管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

萌えアニメについてのお話 

以前、「萌え」自体については、【「萌え」とは何ぞや?】という記事を書いた管理人でありますが、今回は「萌えアニメ」と呼ばれるアニメについて考えてみたいと思うのであります。
尚、当記事は管理人の独断と偏見によるものが強くなると思われる為、話半分程度に読んで下されば幸いであります(笑)。

いわゆる「萌えアニメ」でありますが、何をもって「萌えアニメ」とすべきか、という問題がまず立ちはだかりますね。
前述の記事にもありますように、「萌え」と言えども膨大な種類の「萌え」がある訳でありまして、メカ萌え、怪獣萌え等まで「萌え」の定義を広げますと、まぁ大変な事になってしまう訳でありますな。ともすれば人の数だけ「萌えアニメ」が存在するというようにも言えるのであります。
このようにヤヤコシくなる訳でありますから、当記事では「萌えアニメ」=「美少女萌えアニメ」とします。まぁ、これもイロイロ異論反論あると思いますが(まず管理人が納得いかん訳でありますが(笑))・・・。

さてさて、現在「萌えアニメ」と言われるアニメの源流は何か?という事を考えると、やはり80年代の作品あたりではないかと管理人は思う訳であります。
うる星やつら』、『魔法のプリンセス ミンキーモモ』等、今の萌えアニメの源流になるような要素のある作品は多い訳です。また、アダルトアニメの世界を覗いてみると、今の萌えにかなり近いモノがある作品も、チラホラと見受けられる訳でございます。
また、『めぞん一刻』など、今にして思えばエロゲなんかの展開に非常によく似たモノがありますよね(そうかな?)。
何はともあれ、現在の萌えアニメの源流は80年代にアリと、管理人は睨んでいるのであります。(尚、それらの作品の更に源流、というようになると、最早萌えとはかけ離れた話に脱線しそうではありますが、まぁ、昔からアニメの美少女やら美女やらに特別な感情を抱いていたアニメファンは多かったようでありまして、やはり萌え感情の源流は、アニメ黎明期からあったと考えた方が良いでしょう。ショタも『鉄人28号』が源流であると言われていますし。)
よく、「00年代に萌えアニメが増えたのは90年代に萌えアニメが多く登場・ヒットしたという歴史がある」とされ、『美少女戦士セーラームーン』やら『新世紀エヴァンゲリオン』、『機動戦艦ナデシコ』に『スレイヤーズ』等といった作品が挙げられる訳でございます。
しかして、これらの作品は、80年代の萌え形式の発展・進化型のアニメであると思うのでありますよ(因みに、管理人は個人的に『セーラームーン』は萌え作品では無いと思っているのでありますが、さてさて)。
しかしながら、90年代後半には、『カウボーイビバップ』やら『THE ビッグオー』等、非萌えアニメも多いように管理人は思います。まぁ、絶対数でいえばやはり萌えアニメが多いんでしょうが・・・。
00年代に萌えアニメが台頭していったのは、皆さんご存じの通りでありますね。

これまでは萌えアニメの源流から、流れについて考えてきた訳でありますが、ここからは「萌えアニメの需要」という観点から、萌えアニメについて考えてみたいと思います。
誰が作ったかは知りませんが、「オタク三大好物」というものがあったそうでございまして、その「三大好物」は、「怪獣・メカ・美少女」であると言うお話であります。
その「三大好物」が言われていた頃は、オタクと言っても多ジャンルに精通していた者が多かったそうであります。管理人の世代では結構細分化が進んでおりまして、同じアニメオタクの間でも結構住み分けが為されているという事になっておりますが、その昔はオタクであればアニメにも特撮にもアイドルにも鉄道にも・・・といった感じで、様々なジャンルに精通していたオタクが多かった訳であります。
だからこそ、「怪獣・メカ・美少女」というモノが挙げられた訳でありますなぁ。
因みに、現在のアニメに於いては、「メカ」と「美少女」が健在でありますね。
メカと美少女は妙に合うようで、メカと美少女を融合させた「メカ少女」なるジャンルも出来ている訳であります。ジャンル自体は80年代から既に存在していたようでありますが、最近は『スカイガールズ』や、『ストライクウィッチーズ』といったアニメ作品が創られたりもしている訳であります。いやぁ、大きなジャンルになりましたなぁ。管理人も大好k(ry

与太話はその辺にしておきまして、萌えアニメの需要は、いかにして増えていったのか、という事であります。
80年代、『超時空要塞マクロス』が放映されていた頃、当時はアイドル全盛期だったそうであります。
管理人はアイドルには明るくない為、これらは伝聞的なお話になるのでありますが、アニメオタクとも若干の層が被っていた結果として、アイドルオタの好みそうなアニメとして、今の萌えアニメの源流となる作品が創られる事になる訳です。
まぁ、この段階では絶対数が少なかった訳でありますが、「アイドル≒アニメキャラ」というように見ると、まぁ合点がいきますかな・・・?
さて、アイドルブームが終息すると、多くの行き場を失ったアイドルオタクが流れ込んだ先、それがアニメであった、という話でございます。
時期的に考えても合点はいきますし、この話を聞いて管理人はなるほどと思いました。
そうして、「アイドル(=偶像)」としての「キャラクター」の需要が増え、そうして萌えアニメが増えていったと、そういうカラクリであると考えると、興味深い事が見えてくる訳でありますよ。

作品の本質をあまり重視しない、アイドルとしてのキャラを見るアニメ視聴者が増えた訳でありますから、アニメも商売であるという点から見ると、内容性の薄い日常系萌えアニメ作品が増えるというのは、まぁ、必然ですな。需要があるのですから。
また、声の大きいアイドルオタクが、後続のアニメ視聴者に対して「アニメオタクとはこうあるべきである」という指針を(無意識的にしろ)示してしまった訳でありますから、今日に至るような「アニメ≒萌え」という風潮が出来たとも推測される訳でございますよ。

そうやって見ると、アニメオタクはアイドルオタクに駆逐されていったというようにも考えられるのでありますな。
それが正しいのか、正しくないのか、そういった事は管理人には分かりません。分かりませんが、現在に於いては萌えアニメが台頭しており、それに纏わる文化が出来ているという事もまた事実であります。
その事実を受け入れた上で、行動したいところでございますな。
因みに、管理人は萌え文化に対しては比較的肯定的であるという立場を、ここに記しておこうと思います(笑)。

また、萌え文化はアニメだけではなく、ゲームやパチスロ(萌えスロ等)、車(痛車等)等にも広がっておりますので、それについてもいずれ書いてみたいと思っている訳でございますよ。

【関連商品】
「萌え」の起源 (PHP新書 628)「萌え」の起源 (PHP新書 628)
(2009/09/16)
鳴海 丈

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010/08/10 21:56|アニメ関連雑記TB:0CM:2

コメント


「萌え」とは酒のような物だ。

ちょっと味わえば美味しいが、

度を超すと中毒し、

しまいの果てには廃人になる。


……というハードボイルドスティックな(どこがや)格言を、コミケ行く途中の電車の中で考えました(笑)。

わたしも廃人かしらん(^^;)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2010/08/13(金) 19:20 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
私は、【萌え≒マヨネーズ】という話を聞いた事があります。
普通に食す分には良いのですが、マヨラーレベルになるといろんなモノにかけて食べるようになるので、非マヨラーから見ると、異常に見えてしまう…というお話でありました。
酒もマヨネーズも、確かに萌えと通じるものがあるのですね。

コミケ、頑張ってください!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2010/08/14(土) 00:41 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/510-b7e518a0

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.