スタッフの芸の細かさが光る、そういった感じの回でありまして、これには管理人も抱腹絶倒、笑いすぎた挙句顔や腹の筋肉がアレな感じになってしまったりしたのでありました。
で、であります。コレを観た管理人は、ふと思いました。
パロディは確かに面白くはあるのだけれど、悪く言ってしまえばそれだけに終始してしまっているだけなんだよなぁ

パロディの文脈というのは非常に古く、元を辿れば古典和歌の本歌取りなんかにまで遡れてしまうんですよね。
まぁ、パロディーの文脈云々という話は置いておきまして、基本的にオタクという生き物はパロディーが大好きだったりする訳でございます。その昔は同人界隈でパロディー漫画やパロディアニメなんかが制作され、現代に於ける、いわゆる二次創作に繋がったりもしている訳です。
そして、本業のアニメ制作者や漫画家も、作品内に「分かる人には分かるネタ」を仕込んだりするようになっていった訳であります。管理人が知る中で最大のパロディ作品はやはり、GAINAX制作のOVA作品である『トップをねらえ!』でありますかね。まぁ、この作品の場合はパロディを突き詰めて行った結果、凄い所まで行ってしまった訳ですが・・・。

最近の深夜アニメ(・・・に限った話でもありませんか(笑))にもパロディーが多かったりする訳でして、小さいものでは台詞の引用やシーンの再現、大きいものでは前述『みつどもえ 増量中!』第1話のように1話丸ごとパロディ回になってしまったりもするのであります。
いえ、別に悪いという話では無いのですよ。実際パロディを観たりするのは楽しいですし、そういった作品があるというのも別に良い訳です。
ですが、やっぱりパロディって、分かる人がニヤリとするだけなんですよね。知らない人が観たら「何じゃこりゃ?」としか思われない訳でして・・・。どうしても内輪ネタ的になりがちなんですよね。

しかして、パロディも突き詰めていけば制作者が「自分のモノ」として使うようになっていくんですよね。そうなると単なる引用やお遊びで無くなっていく訳であります。単なるパロディを超越・昇華した新しい作品になるのだと、管理人は思います。先述の『トップをねらえ!』然り、『天元突破グレンラガン』然り。
新世紀エヴァンゲリオン』の庵野監督がその所信表明にて「『それすらも模造である』というリスクを背負ってでも」と書いたように、最終的にはそこに行き着いてしまうんですよね。最早どこまでが「パロディ」なのか「」なのか、「お約束」なのか、そこまでの次元へ行くとかなり曖昧な感じになって行くんですな。
その一方で「知っている人だけがニヤリとする程度のパロディ」はどうなのだろうか?と思います。実際、やりすぎるとクドくなりますし、いい加減飽きが来ているようにも思うのですよ。と同時に、そういったパロディーネタは、一種の共通言語としての機能を果たしているようにも思えるのであります。そのシチュエーションやニュアンスとしての使い易さを考えると、パロディと言うモノは実に使いやすく便利であります。
こんな風に書き散らしている管理人も、先日特撮パロディ漫画をアップロードしている訳でして、このパロディとしてのカタチを採ったのはその「」から描きたい内容を抽出したかったからでありまして・・・。

・・・「知っている人だけがニヤリとするパロディ」って、果てしなく不毛なんですけれども、使い勝手や分かる人への呼びかけをするのはもってこいの手段なんですな。
ただ、そういった機能を使おうとしてパロディーという形式を採っているのだ、という作品は、そう多くは無いように思うんですよね。多くは、単なる笑いの為、ギャグとしてしか挿入されていないように思うのです。
・・・ギャグが悪いという話でもありませんが、自戒の念も込めまして(笑)。

【関連記事】
漫画 『悪の凡才が時に野心を抱き~戦斗員奮闘記~』 怪獣の溜息
なんてこった! 怪獣の溜息

【関連商品】
トップをねらえ! Vol.1 [DVD]トップをねらえ! Vol.1 [DVD]
(2000/11/25)
日高のり子、佐久間レイ 他

商品詳細を見る

オタク学入門 (新潮文庫 (お-71-1))オタク学入門 (新潮文庫 (お-71-1))
(2008/04/25)
岡田 斗司夫

商品詳細を見る

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/01/17 23:59|アニメ関連雑記TB:0CM:2

コメント


パロディーは今じゃたまに「パクりだ」何だとか言われたりして、もう遂に線引きも曖昧になってるような気がしますね。エヴァのパロディーといえば、最近エヴァのOPのタイトルの出方がウルトラマンのいろんなタイトルの出方を複合して似ているような気がしてなりませんw「新世紀」の出方が帰マンとタロウの感じにしか見えなくなりましたw
工場長 #-|2011/01/19(水) 21:27 [ 編集 ]

>>工場長さん
「パロディー」若しくは「オマージュ」若しくは「リスペクト」若しくは…
等と、色々な言葉はあるんですけれどね(笑)。

『エヴァ』のタイトルについてはそこまで考えて観ていませんでした。確かに、ウルトラシリーズに何処と無く似た出し方をしてますね。偶然なのか意図的なのか…。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/01/20(木) 01:14 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/707-e51328ad

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.