管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『ストライクウィッチーズ』についてのお話 

先日、アニメ『ストライクウィッチーズ』の劇場版の制作が発表されました。
いやはや、管理人、この作品が大好きでありまして、今回の劇場版制作の発表を聞き、思わず飛び上がってしまいましたよ※比喩表現ではなく、本当に飛び上がってしまいました)。
さて、そこで本日は、『ストライクウィッチーズ』(以下、『一期)及び『ストライクウィッチーズ2』(以下、『)について書こうと思うのであります。

ストライクウィッチーズ

さてさて、この作品の魅力とは何なのでありましょうか?
身も蓋も無い言い方をすれば、こんな感じでありましょうか。
魔法少女がメカの脚を穿いて戦争するアニメ!そして、どう見ても「パンツ」なモノを「ズボン」と言い張るトンデモ設定!
いやはや、とんでもないアニメですよね。しかも、慣れてしまったら全く違和感を感じなくなってしまうというのも凄い所です。いやはや、慣れとは恐ろしい・・・。
このような設定の作品なのですが、様々な要素がてんこ盛りな訳です。包括しているジャンルをざっと考えても、
メカ少女
架空戦記
兵器(航空機・軍艦等)
獣耳属性
百合
・・・等々
いやはや、どの層にアピールしているのか!?と真剣に突っ込みたくなりますよね。
蓋を開けてみたら、結構全てのジャンルの嗜好者から一定の評価が下されていたりもしておりまして、それはそれでなかなかに興味深いと思ったりもする訳でございます。
まぁ、その一方で
わざわざ女の子を出してやる意味は無いのではないか?
という意見もあります。管理人の先輩にはこの作品に対して結構否定的な意見を持っている方がいらっしゃるのですが、その先輩曰く、
いやぁ、やりたい事は分かるんだけどね。ストライカーユニットとか魔導エンジンとか、色々と妙なんだよね。どうしても女の子でやらせたいんだったら、女の子を戦闘機に乗せれば良いだけだし。・・・云々
という事であります。
先輩の話は御尤もなお話でありまして、管理人も実のところ「何故、【魔法少女】でやったのだろうか?」という疑問が尽きない訳であります。
ある種、「萌え」に頼らねばならなかったという事情があったのだろうか、等と深読みしたくなったりもしますが、それは考え過ぎで単にスタッフの趣味だったのかも知れません(笑)。
基本的にこの作品、スタッフがやりたいようにやった作品だと思うので・・・。

さてさて、この作品の世界観設定でありますが、これがまたなかなか凝りに凝った設定なんですよね。
魔法」、「ネウロイ」という要素以外、現実世界と同じような歴史を辿った世界が舞台でありまして、その歴史上の「戦争」は、大体ネウロイの仕業になっていたりで(笑)。
面白いのが、神話や民話に登場する怪物やらがネウロイであるという解釈が付けられている、という事でありますかね。
ヤマタノオロチもネウロイだったのかも
等と公式ホームページで書かれていたりする訳でして、なかなかに興味深い内容となっております。
その中での現実世界に於ける「日本」に該当する国・「扶桑」の歴史を見ると、
織田信長が本能寺の変を逃れた事によって巨大海洋国家に発展した
という歴史が書かれていたりもしまして、これには管理人も爆笑してしまいました(笑)。
まぁ、こんな感じで愉快な世界史になっていたりもしまして、そのあたりのアニメには直接関係の無い部分の設定を見ているだけでも楽しかったりする訳でございます。

さてさて、アニメ本編に於いては、明確な「」として設定された正体不明の存在である「ネウロイ」であります。
前述のように遥か昔からその存在があったにも関わらず、「正体不明」とはどういう話だよ!?と突っ込みたくもなりますが、まぁそれはそれ、これはこれ。
一期』を見る限りでは、ネウロイは人類との友好関係を築きたがっていたようにも見えました。ウィッチ達との交戦で、心理を探ろうとしていたり、ウィッチを模したネウロイが登場したり・・・。或いは、人類側に兵器・ウォーロックとして鹵獲されていたネウロイのコアを取り戻したかっただけだったのか。しかし、『』でロマーニャ上空に出現した、新しいネウロイの巣から出てきた連中は、明確な敵意を持っていたようにも見受けられます。この作品に於ける一番の謎とも言えるのが、このネウロイな訳でありますなぁ。まぁ、謎は謎のままにしておいた方が色々考察できて面白かったりもするのですが(笑)。
ある種、『新世紀エヴァンゲリオン』の「使徒」にも似た何かがあるように思いますが、さてはて(また、ネウロイの巣は『戦闘妖精雪風』を彷彿とさせますね。まぁ、同じGONZOですし(笑))。
まぁ、このあたりは、高村和宏監督の『エヴァ』及び庵野秀明監督に対するリスペクトなのかなぁ、と思ったりもする訳です。
高村監督は庵野監督の大ファンだそうでして、『ストライクウィッチーズ』に於いては、『トップをねらえ!』へのオマージュや、
ネウロイを倒せるのはネウロイだけだ!
といった、庵野監督がよく使う台詞回しを使ったりもしている訳で、本当に高村監督は好きなんだなぁと思います(笑)。
さてさて、そういった感じのネウロイでありますが、デザインは現実の兵器を模したデザインのものが出てくる訳です。ロケット機や超高速ジェット戦闘機、果ては長崎型原子爆弾までが出てくる訳で、こういったのは完全にデザイナーの趣味の世界であるなぁ、と思ったりもします。
しかしながら、各話に登場するネウロイのデザインと話の内容を結び付けてみると、また違った見方もできるのではないか、と思いますね。この機体型のネウロイを出して何を揶揄したかったのか、というように深読み可能なのでありますよね。

さて、作品のキャラやらメカやらについて、少し書こうと思います。
この作品を観る上では、何故メカと美少女はこんなにも合うのか!?という話がありますかね。まぁこれは、結局「合ってしまうもんは仕方が無い!」という話になっちゃうんですけどねぇ(笑)。管理人も大好きです、メカ少女!
さて、この作品で個人的に意外だったのは、登場人物の名前をスラスラと覚えられた事であります。普段は横文字の名前を覚えるのは苦手な管理人でも、各キャラの名前を簡単に覚える事が出来た訳であります。いやはや、不思議なものですなぁ・・・(因みに管理人はバルクホルンお姉ちゃんが一番ですかね)。
これも偏に、各キャラが個性的であったという事が関係するのでありますかね。各キャラは、史実における各国のエースパイロットがモデルなんですよね。これが大きいのかなぁ、と思います。
1クール作品としてはキャラが多すぎないか?と思いましたが、終わってみると全くそんな事は無かった、というのが凄かったですね。
スーパー戦隊シリーズ』よろしく、各キャラの持ち話があり、そして最後は主人公・宮藤芳佳を中心として立ち向かって行くという筋書き・・・。いやはや、見事としか言いようが無かったです(笑)。
モデルになったパイロット達の愛機がウィッチ達のストライカーユニットになっているというのも面白かったように思いますかね。ストライカーユニットとしてリデザインされてはいますが、各機の特徴を的確に捉えたデザインがポイントだったりもします。特に『』の8話に登場した震電などが素晴らしいリデザインであったと思うのであります。
勿論、飛行駆動等の動きも見事に再現されておりまして、エンジン音に至ってはオリジナル音源を使っている訳なんですよね。そこまでやるか!と(笑)。いやはや、戦闘機好きには溜まりません。
そして緻密な作画&CGで再現される艦艇・・・。いやはや、力入れすぎだろうと(笑)。

さて、総括ですかね。
全体的に絶賛したいところではありますが、やはり『』でのキャラの堀下げをもっとやって欲しかったかなぁと、そう思います。結局『』は『一期』の踏襲と補足であったという感が否めない訳なんですよね。そのあたりが個人的には惜しかったかも知れません。
全体のバランス&ストーリー】であれば『一期』、【迫力&スケール】であれば『』なのかなと、そう思いました。
また、『』では結構遠くからのアングルでのCG使用というのが目立ちましたかね。作画の面で言えば『一期』の方が良かったと思うんですよね。まぁ、僅かな差だと思うんですが。GONZO・・・。

と、言う事で劇場版も期待!であります。
まだまだ『ストライクウィッチーズ』、楽しめそうであります。
確かGONZOのプロデューサーが、
10年は戦える作品にしたい
と言っていたと思うので、劇場版が公開した後の展開にも注目したいところでありますね。

【関連記事】
『ストライクウィッチーズ』第二期、今夏開始 怪獣の溜息
『ストライクウィッチーズ 劇場版』、改めて観てまいりました!

【関連商品】
ストライクウィッチーズ DVD-BOXストライクウィッチーズ DVD-BOX
(2010/07/23)
福圓美里千葉紗子

商品詳細を見る
ストライクウィッチーズ2 第1巻【初回生産限定】 [Blu-ray]ストライクウィッチーズ2 第1巻【初回生産限定】 [Blu-ray]
(2010/09/24)
宮藤芳佳 : 福圓美里坂本美緒 : 世戸さおり

商品詳細を見る


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/11/06 16:41|ストライクウィッチーズTB:0CM:2

コメント


いつにもまして熱い記事だあw
ごちそうになりやす!

「なんで戦闘機に乗らないのか」って、乗っちゃったらパンツ見えないもんwwww

「なんで魔法少女か」って、魔法男子なんか見たくねーからだしィw
波のまにまに☆ #-|2010/11/06(土) 20:52 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
どうもです!リアルタイムで遭遇した作品でここまでのめり込めた作品というのはなかなか無いもので(笑)。

戦闘機に乗る女の子もまた良いものだと思うのであります。

魔法を使うオッサンとかが出てきてもまた面白いと思いますぞよ!

…スミマセン嘘です(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/11/07(日) 18:54 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/616-37ec3172

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.