管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

平成ガメラ鑑賞会を(2人だけで)やりました。 

今日は友人の白彦と「平成ガメラシリーズ鑑賞会」をやりました。
白彦は『ガメラ2 レギオン襲来』を観た事が無かったようでありまして、ではそれならば平成ガメラ三部作を一気に観ようではないか、という話になりまして、今日の鑑賞会をするという運びになった訳であります。やはりやるのであれば通して観るのが一番だね、と(笑)。

全部見終わった後で感想等の話をしたのでありますが、白彦曰く、
俺はやっぱり『ガメラ 大怪獣空中決戦』が良かったなぁ
という事でありました。
というのも、彼もまた管理人と同じくミニチュア萌えだったからなんですよね(笑)。
平成ガメラシリーズの見所のひとつは凝りに凝ったミニチュアでありまして、第一作『ガメラ 大怪獣空中決戦』では、ギャオスとガメラの東京での最終決戦に於けるミニチュアワーク(及びカメラワーク)が本当に凄い白彦曰く「ベランダに干された布団等の芸の細かさが素晴らしい」という話でありました。管理人も全く同感であります)のであります。また、屋外セットという事もあり、ガメラ&ギャオスの巨大感が強調されている事も相俟って、
一瞬ミニチュアである事を忘れてしまっていたぜ!
なんて事もあったりで。
いやはや、管理人が平成ガメラシリーズが好きな理由は、重厚なSF設定や自衛隊描写では無く、ミニチュア特撮が凄いからだと言う事を再認識する良い機会でありました(笑)。

その他にも、『ガメラ2』でソルジャーレギオンがガメラに向かっていたのに、電磁波に引かれて突如進行方向を変えた瞬間マザーレギオンが「えっ、どこ行くのおまえら!?」みたいな反応をしているところに萌えたり、地下鉄に乗っている大泉洋さんをみて「あ、このカットに出てたのか」と言ってみたり、『ガメラ3』でイリスにミイラにされてしまう仲間由紀恵さんをみて爆笑したり、伊集院光さん演じる警官に逮捕されてしまった大迫元警部補の「その後」について考えてみたり、もし『ガメラ4』が創られていたらどのようなストーリーになっていたか考えてみたり、全編にところどころ挿入される看板に突っ込みを入れたり、堕ちない航空自衛隊機について突っ込んでみたり、「朱雀と玄武は出た。では、白虎と青龍に該当する怪獣はどんな奴らだろう?」と考察してみたりで、色々と有意義な時間を過ごせました(笑)。

まだまだミニチュアを使った特撮怪獣映画もやって欲しいのですが、やはりもう難しいのでありましょうかねぇ・・・。

【関連商品】
特撮リボルテック SERIES No.007 ギャオス特撮リボルテック SERIES No.007 ギャオス
(2010/05/29)
海洋堂

商品詳細を見る
ガメラ2 レギオン襲来 デジタル・リマスター版 [DVD]ガメラ2 レギオン襲来 デジタル・リマスター版 [DVD]
(2010/07/23)
永島敏行水野美紀

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/11/10 23:19|特撮関連雑記TB:1CM:5

コメント


まあ映画撮影は「費用対効果」ですから。

「惑星大怪獣ネガドン」が出た時点で、ミニチュア特撮の時代は終焉を迎えたのかもしれません。アマチュア作品であれだからなあ……。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2010/11/11(木) 17:53 [ 編集 ]

私もミニチュアを使った特撮がみたいでありますのです
やはり特撮はミニチュアを使ってこその特撮だと思います
CGを使ったらそれは特撮ではなくCG映画になってしまいます
ミニチュアを使った特撮はCGよりも遥かに一生懸命作ってる感じというか作り手の情熱を感じられますし一生懸命作ったものが壊れていく、壊していく、ドミノ倒しにも似た爽快感と切なさが感じられますね
スター・ウォーズなんかもCGを多用したファントムメナス以降よりもミニチュアを多用したジェダイの復讐以前の方が面白いと思うのは私だけでしょうか?
キングハナアルキ #SqN0A6sw|2010/11/11(木) 19:07 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
『ネガドン』は本当に驚きました。CGも遂にここまで来たのか、と。
まだまだ進化の余地はありますし、そうなると本当にミニチュア特撮の出る幕が無くなってしまいそうで…。


>>キングハナアルキさん
そうですよね。CG主体の映像だと「CGアニメーション」であり「特殊撮影技術」じゃなくなりますもんね。
踏み潰されるため、爆破されるために造られた精巧なミニチュア、本当に良いです(笑)!
また、ミニチュアだけでなく、火薬等による煙っぽさや埃っぽさも、CGではなかなか表現が難しいようで、このあたりは本当に特撮ならではだと思います。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/11/11(木) 23:30 [ 編集 ]

監督がCGを使って何がやりたいか?

CGの価値って、何でも出来るだけに、ここが一番重要だと思うんですよ。

CGを使ってすべてを作り込みたい。「ネガドン」や「プランゼット」はここに力点があるから、賞賛できるのであって、「そんなのCGでごまかしちゃえよ」的な作品なら、一個も評価できないし、そんな作品が吐いて捨てるほどある世の中になりました。

ミニチュアやセットも同様です。それらを使って何がしたいのか、何を見せたいのか? 「2001年宇宙の旅」の特撮が優れて評価が高く、「さよならジュピター」の特撮がどうして鼻で笑われるのか? 見せたい映像と監督の熱意、そして金銭的な事情が煮詰まって、現在の状況が生まれたわけです。

CGで出来るがゆえに、脚本もままならない「デビルマン」のような珍品が生まれたのも、こういう背景です。

CGとミニチュアやプロップは、本来使い分けや区分がはっきりとあるものです。ただ便利で安価である理由でCGが多用されている現状には、ユーザーとして文句を言い続けるべきではないか? と思うのですが。

追記
 最近「謎の円盤UFO」を毎日CSで見ていますが、精巧なミニチュアワークとドラマの完全なる融合には、心奪われます。
波のまにまに☆ #-|2010/11/12(金) 00:16 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
特撮のミニチュア等は、「ミニチュアでここまで出来るのか!」という感動があるんですよね。
同様にCG作品でも、「CGもここまで来たのか!」という感動がある訳です。便利&安価だからというCGの使い方は理解はできますが、「それじゃ駄目だろう…」と思います。
結局は使う人の意図次第なんですよねぇ。妥協しないCGである事に越した事は無いのですが。

目下のところでは、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』でどのようなCG演出がなされるか楽しみにしているところであります(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/11/12(金) 01:26 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『ガメラ:平成(金子)版視聴記など 2010/11/11』
 95年の「ガメラ対ギャオス 大怪獣空中決戦」から99年の「ガメラ? 邪神覚醒」までの、所謂「平成ガメラ、金子三部作」についての視聴記を、まとめてご紹介しております。 前回更新分の、「金子版視聴記 2010/11/05 」は
ガメラ医師のBlog|2010/11/11(木) 18:26

トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/622-ddccc8e1

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.