管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『宇宙戦艦ヤマト』という名の浪漫 

往年の名作アニメ『宇宙戦艦ヤマト』を原作とした映画、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の公開まで、あと一週間となりました。
アニメや漫画の実写版というのは大抵アレな感じになってしまうという法則上、とっても心配なのでありますが、とにもかくにも一週間後の公開という事でありまして、楽しみにしている訳であります。
と、言う事で本日は『宇宙戦艦ヤマト』について書こうと思います。

宇宙戦艦ヤマト

管理人がこの『宇宙戦艦ヤマト』を初めて観たのは、恐らく小学校に入る前でありました。親が直にヤマト世代でありまして、一作目以下『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』をずっと観ていたように思います(因みに同時期、昭和の『仮面ライダーシリーズ』も観せられていた訳であり、管理人の幼少期にはヤマト・ライダーの二大作品アリ、と言うべきなのかも知れません(笑))。
そして、今日に至るまで管理人は『宇宙戦艦ヤマト』という作品を観続けておりまして、管理人にとっては『宇宙戦艦ヤマト』は『新世紀エヴァンゲリオン』よりも長い付き合いをしている作品という事になります。それ故に昨年公開の『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』や今回の『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は、それなりに感慨深いモノな訳ですよ。
リアルタイムでヤマトが観れる!
これに勝る喜びは無いのでございます!
しかしながらそれ故に管理人は『エヴァ』、『ヤマト』と同様にアニメブームを起こした『機動戦士ガンダム』からは、ちょっと距離があるように思う訳ですよ。『ヤマト』は幼少期からの馴染みのアニメで、『エヴァ』は人生を変えてくれた作品(少し大袈裟かも知れませんが(苦笑))(下記【関連記事】参照)。しかし、『ガンダム』は、「多数観た作品の中の内のひとつ」なんですよね・・・。そのあたりでどうしても線引きをしてしまうのが、何か嫌だったりします。まぁ、極めて個人的な話なんですけどね。しかし、「作品は平等に評価すべし」という管理人のモットーに背く話であり(物凄くどうでも良い話です(苦笑))(ry

さて、『ヤマト』という作品についてのお話です。
今更説明するまでもありませんが、ストーリーはこんな感じであります。

西暦2199年、地球は謎の星・ガミラスからの侵略を受けていた。度重なるガミラスの兵器・遊星爆弾による攻撃を受け、地上には放射能が充満し、地球は死の星となってしまっていた。しかし人類は地下都市を建設、ガミラスに対して徹底抗戦をしていた。が、科学力の差に為すすべも無く、更には放射能汚染も地下に進行しており、このままではあと1年で地下都市にも住めなくなってしまう。事実上、人類滅亡まであと1年となっていたのである。
最後の地球防衛艦隊が冥王星軌道付近で壊滅し、最早人類に残された道は滅亡しかないかと思われたその時、一隻の宇宙船が火星に不時着する。不時着した宇宙船からは、通信カプセルが回収され、その中には謎の星・イスカンダル星からの「放射能除去装置を取りに来い」というメッセージと、超光速宇宙航行を可能とする「波動エンジン」の設計図が入っていた。人類は、地球脱出用に改造されていた戦艦大和に、波動エンジンを搭載、戦艦大和は宇宙戦艦ヤマトとして生まれ変わる。14万8千光年の彼方・大マゼラン星雲のイスカンダル星に向け、地球時間1年以内に帰還しなければ人類滅亡という状況の下、宇宙戦艦ヤマトは人類最後の希望を託されて往復29万6千光年の旅に発つのであった・・・。


いやぁ、改めて書くと燃えるロマン溢れるお話でありますね。まぁ、見直すと大分粗も見えてくる訳なのですが、それもまた『ヤマト』の持ち味のひとつですな。
元々ヤマトは、選ばれた人間・動物を乗せて地球を脱出する為の、いわばノアの箱船的な宇宙船だった訳ですね。考えてみると、「選ばれた人間」って、どういう人達だったのかが非常に気になります。ヤマトに乗る権利をめぐって骨肉の争いが繰り広げられたのかも知れないという事を考えますと、イスカンダルからメッセージが届いて良かったと言わざるを得ませんね(笑)。
また、ノアの箱船的に使うのであれば、300メートル足らずのフネに種を存続させるだけの量の人類・生物を乗せるのは無理があるのではないかとか思ったりする訳です(笑)。せめて『トップをねらえ!』の宇宙戦艦ヱクセリヲンくらいの大きさは欲しいところでございます。
まぁ、その他にも、他の地球の宇宙艦に比べて異様に硬かったりショックカノンの原理が波動砲以上に不明だったり、第一作以降は「ガミラス人は強力な放射能の中でしか生きられない」という設定が無かった事になっている等々、色々と突っ込みどころはあったりする訳でありますが、これこそが『ヤマト』の持ち味なのであります(・・・と、言いながら誤診で生き返る沖田艦長はいただけないと思うんです、ウン)。

色々と人間模様なんかも描かれたりで、中には反乱する者なんかも出てきたりで、コレを観た当初は随分と衝撃的だった気もします。また、敵側であるガミラスもまた移住の為に必死であったり、特に宇宙の狼ことドメル将軍の戦いっぷり・生き様についてはもう見事な武人であったと言わざるを得なかったりする訳であります。
しかしながら管理人がガミラス側の人物で一番好きなキャラは、ヒス副総統だったりするのであります(笑)。劇中の描写を観るに、かなり有能な方であった筈の御方でございますが、色々と資料を見ると
小心で卑屈な性格
等と書かれており、実に遺憾であります。確かに、かなり不気味なキャラデザではありますが、これはきっと日々の業務とデスラーという強大な上司が居る事によるストレス等が相当溜まっていた事をあらわすものではないかと思うのであります。
ああ、あの時ヒス副総統の
停戦交渉をしましょう!
という進言をデスラー総統が聞き入れていたらガミラス星の都市があんな事にならなくて済んだのに・・・。しかもその場で射殺されてしまうとは。なんとも残念な人生だった事でありましょう。
そしてその後デスラー総統は紆余曲折あってヤマトの諸君と仲良くなっている訳で、そう考えるといっそうヒス副総統が浮かばれません。合掌。

ヤマト側の人物では、やはり真田さんですね。この人抜きには『ヤマト』は語れない!彼の科学力で幾度と無くヤマトは窮地を脱しており、今日に於いてもヤマトが無事航海を続けられているのはひとえに彼の功績であると言っても過言ではないのであります。
しかし、科学を過信することなく、科学を使うのはあくまでも人間であるという信条の元(これは彼の少年時代の体験が元になっている訳であります。)科学を駆る彼は正に管理人の抱く理想の科学者像な訳であります。
真田さん、格好良いです!

それにしてもこの作品、本来の企画通り1年モノになっていたらどうなったんでしょうかね。今では見当もつきませんが、それはそれで観たかった気もします。
流石に『アルプスの少女ハイジ』は強かった(※『ヤマト』の裏番組が『ハイジ』でした。)訳です・・・。
そういったIFを想像するのもまた楽しかったりもしまして(笑)。

まぁ、こんな感じで『宇宙戦艦ヤマト』が大好きな管理人でございますが、ネット上を見たりすると、
戦意高揚アニメではないか!?
という批判がチラホラとあったりもします。これは実に哀しい事でございまして、この『宇宙戦艦ヤマト』は実際は反戦・平和・愛等という事をテーマにしている面が多分に含まれている訳でして、「戦意高揚」等と言われるのは不本意極まりないと管理人は思うのでありますが・・・。実際管理人の周囲にもそういうような目で見ている人が居たりもしまして・・・。ちゃんと観て欲しいですッ!

まぁそんな思いもアリで、来週の『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の公開を楽しみ(半分不安半分)にしている訳であります。

【関連記事】
『新世紀エヴァンゲリオン』という名の思い出 怪獣の溜息
12月の映画が楽しみであります 怪獣の溜息

【関連商品】
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK
(2010/12/01)
サントラ

商品詳細を見る

宇宙戦艦ヤマト DVDメモリアルボックス宇宙戦艦ヤマト DVDメモリアルボックス
(2000/07/25)
納谷悟朗、緒方賢一 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/11/24 23:22|SFアニメTB:0CM:3

コメント


楽しみ、期待と不安が混じっています。あれだけの大作を実写化ですからね。アニメのイメージが刷り込まれていますから。逆に考えるとヤマトがハイジで苦戦したから後年、これは凄いと思える作品に昇華できたのかなと?最初から順調な作品は記憶に残らないですよね。ガンダムも視聴率的に苦戦したし。今回の実写版は佐渡先生や相原など女性率が高いのは、嬉しい解釈ですね。有名な役者が多いので役者のイメージに引きずられる不安はあるのですが、公開が待ち遠しいです。
もっちー #-|2010/11/25(木) 08:22 [ 編集 ]

「こんなこともあろうかと思って……西崎プロデューサーの船に細工をしておいたんだ」
「真田さん……」


正直なところ、ヤマトとガンダムはもうそっとしておいてあげてほしいであります……。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2010/11/25(木) 18:26 [ 編集 ]

>>もっちーさん
佐渡先生や相原が女性に…ですか。映画の情報を全く仕入れていなかったので、若干驚愕であります(笑)。
役者のイメージに左右される、ですか。
ある意味ではそうなんでしょうけど、描かれるキャラクターとして観るという事も大切なんですよねぇ。割り切らないといけませんです。


>>ポール・ブリッツさん
そ…そのネタは黒すぎます(汗)!

今回は実写版という話ですから、私は割と肯定的に捉えております。これによる新規ヤマトファンの獲得にも繋がるでしょうし(そうですかね?)。
ガンダムについては、もうジャンルになってしまっている訳ですから、割り切りが必要なのかも知れませんです。「ガンダム」というキャラクターを使った作品であると、そう解釈すべきなのかも知れません。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/11/25(木) 23:19 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/639-e5b8e204

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.