管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『カラフル』、観て参りました! 

はい、と、言う事でございまして、劇場用アニメーション作品『カラフル』、観て参りました。
管理人は初回を観てきましたが、客入りは上々でございまして、まだまだ日本のアニメもやっていけそうだと、そういうように思いました。
客層は我々のようなアニメ好きから家族連れまで、幅広かったように思います。

以下、内容になりますが、ネタバレをしない方向で書きたいと思います。

あらすじやキャラクターについては、こちらをご参照ください(ネタバレはありません)。

カラフル

いやはや、良かったですよ、『カラフル』。流石は原恵一監督、というところでありましょうか。
この作品は原作付きの作品でありまして、2000年には実写映画化もしている作品であります。つまり、今回は『カラフル』の2度目の映像化、という事になりますね。
管理人は原作も先述の実写映画も観ておらず、全くの予備知識0の状態でありましたので、寧ろ何の先入観も無く観れた訳でございます。

感想と致しましては、なんと言いますか、物凄くリアルですね。
そのあたりを見回したら普通に居そうな人達が描かれておりまして、この作品に於ける非日常的な要素は、生き返る事と天使(?)の存在だけなんですな。他は現実に起こり得るような状況・設定でありました。
実際問題として、管理人も中学生時代はホントにこの作品の主人公である真君と殆ど立場が同じだったんですな(苦笑)。
ですから、物凄い勢いで感情移入できました
周囲の反応もまた気持ちの悪いくらいにリアルに描写されておりまして、ちょっと背筋が寒くなりました・・・。実際俺のカーチャンや親父も同じような反応をとっていたよなぁ・・・。
しかし同時に、家族の大切さや、友達が居る事の心強さ等を再認識する事も出来た訳でありますよ。
家族と一緒に食事をする。これって、大切な事ですよね。特にこの作品では食事のシーンが強調されておりました。
現代に於いては、個食等の問題が顕著化しておりまして、家族揃ってご飯を食べる、という事が少なくなっている訳でありますよ。
そんな中、食と言う視点を織り込んだという部分は、なかなか鋭いなぁ、と思うのでございます。

ちょいと脱線致しますと、この作品に玉電の話が出てきたという事でありますかね。当時の路線や車両がアニメーションで再現されておりまして、鉄道好きと致しましては若干ニヤリとさせられてしまった訳であります(笑)。

さて、作画面に於きましては、背景美術が物凄いクオリティーでありまして、実写かと見違うほどのモノでありました。
特に圧巻だったのは、画像処理と見違えるような場面が幾つもあったという事であります(『カラフル』の非公式Twitterアカウントによりますと、「画像処理はしていない」とのこと)。
このあたりの演出が結構凝っておりまして、通常の背景から徐々に実写に近い背景へ移行しつつ、最終的には実写のような背景に至る、という感じでありまいた。シーン的に、「現実感」を出す為の演出であると思われますね。キャラクターは普通のセルで描かれてましたが。
背景だけではなく、キャラクターの演技の付け方も、上手いと思いましたね。表情の移り変わりや、台詞を聞いての反応など、かなりこだわりが感じられました。

こんな感じでありますかね。
ご覧になられていない皆さんも是非、劇場に足を運び、ご鑑賞されては、いかがでしょうか?


【関連商品】
カラフル (文春文庫)カラフル (文春文庫)
(2007/09/04)
森 絵都

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/08/21 23:07|その他のアニメTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/519-3c3e62bc

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.