管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『REDLINE』、観てきました。 

今日は友人と県外の映画館まで行きまして、『マイマイ新子と千年の魔法』の上映会へ行ってきました。片淵監督の舞台挨拶等もありまして、実に実りのある上映会であったなぁ、と思いました。
いやぁ、管理人は『マイマイ新子と千年の魔法』を劇場で観るのはこれで5回目でありましたが、やはり何度観ても良い作品でありました。
上映会が終わった後、その映画館の近くの映画館にて、『マイマイ新子と千年の魔法』と同じマッドハウス制作のアニメーション映画『REDLINE』を観た訳であります。
いやはや、これまたすンごい作品でありまして、この作品を映画館で観れたというのは実に幸運であると言わざるを得ない訳です。久々に本当に凄いアニメを観てしまいましたぞ・・・。
・・・その一方で昨日からの映画ラッシュ(実は『おまえ うまそうだな』以外にも、『劇場版 機動戦士ガンダムOO-A wakening of the Trailblazer-』も観ていたのであります)に加え、パンフレッド代、交通費等がかかり、管理人の財布の中が急速に寒くなっていっているような気がしますが、まぁそんな事はどうでも良い訳であります。
因みに、『マイマイ新子と千年の魔法』の上映会で管理人と友人の隣に座っていた2人組が『REDLINE』でも一緒だったあたり、同じ事考える人は他にも居たんだなぁとしみじみ思いました(なんのこっちゃ(笑))。

と、言う事で、以下、『REDLINE』感想であります。

REDLINE.jpgホントに限界を超えた作品でした。

ストーリーはこんな感じです。

何でもアリの宇宙規模の一大自動車レース【REDLINE】に出場する、アクの強いアメコミ調のキャラ達によるガチンコバトル!
主人公はその【REDLINE】優勝を夢見るウルトラ純情野郎(パンフレッドより)・JP。彼は惚れた女・ソノシーを振り向かせる為だけにこれまで走り続けていた訳です。ソノシー自身も、【REDLINE】優勝を目指して走るレーサーでありました。
今回の【REDLINE】開催地は、軍事機密満載のアンタッチャブルな星(劇中台詞より)・ロボワールド。命がけのレースになる事必須の状況下、果たして優勝を勝ち取るのは誰か!?

・・・まぁ、観ていただいたら分かるのですが、本気でバカをやる連中の物語です
それに加えて、SF要素やら過去の作品からのパロディーやらが色々と詰まった感じの作品でありますが、とにかく観ていて痛快・爽快なアニメーション作品として纏まっております。
この作品最大の特徴は、何と言ってもその作画。CG台頭のこの時代に、メカ・キャラ・背景(この作品、美術班が存在しないのであります。これは、キャラやメカとの同調性を均等にする為だとか)、全て手描きという事なのであります。総作画枚数はなんと約10万枚という事でありまして、とにかく手描きならではの動きが心地良いのであります。
そしてやたら金田系の作画技法が使われていたりして、金田系のエフェクトが好きな管理人としてはたまらんかったです、ハイ(笑)。
その作画スタッフも名立たるアニメーターばかりでして、彼らが本気を出したこの作品は正に「限界を超える」というフレーズ通りでありましたよ。作品の内容とスタッフの意気込みがシンクロした結果、こういった凄い傑作となったのでありましょうなぁ。この高密度の作画を見る為だけにこの作品を観ても、決して損はしない筈です。
そしてこの作品のもうひとつのポイントは、音響です。SEやBGMが効果的に使われておりまして、劇場の音響効果で、迫力のある「」が演出されておりましたそのうちこの作品もソフト化されるでしょうが、この音響効果は劇場で観る(聴く)べきであると、そう管理人は思いましたね。是非とももう一度劇場で観たい訳ではありますが、金が無い訳で(ry

という訳でありまして、是非とも皆さんに劇場で観ていただきたい、そういう作品でございました。
いやいや、本当にたまげましたよ!

【関連動画】


【関連商品】
REDLINE オリジナルサウンドトラックREDLINE オリジナルサウンドトラック
(2010/10/06)
ジェイムス下地Kitty Brown

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/10/17 23:57|SFアニメTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/592-8a6641f9

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.