管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「戦隊モノ」と呼ばないで! 

管理人は「戦隊もの」という言葉を聞くとなんだかムズムズします。それは何故か?

世間一般の人が「戦隊もの」というのは、実に35年の歴史を誇る『スーパー戦隊シリーズ』の事を指すのでしょうが、
【「戦隊もの」という名称はあくまでもジャンル名であり、『スーパー戦隊シリーズ』そのものを指すものでは無い】
と、個人的には思うのであります。
まぁ確かにその昔は「スーパー戦隊シリーズ」なんて名称は無かった訳で、「戦隊もの」というのが『スーパー戦隊シリーズ』を指す言葉として使われていたというのもありました。その名残として、今でも『スーパー戦隊シリーズ』を「戦隊もの」と呼ぶ人が多いというのは仕方の無い事であるとは思います。

ニュアンスの問題ですよねぇ、「戦隊もの」というのは。
時として「戦隊もの」≠ 『スーパー戦隊シリーズ』では無いという事にもなる訳であります。
例えば、
まるで戦隊ものみたいな格好だな
というような言葉を日常生活で使いますが(使うか?)、意味としては
まるで特撮ヒーローみたいな格好だな
というのと同義なんですよね。釈然としません
まぁ、こんな事に目くじら立てていても仕方の無い話なんですが。

以前も書きましたが(下記【関連記事】参照)、このように「戦隊もの」と言う言葉はもはや『スーパー戦隊シリーズ』を指すだけの言葉としては使われていない訳でありまして、世間一般では、常時集団で戦うヒーローは「戦隊もの」であるというような認識になってきているようなのであります。否、それには留まらず、特撮ヒーロー全体が「戦隊もの」と呼ばれつつあるような風潮も無きにしも非ずという事になっているのであります。

スーパー戦隊シリーズ」という正式名称があるんだったら、皆それを使おうよ、と、管理人は思うのであります。
意味が通じればそれで良い
という話もあるのですが、やっぱり「戦隊もの」という言葉を見聞きするとムズムズするんです。
我ながら不毛な主張であるなぁ、と思いますが(笑)。

【関連記事】
「戦隊モノ」 怪獣の溜息


【関連商品】
スーパー戦隊 全戦士&ロボ超ずかん (ピギー・ファミリー・シリーズ)スーパー戦隊 全戦士&ロボ超ずかん (ピギー・ファミリー・シリーズ)
(2010/04/26)
間宮 尚彦

商品詳細を見る

スーパー戦隊 全主題歌集スーパー戦隊 全主題歌集
(2009/08/19)
テレビ主題歌串田アキラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/10/03 11:53|特撮関連雑記TB:0CM:5

コメント


そこらへん微妙なような気がしますね。そもそもスーパー戦隊シリーズという言葉自体が25作品目であるガオレンジャーあたりから使われた言葉ですから私としてはむしろ戦隊ものという名称の方がしっくりきてしまいますね。もともとゴレンジャーとジャッカーは含まないで数えていたので10作品としてライブマンで嶋大輔さんの主演&主題歌をやっていましたし。
第4のペロリンガ #-|2010/10/04(月) 21:21 [ 編集 ]

「戦隊もの」は「戦隊シリーズのようなもの」の略だとw
 ちなみに私は「戦隊者」です。ゴレンジャーからリアルタイムで見てますから。でも最初期のゴレンジャーはなぜか白黒テレビで見てました。五色のヒーローを白黒で見る意味ってなんですかねえw
波のまにまに☆ #-|2010/10/04(月) 22:51 [ 編集 ]

>>第4のペロリンガさん
ジェネレーションギャップを感じます(苦笑)。
「スーパー戦隊シリーズ」なんて名称が公式に出てきたのは2000年になってからで、戦隊の歴史の中では最近の話ですもんねぇ…。
カウント方法も「『バトルフィーバーJ』から」と「『秘密戦隊ゴレンジャー』から」とで未だに論議が起こるレベルですし…。
「戦隊もの」という言葉に違和感を感じてしまうのは、私が「スーパー戦隊シリーズ」という名称で呼ばれていた時期を多く過ごしているからでしょうね、恐らく。


>>波のまにまに☆さん
「戦隊(シリーズのような)もの」ですか(笑)。
やはり戦隊シリーズから話の切り口にするという事も出来ますし、もはや戦隊は日本の文化の一つになっているのではないかと思ったり。
戦隊で分ける世代別嗜好傾向、なんてのを調査したりするのもまた面白そうです(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/10/04(月) 23:45 [ 編集 ]

ちなみに、東映の渡辺亮徳プロデューサーは「超世紀全戦隊」という言葉を使っていらっしゃいました。この言葉、講談社の書籍のタイトルにあるだけで一般化しませんでしたが、「世紀を超える」って、うまい言い方だと思ったもんです。
ちなみに、子供のころ「何レンジャー」見てた?と聞くと、それはイコール世代調査みたいなものでした。私みたいにほぼ全部フォローしている人なんて、希でしたから。
波のまにまに☆ #-|2010/10/06(水) 10:44 [ 編集 ]

>>波のまにまに☆さん
「超世紀全戦隊」、確かに上手いですよね。
しかし一般化しなかったのはやはり語呂の問題なんでしょうかね。
「スーパー戦隊」は語呂的には良いと思います。
ただ、よくよく意味を考えてみたら混乱してきますね。スーパーな戦隊って何なんだ?と(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/10/06(水) 20:42 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/577-69724830

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.