管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

アニメのソフトの価格についてのお話 

あくまでも管理人個人の考えなのでありますが、アニメファンとしては、やはり出来る限りアニメ制作者に還元したいと思っておりますし、動画共有サイトで違法にアップロードされているアニメを観るというのも気が引ける訳です。ですから、アニメ作品はレンタルをしたり、公式配信されているものを観たりするべきであると思うのでありますよ。まぁ、一番良いのはリアルタイム視聴なんでしょうが、こればっかりは地域格差の問題もある訳でありまして、如何ともし難かったりもどかしい思いをしたりもする訳ではございますが、現状では仕方の無い部分は多分にあるかなぁ、等と思って無理矢理自分を納得させたりもしている訳なのであります(まぁ、昔に比べると公式配信というものが増えたという事で、幾分マシになったのではないかと(笑))。
理想的なのはやはりDVDやBDといったソフトを揃える事なんでしょうが、これはレンタルと違い、結構出費したりする訳で、貧乏学生にとっては地域格差以上にどうしようもない事だったりもするのでございます(苦笑)。
さて、そんな訳で、本日はアニメのDVD・BDの価格について、少し考えてみようと思います。

過去作品や多く売れた作品の廉価再販といった例外はありますが、基本的にアニメのDVDやBDは高い訳であります。
中には、2話収録で7000円以上というモノもある訳でありまして、(特に管理人のような貧乏学生には)おいそれと手が出せない価格であると言わざるを得ません。
特典ばかりつけないで、ソフト自体の値段を下げてくれ!
というような声も少なくはありません。管理人も、そう思います(笑)。
しかし、であります。それくらいの価格にしなければ十分に制作側にお金が廻らないとか、動画共有サイトに違法にアップロードされたアニメの画質が、それこそDVDやBD並みの画質であるモノも少なくは無いという現状を鑑みるとどうしても特典を付けて差別化せざるを得ない状況があるとか、売れなかった時のリスクを考えるとどうしても・・・等、色々な理由がある訳であります。いやぁ、それは重々分かっているんですけどね・・・(苦笑)。

しかし、あくまでも消費者としての立場から言わせて頂きますと、やっぱりDVDやBDの価格は高いんですよ!
もしアニメのDVDの価格が、2話収録で1500円とかであれば、管理人のような貧乏学生でも手が届く訳でございますよ。多分、買いたくても金銭的に買えないという管理人のような貧乏オタクは結構居るんじゃないでしょうか(笑)?
まぁ、これに対して「金を持っていない方が悪い!」等というような声が聞こえてきそうな気がしないでもありませんが(苦笑)。

さて、DVDBOXやBDBOXなんかは、単品で買うよりもお買い得であったりもするのでありますが、それでも買うのを躊躇してしまうような値段である事は否めません。
驚くべき事に、海外で販売されている日本のアニメ作品のDVDBOXは、4クールで(日本円に換算すると)5000円という、日本では考えられないような値段で売られていたりもする訳であります。翻って日本で売られているアニメ作品のDVDBOXは安くても1クールで1万2千円とか、そういった価格設定が為されている訳でありますよ。スポンサーやら販売会社の上乗せやらが無い分、海外では安く売れるのであります。
日本のアニメ業界もハリウッドなんかのDVD販売戦略(簡単に言いますと、価格を下げて販売数を多くする)を見習って欲しかったり、というような意見もあったりするのでありますが、日本の人口やらアニメファンの日本人口に対する相対数を鑑みると単価を下げるというのはやっぱり無理があるんですよね。
しかして、同じ作品を観ているのに支払う価格が海外に住む人と日本国内に住む人での格差があるというのは、なんとなくやるせなくなりますよね・・・

管理人個人と致しましては、「4クールで5000円に!」とまでは行かなくとも、2クールあたり1万2千円ぐらいにしてくれると非常に有難かったりもする訳でございます。
まぁ、これは管理人がまだ働いておらず、せいぜいアルバイト等でショボショボお金を稼ぐくらいであるという金銭感覚だからなのかも知れませんが(笑)。
皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】
アニメの地域格差 怪獣の溜息
続・アニメの地域格差 怪獣の溜息
続々・アニメの地域格差 怪獣の溜息
動画共有サイトでアニメ等を観るという事について 怪獣の溜息

【関連商品】
知的財産とコンテンツ産業政策知的財産とコンテンツ産業政策
(2008/06/18)
山崎 茂雄宿南達志郎

商品詳細を見る

映画/アニメ/音楽/ゲーム/放送/出版……業界で生き抜くための?コンテンツ業界の新国家資格[知的財産管理技能検定 コンテンツ専門業務]がすべてわかる本映画/アニメ/音楽/ゲーム/放送/出版……業界で生き抜くための?コンテンツ業界の新国家資格[知的財産管理技能検定 コンテンツ専門業務]がすべてわかる本
(2010/07/30)
アップロード知財教育総合研究所

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/10/20 18:13|アニメ関連雑記TB:0CM:11

コメント


 はじめまして。

 (外国の)映画に比べてアニメのDVDが高いのは、製作委員会方式の影響だと聞きました。

 この方式ですと、放映やソフト化の際に著作権が複数発生するからか、値段が高騰しやすいそうです。

 かじりの推測ばかりですが、これで。

 参考にどうぞ。

http://alfalfa.livedoor.biz/archives/50957609.html
風城 徹 #JeTAXtRI|2010/10/20(水) 20:25 [ 編集 ]

これ、実はかなり難しい問題をはらんでおりまして、「人間の欲望に限界はない」んであります。

昔、平井和正先生が「幻魔大戦」で売れに売れていたころ、自分の小説のメッセージをもっと人々に伝えたいと考えていた平井先生は、角川書店に、「ぼくの単行本は今、一冊380円で売っているけれど、それでは買えない人も出ているに違いない。だから、これから、『幻魔大戦』は、一冊280円で売ってくれ」と注文をつけ、角川書店でも原価ぎりぎりの280円になったそうなのであります。
で、小説を売ると返ってくるのが感想ハガキなのでありますが、そこでいちばん多かった意見は、「高いから値段を下げてくれ」であり、それを聞いた平井先生は、イヤになってしまったそうであります。

こういう問題について考えると、それこそ経済哲学の本が一冊書けてしまうので非才の身は避けますが、「間違っている世の中を是正しようとしてまた間違っている世の中になってしまう」泥沼に足を突っ込んでいるのではと思えてしかたがありません。もうこうなったら、「社会主義革命!」と叫んで、国民全員から税金を取り、その金で誰でもいつでも無料でアニメやその他映像芸術作品が見られるようにするのがいいのでは……などと書くと、「サヨク」などとののしられるんだよなあ。たしかにわたしは左だけれど。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2010/10/20(水) 20:50 [ 編集 ]

最近はソフトによる制作費回収も困難になってきたという話をよく聞きますし、イベントなどによる別の資金を集める手段を業界もやってますよね。さて問題のDVD/BDの値段に関してですが、ぼくも少し高いと思います。昔のVHSなどは平気で一万円とかしてまして、それに比べれば今のソフトは高くないという話も聞きますけど、昔はそれでも一定の買う層はいましたからその値段で制作費の回収ができていたそうです。でも今は一番アニメを見る若い世代はお金がありませんから今のソフトによる資金回収に重点を置くのはもはや不可能だと思うんですね。ソフト以外の複数の資金集めを発掘していくしかないかもしれません(既存のグッズ販売もその一つに含まれるでしょう)。最後に、ぼくがDVD/BDに望むことは特典はスタッフによるコメンタリーのみにして値段を四千円代に抑えてほしいです(笑)
北岡長門 #-|2010/10/20(水) 21:41 [ 編集 ]

数を捌けないから単価を上げざるを得ないのではないでしょうか。例えとして適当ではないかもしれませんが、最近の文庫本は単行本とほとんど価格が変わりません。特にジャンルの衰退が指摘される海外の翻訳ミステリやSFに顕著です。

出版不況と言われて久しいですが、中でも翻訳ミステリやSFでベストセラーなど望めない。であれば一冊あたりの単価を上げて収益を確保すると。もちろん翻訳という過程を間に挟むことがコストアップに繋がってもいるんでしょうが。同様なことは漫画でも言われますね。雑誌の売り上げでは儲けが出ず、もっぱらコミックスの売り上げ頼みとも聞きますし。

アニメもやはり同じで、特にTVアニメはソフトやグッズの売り上げで制作費を回収するというビジネスモデルのはずで、同時に市場(購入者)はかなり限定される。今後、ネットでの有料放送等、視聴に対価が発生するスタイルが浸透・定着しソフト等の販売以外の収益確保が可能となれば状況は変わるかもしれませんが。

根拠のない私見で失礼しました。
chokusin #-|2010/10/20(水) 21:56 [ 編集 ]

>>風城 徹さん
どうもです!
いろんな所に著作権料その他を払わなくてはならない為、高くならざるを得ないんですよね。
海外で販売する場合は、DVDの販売権さえ向こうのソフト販売会社が買えば、好きな値段で売ることも出来るそうですし、様々な工夫によってコストを下げる事に成功しているようです。日本のように色々なしがらみが無いというのは良いようにも思いますが、それでも売れずに苦労している会社も多いという話もあります。
何処に行っても楽な商売は無い、という事でしょうかね。消費者としては安くて良質であって欲しいものですが、そういうのは流石に贅沢が過ぎますかね(笑)。


>>ポール・ブリッツさん
欲望のエスカレートですか。恐ろしい事です。この場合は「もっと安くするべきだ」という話ですが、安くなっても「まだ高い!」という声が出てくるであろう事は容易に想像できますね…。
まぁ、現状に慣れてしまうと更により良いものを求めてしまうという部分が、人間の良いところであり悪いところでもあり…。しかもその結果が良かったか悪かったかが分かるのは、少し後になってからなんですよね。そのあたりも曲者であると思います。

私は、流石に国の金やら政策が文化に直接的に介入してくる、というような事は、若干抵抗があったりもする訳でありますが、これもまたそうなってみてからでないと分からないという側面は十分にあると言えますね。何が正しかったのかは、結局後になってみないと分からない、と。


>>北岡長門さん
声優やアニソン歌手のイベントやキャラクターソングを「これでもか!」というぐらいにプッシュしてたりもしますよね。レコード会社の思惑が見え隠れする一方で、声優のアイドル化というような別の問題も出てきたりもして…。しかし、こういった流れが資金源となっているという側面もあるんですよね。
グッズも同様に、「何故コレをグッズにしたんだ!?」と突っ込みたくなるようなモノまでグッズにしているあたり、本当になりふりかまっていられないんだな、とか思ったりもします。
パチスロ化もそういった資金繰りの一環として辿り着いたひとつの可能性なのかも知れません。
やはり、アニメの儲け方としては、玩具等のスポンサーとタッグを組むのが一番良いような気がしてきたりもしますが、その一方で少子化問題という別方向からの攻撃が…。やはり難しそうです。
OVA以外の「作品を売る」という今の形式を作ったのは、恐らく『エヴァ』なんですよね。同時に、制作委員会方式の確立をやったのも『エヴァ』であったと思います。そういえば、アニメのパチスロ化も『エヴァ』が先駆者的な存在ですね…。
やはりある意味、業界全体として『エヴァ』の呪縛から離れられていないのかなぁ、という感想をもったりもしますが、さてはて。

>特典はスタッフによるコメンタリーのみにして
これには完全に同意します。が、コメンタリーを求める層というのが、果たして現在の若いアニメファンの中にどれだけ居るのか、という事がネックになってくるんでしょうけど(笑)。


>>chokusinさん
コメント、有難うございます!
確かに、そうですね。数が捌けないのであれば単価は上がってしまう、と。
で、あるならば我々が沢山買うしかないんでしょうけど、なかなかそう上手くはいかないし、一人ではどうしようもない事ですよね。

ネットでの配信はまだまだ始まったばかりですから、どうなるか、というような予測すらつきませんけど、注意深く見守って行きたいと思います。良い方に風が吹くと良いのですが。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/10/20(水) 22:24 [ 編集 ]

昔VHSの時代には、「ビデオ」の単価そのものが金額に反映されたため、ソフトの中身のいかんにかかわらず金額は収録時間あたりほぼ一定でした。

LDの時代もほぼ同様です。ただこれには十分に収益があるという勝算があっての話。
これがDVDの時代になると、購買層が特定できるアニメ特撮関連のDVDは、洋画系のDVDに比べて高価になるのは、ソフト購買による収益が見込めないってことが一番問題のようです。

DVD,BDともに洋画なみに単価を落としてしまうほうが、薄利多売になってよいような気がします。洋画が安いのはおまけがつかないというのもありますが、実態をみると特典がついていたり、2枚組になっていながら安いディスクもあります。単価を下げて収録話数を減らしてでも枚数で勝負する方法もあるでしょうが、それではなんともお得感がありません。

そこでBDに注目! 1枚の収録話数を増やし、ある程度画質が劣っても、枚数の少ない1,2クールで1BOXの商品を、薄利多売する方法。これだと消費者のお得感は残りつつ、同時に収益もあがらないかなあなどと、考えたりしています。

とはいえ、一番問題なのは「買わない」消費者でしょう。この不景気に娯楽品に回すお金がない一般消費者にアピールする商品を作るのは、大変な努力が必要な気がします。
そうそう、氷川竜介さんたちが、定額給付金でDVD-BOXを買おうとかやってましたけど、ああいう国の付け焼刃なやり方では、無理ですね。この国の景気が上向かないと、不毛な商品のやりとりは、悲しいかな、永遠に続くわけです。
波のまにまに☆ #-|2010/10/20(水) 22:50 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
BDの容量を話数に使う、というのは盲点でした!
調べてみると1本に1クールを収めたDVDなんかも既にあるようで、確かにお得感は多分に味わえますね。まぁ、その為に画質が落ちるというのは仕方の無い事ですけど…。
しかし、世界規模で展開する洋画と主な対象を国内に絞っているアニメや特撮のだと、展開のさせ方を同じにしたら、ちゃんと売れるのか?という不安は否めないような気がします。

全部不景気のせいと言ったらそれまでなんですけど(笑)、実際問題消費を促進させるには景気が良くならないと駄目ですよね…。
不景気は不景気なりに、なんとか次に繋げていけるようにしたいところなんでしょうけれど。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/10/20(水) 23:21 [ 編集 ]

ブルーレイやDVD一本に一番適している話数はやっぱり4話/本でしょう。さすがにこれ位入れてもらわないと納得いきませんな。
一本に対して2話なんてやっぱりボリすぎですよね。
個人的にはディスク自体のデータ容量を存分に使ってほしいですね。

コピ厨が増えるのも分かる気がします。
けんぞ #-|2010/10/21(木) 22:08 [ 編集 ]

>>けんぞさん
巻数多くして売らなければならない事情も分かるんですがねぇ…(苦笑)。
そして結果的に違法アップロードに繋がって悪循環・無間地獄です…。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/10/22(金) 01:29 [ 編集 ]

好きなアニメ「精霊の守り人」は2クールで7000円弱だったので購入。
期間限定らしいけど・・・。
やはりアニメは洋画などに比べて高すぎる気が。

銀河英雄伝説あたりは20数万円を出して
買ったんですが、吐血する覚悟が必要でした。
もっと安ければねぇ。

まぁ、高くて買えないからDLするってのは
理由にはなりませんけどね。
リードマン #-|2010/10/22(金) 16:45 [ 編集 ]

>>リードマンさん
『銀英伝』は巻数が凄いですからねぇ。
最近私も重い腰を上げてレンタルしてちょくちょく観ていますが、面白いです。最後までの道のりはまだまだ長そうですが(笑)。

個人的に不安なのは、本当にそこまでのお金を出して買ったとして、制作者にどのくらいお金が廻っているのか、という事です。アニメーターの給料の話を見聞きすると、ちゃんと廻っているのか、というのが本当に心配になりますよ。

最近は「違法アップロード・ダウンロード」を「悪いこと」と認識していない人が増えてきている、とう事の方が、深刻な問題のような気がします。
現状だと罰則もありませんし、そのあたりのモラルのもんだいなのかなぁ、と思いますが、どうなんでしょうかね…。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/10/23(土) 00:18 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/596-3e282882

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.