管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

設定 

特撮やアニメに登場する怪獣やらヒーローやらメカやらには、必ずと言って良いほどスペックの「設定」がされております。
管理人は昔からよく怪獣図鑑やらを読んだりしていたせいか、「設定」というモノが大好きなのでありますが、実際の作品内で「設定」が活かされているかどうかというと、ちょいと疑問のような気がします。
真っ先に思いつくのが、「身長設定」ですかね。怪獣図鑑では「身長:50メートル」等と書かれていても、画面から計測すると決してそうでは無かったりする訳であります。映像作品ではその場面場面によってヒーローや怪獣、メカが最も映えるように演出(通称:カッコイイメートル)されますから、身長設定というのはあくまでも目安なんですな。

同様に考えていきますと、ヒーローのキック力やパンチ力、ロボットの出力等も、映像作品では厳密に再現される訳では無いのであります。
光線の温度は87万度」や「放射能を撒き散らす」などと言うのは日常茶飯事で、果ては「惑星爆発のエネルギーに耐えられる」、「パンチ一発で宇宙が消し飛ぶ」なんて奴も居る訳ではございますが、映像を見る限りではそこまで凄いようには見えなかったりもして・・・。

結局、「設定」というモノは有って無きが如しなんですね。あくまでも作品のキャラやメカの魅力を引き出す為のモノなんですよね。
こういった設定があるから、メカやヒーローを格好良いと思ったり、怪獣に愛着が湧いたり、共感ができたりもする訳ですよ。

【関連記事】
怪獣映画に於ける怪獣の大きさについて 怪獣の溜息

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/09/06 17:25|アニメ&特撮混合雑記TB:0CM:4

コメント


柳田理科雄氏が、ハリウッド版「GODZILLA」をネタに書こうとして、向こうの会社にゴジラの設定を問い合わせようとしたら、「こいつはなにをいっているんだ」みたいな対応をされ、なにひとつわからなかった、というのを読んだことがあります。
それでも反則ものの強引なやり方で原稿を書いてしまうのがあの人のすごいところですな、手本にはしたくないけど。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2010/09/07(火) 16:40 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
その話は、日本の記者がハリウッド版ゴジラの身長・体重を訊ねて「何故日本人はそんな事を気にするのか?」と返されたというエピソードではないでしょうか。柳田氏は関係していなかった筈だと思います。
柳田氏の文章の持って行き方は確かに強引な部分もありますが、面白いと思います。最近は結構「これでダメならこっちはどうだろう?」みたいなニュアンスになってきていますが(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/09/08(水) 16:43 [ 編集 ]

そういう話もあったんですか。

わたしのネタもとは、柳田氏のたしか「空想科学映画読本」の「GODZILLA」の回なのですが。

同じようなことが別な場所で起きていたのか、はたまた記者のエピソードを柳田氏がいただいてしまったのか、いろいろ想像がたくましくなりますなあ。

年季の入ったSFファンから見れば作品設定も科学的知識も間違い曲解捏造だらけでろくでもないものだそうですが、そこまで真面目に怒るような価値のある本でもないと思います。

とりあえず図書館へ行って原典の記載をチェックします。うむむ。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2010/09/08(水) 17:25 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
空想科学読本は90年代の謎本ブームの流れを汲んだネタ本ですからね。やたら息の長いシリーズになってますなぁ。
まぁあの本からウルトラマンや仮面ライダーをはじめとした往年の作品なんかに興味を持ってくる子供達も居ると考えれば、まぁ良いのかな、と(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/09/08(水) 18:50 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/544-430e2c97

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.