管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

どっちに転んでも性教育はキチンとするべきだと思う。 

えっちなのはいけないと思います
とは言いますが、性欲というのは生物学的には生殖本能の現われでありますから、それ自体には何ら問題が無い筈でございます。様々な物事を性欲と結びつける哲学者も居た訳ですし、そんな忌み嫌うべきモノ、蓋をしてしまうモノでは無いと考える訳でございますが、さてさて。

個人的には日本の性教育はえらく微妙なものだなぁ、と思う訳でございますよ。
今現在はどうなっているかは知らんのですが、管理人が小・中学校で受けた性教育の範囲では、子供の出来る仕組みは教えられても行為自体は教えられていなかった訳であります。考えてみればなかなかに異常な事ではないかと思う訳です。ロクに避妊方法も教えてもらえない性教育に何の意味があるのか?と、当時管理人は疑問だったのでございますよ。
で、我々がどういったところで性的な知識を身に付けていたかと申しますと、それはもうえっちな本とかえっちな漫画しか無い訳でございます(笑)。
いえいえ、笑い話ではなく、結構そういった書籍類(近年はそれらに加えてインターネットも、その役割を担っております。)は青少年の性に関する知識の情報源として有力なのでありますよ。
因みに、公園に棄てられていたエロ本やエロ漫画等をはじめて見た時の管理人や管理人の友人らは
ヤックデカルチャー!
と叫ぶゼントラーディ人のようなショックを覚えた訳でございます(笑)。

しかしながら、であります。これらエロ本やエロ漫画等を「有害なモノ」と見なす人達も少なくはありません。学校では教えてくれんのだから、良いじゃないか!と思いますが、向こうは向こうでそれなりの言い分があったりもしまして・・・。
多感な時期にそのような漫画や本に刺激されると悪影響が出る!
と、よく言われる訳でございますが、そもそも学校でキチンと教えていれば、そういう事になるとは思えませんがね。

怖いのは、
日本は性教育に関してはかなり閉鎖的なのに、性的な表現に関して結構寛大である
というところでありますかね。
結構色々な性的なジャンルが開発されたりもしている訳でして、このあたりは非常に興味深いところな訳でございますよ。特に漫画やゲーム等では作者や制作者が結構自由に創作できている、という点でありますかね。一般的には理解し難いジャンルも随分とありまして、少数派なりにイロイロ愉しんでいる人が居る訳であります。それも偏に、
こういうのがやりたい!
こういうのを創りたい!
という気持ちがそうさせていったのでありましょうね。イマジネーションって偉大だなぁと思う訳ですが、しかしながら、確かにそういうアブノーマルなジャンルにいきなり青少年が突っ込んでしまうと色々と危険ではありますよね。普通は様々な筋道を通ってそのジャンルに辿り着く訳ですが、いきなり、というのは些か怖い部分であると思う次第です。確かに影響を受けてしまって犯罪に走る、なんて事にも繋がりかねません。
本来ならそういった事を防ぐ為の性教育なんだろうと思うのですが、肝心の性教育が殆ど機能していないのです。その結果、表現規制という事に繋がっていってしまう訳でありますよ。
管理人は、実に理不尽な事だと思うのですが、どうでしょうか。

例の都条例の改正案が可決し、これから表現規制はどうなっていくのか、という点に於いては非常に興味深い局面を迎えていると思います。
ただ単に騒ぐだけではなく、今後の動向を注意深く見守り、考えを纏めた上で行動するという事が大切なのではないかなぁと、ここ最近のネット上での騒ぎを見て思いました。ただ単に騒いでいるだけの人が多いように管理人は思うんですよ・・・。

・・・個人的には、表現規制よりもネット上に違法にアップロードされているエロ漫画のファイルの類の方をなんとかして欲しいような気がしなくもありません。
最近は違法アップロードされたエロ漫画のファイルをDVDに焼いて友達に売る小学生なんかも出てきているそうで、寧ろこっちの方が深刻な問題なんじゃなかろうかと考える次第でございます。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/12/21 16:11|混沌雑記TB:0CM:4

コメント


とはいえこれでネットまで本格的な規制がかかったら日本のサブカルチャーは半分死滅してしまうのも同然なのがつらいところです。

もしかしたら、はじめから規制派の狙う本丸はネットのほうで、書籍のほうは「外堀」のつもりだったのかもしれません。家康の大坂城攻略みたいなもので……。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2010/12/21(火) 18:41 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
ですよねぇ…。
注意深く見守っていきつつ、出来る限りの事をやるしかないのでしょうかね。「行き過ぎた規制」をさせないというのが大切なんでしょうね。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/12/21(火) 19:24 [ 編集 ]

子供が生まれる事を意識しないでの行為や犯罪も多いですから性教育と道徳を教える事は大切ですね。

そっち系漫画を一時期読んでいた事がありますが、犯罪を楽しむ漫画や犯罪から愛が始まるおかしな漫画も多かったですね。正直、前者に関しては読んでいた自分も後味が悪かったですね。そこらへん常識的に考えても間違っていると思いますね。ただこれらはあくまで規制対象の漫画ですがね。やはり健全な青少年を育成するなら既存の規制対象物を未成年に流通させない事の方が重要だと思いますね。規制対象のパソゲーの3/4がネットから違法ダウンロードされている現状等もあるらしいですからね。
第4のペロリンガ #-|2010/12/21(火) 20:40 [ 編集 ]

>>第4のペロリンガさん
創作物の世界に常識を持ち込むべきかどうか、というあたりも議論されていますね。
個人的にはもう受け取り手側の問題なんだと思いますよ。作品を観たり読んだりしてそれをどう感じるかは結局は受け手側の問題なんですよね。
今回の非実在青少年関連の話も、本来は18禁作品を18歳未満の手に触れさせないようにする為のモノだった訳で、しかしそれが過剰に創作作品を規制させてしまいかねないという問題があるから皆さんが騒いでいる訳でして。
私としては、記事にも書きました通り、キチンとした性教育さえされていれば規制などする必要は無いと思うのですが…。

違法ダウンロード問題は著作権の観点から、というのが大きいです。
未成年者が何の躊躇いも無く違法アップロード物をダウンロードし、あまつさえDVDに焼いて友達に売る、なんて事は結構日常茶飯事な事になってきているようですし、私としては性表現規制よりも先にそっちを何とかして欲しいと思うのですがね。こっちの方が難しそうですけど。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/12/22(水) 06:25 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/675-f456582a

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.