管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

【ウルトラシリーズ】もっと頑張って欲しかった…!【45周年記念作品】 

遅れ馳せながら、昨年末公開の映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』及び『仮面ライダー×仮面ライダー OOO&W feat.スカル MOVIE大戦CORE』を観て参りました。いやはや、当初の予定では2010年内に観る予定だったのですが、諸事情ありましてズレにズレてようやく観れたのは昨日、という事になってしまった訳であります。やれやれです・・・。
と、いう訳で早速感想的記事を書きたいと思います。まずは『ウルトラマンゼロ 超決戦!ベリアル銀河帝国』から、行ってみますか。

さてさて、この『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』は、一昨年末に公開された『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の直接の続編でありまして、前回登場したセブンの息子ことウルトラマンゼロが主役であります。敵役も前回に引き続き、ウルトラマンベリアル改めカイザーベリアル。最近のウルトラ界隈では専ら「セブンの息子」が前に出されて管理人はイマイチ気に入らんのですが、まぁ、作品としての描かれ方とは関係無い訳でして、そこはそこ、というように観なければなりませんな。
・・・にしても、ベリアルさんの宿敵がウルトラマンゼロ、となっているのは若干いただけないような気がせんでも無いです。ベリアル本来の宿敵はウルトラの父ことケンさんなのでは・・・?

さて、ストーリーを簡単に纏めると、こんな感じですかね。

ある日、突如としてM78星雲光の国にウルトラマンゼロによく似た謎のロボットが襲来した。ウルトラセブンとウルトラマンゼロが共闘し、これを撃破するが、そのロボットのパーツは、この宇宙の物質では無かった。また、そのパーツはマイナスエネルギーを別宇宙に送っている事が判明。ウルトラマンゼロは調査の為別宇宙に単身乗り込むのであった・・・。

まぁ、このロボットを送り込んだのはベリアルさんで、その別宇宙を侵略・ベリアル銀河帝国を建国していた、というお話なんですけどね(笑)。
しかし多元宇宙にマルチバース(ホーキング博士もビックリです。)、宇宙艦隊や変形ロボット、そして銀河帝国と、結構本格的なSFをやっていた感じでありました。また、全編通してウルトラマンゼロ一行の大宇宙冒険活劇でありまして、痛快なストーリーであったように思います。

今回の映画の中で特筆すべき点は、ゼロ一行の面々であります。別宇宙に存在する惑星エスメラルダ出身のエメラナ王女、荒野の惑星アヌー出身の兄弟ランとナオ。兄のランはウルトラマンゼロが通りかかった時に弟を庇って死にそうになっていたので、ゼロが乗り移りました。ウルトラ一族得意のウルトラ乗り移り、頂きました(笑)!
そして、エスメラルダ王家に仕えるミラーナイト及び巨大変形ロボットのジャンボット、そして宇宙海賊「炎の海賊」の用心棒・グレンファイヤー。彼らは往年の円谷特撮ヒーローのミラーマン、ファイヤーマン、ジャンボーグAのリメイク版と言うべき存在でありました。いやはや、円谷リスペクトと言いますか、セルフパロディーと言いますか。見事なリデザインでありました。特にファイヤーマンのリデザインは凄かった!
また、ジャンボットを操縦するのはナオでありまして、このネーミングは『ジャンボーグA』の主人公・立花ナオキから採られているのでありましょう。ニヤリとさせられる見事なネーミングでありますね。ジャンバードが売られる展開にならなくて本当に良かった!
管理人が個人的に驚いたのは、ウルトラマンノアの登場でありました。次元やら時空を超越したイメージとして描かれるウルトラマンノアでしたが、まさか今回登場してくるとは夢にも思いませんでしたよ。
しかも『ウルトラマン』第7話「バラージの青い石」と酷似した感じになっておりまして、そちらとの関連もありそうであります。いや、単なるオマージュなのでしょうか(笑)?

そしてベリアル軍。某ベイダー卿に勝るとも劣らない残虐非道ぶりで別宇宙を侵略、膨大なロボット兵器を製造し、ウルトラの星侵攻に向けて頑張っていらしたようです。
そして自らも怪獣化してウルトラマンゼロに挑みます。しかしながらどうして悪というものは怪獣化したがるんでしょうかね?ガノンドロフ然り。
しかし、結局はウルトラマンノアに認められたウルトラマンゼロ&リメイク3人衆に返り討ちにされてしまい、ベリアルさんはまたしても敗れてしまいます。同時に、ウルトラの星に送り込んでいたロボット軍団もウルトラ戦士の皆さんにやられてしまっていました。画面手前に飛んでいるウルトラマンキングさんが非常にシュールでした

そんな感じでウルトラマンゼロはランと分離、帰路につきます。その中でリメイク3人衆と新しい宇宙警備組織ウルテメイトフォースゼロを結成、物語は幕を閉じます。
ああ、現代版銀河連邦ですね!等と思いつつ、管理人は劇場を後にした訳であります。

と、まぁ、そんな感じでございまして、ストーリーはなかなかに面白く、今後のウルトラシリーズがどのような展開になっていくのか、非常に期待が持てるものでありました(と思うと同時に、もうウルトラマンが地球にやってくる展開は無くなるのかなぁ、とも思い、少し寂しなりました)。
ですが、映像面を観ますと、CG部分の粗が見え隠れしたり、合成部分をもっとちゃんとして欲しかったりと、イロイロと不満が出てきちゃうんですよね。エフェクトは結構派手なんですが、迫力が無いような気がしてならんのであります(まぁ、こう感じるのは管理人が根っからの特撮脳だからなのかもしれませんが)。
ウルトラマンやレオノイド等の巨大感の演出は見事だったし、宇宙艦隊戦の描写や、メカニックの描写も決して悪くは無かったのですが、もっと色々頑張ってくれ!と言いたいですかねぇ・・・。
また、数少ないセットシーンも、なんだかセット感が出てしまっていて残念でありました。特にウルトラマンゼロとグレンファイヤーの戦闘シーンが・・・。巨大感・重量感が完全に無かったのがアレでした。シャカシャカ動きすぎなんだよ、二人とも!

その他、語るとしたら豪華すぎる声優陣ですかね。歴代ウルトラ戦士の声はオリジナルキャストが演じていましたし、リメイク三人衆は緑川光さん(ミラーナイト)、関智一さん(グレンファイヤー)、神谷浩史さん(ジャンボット)といった顔ぶれでありました。また、敵の一人、アイアロンは若本御大という感じでありまして、アニメファンにも馴染みの深い声優陣でありました。

まぁ、こんな感じでありました。まぁ、セットやCGに関しては、やはり予算が無いという所に行き着くんでしょうかね。とにもかくにも円谷プロには頑張って欲しいです。
オマージュやパロディーに満ちただけの作品と言うのも別に悪くはないのですが、もう少し新しいモノにチャレンジしても良いのではないか?と、そういうように思えました。今年の冬にも新しいウルトラ映画がやるようですし、そちらでは「チャレンジする円谷」に期待したいと思います。

【関連記事】
映画の感想とか ウルトラ 怪獣の溜息

【関連商品】
ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国 オリジナル・サウンドトラックウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国 オリジナル・サウンドトラック
(2010/12/22)
サントラ、Voyager 他

商品詳細を見る
DXウルトラゼロアイDXウルトラゼロアイ
(2010/11/20)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/01/16 18:50|特撮ヒーローTB:0CM:2

コメント


仮面ライダーの記事にもコメントしましたが、別にコメントがしたかったのでまたコメントさせていただきました。

仮面ライダーが本命でしたが、ウルトラマンゼロが超面白くて良かったです。残虐非道なベリアル達を相手に勇敢に戦うウルトラマンゼロ達に感動してしまいましたね。

ただ仮面ライダーと違い昔の作品に頼っている感が大きいのも嬉しい要素でありつつ新しい作品としてはちょっと残念ではありますね。今回はミラーマン、ジャンボーグA、ファイヤーマン等のウルトラマン以外の円谷作品の要素も観られたのでまだ良いですがね。

あと個人的にセブンの息子という設定は子供がいるのにダンは地球でアンヌとイチャイチャしていたのかと思ってしまってちょっと気に入らなかったりしますね(笑)。
第4のペロリンガ #-|2011/01/17(月) 19:13 [ 編集 ]

>>第4のペロリンガさん
ライダーが新しい機軸を模索して行っているのに対して、ウルトラは「ウルトラらしさ」に縛られてしまっているような気がします。
「人間化するウルトラマン」や「ウルトラ家族路線」という機軸を打ち立てていますが、過去のイメージが強すぎる故にその新機軸がきちんと機能していないようにも思えるんですよね。
円谷も予算が無いなりに頑張ってはいるのですが、このままではウルトラが完全消滅してしまうのではないかと、心配になるのです…。

セブンの息子という設定につきましては、ホントに何をやっているんだ、と(苦笑)。人気があるからといって息子なんて出したからこうなるんです…。こんな事思うのは我々のような人種だけかも知れませんが(笑)。
ただ、ゼロのキャラクターとしては好きですし、今後も頑張って欲しくもあります。
今後、ウルトラは何処に向かっていくのでしょうかねぇ…?
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2011/01/18(火) 01:52 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/705-2e39bc04

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.