管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

2009年 F1アブダビGP決勝 

はい、2009年F1GP最終戦・アブダビGPが終わりました。
1位はセバスチャン・ベッテル、2位はマーク・ウェバーと、レッドブルが1・2フィニッシュです。
3位は今年度ワールドチャンピオンになったジェンソン・バトンでした。
ラスト数週のマーク・ウェバーとジェンソン・バトンの攻防は観ていて熱かったですね。
次いでルーベンス・バリチェッロが4位、ニック・ハイドフェルドが5位。
期待の新星・小林可夢偉は前回に引き続き鬼神迫る走りを見せ、6位でドライバーズポイント獲得。トヨタのチームクルーも大はしゃぎの模様です。
ヤルノ・トゥルーリ7位、セバスチャン・ブエミが8位。以上、ドライバーズポイント獲得者。
中嶋一貴は17位で、今シーズンはドライバーズポイントを獲得することは出来ませんでした。
全体としては、マモノさんが出てくるようなことは無く、終始落ち着いたレース運びでした。

さて、来期は、ピットでの給油が出来なくなるとのことです。2000年代が終わり、いよいよ2010年代に突入です。来期は新しく、韓国GPも行われます。どのようなドラマが待っているのでしょうか。
2010年3月14日、バーレーンGPで、再び戦いの火蓋は切って落とされます。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2009/11/02 02:26|2009年決勝TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/63-eab89246

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.