管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

アニメは棒立ちでつまらない・・・!? 

数ヶ月前の話になるのでありますが、某所で
アニメは棒立ちでつまらない。日本の文化ではない
という記述を見まして、それ以来ずっとその記述について考えているのであります。日本の文化云々の話は別に良いのでありますが、管理人が気になっているのは「棒立ちでつまらない」という部分であります。

棒立ち」をキャラの棒立ちと解釈致しますと、アニメで棒立ちというような作品はそうそう無い思うのでありますが。
そもそも、動いてなんぼの「アニメーション」であると管理人は思うんですよね。今まで管理人が観てきた作品は、良く動くアニメもあまり動かないアニメもありますが、棒立ちという作品は観た事が無いです。
結構、引きやアングル切り替えを用いて普通の会話のシーンでも常に何らかの「動き」の演出が組み込まれたりもしておりまして、「会話ばかり」でもアニメーションとして成立している作品が殆どであります。まぁ、話の内容によっては、効果的に止め絵を使ったり、演出効果で一枚絵を使うというものもある訳ですが。

棒立ち」を「動いていない」という意味で捉えるならば、話は少し変わってきます。
テレビアニメの1話あたりの総作画枚数は、一般的に3000枚前後でございまして、1話の中で動かす場面と止める場面のメリハリをつけなければならない訳です。常に動いているシーンというのは、制約的にも作劇的にも、やはり無理がある訳でして、例えばロボットアニメなんかで戦闘パートと日常パートがあるのもこのあたりが理由だったりもしまして(笑)。
劇場作品やOVA作品でも、そのあたりのメリハリはちゃんとつけられております。そりゃ、常に動いているシーンばっかりだったらアニメーターがいくら居ても足りない訳でして、そのあたりの事情なんかもちょっとは考えて欲しかったりもする訳でございますよ(笑)。作劇の面から言っても起承転結纏まった話を創るには、あまり動かない場面は必要不可欠であると思うのでありますが、さてはて。

アニメの作画演出は、言わばアニメーターの職人芸でありまして、様々な技法やエフェクトが確立されたりもしている訳でありまして、流石に「アニメ=棒立ち=つまらない」と言い切ってしまうというのは、色々と酷な事ではないかと管理人は個人的に思うのでございますが、どうでしょうか?
また、作画枚数が多いからといって面白いかどうかというのはまた別の問題のような気もします。脚本が良ければ、あまり動かなくても優れた作品となる場合もあり、一概には言えないと思うんですよね。
そもそも、アニメーションというのは表現の手法の一つであり、その手法に則ってアニメは制作される訳でありますから、観る側もそういった観点から観る、という心がけも必要なのではないだろうか、と管理人は思います。
まぁ、そのあたりは人それぞれだったりするんですけどねぇ(苦笑)。
作品は作品として全て同等に扱われるべきだと思うのです。その上で、「アニメーション作品」ならではの面白さを見出していくべきであろうかと。

以上、「アニメは棒立ちでつまらない」という記述を読んでの、管理人の私見でありました。
・・・う~ん、あまりうまく言いたい事が書けませんでしたなぁ(苦笑)。
そもそも、「アニメ=棒立ち」というように書いた心理がまず知りたかったりするのでありますが・・・(苦笑)。
感性の問題ですかなぁ・・・?

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/10/18 03:42|アニメ関連雑記TB:0CM:5

コメント


昔々のことじゃった……。

ときのフランス芸術界では、次々と流入してくる日本の作画枚数の少ない手抜きアニメに頭を悩ませておった……。

これなら、自分たちで、24コマフルに動く、フルアニメの、芸術性も高い商品を作って、日本人に見せつけてやり、ついでにアニメ市場もいただいてやろう、という発想になったそうじゃ……。

かくしてフランス中の芸術家、アニメーター、漫画家がかき集められ、プロジェクトはスタートした……。

その結果……。

そんなアニメを商業ベースに乗るように作るのは無理、ということがわかったそうじゃ(笑)

かくして、フランスのアニメ制作会社は、日本のリミテッドアニメの研究に方針転換することにしたそうじゃ(笑)

フランスの話じゃったかどうかは忘れたが、実話だそうじゃ。どっとはらい。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2010/10/18(月) 18:44 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
一時期は文化侵略だ何だと騒がれていたそうですね。今ではフランスのアニメ界も日本のアニメ界も、互いに認め、高め合う仲になっているのではないでしょうか。
フランスのアニメ作品には芸術的な味がありますよね。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/10/18(月) 22:36 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2010/10/19(火) 08:55 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2010/10/22(金) 18:46 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2010/10/26(火) 08:51 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/593-2214fdec

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.