管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

澄んだ秋の夜空の天体観測 

と、言う事でございまして、現在季節は秋。最も天体観測に適した季節でございます。
別に天体望遠鏡等を持っていなくとも、綺麗な夜空を見ているだけで心が洗われますぞ!管理人も先程学校から帰ってきたのでありますが、月や星々が実に綺麗でありまして、しばし見惚れてしまった訳であります。オリオン座をはじめとした秋~冬にかけての星座が結構見えたりしまして、なかなかに面白かった訳でございます。

秋の空が澄んでいる理由は、大きく分けて次の2つがあるようであります。
①中国大陸からの黄砂の飛来が少なくなるため
②空気が乾燥し、水蒸気が減少するため
ただし、昨日のニュースなんかを見ると、ここ数日は中国大陸から黄砂が飛来するとの予報が出ておりまして、場所によっては少し、空が霞んで見えるかも知れません。
とは言いましても、なかなかどうして空は澄んでいるように見える訳でありますけどね。

まぁ、そんな感じで夜空を見上げる訳ですけれども、こういう事も考えたりします。
ああ、この星空の先に、知的生命体の住んでいる星はあるんだろうかなぁ
別に中二病とかそういう話では無く、純粋に異星人が居たら面白いなぁと、そう思っている訳でありますよ(笑)。
谷川俊太郎の詩『二十億光年の孤独』ではありませんが、なんとなく宇宙が広大であるが故の孤独感にも似た何かが、管理人を包んできて・・・(やっぱりイタいですかそうですか。)。

等と思っている訳ですが、実は去る今年の10月、地球からの相対距離約20光年の位置にある恒星恒星・グリーゼ581の周囲に新たに惑星が発見され、そのうちの一つ(グリーゼ581g)が、(地球型の)生物の住む可能性が極めて高いという話が発表されました。
おお、こりゃまた凄い!知的生命体も居るかも知れないな!
等と思っていたら、続いて、
グリーゼ581gから人工のモノと思われるパルスが確認された
という報道がされまして、管理人は
20億光年どころか、僅か20光年の近い宇宙に異星人が居るじゃないか!
と喜んだりもしましたが、しかしてこれは結局誤報であるというコメントが為されて、少しガックリきたりもしました(笑)。まぁ、完全にグリーゼ581gに知的生命体が居ないと決まった訳ではありませんし、のんびり続報を待ちましょうや、と(笑)。

まぁ、そういった浪漫もありますので、天体観測、やってみてはいかがでしょうか?
ただ、外は寒いので防寒対策をきっちりやってから、天体観測をしたいものです。

【関連ページ】
グリーゼ581g Wikipedia
もっとも生命に適した系外惑星を発見 グリーゼ581g AstroArts

【関連商品】
星座大全―秋の星座星座大全―秋の星座
(2003/11)
藤井 旭

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/11/16 00:34|宇宙TB:0CM:2

コメント


この手の知的生命体とのファースト・コンタクトものでの傑作小説は、筒井康隆先生の「最悪の接触(ワースト・コンタクト)」が挙げられますね。

「もしもライオンが人間の言葉をしゃべれたとしても、われわれはライオンを理解できないだろう」というウィトゲンシュタインのテーゼを、ある意味本質的な部分で描ききった爆笑SFといって過言では……あるかなあ(^^;)

どこか近場に異質な知的生命体、おらんかな(いたらいたで苦労するけど……)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2010/11/17(水) 15:22 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
過言ではないと思います(笑)!
しかしながら「言葉は通じるのに理解されない・できない」というのはある種の恐怖ですよね…(笑)。
仮にグリーゼ581g星人が居たとして、果たして我々と相互理解できるのかどうかは難しいものだと思いますよ。

「近場の異質な知的生命体」であれば、イルカやクジラなんかはそれっぽいですかね。
連中とコミュニケーションをとる為の実験なんかも行われているみたいですが、言葉が通じるようになってもイルカやクジラと理解し合えるとは思いませんです(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/11/17(水) 22:25 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/629-eca042ae

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.