管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

本当の意味で「好き」と言えるようになろうよ! 

人間誰しも好き・嫌いがある訳でありまして、そういったモノに対しては結構感情的になりやすいものであります。「作品評論・批評」という場に於いてすらも、冷静に批評せねばならないのに感情的になってしまう部分もあったりで、このあたりは非常に慎重にならざるを得なかったりもする訳でありますが、なかなかどうして「好き・嫌い」という感情が先行してしまう訳でして・・・。
管理人も、インターネット上・現実世界を問わず、好きな作品が批判されていたりすると、少し哀しくなったり残念な気分になったりもします。しかしながら、
作品に対する考えは人それぞれ
という事で前向きに考えて生きていたりするのでありますが(笑)。

これは批判・批評という場ではなくファンの行動、という話なのでありますが、思うに、
全肯定か全否定か
という風潮ができているように感じるのであります。作品に対して「好き」な人は全肯定せねばならない、「嫌い」な人は全否定しなければならない、のような感じで。

インターネット上の掲示板なんかで、ある作品について語る場所がある訳であります。そこに於いてはまぁ、その作品が好きな人達が集まる訳でありますな。しかしそこに突然、その作品の欠点やもっと良くするべき点を指摘した書き込みがされた場合どうなるか。
そこで作品について語っている人達が本当に作品を理解した上で作品を愉しんでいるのであれば、そういった書き込みに対してもすんなり返答ができるでしょう。
しかし、その作品を「盲目的に好き」という人が多い掲示板であれば、その書き込みはたちまち「アンチ認定」されてしまい、叩かれる対象となってしまう訳であります(実際管理人も経験した訳でして(苦笑))。
その逆、いわゆる「アンチ」と呼ばれる方々が多く集まり、主に作品の批判をする掲示板も、同様にある訳であります。ここで作品の批判をするというのは普通なのでありますが作品を少しでも肯定しようとすると、今度はここで「信者認定」をされてしまい、やはり叩かれる対象となってしまいがちであったりします。

管理人は最近、こういった「盲目的に好き」あるいは「少しでも肯定してはいけない」という人達の声が大きいように思うのであります。
そんな馬鹿な話があってはいけないと思うのでありますが、しかして現実に不毛な煽り合いが展開されてしまうという事は少なくない訳でして・・・。
世の中には完璧なモノは無い訳であります。それ故、良い部分、駄目な部分があるという事をキッチリと認識しておきたいものであります。感情に任せて盲目的に「好きだ!」「嫌いだ!」とするのではなく、落ち着いて良い部分・悪い部分を冷静に分析していく事は出来ないものかと色々考えるのでありますが、如何せん難しかったりする訳であります・・・。
大体、作品が好きであれば駄目な部分も含めて
好きだ!
と言える筈であり、そうでなければ少し煽られたぐらいで顔を真っ赤にして(いるかはモニター越しだと分かりませんけど)怒るだけというのは、少し短絡的では無いでしょうかね。

ただ相手を煽るとか、嫌いな作品を拒絶するというのはあまりに哀し過ぎます。
否定派・肯定派で意見交換できる環境が一番なんでしょうが。
少なくとも、自分が好きな作品くらいは本当の意味で「好き」になりましょうやと、そういうお話でございました。

【関連記事】
不毛な「派閥争い」 怪獣の溜息

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/11/26 20:32|アニメ&特撮混合雑記TB:0CM:2

コメント


某巨大掲示板において、本スレもアンチスレも両方に共通することですが、「俯瞰する」ことを全く知らないんですよね。でも人間って、そんなに近距離でモノを見ているんでしょうかね?

んで、気がついたんですが、そういう近視眼的にものを見る「遊び」が、ああいうスレなんじゃないかと思うんですよ。つまりどっちにしろのめり込む手法でしか語れないことになるわけです。こうなると「俯瞰する」視点はどうしても敬遠されがちになりますよね。

おまけにあのスレの方々の多くは、自分は正体を知られないことをいいことに、他人のキャラクターは特定したがるというクセがあります。「認定」という作業をすることで、自分の立ち位置を守り、他人を貶めることに執着する人々が多いんですよ。おまけにアンチテーゼの許容範囲が、あまりにも狭い。だれにでも書き込める場所では無くなりつつありますよね。

最近はあんまり見てもいませんけど、新しいアニメや特撮の評判を見るのに、こんなに適したサイトも知りません。でもつきあい方にある程度「慣れ」とか「距離感」が必要な場所でもありますよね。ここを見ていると「好き」も「嫌い」も表裏一体なんだって、イヤでもわかります。

それだけに、人間の最もとがった感情の部分が集まっている場所だと言えるのでは。だからあそこは面白いのではないでしょうか。
波のまにまに☆ #-|2010/11/27(土) 23:43 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
近寄って見る事によって新しい事が見えてきたりする場合も多いですが、あそこではその逆はあまり見かけませんね、確かに。

のめり込んだ状態の所に一歩引いた目で見た意見を書き込むというのは、確かに野暮なのかなぁ、とは思うんですが、しかし貶し合うだけの、或いは褒め称えるだけではどことなく哀しいなぁ、と思うのです。
確かに面白いし、居心地の良い場所ではあると思うのですがねぇ…(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/11/28(日) 23:00 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/641-d2fd7815

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.