管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

【MOVIE大戦】これもまたライダーの側面だ!【CORE】 

続きまして、『仮面ライダー×仮面ライダー OOO&W feat.スカル MOVIE大戦CORE』の感想的記事でございます。
この作品は冬の仮面ライダー映画として今後も続いていくであろう『MOVIE大戦シリーズ』の2作目でありまして、今回は昨年放送が終了した『仮面ライダーW』と現在放送中の『仮面ライダーOOO』の共演映画でございます。

まず「W編 仮面ライダースカル メッセージ for ダブル」。
仮面ライダーW』は管理人が『クウガ』以降のライダーの中で一番好きな作品でありまして、今回はその後日談的な話であると同時に前日談的な話でもありました。現時点で時系列的に一番前の話と一番最後の話を持ってくるとは、流石といったところでありましょうか。

プテラノドンヤミーがメモリーメモリを入手、仮面ライダーへの知識欲を得たところから物語が幕を開けます。
照井と亜樹子が結婚するという衝撃的な事実も去ることながら、この話のメインは仮面ライダーWではなく、翔太郎の師匠・おやっさんこと鳴海荘吉であると言うところにも驚愕であります。メモリーメモリの影響で、プテラノドンヤミーに連れ去られた亜樹子が、10年前の出来事を見る、という筋書きでございますな。
おやっさんが何故仮面ライダースカルになったのか?といった事や、おやっさんとシュラウドとの関係性(まさか幼馴染だったとは思いませんでした(笑)。)等、本編では明らかにされなかった伏線がここで回収された訳です。
また、物語の展開上、おやっさんがスカルに変身するまでが長いんですな(笑)。しかし、おやっさんを演じる吉川晃司の熱演・アクション等、見所は実に多かった訳です(ですが、やはりと言うかなんと言うか、観に来ていた子供にはあまりウケていなかった様子。変身ヒーローが不在ではちょっと退屈だったのかも知れません)。
また、全編通してハードボイルドにキマっていた訳でありまして、本当にこれは仮面ライダーなのか?という錯覚に陥ってしまった程です。いやぁ、闇夜の中で闘うおやっさん、実に格好良かったですなぁ。

そして、敵にも注目。今回は、風都最初のドーパント事件の物語でもあります。その最初のドーパントは、スパイダー・ドーパント。そして、ミュージアムのガイアメモリ商人の女が変身するのは、バット・ドーパント。つまり、初代『仮面ライダー』の最初の敵・蜘蛛男と二番目の敵・蝙蝠男のオマージュですな。
ライダーシリーズでは度々最初の敵に蜘蛛がモチーフの怪人が選ばれておりますが、『』ではこういう形で持ってくるのか!と、妙に関心しました。
推理パートも色々と裏をかいてきまして、スパイダー・ドーパントの正体はおやっさんの相棒マツという所に度肝を抜かれましたよ。
そしてこの物語は、「仮面ライダーの哀しみ」という題材が選ばれております。異形の姿になり、相棒さえも殺さなければならなくなり、戦いの末愛する娘に触れる事も出来なくなったおやっさん。その姿は非常に哀愁漂うものでありました。
哀しみを背負うヒーロー、それが仮面ライダーの側面といっても過言ではありません。そんな父の姿を見て亜樹子は、
哀し過ぎるよ!
と泣き叫びます。そんな彼女をよそに、発動してしまうメモリーメモリ。
そこで、一旦中断、『OOO』の物語が始まります。

続いて、「OOO編 ノブナガの欲望」。
どこかしら某ゲームを髣髴とさせるタイトルですが、それは置いときまして、ストーリーは、鴻上ファウンデーションが「史上最も欲深かった男・織田信長」をセルメダルの力で復活させ、復活した信長が色々と暴れたり行動を起こしたりする、というものであります。
いやはや、本当に鴻上社長が何を考えているのか理解に苦しみますね
大体、信長が「史上最も欲深かった」という部分に少し?となりました。う~ん・・・。
また、今回の映画では映司のキャラクターがちょっと違うんじゃないか?と思いました。稼いだ金を周囲に分け与えるような奴ではないような気がしますし、人が死んでいるのをスルーするような奴でもないような気がするのでありますよ。
等と思ったら、どうやらこのOOO編はTV版本編とはパラレルワールドという設定のようであります。なるほど、それならば映司がメダルを持っていたりWと共演したりするのも無理が無い訳ですな。しかしそういう話ならパンフレットに書いてあっても良いのに・・・。

まぁ、そんなこんなで映司がノブナガと仲良くなったりノブナガが企業買収したりメダルを埋め込まれて怪人になったりと、色々あった結果、OOOは怪人と化したノブナガを倒し、大団円となります。で、ノブナガを倒すと黒い三つのコアメダル(蠍・蟹・海老という謎なメダルでした。何だったんだろう、アレ?)が風都の方へ飛んでいきます。メダルを追う、映司・・・。

そして二つの物語が融合、「MOVIE大戦 CORE」が始まる訳であります。
相棒を失ったおやっさん、友を失った映司。二人のライダーの哀しみがメモリーメモリと共鳴、更に黒いメダルと融合し、巨大な火達磨怪人仮面ライダーコアが誕生してしまいます。それ故にこの仮面ライダーコアは哀しみと苦しみの戦士なんだそうですが、管理人には暴れている巨大火達磨亡霊にしか見えませんでした(姿は仮面ライダーそのものでしたが)。
しかし、ライダーは哀しみと苦しみだけで無く、正義を愛する心と、誰かを守りたいという意志が必要不可欠であります。それを体現していたのは、照井竜。
彼は愛する亜樹子を守る為に、仮面ライダーアクセルへと変身、仮面ライダーバースと共闘して、プテラノドンヤミーを撃退します。そんな彼の姿は、正に仮面ライダーそのもの。家族を失った哀しい復習鬼から、街を守るヒーローになった照井こそが仮面ライダーとしての本来の姿なのであります(姿はあまり仮面ライダーっぽくないケド)。
哀しみと苦しみだけの仮面ライダーコアが、W&OOOに勝てる筈も無く、あっけなく倒され、物語は真の大団円を迎えたのでありました。
そして、照井と亜樹子は結婚式へ、映司はブラジルへ、それぞれの生活へ戻るのでありました・・・。


さてさて、全体を通しては、やはりおやっさんが格好良いという所でありますね。これに尽きると思います。
また、亜樹子とおやっさんが何故会えなかったのかという部分にも触れられておりまして、正直なところ、若干ウルっとしてしまいました。
そうなると逆にオーズが蛇足なような気がしてしまうんですよね。直に仮面ライダーコア戦に移行しても良かった訳ですから。とは言え、映司の言葉で亜樹子が救われたのであれば、それでも良いのかなぁ、と思ったり(笑)。オーズが悪いという話でも無いのですが。
全体的に『OOO』にはノれないんですよね。面白い作品である事には間違いないんですけれども。
そして、映画が終わった後に1号ライダーの変身音が。

仮面ライダーシリーズ40周年記念映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』、2011年春公開決定!

・・・マジっすか!?

【関連商品】
HEART∞BREAKERHEART∞BREAKER
(2010/12/15)
DaiKichi~大吉~

商品詳細を見る

MG FIGURERISE 1/8 仮面ライダースカル (仮面ライダー ダブル)MG FIGURERISE 1/8 仮面ライダースカル (仮面ライダー ダブル)
(2011/01/29)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/01/16 22:52|特撮ヒーローTB:0CM:2

コメント


仮面ライダースカルは私は大満足な内容でしたが、子供はかなり置いてきぼりだったかも知れませんね。けっこう内容もハードでしたし。そのためにオーズなのかも知れませんがね。ただ親は仮面ライダーWやオーズに関して子供ほど詳しくないので大人も楽しめる内容だと親にとっても嬉しいのかも知れませんね。

しかし最後の4月に新しい映画が放映するという情報は子供にとっては喜ばしく親にとってはちょっと残念な知らせが入って驚きましたね。
第4のペロリンガ #-|2011/01/17(月) 19:05 [ 編集 ]

>>第4のペロリンガさん
ハードボイルドなおやっさんの物語、非常に格好良かったですね。ですがやはり子供は変身ヒーローの登場を期待する訳でして…。

4月映画は、ネット上の噂によるとオリジナルキャストの出演があるそうです。2号ライダーこと一文字隼人役の佐々木剛さんが声の出演決定との話もあるようで、今から楽しみです。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/01/18(火) 01:36 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/706-722658e3

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.