管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

古典的アニメ作品、キムタク主演の実写化!  『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 

はい、と、言う訳でございまして、本日より公開の映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てまいりました。
いやはや、一週間前にこの映画に即して『宇宙戦艦ヤマト』の記事を書いた(下記【関連記事】参照)訳ですが、あっという間に一週間経ってしまいましたね。時間の経過は早いものです・・・。

それにしても流石は映画の日。千円効果で、夜からの回だと言うのにほぼ満席でありましたよ。客層は、リアルタイム世代の方から家族連れ、カップルに制服を着た高校生グループ等、本当に幅広い層でありました。

ネタバレしない程度にこの作品の事について一言であらわすとすれば、
『宇宙戦艦ヤマト』のリ・イマジネーション作品と言う側面が非常に強い作品であった
というように言えるでしょう。
例えば、佐渡先生が女性キャラになっていたり、古代進や森雪の性格がオリジナルとは異なっていたり(そりゃまぁ、キムタクですし(苦笑)。演技は良いんですが、キムタクになってしまうのが木村拓哉さんが演じる作品の問題なのかも知れません。)・・・等。
勿論、物語の展開や諸々の設定(ガミラス・イスカンダルの設定やデザインが大幅にリ・イマジネーションされていました。)もリ・イマジネーションされており、色々とアレンジされておりました。このアレンジのされ方が絶妙でありまして、まぁそこが突っ込みどころだったり「おお!ッ」と唸らせられたりだった訳でございます(笑)。良い感じでオリジナルを髣髴とさせる場面が挿入されておりまして、原作ファンには嬉しい映画でありましたぞ。

映像面につきましては、文句無しです。CGを駆使した大迫力の映像が愉しめました(いや、欲を言いますとやはりまだまだ「CGらしさ、CGっぽさ」というのがあったのでありますが・・・。まぁこのあたりはまだまだこれから進化していく表現になっていくのでしょうね。期待であります)。

以下、本作品についての記述となります。

SPACE BATTLESHIP ヤマト

最初は、やはり何と言いますか、敵であるガミラス及び救いの手を差し伸べてくれるイスカンダルについてであります。
原作同様「謎の星」として登場する訳ですが、この映画ではガミラス側の描写が一切無し、であります。当然、デスラー総統ヒス副総統ドメル将軍などは一切出てきません。それはちょっと個人的に残念でありましたかねぇ。
しかして、敵・ガミラスというのは地球人が勝手につけた名称という設定に驚きましたよ。その後にガミラス人が自分達の事を「デスラー」と呼んでいるという設定。いやはや、そう来るか、と(笑)。
同様に、イスカンダルも沖田艦長が勝手につけた名前という設定でありました(笑)。で、自分達は何と言うかというと、「スターシャ」。いえ、ガミラスが「デスラー」と名乗った時点で
ひょっとして?
と思ったのですが、やっぱりか(笑)!と思ってしまいました(笑)。
因みに、「デスラー」声は伊武雅刀さん、「イスカンダル」の声は上田みゆきさんが、それぞれ演じておりました。
ヤマトの諸君!
という台詞に思わずニヤリとしましたが、やはり何となく違和感が・・・。
驚いたのはイスカンダルもガミラスも同じ星の住人だったという事であります。原作では連星の双子星という設定ですが、この作品では表裏に分かれて敵対する勢力という設定になっておりましたね。いやはや、「そう来るか!」と思いました。これならスターシャに対しての
勇気を試したとかじゃなくて最初からもっと情報くれよ・・・
という突っ込みが起きずに済みます(笑)。スターシャ、この映画では本当に大変だったんだなぁ、と(笑)。
しかしながら、エイリアンみたいな格好の【ガミラス・イスカンダル】星人は、完全にオリジナルのガミラス人・イスカンダル人のイメージを打ち払っておりますな。一種の統合生命体であるという【ガミラス・イスカンダル】星人の設定は、まぁ使い古されたSFネタでしたが、意外性という点では見事でありましたね。

続きまして、メカニック関連のお話であります。
まずは何と言ってもタイトルにもなっている宇宙戦艦・ヤマト。これまた原作と同じく元は選ばれた人達を乗せて地球を脱出する為のフネという設定。だからたかだか300メートル程度(と、思ったらこの作品での宇宙戦艦ヤマトは、全長・534メートル強という設定らしいです。でも、それでも地球脱出用としては小さいですよねぇ(笑)。)の宇宙戦艦じゃ無理(ry
戦艦大和を改造して造ったという設定では無いようですが、坊ノ岬沖から出撃します。まぁ、今現在真っ二つに割れて沈んでいる事が分かった戦艦大和の状態を考えると・・・ね(苦笑)。
それにしても大気圏内で波動砲はヤバイんじゃないでしょうか。 小宇宙に匹敵するエネルギーを一気に放出する波動砲、一歩間違えたら地球が消滅するレベルですよ!沖田艦長も緊急回避とは言え、
ここで波動砲のテストをする!
じゃ無いでしょうに(笑)!主砲で撃っても良かったのではと思います(まぁ、原作を知らない人にはそれでも良いのかも知れませんけど(笑))。
それにしても今回は、ワープ・波動砲がやけにアッサリしていたような気がするのであります。というのも、ワープはともかくとして波動砲をバンバン撃ちすぎなんじゃないか?と思うのですよ。一撃必殺の最終兵器であるから栄える波動砲なのに、そんなにバンバン撃っていたらありがたみが薄れます(笑)!
やっぱり、ワープも波動砲も緊迫感が無かったというのが原因ですかね。やってみたら出来た!みたいな感じでしたし、もっと緊張感を持たせて欲しかったですなぁ・・・。
真田さんによるワープの説明が無かったのもアレでしたかね(描写見ると、原理も原作とは違うようでした)。まぁ、映画の尺ですから省かなければならない部分であるというのは仕方が無いのですが(笑)。
ヤマトの兵装では、もっと主砲の活躍が観たかった訳ですが、序盤にガミラス艦をひとつ沈めただけで、後は全然目立たないという・・・。残念でした・・・。
そして、やっぱり大破する第三艦橋。ドメル将軍の自爆を髣髴とさせるガミラスの戦法により、第三艦橋はお亡くなりになりました。その前に
俺、第三艦橋勤務なんですよ!
と嬉しそうに語るキャラが居まして、思わず吹き出しそうになりました(笑)。で、やっぱり死んだ訳なんですけどね・・・。

ヤマト以外のメカも、やはり全体的にアレンジされていましたね。
コスモ・ゼロは、可変戦闘機になっておりまして、オイオイどこのマクロスだよ!?と思っていたら、板野サーカス的演出)をやったり柿崎っぽいキャラ他愛もない事を言っていたらいきなり撃墜されてました。)が出てたりと、若干のマクロスリスペクトもあった訳でございます。こりゃマクロスの実写版(ry
ガミラス艦については完全なリデザインでありました。原作のガミラス艦っぽさを出しつつ、無機質で不気味な感じになっておりましたね。まぁそれはそれで良いのではないかと思います。
そして何と言っても度肝を抜かれたのはアナライザーでございます(笑)。この作品では佐渡先生の助手をしているお調子者のロボットでは無く、古代進のサポートAIとして登場しました(声を演じるのはオリジナルと同じく緒方賢一さんでした)。コスモ・ゼロのアシストなどもして、さながら『スターウォーズ』のR2D2でありましたよ。そして、戦闘用ロボットにトランスフォーム!正直、この映画で一番驚きました(笑)。
もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな
と思った瞬間、やられちゃってましたけどね・・・。

戦闘シーン全体としては、なんだかイマイチ盛り上がりに欠けているような気がしましたかね。
冥王星前線基地の戦いや、七色星団での艦隊戦等の山場がないのも影響しているかも知れませんね。しかし、先述のドメル将軍っぽい自爆攻撃や、ドリルミサイルっぽいミサイル、爆発に巻き込まれて爆発するガミラス艦など、要素はあるだけに、残念でありました。
まぁ、監督が樋口監督から山崎監督に変更になったのは戦闘シーンで予算がかかりすぎるから、というお話も聞く訳でありまして、完成した作品は比較的ドラマパートが重視されていた訳で、そのあたりが戦闘シーンに物足りなさを感じる点なのかも知れませんです。
因みに、管理人の横に座っていた高校生達が上映終了後に、
(クライマックスで)ミサイルが地球に迫っているのにあんなにベラベラ喋っていて良いのか?
みたいな事を言っていましたが、攻撃する前にちゃんと挨拶してくれるのと、重要な会話をしている時に攻撃を待ってくれるのはヤマト世界の常識なんですよね(笑)。第三艦橋にとりついたガミラス艦も爆発するのを待ってくれてましたし(笑)。
・・・その点を許しちゃうのは、多分ヤマトファンだけで、普通の人から見たら違和感バリバリなのかも知れません。

さてさて、キャラクターについてであります。
全編通してのリ・イマジネーションとして考えれば違和感は無いのでありますが、それでも黒木メイサさん演じる森雪は、どうしても駄目でした・・・。あの性格はちょっとなぁ、と思うのでありますよ・・・。
しかしながら、佐渡先生が女性になっていた事に随分ビックリしましたが、違和感が無かったのが凄いです(笑)。
また、真田さん(流石に原作張りの「こんなこともあろうかと」的超発明は無かったですが(笑)。)や斎藤が結構はまり役でした(笑)。二人とも死んじゃうけど。個人的に真田さんには生き残って欲しかったですなぁ。
ガミラスの中枢をを爆破する場面では、
義手の爆弾を使うのか!?
と期待しましたが、そんな事は無かったです(笑)。
また、西田敏行さん演じる徳川機関長が、かなり原作に近かったですかね。出番は少なかったですけど。
その他のキャラは、可もなく不可もなく、といったところですかねぇ。
古代含め、全体的にキャラの年齢がオリジナルよりも上がっていましたね。島など、マイホームパパになってしまっている訳ですが(笑)。まぁ、訓練を終えていきなり班長、というのはオリジナルを観ていて「う~ん・・・?」となった部分でもありますし、管理人は良いと思いますよ。

そして、クライマックスではヤマトでガミラスミサイルに特攻するシーン。
ヤマトには古代一人が残り、ヤマトと心中する訳であります。そこにこれまで戦死していった人達が出てきて・・・。
まさかここでコレを持ってくるとは思わなかったので、ちょっと不意打ちを喰らったような感じでございました。
そういう訳で、真田さんも古代も死んで、ヤマトも散った訳ですから、この作品の続編はきっと出ないんでしょうなぁ・・・。
もしかしたら佐渡先生の誤診でみんな蘇るかも知れませんが。


と、言う訳で長々と書いてきましたように、予想外に愉しめた作品でございました。
細かい不満点等はありますが(主に森雪の性格)、概ね素晴らしい作品でございました!


【関連記事】
『宇宙戦艦ヤマト』という名の浪漫 怪獣の溜息
『REDLINE』、観てきました。 怪獣の溜息

【関連商品】
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK
(2010/12/01)
サントラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/12/01 22:30|特撮SFTB:0CM:5

コメント

見にいきたくなりました。
原作ファンも納得できるレベルみたいですね。ノベライズを読んだので古代の特攻を知っていたのですけど。公開前はかなりテレビで宣伝してましたし。早く見にいきたいです。アニメの実写化というと期待薄になりそうなんですけどヤマトは満足しそうですね。続編無理か?CGのアンドロメダも見たかったな?
もっちー #-|2010/12/02(木) 07:17 [ 編集 ]

もうね、愛憎半ばして、どうしたらいいのか最近わからないんですよ(笑)。
見に行きたいのか、行きたくないのか。見るべきなのか、見ざるべきか。日々悩みの中です。
まあ悩むぐらいなら、見に行ったほうがいいのかなと思う日々でして。
波のまにまに☆ #-|2010/12/02(木) 08:30 [ 編集 ]

>>もっちーさん
「映像はともかく話はどうなるかなぁ」と思って観に行ったら案外良かったのですよ。
ヤマトの事だからパラレルな続編は創れなくもないでしょうけど(笑)。


>>波のまにまに☆さん
ご覧になられてみてはいかがでしょうか(笑)?
私は結構楽しめましたし、大丈夫だと思いますよ!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/12/02(木) 21:36 [ 編集 ]
いやー
見てきましたw
デスラーとスターシアには正直びっくりでしたよ。
VFXに関してはガミラス艦隊はソコソコよかったのですが
主たるヤマト自体が時折オモチャの如くチャチく見えたので
その都度現実に引き戻され残念でしたね。
とは言え私自身としては
「(日本にしては)よくやったんじゃねーの」
と思えました。
ちなみにですが
アナライザーはR2D2が元ネタではありませんよ。
そもそも世に出たのはアナライザー(ヤマト)の方が先ですしw
アナライザーもR2D2も「禁断の惑星」のロビーがいわゆる元ネタです。
通りすがり #-|2010/12/04(土) 06:01 [ 編集 ]

>>通りすがりさん
どうもです。
VFXに関しては、やはり予算と期間というのが大きなネックとなっているようですね。やはり20億円では出来ることが限られてしまいますし…。
とは言いましても、普段からVFXやCGを見慣れていない人からは「凄かった」という評価が出ているようですし、それならそれで良いのではないか、と思ったりもします。

アナライザーの部分、スミマセンでした。どこかでそういう記述を見かけた(或いは、勘違いだったかも知れません。。。)ものですから(汗)。
修正しておきます。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/12/04(土) 22:14 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/648-8be0d2be

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.