管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

スパロボ前提で話をしないでくれ(泣) 

先日のお話です。
古今東西様々なロボットアニメについての話をサークルの先輩としていたのでありますよ。『ザブングル』やら『ザンボット3』やら『スタドラ』やらの話で盛り上がりまして、その一方でまだ観ていないロボットアニメも多いなぁ、等と思っておった訳であります。
そこに後輩がやって来たのであります。彼もまたロボットアニメ好きのようで、結構話が合ったのでありますよ。

気になったのは、彼がやたらと『スーパーロボット大戦シリーズ』を引き合いに出して話をする点でありました。
『スタドラ』が『スパロボ』に参戦したら云々
みたいな話をされた訳ですが、管理人はスパロボをよく知らない訳でして・・・。まぁ、確かに好きな作品が「スパロボ参戦決定!」という話を聞くと、「おお!」とはなりますが。
確かに『スパロボ』の影響で古い作品を知る機会が増える、という観点から考えますと、喜ばしい事なのでありますがその弊害(「弊害」は言い過ぎですかね?(笑))として、現在進行形でやっているロボットアニメをスパロボ設定基準で話を進めるというような事が起きている訳で・・・。
ロボットアニメ好きだからといってスパロボをやっている訳では無いのだよ!
と言いたかったのですが、その場では苦笑するしか無かったですけどね(笑)。


スパロボで出てたから観る
とか
JAMが主題歌を唄ってるから観る
といった事を聞くと、なんとなく「やれやれ」と思ってしまいます。
それ自体は悪い事では無いのですがねぇ・・・。

【関連記事】
ロボットアニメについて考える 怪獣の溜息

【関連商品】
ゲーム「スーパーロボット大戦」シリーズ主題歌集ゲーム「スーパーロボット大戦」シリーズ主題歌集
(2008/12/25)
JAM Project

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/11/04 23:36|アニメ関連雑記TB:0CM:8

コメント


個人的にその作品を知るきっかけとしてスパロボやJAMを引き合いに出したりするのは有りだと思います。
ただそれを他の人も同じにように入っていったのだみたいに考えたり、強要したりしてしまうとそこで間違いが起こってしまうのかな、と考えたりしましたがどうでしょうかねー
ジャレミー #-|2010/11/04(木) 23:48 [ 編集 ]

>>ジャレミーさん
はじめまして。
いえ、引き合いに出す事自体は別に良いと思うのですよ。
しかし、やはり「知っていて然るべき」とか、そういうノリで話されると…。
また、結構ロボットアニメの話をすると大概スパロボの話が出てくるので、個人的に若干うんざりしているというのもありますが(苦笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/11/05(金) 00:46 [ 編集 ]

スパロボとロボットアニメ…やはり個人的には好きな作品が参戦して欲しいのでそういう話題もありかと思いますね。

古いロボットアニメを知る機会だったりスパロボ参戦によって商品化、リメイクされる作品が多かったりするので私も引き合いに出してしまいますね。

ただスパロボでロボットアニメを知った場合、けっこうスパロボだけの知識で特定のロボットアニメの事を話す事もあるのでそこらへんは気を付けないとまずそうですね。当時と比較してスパロボ発売時ではあんまり喜ばしくない設定を改変していたりストーリーを多少変えていたりする場合が多いですから。正直作品によってはバンプレストやウィンキーが参戦のさせ方が酷かったりしますね。個人的に死闘!!暗黒大将軍が毎回酷いと思います。
第4のペロリンガ #-|2010/11/05(金) 01:28 [ 編集 ]

これまでコンシューマー機は完璧にスルーしてましたが、

ギンガイザーが参戦したら買ってしまうかもしれんスパロボ大戦(^^;)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2010/11/05(金) 07:13 [ 編集 ]

最近の若い人だとロボットアニメ作品をスパロボで知ったというのが多いのでしょうか?ゲームをしない人もいますからね。参戦作品はゲームの評価基準になりますから。今はスパロボの影響力も大きいですし。けどあくまでも作品を知るきっかけと思っているのですけど?確かににロボットアニメ好きが全員しているゲームではないですから。
もっちー #-|2010/11/05(金) 12:49 [ 編集 ]

>>第4のペロリンガさん
スパロボの改変設定前提で話されるとかなり混乱しますね。
スパロボだけやって作品本編を観たような気になっている人も結構居るように思います…。

>>ポール・ブリッツさん
私はスパロボをやる事はないでしょうけど、「参戦して欲しい」と思う作品は幾つかありますね…。

>>もっちーさん
やはり、スパロボからロボットアニメを知ったという人は多いようです。
作品を知るきっかけとしては良いのですが…。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/11/05(金) 20:01 [ 編集 ]

次のスパロボに何が参戦するか?
わしら夫婦の会話のネタでもありました。

「マジンガーZ」すらリアルタイムで見ていたおじさんとしては、新しく参戦した作品を見るってのは意外に少ないんですけど、それでも「鋼鉄神ジーグ」や「電童」などは参戦後に見ましたかねえ。

まあおっしゃるようにロボ好きが必ずスパロボやるってわけでもないですもんね。私も昔はそうでしたもの。お気持ちはお察しします。けどロボットアニメとスパロボが互いに補完関係にあることは、周知の事実。J9シリーズも参戦した後でDVDが売れたっていいますもんね。

う~ん、むずかしいなあ。
波のまにまに☆ #-|2010/11/05(金) 23:45 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
複雑な気持ちなんですよね(笑)。
実際『スパロボ』がロボットアニメの認知・普及にかなり貢献しているとは思うのですが、スパロボから入った人が誤った作品認識をしてしまったり、スパロボのゲームシステム(「精神コマンド」とかの用語を持ち出されても分からん訳ですよ(汗))を前提として話をする、という問題が出てきたり…。

う~ん、やっぱり難しいです。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/11/06(土) 00:59 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/614-754a024f

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.